奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2008/9/30

九州旅行5 白くま  九州本土

    クリックすると元のサイズで表示します
 城山から見た<b>桜島</b>。
噴煙はあがっていず、雲に覆われていましたが、確かにどこから見ても<b>桜島<b>は立派です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 私が好きな<b>白くま<b>アイスクリームは、鹿児島の人に言わせると偽物だそうです。
 鹿児島には本当の<b>白くま<b>を食べさせる店がたくさんありました。
 その中でも有名な店に行くつもりでしたが、前夜泊った旅館の仲居さんが「有名で観光客が来るのはその店だが、鹿児島の通人が行って本当に美味しい店は、そこではない。」と言われた為、有名な店からは宅配で子供達に送るだけに留めました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 同じく天文館のアーケイドの内にある、仲居さんご推薦の小さな喫茶店風の店に、開店早々飛び込みました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 これが玄人好みの<b>白くま<b>らしいです。
西瓜も梨もバナナもメロンも、かなり大きいのが突き刺さっています。本体は練乳がけ。
 昔々、中学の頃、「氷と西瓜、どっち食べる?」と訊かれて、「氷」を選んでからは、何故か西瓜はもう食べないと決めていた私も、50年ぶりぐらいで、突き刺さっている西瓜を食べました。
 本物の<b>白くま<b>を食べるのが、この旅行の第4番目の目的ですが(楽しみとしては第1番か)、結果は
   「まあまあ」!

2008/9/29

九州旅行4 西郷像  九州本土
 鹿児島と言えば、最近篤姫が人気が有るとは言え、 (鹿児島市内で篤姫展も見てきました)やはり普遍的人気は西郷隆盛だと思われます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 市内にあった有名な西郷像です。
上野の犬づれ普段着の西郷さんではなく、立派な軍服姿です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 わざわざ撮影場所もあって、地下駐車場の車の中で眠っているフークの代わりに、西郷さんの犬と一緒に撮影できます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 城山の西郷自決の洞窟前に有る、西郷坐像です。
    
     クリックすると元のサイズで表示します
 鹿児島空港前の西郷公園にある10M以上の西郷像です。
 実在の人物の像では日本で一番大きいらしいです。
京都に置かれる予定が立ち消えになった後、ここに移されたそうですが、京都より鹿児島の方が良いでしょうね。
    
     クリックすると元のサイズで表示します
 宿泊した日当山温泉の旅館の地図に有ったので行ってみたら、張子ですがそれなりに大きな西郷像
 まだまだ探したら鹿児島には西郷像が多いいと思いますが、西郷像は今回の旅行の目的ではありません。

    クリックすると元のサイズで表示します
 日当山温泉の旅館の部屋、私達の部屋名は「日鳥」でしたが、隣は「金玉」。
こちらに泊りたかった。

2008/9/28

第1回奈留小中高合同体育大会  奈留島
   クリックすると元のサイズで表示します
 プロ野球は一休み、しばらくは新聞もTVも見ないようにしなくては。
   
クリックすると元のサイズで表示します
 さてこちら奈留島では、今年度から小中高一貫教育になった為、まあ多分公立学校としては日本で初めてと思われる、
 第1回奈留小中高合同体育大会が行われました。

   クリックすると元のサイズで表示します
 秋晴れの絶好の運動会日和です。
小中高全員で300人弱ですが、見物人はそれ以上でした。
 保護者でもないのに、見学。
受付では皆がお祝いを持ってきています。 あわてて午後からもっていきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 100M走から始まって。
    クリックすると元のサイズで表示します
 組体操も、小中高全員で、
     クリックすると元のサイズで表示します
 ソーラン踊りも、
     クリックすると元のサイズで表示します
       クリックすると元のサイズで表示します
 最後の対抗リレーは、小学1年生からバトンを繫いで高校3年生まで走りました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 閉会式では「瞳を閉じて」の合唱。
小学1年生は高校生に付いて行ってしんどかったでしょうね。
 私は何を見ても、涙が出そうになりました。

2008/9/26

九州旅行3 高屋山上陵  九州本土
   日本神話のおさらいの続き、
 前回の地上に降りた1代目ニニギは、健康ブスの姉と美人薄命の妹の二人と結婚することを薦められましたが、脆いが可愛い妹のコノハナサクヤヒメとだけ結婚して、長命だが醜い姉のイワナガヒメを振ってしまったが故に、天皇家の寿命は神ほど長くは無くなったそうです。
 コノハナサクヤヒメと契った次の日に出産をむかえた為、ニニギは自分の子かと疑ったようです。(当たり前ですね。西洋のキリストの父ヨゼフも悩んだでしょうね)
 [実はコノハナサクヤヒメは、奈留島の奈留神社の祭神でもあるのです。姫は身重のまま奈留島まで流れてきて、奈留神鼻で子供を生んだ後溺れて、奈留神社の前の浜に打ち上げられたことになっていますから、話は上手くかみ合わずややこしい。]
 こちら日本神話は、疑われたコノハナサクヤヒメが火の中で3人の子を生み、その3番目の子が2代目になるホオリです。
 ホオリは耳慣れませんが、「山幸彦と海幸彦」の話で有名な山幸彦がホオリです。
 したがって、ホオリは失くした釣り針を探しに海中に入り、海神の娘トヨタマヒメと結婚し、生まれたその子ウガヤフキアエズは、ややこしくも母の妹(叔母になる)タマヨリヒメと結婚し、生まれた子供達の一人が初代天皇神武天皇と続くのです。
   クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
 今回旅行の第2番目の目的地は、このニニギの息子山幸彦であるホオリの墓である
  高屋山上陵(たかやのやまのえのみささぎ)です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 台風はどこへ行ったのか、夏のように暑く、フークを車に置いて食事する店も無く、この陵の苔むした参道沿いに車を停めて、カツオ節の思い切りかかった弁当を食べました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 2泊目の霧島・日当山温泉近くにある、このホオリを祭神とする鹿児島神宮です。ここも一応セットとして参拝しました。
 これで神代三陵の内二陵を制覇しました。
残るは神武天皇の父ウガヤフキアエズの陵は、鹿児島の東にあるので、「旅行に来た時は全部見ずに一つぐらい残しておいて次回来る楽しみにする」と言う私の方針に従ってパスしました。

2008/9/25

九州旅行2 可愛山陵  九州本土
 皆さんもなんとなく知っている、日本神話のおさらいです。
ドロドロした地上を、天上から矛でかき混ぜて、淡路島から始まる日本を作った神様が、イザナギ・イザナミ(滋賀県の多賀大社に祭られています)。
 死んだイザナミ(女)を追いかけて黄泉の国に入ったが、逃げ帰ったイザナギ(男)が、体を洗っていて、その左目から生まれたのが、かの有名なアマテラスオオミカミ(伊勢神宮)。
 このアマテラスが弟のスサノオと勝負して生まれたのが、アメノオシホミミ(福岡県の英彦山神宮)(ここにも行かなくては)です。
 地上に降りるように、母のアマテラスから言われましたが、その役割を結婚して生まれていたニニギに任せたのです。
 天孫降臨で九州の高千穂峰に降り立ったのが、このニニギ(アマテラスの孫)なのです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 高速を高原で降りて霧島に向かう途中に見えた高千穂峰
この山の頂上には天の逆鉾という剣が刺さっているので、これも見たいのですが、登山をしなくてはいけないので今回はパスです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 霧島にはこのニニギを祭った霧島神宮が高千穂峰の麓にありました。
結構大きな神宮です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 境内には、ご神木の大きな杉の木がそびえています。
   クリックすると元のサイズで表示します
 国歌「君が代」でも歌われている「さざれ石」も置いてありました。
以前他で見たときは思いませんでしたが、今回見て、二人で思わず奈留にある「ビーチロックや!」と言ってしまいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ニニギは降臨した後この地には留まらず、川内(せんだい)に上陸、この地で過ごしたようですから、陵は川内にあります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 川内市はこの日(9月22日)大綱引の日だったのですが、夜なので観られず、その準備をチラッと見ただけです。
 ニニギを祭る新田神社の横から入れるように
   可愛山陵(えのさんりょう)は有りました。
   クリックすると元のサイズで表示します
      クリックすると元のサイズで表示します
 この陵にはたまたま墓守の宮内庁職員が居てくれて、親切にもレプリカの陵印を押してくれ、神代三陵の印も貰いました。
  ここがこの旅行の第一番目の目的地、
    神代三陵の一番目ニニギの墓  
          可愛山陵でした

2008/9/24

九州旅行1 田原坂  九州本土
 台風もうまく(私の旅行には)通り過ぎてくれて、人妻との逃避行は、鳥栖駅で出会った人妻を車に乗せた5分後には、もう単なる家内との家族旅行に変わっていましたが、無事終了。
 旅行中怖くて、3連戦(丁度3泊)をTVで観れませんでしたが、風の便りでは、なんとなく最悪の結果になっているようですね。
 これで優勝できなかったら・・・・・・。

 1泊目は、熊本の少し手前、あまり知られてない 植木温泉に泊りました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この近くに田原坂が有ります。
西南の役で激戦地として有名な、歌にもある、
    越すに越されぬ あの田原坂です。
 この戦いで、政府軍・西郷軍両方からの銃撃戦が激しく、両方の弾と弾が空中で激突した、と言う話を昔から聞いていたので、それを見たさに行ってきました。
 植木町田原坂資料館に有りましたね!
    クリックすると元のサイズで表示します
 映画「マトリックス」の世界のような証拠品が飾ってありました。
1個だけと思っていたら、3個もあったので、これをどうして見つけたのか?本当に残るものか?チョット疑問も生まれました。
 実物を見てしまったが故に逆に、うその話のように思えてしまいましたが、この旅行の6番目の目的は、この空中衝突弾を見ることでした。

2008/9/18

神代三陵  九州本土
 以前もお話したかもしれませんが(最近の丸谷才一の文のように、自分で書いたかどうか判らなくなっている)、50歳になった頃、あまりの記憶力の減衰に驚いて、歴代天皇名の暗唱に、通勤電車内で数ヶ月も取り組み、何とか125代天皇名を暗唱出来るようになりました。(別に右翼ではなく、どちらかと言えば左翼です)
 クリックすると元のサイズで表示します
 そしたら今度は、歴代天皇陵の参拝を試み、奈留島に来るまでコツコツと、4分の3ぐらいの天皇陵を巡って陵印も集めていました。
 奈留島(九州)へ来ることが決まった時も、これで安徳天皇陵と神代三陵に参拝できると思ったぐらいです。
    神代三陵(じんだいさんりょう)
 天孫降臨したニニギ__ホホデミ__ウガヤフキアエズ__神武天皇
と続きますが、初代天皇 神武の 父・祖父・曽祖父 の3人(三神?)の墓と言われている御陵を神代三陵と言い、いずれも鹿児島県にあります。

    クリックすると元のサイズで表示します
 しかし、九州本土と五島列島は遠く、昨夏やっと、下関の赤間神社にある安徳天皇陵を訪ねて、ブログでも紹介しましたね。
 今回、1日夏休みを貰い連休にして、鹿児島に有る神代三陵を訪ねようと思います。
     クリックすると元のサイズで表示します
  陵印は既にもう写真の如く、宮内庁の京都桃山陵墓監区事務所で貰っています。
 今は京都に居る 人妻 とは、ロマンチックにも九州の中心 鳥栖駅で落ち合って、台風の中を逃避行?です。

 それもこれも、台風で船が欠航しなければですが?

2008/9/16

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 7  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
 台風が近づいているのに、戸を開けておくと、虫の声がTVの音声より大きい、
    秋になっている奈留島です。
 週末九州に、を予定しているので、行けるかどうか?

  クリックすると元のサイズで表示します
 >総本山清掃センターを左手に見て、海岸の道を行くとすぐに、
 第7番霊場田尻地区(畑○シ○宅前)海岸側のゴミ箱です。
 潮風にも耐えて、可愛い色で塗られ、いかにも「私は島のゴミ箱です」と言っているような、可憐な霊場です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 霊場から道を隔てた山側を眺めると、家がありますが、多分この2軒ぐらいの家の為だけに、このゴミ箱が有るようです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 霊場は防波堤の開口部にひっそりと鎮座しているため、見逃さないように歩いてください。
 その向こうには、奈留瀬戸越しに久賀島の蕨の村落が、また大串の皺ノ浦も見渡せます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 ここから第8番霊場へは、昔、村の有志が作った小さな打ち放し場跡を通り、海岸に沿って歩きます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 途中には、淡水貝の化石が露出している岩が有ります。
 このことから、大昔は、五島から佐世保にかけては、大陸に繫がる大きな淡水湖に成っていて。 これが一度沈んでから隆起して、五島列島が出来た、という証拠にもなっているそうです。

2008/9/15

奈留町銅像巡り 3  奈留島

 3連直3日目、チョット退屈、チョットお疲れです。
台風がゆっくり近づいていますが、直撃ではなさそうです。 雨。

   クリックすると元のサイズで表示します
 奈留小学校(今年からは旧奈留小)の校庭道路側に建つ、「考える人」のこれはセメントですか、石膏ですか?
 作者は、さすがに<b>佐藤敬助</b>さんではなく、ロダンさんのレプリカです。
 昭和34年卒業生の贈り物です。
何故?二宮金次郎ではなく、「考える人」なのでしょうか?
 そういえば、あの頃(私は昭和35年小学校卒)は、ロダンの人気があった頃ですかね。(それでもハイカラ)
 京都国立博物館の庭にある「考える人」より、かなり小さ目ですが、道路からは寂しげな背中が良く目に付きます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 像のわりには立派な台座ですが、元々は「宿輪卓爾」さんの胸像が置かれていた台座だったようです。
 前回の宿輪静磨さんのお父さんで、慶応3年(1867)生まれの、奈留の元の元を造った人のようです。
 この親子2代の頑張りで、奈留は精神的にも文化的にも繁栄したようです。
この胸像は、太平洋戦争時に供出され、台座だけが残りました。
 近所の私より少し年配の方は。「台座の上に登ってよく遊んだ」と言われました。
この像が向こうを向いていて、地獄ではなく「焼肉や」を見下ろしていれば、ロダンももっと喜んだかもしれません・・・。

 フークの散歩の範囲内で見る銅像は、これくらいだとを思うので、銅像巡りの旅は早くも終了です。
  又他を考えよう! 121ヶ所にあきたわけでは有りませんが。

2008/9/14

奈留島銅像巡り 2  奈留島

 3連直2日目、今日は発熱の子供が数人ぐらいで、今のところのんびりです。
台風のせいか、ぱらぱら雨が降ったりやんだり、第28回地区対抗年齢別ソフトボール大会も結局中止すると、告知放送が有りました。

   クリックすると元のサイズで表示します
 奈留病院横の離島開発総合センター前に有る、名誉町民「宿輪静磨」さんの胸像です。
 長きにわたり奈留村長や漁業組合長を歴任され、
   *漁業振興と網の地区共同経営を推進し、特別な富者貧者のいない村作りを実行。
    (奈留島には鰊御殿のような豪邸はありませんが、飢えてる人もいなかったようです)
   *教育にも力をいれ、高給で優れた教師を集めた。
    (教育には全島熱心です)
   *奈留病院の元となった、漁業組合立厚生病院を設立。
    (私も来れました。静磨さん、ありがとうございます)
 などなど、なんとなく今も残る、奈留島の雰囲気と伝統を作ったような人なので、
偉い人だったような気がします!
 昭和52年(1982)建立で、作者は誰だと思いますか?



   なんとなんとこれも、佐藤敬助さんでした。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ