静寂な尾瀬アヤメ平

2018/6/13 | 投稿者: クロちゃん

今年も尾瀬のスタートは富士見下からでした。
しかし、季節が早すぎた。
これは花のない尾瀬アヤメ平を目指した記録です。

富士見下から富士見小屋までの私のコースタイムはいつも、だいたい1時間45分ほどです。
昭文社の山と高原地図に記された2時間55分は絶対かかりません。(と思う。)
ところが…。

2時間経過、2時間経過〜。
ありゃ、全然着かない。体力の衰えを感じた。(^^ ;
富士見小屋が近づくと、残雪の道となりました。

クリックすると元のサイズで表示します


富士見小屋も雪がたっぷり残っていた。
もちろん人影もありません。
(富士見小屋は2015年で営業終了しています。)

クリックすると元のサイズで表示します


「尾瀬」の文字を見ると心弾み、わくわくします。
今日はどんなドラマが待っているでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


富士見田代の池塘は雪と混ざって神秘色です。
ここまで、少しだけ木道が現れた場所がありますが、雪野原の中を歩きました。
この先も同じです。

クリックすると元のサイズで表示します


でもでも、アヤメ平には雪がありませんでした。
いつもと変わらぬ景色を眺めて、誰もいないアヤメ平で静寂な時間を過ごしました。

クリックすると元のサイズで表示します


更に、花の姿はどこにも確認できず、足早に帰路に着きました。

クリックすると元のサイズで表示します


次は花咲く頃に訪ねましょう。
遥かな尾瀬は夏を感じてからが良い季節です。

夏がくれば思い出す
遥かな尾瀬♪

山歩日2018年5月16日




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ