奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2007/10/31

奈留の芦屋  奈留島
奈留は自然ばかりが素晴らしいのではありません、裏道を散歩していると、急にお屋敷町に入り込みました。
クリックすると元のサイズで表示します
ここだけは、芦屋のお屋敷町か、高台寺の石塀小路の雰囲気です。
クリックすると元のサイズで表示します
道路に沿って、丸い塀とは、なかなかのものです。
 この家は金持ちそうですが、全体に奈留島は、皆が平等で、北海道の鰊御殿のような一人勝ちで、他は貧乏ではなく、共産社会のようです。
 だいたい同じような家が多いですが、潮風のためか、あまり古い家はないようです。
それでも、ほとんどの家は、私の京都の家よりずっと大きいです。

2007/10/30

前島2  奈留島
前島の2回目です。
クリックすると元のサイズで表示します
前島の港から、奈留島を見ています。山の一番高いところが、先日夕陽を撮った城岳です。
クリックすると元のサイズで表示します
 港の灯台は赤です。
後ろは奈留島で、一番近い所は、100Mも泳げない私でも、なんとか成りそうぐらい近いです。
 バブルの頃に、奈留島と前島に橋を架ける話もあったようですが、前島の住人から「そんなことをしたら、奈留島の悪い奴が沢山入ってくる。」と、反対されたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
 灯台の初点は昭和41年、「S君、僕らが高校の頃の初点で、しかも今回は白でなく赤ですよ、どや!興奮したか。 えっ、俺は赤より白のほうが興奮するって、君はいつも大人やねー。」 
9/21.9/23を参照
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの船からの前島全景、トンボロはこの裏です。乗客は我々だけでした。

2007/10/29

前島1  奈留島
浦湾の出口に、小さな島「前島」があります。
今や人口は40人ほどに減りましたが、日に4便の定期船が運航しています。
クリックすると元のサイズで表示します
定期船の「津和丸」で15分、200円の船旅です。フークは無料です。
クリックすると元のサイズで表示します
これが有名な「トンボロ」陸繋砂洲(高校地理で学んだはずですが、記憶はなし)。
 向こうにある末津島と、徐々に結ばれていくそうです。今は満潮で、間が途切れていますが、干潮になると歩いて末津島に行けます。これの日本で一番大きいのが、函館市で、トンボロの上に出来た市だそうですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
もう一度観てください、
 秋日和・波静か、 単なる観光客として観ても、素晴らしいのに、ここで住んでいるんだと思って見ていると、余計に素晴らしく、愛しく思う景色です。
 おじさんは又少し涙ぐんで、持ってきた「おさつどきっ プレーン」を食べお茶を飲みました。
 ブログのネタがなくなりそうな、不安な毎日ですので、前島も2回に分けて報告します。  
  「明日も前島ダー」

2007/10/28

奈留町体育祭  奈留島
27日の土曜日は第4回奈留町(なるまち)体育祭がありました。「喜珍さん」の日記を読むと、合併前は奈留町(なるちょう)町民体育祭と言っていたそうです。
 長崎ではどこも、町を「まち」と呼んでいると思っていましたが、奈留は最近「まち」と呼ぶようになったのですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
以前は「部落」ごとの戦いだったようですが、今は「人数も減ったので、寂しくなった」と皆が言います。
 「部落」と言う言葉も、ここでは何のためらいもなく発せられますが、ドキッとする自分が恥ずかしいです。
クリックすると元のサイズで表示します
高齢者のレースが、参加者が一番多かったようにも見えるのは何処でも一緒か。
クリックすると元のサイズで表示します
綱引きや、最後のリレーも良かったですが、一番迫力があったのは「百足競争」、荒縄で足を縛っていました。
 私は、花水木さんのアドバイスで、「玉入れ」に出ましたが、籠は5Mぐらい上にあってなかなか入らず、惨敗でした。

2007/10/26

10時検は満月  奈留島
 当直の夜は、「10時検」と言って、夜の十時ごろ病棟を廻り、看護婦さんから入院患者の状況を聞いたり、指示したりする役目がありました。
もちろん暇なときは、お菓子をもらい、コーヒーを飲んで、煙草を吸って、看護婦さんとおしゃべりをしていました。
 奈留病院はこの「10時検」がありません、それでも習慣で、なんとなく9時過ぎにはぶらっと病棟に顔を出します。
 クリックすると元のサイズで表示します
特に何もなく、官舎への帰り道、見上げると満月、今日は旧暦の9月16日です。
 フークを誘って、お月見です、フークは月に向かっても吼えませんでした。
「月に群雲・・・」と言うのは今日のような状態なのか、低い雲が次々と満月を隠します。写真ではその群雲が上手く出ませんでした。雲が綺麗だったのに。

2007/10/25

秋の夕陽  奈留島
ブログをやり始めてから、どこへ行くにもカメラを持って行くようになり、夕陽や月や花や動物・・・、なんにでもカメラを向けるようになりました。
 仕事終わってすぐに(奈留病院は5時か5時15分か、何時が帰る時間かいまだに不明です)、フークと一緒に、城岳の展望台まで、車で散歩です。
クリックすると元のサイズで表示します
日の入りには間に合いましたが、ここからは向かいの久賀島に沈むのが残念です。
クリックすると元のサイズで表示します
これで5時半過ぎぐらい、京都や富士山麓より夕方はずっと明るいと思います。
 中高のグランドと、この右端ぎりぎりに写っているかいないかが、奈留病院と私の住む官舎です。
クリックすると元のサイズで表示します
ふり向けば、上五島の島の上にお月さん、明日が満月。
 これこそ 「月は東に 日は西に」です。
クリックすると元のサイズで表示します
島のターシャさんの庭が、中央少し右に見える「船廻」地区です。
 「おーい・おーい」

2007/10/24

おくんち  奈留島
 諫早からの帰り、奈留島に着いたのは夕方でした。
クリックすると元のサイズで表示します
奈留神社のお祭りは、旧暦9月9日頃の日曜日にあるので、ここでも「くんち」です。船から神社ののぼりが見えました。
クリックすると元のサイズで表示します
もう「後の祭り」と思っていましたが、しばらくしてフークの散歩に出ると、神社に帰っていく御神輿の後姿を見ることができました。これで5時半頃です、まだ島の5時半は明るい。
クリックすると元のサイズで表示します
2年前のお祭りの写真です。大漁旗で飾られた船が、奈留神鼻まで出た後、港でお餅を撒いてくれます。このお餅をぜんざいに入れたらめちゃ上手いです。
 2年前に写真を撮った美しいおじいさんも、今は汚くなっているのでしょうね。

2007/10/23

帰り道  
 1時ごろ寝たのに、日曜日は又5時起きで、TV観戦です。
ラグビーW杯決勝は、南ア15−6イングランドとトライ無しの試合でした。あまり話題にもならず終わってしまったようです。
 まあ、巨人が3連敗で終わってしまったことの方が、嬉しかったのかもしれません。
長崎まで出て、船が出るまで映画でも観るつもりでしたが、眠たくて映画なら寝そうなので、市内散歩に変えました。
クリックすると元のサイズで表示します
映画「解夏」のロケ地になった、聖福寺は長崎駅から歩けましたが、ここだったかと言うイメージは湧きませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな鬼瓦の塀が有りました。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ時間はあるので、長崎歴史文化博物館も見学。長崎奉行所の再現建造物の中では素人の寸劇も面白く見ました。古狸さんの今後の宴にも、参考になるような劇でした。
 長崎港の電気屋さんで、プリンターが壊れているので購入。少しまけてくれた上に、送料も無料だったので嬉しくなりました。次の日の夕方にもう届き、綺麗にカラーコピーも出来ました。

2007/10/22

長崎県派遣医師研修会  
先週は、離島の派遣医師の研修会で諫早に行きました。
 いかにして今後も医師を確保していくかの方法や、現状の不満点などの解決を、離島の医師と離島支援センターや行政が話し合う場所でした。
 先々週と同じく、奈留島から本土に渡って、会議などに出ると、ほとんど楽しむ時間が有りません。
 長崎港に着いて、JR長崎駅から諫早までゆっくり汽車で40分ぐらい、駅弁を買って乗りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 長崎街道弁当は、大名駕籠の形をしています。
注:長崎街道は、肥前長崎から豊前小倉までの25宿ということが解りました。
豊後は豊後水道が有るので知っていましたが、豊前というのは知りませんでした。
先に書いておきますが、そんなことも知らないのかと(憮然)としましたというコメントは無しですよ。
 又よくこの写真見て下さい、この汽車は窓が開きますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
 駕籠のとっての棒の中にお箸が入っていると思っていましたが、そこは空でした。
箸がないと少々あわてましたが、お箸は他にありました。
クリックすると元のサイズで表示します
 JR諫早駅です。田舎なのか都会なのかわかりにくい駅ですが、駅前にミスド・マクド・ケンタッキーとありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 諫早一番の名所「眼鏡橋」です。長崎の眼鏡橋より立派ですが、三分の一円のアーチなのと、光の加減で影が上手く出ず、天地逆の写真にはなりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
 京都の師走名物「高校駅伝」の女子で強い、諫早高校の敷地内にある、「御書院」と言う庭です。綺麗に整備されていて無料です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 名もなき「高城神社」のチョットとぼけた狛犬で、反対側の狛犬は逆立ちです。
こうして諫早の町を会場までぶらぶら2時間ほど散歩し、3時から12時まで会議と懇親会で過ごしました。

2007/10/18

淡水貝化石層  奈留島
 宿輪(しゅくわ)の道路沿いの岩に、化石が出ています。
クリックすると元のサイズで表示します
 淡水貝の化石なので、2千万年前、日本が大陸と陸続きだった頃、五島のあたりは、大きな淡水湖だったと言えるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
 ほんまかいなと思いますね。

 相ノ浦(あいのうら)の道路に、こんな模様が出ていました。
クリックすると元のサイズで表示します
 フークにつぶされた、猫の化石のように見えますが、舗装の失敗で付いた単なる模様ですか。
 奈留島を隅から隅まで見る会でした。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ