奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2012/10/29

奈留島百人一首 予告編3  奈留島百人一首
 昨日は奈留島体育祭で、私も「輪っか回しリレー」に出場すべく、一人自主練習を繰り返していましたが、雨の為中止!(早く中止にしすぎか、当日は運動会日和でした)
残念なような、チョットはほっとしたような日曜日でしたが、天皇賞は勝てました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 さて、偉そうに「小倉百人一首を憶えた」と言いましたが、種本は子供から借りた「まんが百人一首事典」。
 したがって、元歌の小倉百人一首の意味や解説は、この事典から私が少々捻じ曲げて作成しています。
決して信用はせずに御読み下さい。
  クリックすると元のサイズで表示します
 「フォト575」と言うTV番組があって、1枚の写真にその写真にあった俳句1句が添えられています。
    今回の「奈留島百人一首」は、フォト57577
 なるべく奈留島の名所や行事を入れて、上手に本歌取りして出来ている作品は、遠慮なく褒めてやって下さい。(何せ作者は褒められることの好きな人間です)
くだらん作品も、それなりのご支援で、温かく見守って下さい。
 百首の中には、奈留島の名所などとは関係ない、個人的な歌が入ることもありますが、お許し下さい。
   それでは  お待たせいたしました  いよいよ始まる奈留島百人一首
   近日公開!!
       乞う ご期待!!!  願  満員御礼

   返事
花水木さん:御賽銭もたくさんして、紅白餅も食べましたが、
    菊花賞の御利益はありませんでした。
浮田さん:御輿が載ったまき網漁船は、新造船のようです。
    残念ながら、漁の方でよい話はあまり聞きません。

2012/10/26

奈留神社例大祭  奈留島
  クリックすると元のサイズで表示します
 先週の土日は当直でしたが、秋晴れの良い天気。
 突然、息子が「時間が出来た」と、孫を連れて奈留島までわざわざ来てくれました。
家内はあわててお菓子を買ったり、魚をさばいたりです。
  旧奈留小のグランドを、フークも連れてお散歩です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 当直でどこも連れて行けず、まあ息子と2人で2日間、ワイワイと当たりもしない競馬を楽しんだぐらいですが、いつもの当直よりも外来患者さんも少なく、ゆっくり皆で過せました。
 日曜日は奈留神社の例大祭
今年は寄付の名簿から外されていたのか、集金に来られなかったので、朝の奈留神社への御参りの御賽銭はいつもより多く、色々お願いしてきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 昼には御輿を載せて、大漁旗で飾った、たくさんの漁船が奈留神鼻に向かい、その帰りにフェリー乗場で待つ我々に餅を撒いてくれます。
 当直にもかかわらず、堂々とそこにいけるのが、奈留島の当直の良い所です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 餅拾いの鉄則「上を見ないで地面を見ておく」で、たくさんの餅が滑ってくるように目の前に現れて、たくさん拾いました。
後から手渡しで貰ったり、遅れてきた人にあげたりしても、こんな風な2個入りでまだ柔らかい紅白餅を、十個以上手に入れました。
早速食べましたが、餅撒きの奈留島の餅は美味しいですよ。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この後ここで御輿を降ろし、大人の御輿や子供の御輿が、各家々や奈留病院にも廻って来ます。
 あちこちで御神酒が振舞われるので、担ぎ手はいつもふらふら、何か起こるか心配していましたが、やっぱり夜に一人骨折して来院。
  クリックすると元のサイズで表示します
 入院患者さんも車椅子などで玄関前まで出て、御輿を向かえます。
各神輿の賽銭箱に、気前良く千円札を入れる患者さんもいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 久しぶりに会ったフークに、最初は一瞬怖がった孫T-1ですが、すぐに慣れてきてフークを追い回していたので、一番疲れてしんどかったのはフークです。
 しかし、孫は「来て嬉しい、帰って嬉しい」という言葉を実感した土日でした。

   返事
花水木さん:黄島にキリシタンがいない理由、私の勝手な推測ですが、
    迫害から逃れてきた信者さんは、長崎本土に近い黄島や椛島ではなく、五島列島でも比較的辺鄙な、
    東シナ海側に住んだためではないでしょうか。?
和さん:和さんは、富江から黄島に渡っておられたのですか?

2012/10/22

黄島4  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 残りの2時間程、港の周りの町をブラブラ歩き回りました。
五島市黄島診療所は、港から2分ぐらいの町中にありました。
週1回、前回行った椛島の伊福貴診療所の先生が、瀬渡し船で来られているようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 あたりにそれほど家もないのに、道の両側の石垣は立派で、城壁のように積んであります。
 休日の昼過ぎ、猫以外ほとんど人は歩いていませんが、一輪車を押してゴミを運ぶ小母さんに尋ねて、やっとジュースを売る店を教えてもらいました。
そこは普通の家と変わらず、普通の家庭用冷蔵庫の中にジュースが並んでいました。
2・300円ぐらい獲られると思ったのに、110円と安かったので、2本続けて飲んでしまいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 町の辻には、こんなお地蔵さんの祠がたくさん見られ、島の人40人ほどの一人につき1祠ぐらいある感じです。
延命院といい、黄島は信心深い人が多いいようですが、キリシタンの影は此処にはないようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 出発1時間ほど前に、福江港と黄島を結ぶ定期船「おうしま」が港に入ってきました。
これを堤防の上で迎えてから乗り込み、出発までは、年金暮らしで働いている老乗務員さん達と老人同士のの会話を楽しみました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 帰りもかなり揺れながら、ビビリながら、黄島をあとにしました。
 天気も良く、見るところもたくさんあったので、寂しくもなく、退屈もしなかった7時間半でしたが、さあもう一回黄島に来ることはあるのでしょうか?  
                 →やっと終わり

   返事
花水木さん:花水木さんは吉永小百合と同じく、踊り子でもあったのですね。
和さん:黄島燈台までの400mの上り道は、かなりこたえますが、
    綺麗に草が刈ってあり、気持ちよい道です。
     黄島に行った人は、これで3人見付かりました。

2012/10/19

黄島3  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 細ヶ岳の麓で、福江島を遠くに見ながら、持参の御弁当を食べます。
黄島には食堂もないので、昨晩自分で作った御弁当! 
今年3回目ともなると、牛肉しぐれ煮入りの海苔巻きおむすび、花水木さん御指導で10分茹でたゆで卵、冷えて油が浮いた五島肉の焼肉、炒めたちくわの中にキュウリの替わりにソーセージを詰めました、野菜がないのでバナナとお茶。
完璧にはほど遠い弁当ですが、外で食べたらなんでもうまい!
 それにしても主人に似て、写真写りの悪い弁当ですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 世界初の実用化、太陽光発電を利用した、黄島海水淡水化施設
海水から1日15tの淡水が出来るそうです。
 昔は黄島も水には困っていて、島の家々には雨水を貯める貯水槽が必ず在りますが、帰りの船の乗り組み員の話によると、「現在は太陽光発電は利用してないそうですし、人口40人で1日15tの水は使いきれず、どんどん使ってと言われている。」そうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一周してもとの港近くに戻りましたが、時間はまだまだ有ります。
 島の中央にある黄島燈台への急な坂道を登りました。
燈台の初点は昭和9年4月1日、ずっと此処には燈台守も住んでいたようです。
昭和20年7月8日、グラマンの機銃掃射も浴びたようですが、今はその官舎もなく無人の燈台になっています。
 頑張って上って来たのに、周りの景色はまったく見えませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 10年ぐらい前に子供がいなくなり廃校になった黄島小学校と黄島中学校の跡地に戻って来て、黄島巡りは一応無事終了です。
 これで5時間経過、後2時間半をどう過すかです。   →まだ続く

   返事
喜珍さん:私の見る限り学校跡地の運動場も含めて、ゲートボール場らしきものは見当たりませんでした。
    ネンリンピックご苦労様でしたとお伝え下さい。
和さん:病院まで訪ねていただき、ありがとうございました。
    てっきりあの鷺が美人に化けて出てきてくれたと思い、シャイな私は上がってしまい、
     上手にお話できなくてすみませんでした。
花水木さん:日本三大がっかり名所、札幌時計台とはりまや橋は確定ですが、残り一つは、
     守礼門・京都タワー・長崎オランダ坂・名古屋テレビ塔・仁徳天皇陵など色々なのですね(守礼門だけは行ってません)
      私は、三つ目は京都の高瀬川と思いこんでいました。
     

2012/10/15

黄島2  五島列島
   クリックすると元のサイズで表示します
 港を出て島を右回りに、左手に時々海を見ながら歩きます。
今日この道を歩くのは、私だけかもしれないような道ですが、綺麗に草も刈られています。
道端に八十八ヶ所の石仏が並んでいる所から、横道を海に下っていきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 黄島観光のメイン、溶岩トンネルの入口です。
ここに到る手前は、ロープに頼って降りるような道ですが、たどり着くと意外と小さな入口でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 このトンネルは、火山の噴火で流れ出した溶岩の外側が固まって、内側の固結していない溶岩のみが流失し、空洞を形成した為に出来たようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 背丈ぐらいの高さで、奥行きは130m位あるそうですが(一説には福江島の井坑と繋がっているとも言われています)、10mぐらい進むと真っ暗になるので、狭い所も、高い所も、暗い所も、深いところもダメな私は、一人ではそれ以上進めませんでした。
10人ぐらいでもう一度来たいです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 島の一番南の海岸、ミノハエ鼻に到着。
沖の美漁島(ビロウシマ)を眺めます、この辺も釣りのメッカらしいです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 西の端にある細ヶ岳は標高25m程で、長崎県内で一番低い山らしく、日本百低山にも登録されているようですが、調べても小林泰彦の「日本百低山」の中には見当たりませんでした。
深田久弥さんの「日本百名山」はTVで観るのが一番良いし、登れそうもないですが、百低山なら行けそうかなと思いましたが、この細ヶ岳さえ道がなく頂上まで登れませんでした。
 ここまでで約3時間、まだまだ時間はあります。  →続く

   返事
花水木さん:食堂のようなものはまったく無しですが、今回は晴れていましたし、
    退屈もしない7時間半でした。
musumeさん:父親は離れていますが、元気で楽しく暮らして下さいよ!
    人妻さん(母さん)は、二人で交互に使いましょうね。

2012/10/14

黄島1  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 体育の日、少々風が強く波もありましたが、ハイキング日和。
この地図の上のほう奈留島を6時35分の第一便で出発(奈留島のすぐ下が前回行った椛島です)。
一旦地図中央、丁度現在地マークの赤矢印の福江港で乗り継いで、この地図の一番下に書いてある 黄島(オウシマ)に行きました。
   770円+760円=1530円の船旅です。
  (地図クリックして大きくして下さい)
  クリックすると元のサイズで表示します
 途中赤島に寄ります。
最近は都会から移住してくる人が多く、人口も20人程になったそうです。
停泊はわずかで、釣り人が一人降りただけ、一応記念に片足だけ上陸しておきました。
 ここからは乗客は私一人だけですが、乗組員は4人います。
海が怖い私にとっては、かなりの揺れでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 8時12分黄島に到着、一周2〜3q回って一時間ぐらいですが、1日2便の次の便まで7時間半もあるので、一人ゆっくりゆっくり寄り道しながら廻ることにします。
  クリックすると元のサイズで表示します
 港の石積みの堤防が珍しいそうです、たぶん大河ドラマの「平清盛」で今作っている神戸の港の工事もこんなのでしょうね。
 山の上にチョット見えるのが黄島燈台、港の周りにのみ集落があります。
人口は40人程で、出会った島人に尋ねると、最高齢は93歳、ほぼ50歳以上の人達ばかりのようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 町のはずれに、広く古く立派な墓地を持つ(長崎名物金ぴか墓はチョットだけ)真言宗延命院があります。
島の規模にしては立派なお寺です、五島八十八ヶ所霊場の第15番札所になっています。
左側は海、山の上は黄島燈台です。
  今回よりカメラは貰い物のオリンパスのデジカメに変わりました。 →続く

    返事
花水木さん:ターシャさんのブログから私のブログが始まり、花水木さんと結びつきましたね。
    そのターシャさんは元気だと思いますが、長崎移住のままです。
さんまさん:まだまだ予告編で引き伸ばすつもりですので、期待せずにお待ち下さい。

2012/10/11

奈留島百人一首 予告編2  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 2008年7月にブログ「島の医者になって」に掲載された珠玉の名作
         =奈留島八景
の素晴らしさを憶えておられる読者も、もう少なくなったと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2008年8月から2年以上にも及ぶ超大作シリーズ
         =奈留島121ケ所ゴミ箱霊場観光巡り
は、もうブログ「島の医者になって」そのものだったかも知れず、読者の皆様に感動と言う言葉をプレゼントし、長崎の教会群を世界遺産に登録させようとする運動の原動力になったとも言われて いません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして三つ目は、2010年6月からゴミ箱霊場観光巡りと平行して登場し、それほど話題にもあがらずに終わってしまった、
         =奈留島の乗り物= 
シリーズ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回自信を持って御贈りする奈留島シリーズ第4弾!
         =奈留島百人一首
     構想2年!    撮影快調!!
  近日 このブログで公開決定!!!
               乞う ご期待   R−10

    返事
花水木さん:ビアンコ、ビアンコ、ビアンコと三回叫んでみても、
    良い理由が思いつきませんでした。 ?

2012/10/9

奈留島百人一首 予告編1  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 歳を取るにつれて記憶力の低下著しく、10年程前にはそれを防ぐ為に、歴代天皇125名の暗記に挑戦。
何ヶ月もかかって憶えた為、これを無駄にしてはいけないと、天皇陵巡りを開始していましたが、三分の2ぐらい巡ったところで奈留島に行くことになり、天皇陵巡りは中断となりました。
 それでも、鹿児島の神代三陵巡りや、下関の安徳天皇陵には奈留島から行かしてもらいました。
いずれは昭和天皇まで全ての御陵を巡りたいと思っていますし、天皇陵巡りを、老後のブログのネタにするつもりです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 青野原病院時代には、小倉百人一首を憶えようと、半年以上かかって100首憶えましたが、奈留島に来てから復習しなかった為、又暗唱につまずく所あり、再度完璧に憶えようと苦労しています。
 せっかく憶えた百人一首、カルタ取りをするわけではないので、小倉百人一首を基にして、奈留島百人一首を作ることにします。
  これから始まる「奈留島百人一首
     乞う  ご期待!!

  返事
花水木さん:御中元や御歳暮の季節でもなく、患者さんからでもないのに、
    たくさんの葡萄と、別の人からは高級牛肉が届きました。
    これはもしかして、鷺の力かもしれませんよ!
中ちゃん:鷺は私のたくましい?裸体も洗面脱衣所で見られて、本当に幸せでしたよ?
喜珍さん:第1発見者の鉄則を忘れて、死体を別の場所に移動させたので、安物ミステリーなら犯人第一候補でしょうね!

2012/10/6

鷺  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
    喜珍さんへの返事で予告した鷺の話ですが、悲しい結果になりました。
 フークと散歩の帰り道、タクシー会社の運転手さんに助けを呼ばれて行ってみると、近くの公園裏の溝に、人間の病人ではなく鷺が一羽動けなくなっていました。
 こんな金網のフェンスを乗り越えるのさえ危なかしくなった老人ですが、何とか乗り越えて、後ろから捕まえてみると、足に釣り針が刺さり糸が絡み付いていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 糸を外しても飛べそうでないので、このままでは野良猫かカラスの餌食。
病院から大きな段ボールを持ってきて、行きがかり上仕方がないから、官舎に泊めることにしました。
 自分の子供達や友人は泊めていますが、まったくの赤の他人を官舎に泊めるのは、バイクで骨折した若い旅行者・神保悟志さん・ひよどりの雛、以来です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一瞬驚くフークをなだめて、鷺を洗面所に入れ、病院の栄養科からもらった鯵を小さく切って与えると、朝までには少し食べていました。
 夜の風呂も、朝の髭剃りも、この鷺に見られながらですが、私には慣れたのかじっと動きませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夜中はフークと扉一枚隔てただけで寝てもらいましたが、フークは無関心を装っていました。
 鷺はそれでもフークの姿を見ると、首を一杯まで伸ばし、羽を起てて威嚇します。
そうするとフークよりかなり高く成ります。
 キミマロズームの闇雲撮りなので、良い写真がなく、判りにくいですが、だんだん可愛く思えてきます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 次の朝、役場の人に引き取ってもらいましたが、やはり飛べないようで、丁度いい具合に、旧奈留小の空になった鶏小屋に保護されていました。
 次の日、役場の人の奥さんからも、「元気に成ってきたので、もしかしたら放せそう」との話も聞き、喜んで昼休みに見に行きましたが、水の溜まった箱の中で死んでいました。
水からだしてあげて、そばの箱の上に寝かせましたが、予想外のことに少し涙目になります。
たった一夜の付き合いでしたが、「鷺の恩返し」も夢見ていたので、少し落ち込みました。

   返事 
花水木さん:花水木さんの突っ込みに力をもらって続けているので、
    もっともっと突っ込んで、自分で笑ってくださいね。

2012/10/3

椛島2  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
   椛島ブラブラ続きです。
 本窯から伊福貴まで、時々海も見える山道を歩きますが、そのほぼ中間点、丁度椛島が一番細くなっている部分で、右を見れば椛島小学校の旧校門が見えますが、高いように見えて、海抜15mしかないです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 左を見れば、新しく出来た小さな変電所がありました。
北の海も、南の海も見えるぐらい、ここで島は細くなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この変電所の向こうに見える南の海、(新しい木のベンチも設置されていました)この沖に辛うじて判りますか、細い棒状の突起物が見えますね。
 これが環境省がやっている、浮体式洋上風力発電実証事業の小規模試験機の風車です。
  椛島に来た目的の一つは、これを見るためです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 液晶画面が真っ黒のキミマロズームを光学10倍一杯にして、やみくもに撮った1枚(海だけのもの多数あり)、全長70mのうち海上に30m・海中に40mで、読んで字の如く3本のチエーンでくくられて浮いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 伊福貴港の渡船待合室で、一人寂しく雨を眺めながらパンを食べコーラを飲んだ後、小雨の漁港の狭い小路を歩くと、一軒こ店がありました。
そこでお菓子を買って尋ねると、親切にも、これも実証事業の一環として開業したカバカフェに連れて行ってもらい、わざわざ店の人も読んでくれたので、そこで休憩出来ました。
風車のTVを観たり、コーヒとケーキを食べることが出来ました。
予約しておけば食事も出来たようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 本実験で来年はもう一つ大きな風車が建つ予定なので、その頃見に来て、予約して御飯も食べましょう。
ここのこのちゃぶ台もわざわざ東京から持ってきたようで、公共事業は金使ってますが、まあ原発よりもずっと良いと思います。
 こうして3時間チョットはなんとか暖かく過すことができましたし、壊れたキミマロズームもこうして写ってることは写ってましたし、まあ椛島も良い所です。

   返事
花水木さん:カバカフェの畳の上で横になってTVを観たり眠ったりしたので、
    残念ながら辛い4時間ではなかったです。
和さん:本日はわざわざ寄っていただきありがとうございました。
    文通していた人と逢ったような気分であがってしまい、言いたい事も言えず失礼しました。
     シャイな?私をお許し下さい。
喜珍さん:風で結構笹の葉がやられることを知りました。
     本日は御世話になりました。次回ブログはこの鷺の話にします。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ