奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2010/5/30

タコ貝  奈留島
    クリックすると元のサイズで表示します
 数日前の夕方のフークの散歩中、相ノ浦湾の川沿い干潮の土の上に家内が見つけました。
病院事務長さんの家の近く、外におられたので網ですくい上げてもらいました。
   タコ貝です!!
 島のターシャさんが船廻湾で拾った綺麗なタコ貝を沢山集めておられました。
私も拾いたくて、船廻の宮の浜をブラブラと探し続けたこともありましたが、見つけられず。
しかし、見つかるときは意外な所で簡単に見つかりました。
 近くにいたおばあさんが「昔は中にタコが入った、生きているのが沢山居た。」と言ってました。
   蛸は昔は貝だったのですよ!!
    クリックすると元のサイズで表示します
 割れているし、中に砂も入っていて、洗った後もピカピカではなく、安物のセルロイドのおもちゃと言う感じですが、それでも
    嬉しかった!!
 この幸運が続いているのか、本日の日本ダービー3連複万馬券キッチリあたりました。
     嬉しい!!!ウマ
  サッカーも勝つかな?今の所1−0、残り20分! 

   返事
レオパさん:合言葉『いいえ、似ているけれど違います』でいきます。
喜珍さん:フークも最近は認知症が出てきたか、おかしい時があるので注意してください。
   ありゃ!追い付かれた!

2010/5/29

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 107  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
     クリックすると元のサイズで表示します
 浦湾の一番奥、浦向・泊・相ノ浦へ延びる道路の三叉路の隅に、チョッと押せばそのまま海に落ちてしまうように有るのが、
   第107番霊場親和銀行(海側)海岸付近のゴミ箱です。
 遠景の右端は前島、少し濃い小さな島は弁天島です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 第106番霊場に近い所から、この第107番霊場の裏側を見ています。
丁度干潮時です。左の大きな建物が漁協、道の奥の方に見えているのが離島開発センター、その向こうに奈留病院は有ります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 今度は霊場の左側面を見ています。
白い建物は長崎では大きい親和銀行の奈留支店、電気屋さんやスーパーの駐車場も見えています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 逆に電気屋さんの前に立って霊場の右側面を見ています。
快晴の休日、奈留島の中心地近くになりますが、あまり人影はなし。
 本日は当直なので、ここに長くはいませんでしたが、この辺りに犬を連れた老人かボーと海を見ながら立っていたら、それは私です。
    合言葉を言え!

   返事
花水木さん:ロバのパン屋さんなら「蒸しパン」ですね。
     奈留島の花は、色鮮やかに咲きます。

2010/5/27

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 106  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
      クリックすると元のサイズで表示します
 第105番霊場から少し歩くとすぐに、又一つ建物が見えてきます。
霊場巡りの基本資料となる奈留支所で貰った「ゴミ箱設置数及び材質調査」表には、この建物は掲載されていませんが、正規品?である証拠のパネルは付いています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 土日だけ競馬用にスポーツ新聞を予約したり、一人の時に頼むこともある豪華夕食弁当を配達してもらったり、奈留産の野菜を買ったり、手作り揚げ物を買う商店の倉庫のそばにあるので、
   第106番霊場植木商店倉庫横(海岸側)のゴミ箱と命名させていただきました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 霊場越しに見ると、もう次の第107番霊場や漁協の建物も見えています。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この辺の空き地では、移動トラックによる花屋さんが店を開いていました。
他にも、トラックに荷物を積んで定期的に、たこ焼きやさん・瀬戸物屋さん・金物屋さん等が奈留島で露天の店を開いて、それなりに繁盛しているようですが、フェリー代なども馬鹿にならないでしょうし、購買人口の減少もあるので大変だと思います。

    返事
花水木さん:牧場しぼり(リッチミルク)、探してみます。
喜珍さん:「ぶんぶん丸」の池山!懐かしいですね!
    「太古」の甲板で波を被りながら夜を過すって凄いですね!

2010/5/25

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 105  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 海岸通に沿って、又少し浦湾の奥の方へ歩くとすぐに、
    第105番霊場石橋商店裏(海岸側)のゴミ箱
扉を開けたままの、水色の霊場でした。
     クリックすると元のサイズで表示します
 小さな空き地の隅に海を向いて建っていますが、その横は鉄工所です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 漁業をするためには、製氷工場・製函所・餌の販売や釣り針や網などの漁具屋、それに漁船の整備には造船所や鉄工所が必ず必要なんですね。
 ここ浦湾には何軒もの鉄工所があります。船関係の仕事以外にも、最近は病院の溝蓋をあつらえて作ってもらっていました。
 木造の霊場は木工所でしょうが、前島の鉄製の霊場や霊場の蓋など金属の霊場は、何軒かの鉄工所で作られた可能性が高いと思います。
 写真の鉄工所も、仕事中なのに異常なほど整理整頓されています!
    クリックすると元のサイズで表示します
 霊場の向いは道を挟んで浦の海、前島へ行く津和丸も、又漁船の集魚灯の向こうには前島も見えています。

    返事
浮岡さん:夏の昼下がり、奈留島の通りや空を見ていると、
     私はいつも子供の時の夏休みを想い出しています。
ひだかしげかずさん:ブログも本名にされていますね。
     私はまだ恥ずかしいので、このままで失礼します。
花水木さん:こういうものを食べた後は、福江の喫茶店でコーヒーとケーキ、帰ってアイスを2個食べました。
     私はメタボと無縁ではありません。
やまももさん:いろいろ尋ねてみて、
     この写真は「旧旧太古」か姉妹船で変わりばんこに来ていた女学校のような名の「清信丸」
     かも知れません?
     私は121ヶ所がそろそろ終わるので、「奈留島の乗り物」シリーズを考えました。
     

2010/5/21

半泊教会  五島列島
      クリックすると元のサイズで表示します
 ホゲ島を見るために、福江港から福江教会・浦頭教会・堂崎教会・宮原教会を横目に見て自転車を走らせましたが、もう一つホゲ島の手前に半泊という小さな集落が有ります。
 ここもたぶん迫害から逃れたキリシタンが、新天地を求めて移住してきた村だと思います。
 山道の上から半泊の海が見えてきました、向かいは久賀島です。
        クリックすると元のサイズで表示します
 この半泊の海岸に、石垣に囲まれた小さな木造教会が建っています。
屋根の十字架がなければ単なる民家のようですが、周囲は綺麗に整理整頓されています。
    半泊教会です 
     クリックすると元のサイズで表示します
 内部は静かで、日の光が入り、天井には可愛い4弁の椿の花が咲いていました。
ハンコを押して、少し寄付して、何も願わないがお祈りして、写真を撮って終了。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この間、この村には人の影はまったくありませんでしたが、そこを出てホゲ島目指してすぐ、道路の草刈をしているおばさんに道を尋ねると、
  「奈留島の○○先生ですか?」と訊かれました。
 「いいえ違います、福山です」と言いたいのをこらえて、びっくりして「ハイ」と答えると、
なんと以前久賀島で結婚式を挙げた(私も出席)、元奈留病院放射線技師のお母さんでした。
  こんな秘境で知人と逢うとは、私も五島人になってきましたね!!
     クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道、浦頭教会の前に開いている店があり、呼び込みに釣られて入ると、土曜日だけ開いている食事を作る会で、600円の定食をいただきました。
    10年前なら食べないでしょうが、今は美味しい!
 その店の人から、ホゲ島 の少し先に日本とは思えない素晴らしい景色の場所がある事を聞き、残念無念!!
 しかし、又一つ残した場所があったので、又来れるでしょう!

  返事  
花水木さん:幾つになっても苦い味はそれなりに良いではないですか。
      私は甘いものが好きですが、コーヒーはブラックです。
喜珍さん:詳しい説明でよく解りました。
    ここを基地にして、1日一往復の長崎行き客船が「楓丸」「柏丸」で、
    久賀島の蕨を基地にして、大串や福江に行っていたのが「発昇丸」で、
    福江や若松に行っていたのが「はつひめ」と言うことですか?
テツロウさん:時々のコメントありがとうございます。
    ホゲ島の先の素晴らしい景色と言うのを、ぜひテツロウさんのブログで期待しています。
やまももさん:写真ありがとうございました。
    当直の間に皆に見せて、ワイワイと皆懐かしがっていました。
     「これに乗って修学旅行に行った」とか
    私は、「旧太古」(この写真は違うと言う人も有り)で博多からや、
    「楓丸」で長崎から来る勇気はないかもしれません。  

2010/5/18

ホゲ島  奈留島
     クリックすると元のサイズで表示します
 時々コメントを貰うテツロウさんのブログ「五島列島!離島生活!満喫計画!」で紹介されていて、一度は見に行きたくて、以前途中で挫折した、ホゲ島に行ってきました。
 土曜日、「ふじ丸」を見た後、福江島の北東隅を目指して自転車を漕ぐと、もう暑いです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 狭いが舗装はされている山道から、ところどころ海が見えてきました。
戸岐のほぼ一番端まで行くと、東シナ海を望む海岸近くの沖合いに小さな島が並んでいました。
   一番左の島をよく見て下さい。
     クリックすると元のサイズで表示します
 島の中央にポッカリ穴が開いています!
白浜の円月島のように波の力で下がえぐれ、眼鏡橋状態な島は他にもあるかもしれませんが、島の中腹に自然のトンネルが出来たのはあまり見たことはありません。
風の力でしょうか?
  掘る→ホゲるでホゲ島になったんでしょうね。
       クリックすると元のサイズで表示します
 周囲で漁をしている漁船と比べてみて、周囲は50m?ぐらいか?
小型UFOが錨を結ぶのに丁度いいぐらいの大きさです。
  まあ冥土の土産に見といて良かった!!

    返事
花水木さん:花水木さんの新婚旅行の頃のフェリーなら、せいぜい九商フェリーぐらいです。
    この大型客船は、その5倍はあるし、フェリーでもありません。
     若い時の苦い味はいいものですよ!!

2010/5/16

大型客船「ふじ丸」  奈留島
    クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日は晴れ、朝一番6時35分の船で福江まで。
8時に大型客船「ふじ丸」が福江港に寄港するからです。
 知り合った福江中学の生徒に教えてもらいながら船が近づくのを待ちました。
長崎へ行く朝の九商フェリーが出て行くのを待って、すれ違うように近づいてきました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 あまり大きく見えなかったのですが、近づいてくるとやっぱり大きいです!!
    クリックすると元のサイズで表示します
 バラモン人形や太鼓の演奏も始まって、五島市挙げての歓迎です。
右の水色ジャケットの後姿は、五島市の女市長です。朝早くからご苦労さんです。
 いつからですかね?日本のおばさん政治家が赤や黄色や水色の服を着るようになったのは?
目立ちたいだけなら、チンドンヤの格好でいいと思うのですが!
    クリックすると元のサイズで表示します
 豪華客船だから、乗船客は皆セレブな格好をした紳士淑女ばかりかなと思っていましたが、デッキから見下ろしている乗客は、ハイキングでよく出会う中高年の男女という格好です。
 今丁度TVで「日本丸」の話をしていますが、豪華客船も少しずつ変わってきているのですかね。
    クリックすると元のサイズで表示します
 夕方、帰りに乗る奈留島行きのニュータイヨウが入港してきましたが(左の方)、比べるとやっぱり大きいですね!!
 もう夜には出港するようですが、停泊してる間、長い棒に刷けをつけて手作業で船体に白ペンキを塗っているのは、何か不思議な光景でした。

   返事
喜珍さん:旧フェリー乗場の前がここの浮桟橋だったのですか!
      今は海上タクシー用の小さな浮桟橋に、「はつひめ」が着いていたのですか?
花水木さん:今日確認に行きましたが、ポッチャン便所でした。
やまももさん:ここが発着場だったことがよく解りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
    霊場越しの写真の如く、今もガソリンスタンドが有ります。
     この建物が切符売り場でしたか?        
   
  追加写真
     ペンキ塗っている姿がわかりにくかったので、違う写真を追加しました。クリックすると元のサイズで表示します

2010/5/14

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 104  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
     クリックすると元のサイズで表示します
 海岸通沿いに、昭和の匂いがする公衆便所が建っています。
海上タクシーの基地にも近く、まき網船団も停まっていますが、この場所に何故に公衆便所があるのか、その故事由来は不明です。
    第104番霊場浦公衆便所横のゴミ箱は、
 その公衆便所の壁際に、やや古びたまま存在しました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 便所には、今では珍しくなった古い小便器が並んでいました。
霊場の横にくっついた便所ですが、誰が掃除するのか綺麗ですので、許してあげましょう。
     クリックすると元のサイズで表示します
 横から見ると、霊場横(便所裏)はすぐ海に面していることが解りますね。
対岸の浦向も大分近くになり、浦湾も狭くなってきました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 島に唯一のパチンコ店もこの近くにあります。
フィーバー台になってからはパチンコをしなくなった私ですので、この店は入ったことがありません。
島の人の話では「あまり出ない」ので、パチンコ好きの人はわざわざ船に乗って福江島に行くそうです。

   返事
やまももさん:「沼津の方が京都からより早く着ける」と思ってしまいましたが、
    福岡空港16:45発の飛行機が福江空港に着く時に、奈留島への最終便が出てしまうので乗れません。
     不定期海上タクシーを使うしかないのですが、素人さんには無理!
      楽しみは、福江港で途方にくれる旅行者では残酷です。
浮岡さん:奈留島で逢っても顔が解らないので合言葉を決めておきましょう。
       「合言葉を言え、静岡」→「フフフ、奈留島」
       楽しみに散歩しています。
花水木さん:ドラエモンのどこでもドアがあれば、花水木家の風呂場に直行します。
      楽しみに風呂に入っていてください

2010/5/12

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 103  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
    クリックすると元のサイズで表示します
 旧道から再び海岸通、奈留島ではここだけに有る、一段高いちゃんと分離された歩道と街路樹のある道に出ます。
 100mほどこの歩道を歩いていくと、青色に塗られた小さな霊場らしき建物が道端に見えてきました。
しかしこれは霊場もどきで、霊場ではありませんでした。
      クリックすると元のサイズで表示します
 その奥にある旅館の駐車場の隅に、
   第103番霊場奥居旅館横のゴミ箱は、隠れるようにありました。
       クリックすると元のサイズで表示します
 霊場の向こうに見えるのは、奈留島では唯一の開業医院で、循環器が専門の内科医院です。
入院が必要な時は奈留病院に紹介がありますし、心臓の患者さんなどは相談したりして、奈留病院とは共存しています。
先代から奈留島で開業され、その頃はお産もされていたようですし、息子さんがあとを継いだ2代目医院です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 霊場からそれぞれ10mも離れていない所に、奈留島の旅館が二つ重なるようにあります。
  海岸通に有るのが「奥居旅館」
      クリックすると元のサイズで表示します
 霊場奥の旧道に沿って有るのが「福良旅館」
他にも小さな民宿は2軒ありますが、これは工事関係者やお馴染みさんが泊まる宿のようです。
 個人的に尋ねていただければ、どちらが良いかお知らせいたします。
       E-Mail: syuheitsunemi@aol.com

返事
花水木さん:121ヶ所ですよ!そろそろ最後が近づいています。
    原生林、基本的には入ってはいけないようですね。
    しかし、奈留島ではキノコは諦めてください。九州ではキノコは育たないかも。
福山市さん:花水木さんの富士山と料理は素晴らしいですね!
    キノコは解りませんが。

2010/5/10

奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り 102  奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 現在フェリーやニューたいようが発着する新ターミナルより少し奥のほうに、以前まではここが船の発着場であった旧ターミナルが、人の気配もなくたたずんでいました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 旧ターミナルの裏山、こんもりした部分が権現山原始林です。
 手付かずで残っている、五島列島中部の低地の森林の代表といえることから、天然記念物に指定されているはずです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この権現山の山すそ、旧道に沿って鎮座するのが、
   第102番霊場石○洋宅裏側(旧道)のゴミ箱です。
 薄茶色の木の香も新しい、遷宮直後ぐらいの霊場です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 霊場前に立って仰ぎ見ると、権現山は常緑樹の緑で一杯でした。
      クリックすると元のサイズで表示します
 ここからは浦湾の奥の方へぐるっと廻るコースです。
このあたりは人口も密集しているので、霊場も詰まっています。

   返事
花水木さん:子供は早く大きくなりますね!
    奈留島に来たころに「どこから来たん?」と尋ねてくれた小学低学年の娘さんが、
     今春はセーラー服を着ていました。
喜珍さん:吉田松陰や高杉晋作の頃の長州人は素晴らしいですが、
   維新を生き残った長州人はあまり好きではありません。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ