2010/11/30

品川インターシティー  Christmas Trees

クリックすると元のサイズで表示します

インターシティーのリースです

Shinagawa / Nov. 2010
0

2010/11/29

鶴見駅解体  非凡なる日常

クリックすると元のサイズで表示します

半分解体が終わった鶴見駅ですが、いよいよもう半分の解体が始まりました

クリックすると元のサイズで表示します

駅の入り口が残った駅ビルの方から、解体が済んだ空き地の方に変更になりました
この変更に伴い、エスカレーターは無くなってしまいました
駅の反対側の方にエレベータはあります

クリックすると元のサイズで表示します

駅の改札を出たら右の方に歩いて階段を下って外に出ます
出口は「シークレイン」の方です

Yokohama / Nov. 2010
0

2010/11/28

有馬温泉の電車  小鉄

去年の6月の有馬温泉に行った時に乗った電車達です

大阪から行ったのですが、新神戸から北神急行電鉄で谷上まで行って、そこから神戸電鉄有馬線に乗り換えて、さらに有馬口から有馬温泉まで行きました

クリックすると元のサイズで表示します

これは、神戸市交通局1000形電車
地下鉄からの乗り入れ電車です
長いトンネルを地道に走ります

クリックすると元のサイズで表示します

神戸電気鉄道3000系電車
ウルトラマン電車のニックネーウを持ちます

クリックすると元のサイズで表示します

神戸電鉄5000系電車
神戸電鉄の主力電車です
山岳路線用の電車で、高い加速性能と100km/hの最高速を有しています

Kobe / Jun. 2009
0

2010/11/27

ベランダの近況  非凡なる日常

猛暑被害から再生中のベランダですが、だいぶ元気になってきました

クリックすると元のサイズで表示します

シャコバサボテンは10月にやった若芽摘みと2週間の乾燥のお陰で、莟がいっぱい付きました
もう少ししたら咲くと思います
今年のクリスマスは「クリスマスカクタス」を楽しめそうです

クリックすると元のサイズで表示します

猛暑を株で生き残ったゼラニウムは、完全復調です
花をいっぱい咲かせています
でも、結局、株で生き残ったのは18株中5株だけ
2/3以上のゼラニウムが今年の暑さで死んでしまいました

クリックすると元のサイズで表示します

種を収穫して蒔いたゼラニウムもプランター移して元気に育っています
まだまだ小さいですが、どんどん大きくなっているので、じき花を咲かせると思います

クリックすると元のサイズで表示します

種がから育てているゼラニウムは他にもいっぱいあります
みんな元気です
種から育てた株は、花が何色になるのかわかりません
一応全部育ててみようと思っています

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、挿し芽組のゼラニウム
挿し芽の場合は、花の色が親株と一緒になるので安心です

このまま種蒔き組と挿し芽組が全部育ってしまうと、ゼラニウムの館になってしまいそうです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

マーガレットは切り戻してからみるみるうちに新しい葉っぱが出てきて、もうこんなに立派になりました

クリックすると元のサイズで表示します

カランコエも摘心した所に莟がつきました

クリックすると元のサイズで表示します

アイビーゼラニウムもソフトピンチして脇から新しい芽がいっぱい出てきました
花も咲き出しました

クリックすると元のサイズで表示します

ランタナは、これが最後の花です
これからは花の無い状態が春まで続きます

Yokohama / Nov. 2010
0

2010/11/26

自転車  非凡なる日常

クリックすると元のサイズで表示します

懐かしいセミドロップハンドルの自転車
碑文谷公園で見かけました

二つある角形のヘッドライト、大きな変速レバー
昔流行っていた、あの自転車です

この子は、今でも現役みたいです

Meguro / Nov. 2010
0

2010/11/25

川崎LAZONA  Christmas Trees

クリックすると元のサイズで表示します

川崎駅西口ラゾーナのクリスマスツリーです
広場全体が綺麗なイルミネーションになっています

Kawasaki / Nov. 2010
0

2010/11/24

品川インターシティー  Christmas Trees

クリックすると元のサイズで表示します

今年もクリスマスツリーの季節になりました
今年のはやりはピンクかな?

Shinagawa / Nov. 2010
0

2010/11/23

G-Rokkor 28mmF3,5  カメラ小僧

会社から借りてきた「Gロッコール」、今日は少しお天気も良くなったので、近所の撮影に行ってきました
撮影コースはいつものコース、カメラは「NEX-5」です
レンズは、MINOLTA G-ROKKOR 28mmF3.5 ミノルタのライカLマウント、28mm広角レンズです
フォクトレンダーのマウントアダプターで装着しています

クリックすると元のサイズで表示します

開放F3.5です
ピントは中心の白い柵
周辺光量落ちが目立ちますし、周辺の色づきも気になります
中心の改造は、開放からきちんと高い状態だと思います
オールドレンズに有りがちなフレアーも無いです
近景のボケが、ボケと言うより少しコマ収差の様に見えている様な気がします

クリックすると元のサイズで表示します

2段絞ってF5.6
近景の収差感は無くなりました
コントラストも上がります
周辺光量はやっぱりかなり気になります

クリックすると元のサイズで表示します

開放F3.5、ピントは標識の文字です
周辺光量落ちが大きいので、フラッシュを焚いたかの様な写りです
開放から良く写っていると思います
周辺もコントラストが出ています

クリックすると元のサイズで表示します

F5.6、コントラストが上がり、立体感が出てきます
四隅の光量落ちと色づきは、開けても絞ってもかなり気になります

クリックすると元のサイズで表示します

開放F3.5、ピントは中央の木の枝です
開放でも結構写っています
少しコントラストが甘い気もします

クリックすると元のサイズで表示します

F5.6、コントラストは上がりました
周辺光量落ちは、開放でもF5.6でも、かなり目立ちます
光量はまだしも、色が付いてしまうのは、かなり気になります

クリックすると元のサイズで表示します

開放F3.5、ピントは真ん中のアパートの屋上の鉄塔
アパートのベランダの手すりは、きちんと解像していません
全体的に甘い描写になっています
周辺の収差も大きい様に感じます

クリックすると元のサイズで表示します

コントラストは上がり、アパートの手すりは解像してきます
そのすぐ後ろの青い屋根も良く写っています
周辺の解像も上がっています

35mmフルサイズのイメージサークルを持つレンズですが、バックフォーカスが短いタイプなので、APS-Cと言えどもデジタルカメラに付けると、周辺の光量落ちと色付きはかなり酷い物があります(射出瞳距離がCCDやCMOSには短すぎる)
これを「オールドレンズの味」と言う事で楽しむのであればそれはそれで良いのでしょうが、そもそもこのレンズ、フィルムで撮ればこんな事は無いはずなので、「オールドレンズの味」と言うのは、少し違う気がします

写りの方は、開放から破綻無く良く写ります
開放でもきちんと解像感ある写真が撮れますし、少し絞れば周辺の収差も減りすっきりとした立体感のある写真撮れます

28mmと言う焦点距離は、APS-Cのカメラには使いやすい焦点距離ではありますが、兎に角、光量落ちが酷くてあまり使う気にはなりません
前に遊んだ「ズミクロン35mm」や「ズマロン35mm」の方が、デジタルカメラでは遥かに使える気がします

レンズが悪いのではなく、このレンズの短いバックフォーカスのせいで、その構造がデジタルカメラには向かないと言う意味です
このレンズは、フィルム専用と考えた方が良さそうです
こんど時間があったら、フィルムで撮ってみます

Yokohama / Nov. 2010
0

2010/11/22

ヨット整備 初マスト登り  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

今日はもともと午後から雨の予報だったので、7時に起床、それから御飯を食べて8時半過ぎに出てちょこっとクルーズして、お昼前に陸に上がろうと思っていたのですが....
8時半頃から急に激しい雨が!
小雨ぐらいだったら、構わず出たんですが、なぜか予報に反して朝から結構な本降り

クリックすると元のサイズで表示します

もともとお昼には上がろうと思っていたので、今日は海に出ずにもうあげてもらう事にしました
少し船の中を片付けて、9時半前には上架
それから、洗艇して整理と片付け

で、大体世の中はそんなもんで、その頃には雨も上がり、時間は11時過ぎ
天気も良くなって折角なので、予定してたマスト登りをする事にしました

マストに登る方法は、ボースンチェアーと言う吊り下げ式の椅子をメインハリヤードを付けて登り手の腕力と補助者のウインチ巻き取りで登るのが一般的ですが、家主の場合は補助者がボスで少々非力なので、色々調べて一人でも登れる方法を幾つか調べました

クリックすると元のサイズで表示します

自作の縄梯子や、イージークライマーと言うマストのスライダーに通す梯子、トラベラーのブロックを上下に使って登る方法、WestMarineのトップクライマーと言う製品、マストにステップを付ける方法などなど、色んな方法がある様ですが、家主が気に入ったのは、登山用品の「アッセンダー」と言う器具を使って、尺取り虫の様に登る方法

アッセンダーを2個使い、一つにボースンチェア、もう一つにフットテープを付けて、アッセンダーを交互に上げていき登ります
これは、WestMarineのトップクライマーに良く似ていますが、登山用品の方が信頼性は高いと思いこちらにました
それに、登山用のロープもいると思いましたし(ハリヤードにストッパーを直接噛ますのが嫌だった)

安全対策でエイト環と言うディセンダーを使い、スピンハリヤードを通して確保と降下に使います

クリックすると元のサイズで表示します

で、いざ、登頂

実は、生まれて初めてのマスト登り
「la vie de mer」のマストはデッキから11.5m、デッキは上架した状態で地面から5m、なので、マストの頂上は地面からだいたい16mです
これを、基本的にロープ1本で登ります
高所恐怖症では登れませんね

でも、最初は全く登れません
どこに力を入れたら良いのか良くわからなくて、尺取れない虫状態
宙吊りになったまま、無意味に体だけ伸びた縮んだり、全然登れません
そのうちボスが今度は試してみて、やっとコツがわかってきてきました

選手交替して、工具と部品を持って、やっと本格登頂開始
「ピース」していますが、初めてのマスト登りでちょっと緊張しています(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

今日のマスト登りの目的は、レーダーリフレクターの取り付けと、マスト灯のLEDバルブ交換です
これは、レーダーリフレクター
本船のレーダーを効率よく反射して、自分の位置を相手に知らせる物です

クリックすると元のサイズで表示します

更に、マストトップに向かって登りますが、残念ながらアッセンダーの位置の関係でマスト灯には手が届かず、今日はひとまず降りる事にしました
ちょっと残念に思っていたら、ハーバーのT村さんが手伝ってくださると言う事で、早速お願いしました

クリックすると元のサイズで表示します

今後は登山用具は使わずに、メインハリヤードをボースンチェアーに直接取付けて登頂
スピンシートでの確保は、この時もしました
今度は無事にマストトップに到着、ちょっと回りが悪かった風速計に6-66を注して、更にマスト灯の交換をしました

が、残念ながら、電球を交換してもマスト灯は不灯のまま、直りませんでした
どうやら、球切れではなかった様です

多分、マスト内の配線が断線してるんだと思います
流石に、そうなるとDIYでの修理は困難と思い、ハーバーに修理をお願いしました

今日は初めてで2回もマストに登りました
明日は筋肉痛かな?!(笑)
12時半にはマストから降りてきて、お腹もへったので持った来ていたカップラーメンでお昼御飯にしました
片付けをしてデッキカバーをかけて、2時半にはマリーナを後にしました

帰りに途中ベイサイドマリーナのアウトレットモールにでも寄ってこようかと考えましたが、駐車場の列が長かったので、そのまま通過して帰って来ました

クリックすると元のサイズで表示します

冬場整備として最近買ったもう一つの物が、このオートパイロットとそのリモコン
これはちょっと大仕事になりそうなので、ゆっくりやろうと思っています

それにしても、今日は初めての経験で、おもしろかったです

Miura / Nov. 2010
1

2010/11/21

ヨット ちょこっとクルーズ  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

今日は午前中には色々と用事があったので、家を出たのはお昼ちょっと過ぎ
船に泊まって明日も遊ぶ予定でもいたので、ゆっくりとしたスタートです
途中のコンビニで、お昼御飯のお弁当と明日の朝ご飯の牛乳を買って行きました
マリーナに着いたのは2時前
ちょうどレース上がりの師匠にも会えて挨拶して、まずはマリーナでお昼御飯

クリックすると元のサイズで表示します

腹ごしらえをしたら、船の準備をして2時半に下架出港
風は北東の良い風が吹いていました

クリックすると元のサイズで表示します

諸磯湾内でメインアップ、湾を出たところで針路を網代崎灯浮標にとり、その時点で良い風が入ってきたので、ジブセット、機関停止
クローズドリーチで5ノット強、なかなか快適な走りでした
暫くクローズドリーチで江ノ島を目指し、沖に出たところで270°に転針、クォーターリー
更に沖に距離を稼ぎます

クリックすると元のサイズで表示します

十分沖に出たところで、ジャイブして180°に転針、クォーターリー
帰港ルートに入ります
諸磯湾が覗ける位置に来たところで、115°までラフしてアビーム
そのまままっすぐマリーナにアプローチ
定置網を陸のエンド付近でジブダウン、油壺湾でメインダイン
そのまま、桟橋に付けて、船泊まりの体制に

メインセールを畳んで、ロープ類を整理して、晩ご飯準備
例によって、晩ご飯はビザーラモバイル「ヨット配」にしました

先日買ったLED航海灯を、スタンの船尾等、バウの両舷灯に付け替えました
マスト灯は明日マストに登って交換します

クリックすると元のサイズで表示します

6時にはビザも届き、晩ご飯+宴会に突入
楽しい宴会タイムです

ビール、焼酎と飲んで、ポータブルワンセグテレビでドラマを見て、10時過ぎには寝ました

今日は、航海時間は少なかったですが、良い風が安定して吹いていましたし、そんなに寒くも無かったので、とっても快適なクルーズでした
GPSは8ノットまで出たと言っていますが、それは何かの間違いだと思います(笑)

少し陽が傾きかけていたので、ブチサンセットクルーズでした

Miura / Nov. 2010
0

2010/11/21

クラス会  非凡なる日常

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は久し振りのクラス会でした
家主の小学校は「鷹番小学校」、目黒区の小学校です
正確には、6年生の3学期に引っ越してしまったので卒業はしていないですが、優しいご学友(ご悪友?)のお陰で仲良くしてもらっています

それにしても学芸大学駅前、人が多くて繁盛しています
これこそ「商店街」って感じでした

クリックすると元のサイズで表示します

一次会は中華でお昼御飯
二次会はこれも同級生のお店で宴会

午後の1時から8時前まで飲んでいました
すっかり酔っぱらってしまいました

今度は林間学校に行こうと盛り上がりました、実現するのかなぁ....
相変わらず、楽しいクラス会でした

>皆さん、楽しかったです、またやりましょうねぇ!

Meguro / Nov. 2010
3

2010/11/20

クラス会  非凡なる日常

家主は、ご幼少時代をこのあたりでお過ごしになりました(笑)

近所をブラブラ散歩してみましたが、本当にこの辺は良い所だったんだなぁと、痛感ました
このエリアで小さい頃を過ごせたのは幸せだったんだなぁとしみじみ思いました

Tokyo / Nov. 2010

クリックすると元のサイズで表示します
1

2010/11/20

南武線  非凡なる日常

近所の割には南武線は殆ど乗る機会が無いのですが、今日は小学校のクラス会でお出掛けです
凄く良いお天気です

Yokohama / Nov. 2010

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/19

LED航海灯  航海日誌

クリックすると元のサイズで表示します

冬場になったので、少しメンテナンスにも力を入れようと思っています
色んな部品や道具を集めだしています

これは、LEDの航海灯です
振動に強く、寿命も長く、低消費電力なのでヨットにはうってつけです
Westmarineで購入しました

10ワットクラスのバルブで、値段は一つ35ドル、円高なので2800円と言った感じでしょうか?

実は、錨泊灯(マストのてっぺんに付いている灯火)が切れているので、早く修理もしてあげないとです

Yokohama / Nov. 2010
0

2010/11/18

あずざ  小鉄

中央線の特急、「スーパーあずさ」と「あずさ」です

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはE351系、「スーパーあずさ」
日本の鉄道高速化は、新幹線に代表される専用軌道を用いた高速電車を走らせる方法と、山岳地帯のカーブの多い路線を振り子列車によって高速化させる方法と主に二つあると言われています
日本とかイタリヤは、国土に山岳地帯が多いので、振り子電車の技術も発達していると言われています

このE351系は、コンピュータによって車体を傾ける制御付き振り子電車です
電車は振り子の性能をいかす為に、低重心で設計されていますし、車体の形状もトンネルなので振り子ができる様に、上の方が絞ってある形になっています
また、パンタグラフは車体についているのではなく、台車からリンクで付いていて、振り子動作時に架線とパンタグラフの位置関係が良好に保てる様になっています

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、E257系、「あずさ」
こちらは振り子電車ではありません

Tokyo / Oct. 2007
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ