奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/2/28

久賀島つばき祭 その2  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 久賀島は左手のような馬蹄形の島です。
奈留島はこの右手よりもう少し大きく、手で表現しにくいですが、まあヤツデ状。
その間は、奈留瀬戸という狭い海峡です。
   地図代わりに、心眼でこの手を見てください!久賀島と奈留島です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 左手拇指の付け根に旧五輪教会はあるので、そこへ向かう山道からは前島のトンボロ(丁度写真中央がトンボロ、満潮なので沈んでいます。その向こうは椛島)が、すぐ近くに眺められました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 左手拇指の爪の所にある折紙展望台は、久賀島島民の手造りの展望公園で、以前来た時に比べより整備されていて、宇久・小値賀・三井楽の姫島まで見えましたし、日によっては長崎本土も見えるそうです。
 此処から東を見れば、写真左から大串・江上・小田・宿輪・鈴ノ浦まで、奈留島の長軸西側面(右手の拇指と示指で作った部分)が、全て眺められました。
 案内してもらった坂谷さんは、「子供の時は櫓の舟で、大串やトンボロまで渡って、鮑を獲った」と話されました。
潮の流れをちゃんと読んで櫓を漕いだ昔の子供はすごいですが、それぐらい久賀島と奈留島は近かったとも言えます。
 折紙展望台の右下の蕨から大串まで定期航路が、昔はあったようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 再び左手示指にある、遣唐使船も停泊した良港の田ノ浦港に戻って、亀河原椿林を歩きます。
 椿林を抜けて、この写真中央ぐらいの海岸に出ました。
久賀島も北西海岸は、奈留島の野首と同じような景色です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 海岸に降りて振り返ると、椿の葉が陽を浴びて照り輝いていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 久賀島では肉牛も買っていますし、この日だけ開かれた露天市で久賀産の米と卵も買えました。
人口は今や400人を切っていますが、耕作可能な土地は多く、水も良いので、漁業以外にも生きる道があるようなのが羨ましいです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 昼食は千円で、さざえの炊き込みご飯・お椀いっぱいの豚汁・久賀産の車海老2匹、牡蠣4個、さざえ1個を焼いて、腹一杯。
  クリックすると元のサイズで表示します
 旧田ノ浦小学校の校舎には、気に入ってコルシカ島から移住した、フランスでは有名な松井守男画伯のアトリエがあります。
本人自ら説明と案内をしてくれました。
五島ではよく展覧会があって、新聞などで見たことはありますが、本物のほうがずっと良かったし、旧五輪教会や日本二十六聖人殉教記念碑を描いた水彩画は、買えるなら買いたいぐらい気に入りました。
 しかし本人は天才なのでしょうね、付き合うにはやや気難しそうでした。

   返事
hisakajimaさん:ご主人にも御世話になりました。
    コンサートも来ていただいて、ありがとうございました。
花水木さん:*小石の山もお墓です、下には寝棺があるのでしょうね。
      *奈留ー久賀の定期航路はないので、ハブ港の福江に行かなくてはなりません。
      *美味しい画像はいつも食べ始めてから撮るので、これしかありませんでした。
       写真は下手も、味は上等でした。
大雪男さん:昔は久賀島から嫁いで来た人もたくさんおられたようですが、
      尋ねると、「久賀島には長いこと帰ってない」の返事多いです。
喜珍さん:*海鮮グルメ、確かにあの料金で豪華すぎましたが、島からの参加料はそれほど安くなかったですね。
     *今の色が元々の九商カラーだったのですか!!
     *燃える生ゴミも燃やすご時世、まあ灰にしてもらって撒いてもらうのが良いのではないでしょうか。

2013/2/25

久賀島つばき祭  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島では第19回五島椿まつりのま最中です。
その中で、奈留島海鮮グルメウォークの旅は、内輪もめか・手違いか・参加者が集まらなかったか、今年は中止になりました。
 それで、久賀島つばき祭に参加。
奈留島の隣の久賀島ですが、一旦太古で福江島まで出て、福江港から久賀島行きの定期便に乗り込まなくてはなりません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 グラスボートとして観光で活躍している「シーガル」が、定期船に利用されているので、船底のガラス窓から水中が見られます。
しかし、船が動き出すと水流が見えるだけ、それでもこの水流はじっと見ていても厭きません、酔わない程度に水流を眺め続けて20分、久賀島の田ノ浦港に到着です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 旧五輪教会は奈留島の江上教会と同じく、世界遺産登録をまじかに控えていて、久賀島観光の目玉になっていますが、
  クリックすると元のサイズで表示します
 私が久賀島で一番好きなのは、旧五輪教会の上にある、江戸時代から続くキリスト教徒の墓地です。
日本の中とは思えず、トランシルバニアに迷い込んだ気持ちになります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この日は快晴で、木漏れ日を受けた墓地を見下ろすと、又違う雰囲気です。
時間がないのが惜しい気持ちで、団体に追い付きました。
     今回は時間制限で書くのはここまで、まだ久賀島続きます。
   返事
花水木さん:男ですから尿失禁は少ないですが、
     ガスのついでに身が出る体になりました。
喜珍さん:「色は」から「いろは」の発想はなかなかのものですね。
大雪男さん:万葉・椿がピンと来ないのは、船体が九州商船カラー?の緑と白でないからでは!
     何故あんな色にしたのか?不思議です!他の会社になるのですかね?

2013/2/22

奈留島百人一首 9  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 9. 花の色は うつりにけりな いたずらに
             わが身世にふる ながめせしまに

                        小野小町(9世紀後期)
 長雨が降り続いている間に、桜はすっかり色あせてしまいましたが、私も物思いをしてる間に、すっかり色あせて年をとってしまいました。あーあ! 「小町」
 若い時はさらっと流したような歌も、今詠むとやはり身にしみて「良いなあ」と思う時がありますね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 9. 鼻の先を むやみに蹴りな いたずらに
            わが身尾をふる つもりですのに

         鼻の・蹴りな・いたずらに・わが身・ふる・に  17字同じ
 せっかく私が歓待の意味で尾を振っているのに、むやみに私の大事な鼻を触らないで下さいよ、いくらご主人のお孫さんでも、しまいには怒りますよ。ワーン! 「フーク」
 孫が来て帰ると、疲れてしまうのは私だけでなく、フークもそのようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 フークは主に目と尾で私に訴えかけますが、早く外に出て朝の小便をしたい時には、玄関で尻尾を壁に当てて合図します。
 上の句も下の句も上手に変換された、素晴らしい一首だと思いますが、最後が「つもりですのに」と、です調で終わるところは、しょせんは犬畜生の作品、百点満点にはなりませんでした。
 此処に至って、奈留島風景とは関係ない犬の歌になってしまいましたが、一応島の皆様からも「奈留島一賢い犬」と言われているフークですので、奈留島と辛うじて関係あるとお許し下さい。
  尚今後も時には種が尽きて、「どこが奈留島や!」と言われる歌があるかもしれませんので、そのときもお許しをお願いいたします。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ついでにもう一枚、最近のフークです。
もう一歩の階段を降りられなくなって、なんか訴えてるようですが、足をつっぱて珍しい姿勢をしていました。
トイレ前ではないようです。
 と言うわけで、本日の歌は我が家の小野小町、フークの作品でお茶を濁させていただきました。
  「なに!主人の替え歌よりフークの方が上手やて!」・・・・。

    返事
大雪男さん:若松港2階の喫茶店は、我々と同世代ぐらいの人が経営されています。
    来月ぐらい1ヶ月の休業ポスターが貼ってあったので、ご注意を。
花水木さん:バックが苦手な人は、私だけではないのですね。
    私の友達は皆、前進よりバックの方が上手ぐらい早く綺麗なバックをしますので、
    いつも私は笑われています。
喜珍さん:車でも感覚が違うかもしれませんが、距離全般に対する感覚も違うのか、
     奈留島の人は歩きませんね!
    椿まつりゲートボール大会ご苦労様でした。当直だったので始まった途端外来に呼ばれました。
     来年はポスターにも載せて下さい。
 2.:バルバス・バウにもついていける様になりました。
     椿・万葉の船首は直線で鉄仮面よう、オーシャンの曲線は缶切りようですね。

2013/2/18

上五島中通島へ  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 先週土日は当直だったので、先々週のランチの続きです。
 朝9時浦湾で、福江に行くニュータイヨウと若松に行くフェリーオーシャンがすれ違います。
前回報告のマルゲリータに行く為、その日はフェリーオーシャンに車で乗り込みます。
上五島は車がないとどうしようもないし、レンタカーの情報もわかりにくいので、自家用車で行くのですが、フェリーにバックで乗るのはへたくそなので少々不安あります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島と若松島の間の瀬戸は、いつもはかなり揺れるのですが、今日は穏やか。
天から神が降りてくる光の道は、写真に撮ると、もひとつですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 連休でもあるので、途中の小島や磯にはたくさんの釣り人が糸をたれています。(人がへばりついているのが見えますか?)
瀬渡し船で送られて、こんな所で命がけの釣りは、私は絶対にしないでしょうね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 若松港から北へ向かい35q程、久しぶりのインプッレサでのドライブです。
マルゲリータのロビーから頭ヶ島方面を望みます。ホテルの庭にはマーガレットの白い花が咲き乱れていました。
 前回報告のように、ここでランチ。
  クリックすると元のサイズで表示します
 帰りのフェリーの時間も有るので、上五島の教会群も車窓から少し見ただけ、スーパーマーケットにチョット寄り、若松港まで又戻ります。
 船が来るまで30分ほどあるので、フェリー乗場2階の喫茶店から、フェリーオーシャンが接岸するのを眺めます。
この浮桟橋にバックで入って行くのも少し不安ですよ。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夕方4時、奈留島への帰りも揺れずにのんびり。
もう春の海という感じでしょうか、海もキラキラ輝いていますが、写真に撮ると、もひとつ。
 もうチョット腕をあげましょう。

    返事
花水木さん:50代と60代ではかなり違いますね。
    70代になってもブログをしていれば、全身を隠すつもりです。
和さん:上五島も、車さえ調達できれば便利ですよ。
大雪男さん:日曜日なのでか、10組以上の食事客はいました。
    奈留島から見たら、羨ましい限りです。
喜珍さん:寄り道せずに車で行くと、若松港から30分なので、
    私の感覚からすると、近い近いです。
商家の嫁さん:タイ・アメリカ・箱根にシンガポールですか、しかも高そうなホテルばかり。
    羨ましくて、よだれをたらしながらブログ読んでいますよ。

2013/2/14

マルゲリータ  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 5年ほど前に上五島にある国民宿舎へ、京都からわざわざ来てくれたガールスカウトの知人と家内とフークで、泊りに行った時の写真です。
 この国民宿舎が民間に払い下げられ、リゾートホテルとして生まれ変わっていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 先週の3連休、フークを置いて日帰りで、新しくなったこのマルゲリータにランチに行きました。
 前の写真はこの写真の右端ぐらいに立っていたことになりますし、左の建物は改築程度のようです。
 マルゲリータはピザの名前ではなく、イタリア語でマーガレットの花のことで、建物の周囲にはこの白い花が咲いていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 新築されただろうロビーや宿泊の建物は、白を基調に地中海風にまとめられたようです。
中通島の狭くなった部分に建っているので、東側に頭ヶ島を望む長崎沖の海が、西側には東シナ海が眺められる為、海から昇る朝日も海に沈む夕陽も、同じ場所から見えるのが売りの一つです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 国民宿舎時代に駐車場であった新館1階部分にレストランが出来ていました。
あつかましくも、二人でバレンタインコースを注文。
前菜の寒ブリの自家製スモークは、素晴らしい味! 他の前菜や、五島魚介のペスカトーレビアンコリングイネも、メインのカツレツも、デザートの菓子も皆、街で食べる以上のイタリアンで、料金も割安感あり!
 上五島に行かれることがあれば、ぜひお勧めです!!
  クリックすると元のサイズで表示します
 食べたパンも美味しかったので、併設していたパン売り場でパンも購入。
けっこうたくさんの人が食べにきていたので、上手くいきそうなのが嬉しい限りです。
 ゆっくりしたので、教会などにはどこも寄れず、スーパーで奈留島に無いものを買っただけで、フェリーに乗って又奈留島に帰りました。
  本日は本当のバレンタインデイ、プレゼントは現時点で2個だけです。

    返事
大雪男さん:もう少しは生きるつもりです。
花水木さん:「せん」と言う名前の人は、かなり面白い名前になりそうですね。
     例:辛抱せん
喜珍さん:方策としての診療所化はかなり矛盾を含んでいると思います。
      PS:すみません「ドラ焼き」、私の周囲でこの言葉は日常的でなかっただけで、
         限定盤かどうか定かではないです。

2013/2/12

奈留島百人一首 8  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 8. わが庵は 都のたつみ しかぞ住む
            世をうぢ山と 人はいふなり

                       喜撰法師(9世紀後半)
  喜撰法師は六歌仙の一人ですが、まったく何もわからない謎の人のようです。
 都の辰巳(タツミ)は東南方向で、宇治は京都の東南です。
私の出身中学は城巽(ジョウソン)中学と言うのですが、京都の二条城の東南にありました。
城の巽(タツミ)の方角なので城巽です。
 城東とか城南とかの名が付く学校は地方地方にたくさんあるようですが、さすが京都、少しひねって城の東南方向にある学校なので城巽、これが私のプチ自慢でもありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 8. わが院は 島の中央 患者来る
           名を奈留(なおる)病院と 人はいふなり

        わがい・は・の・を・と・人はいふなり  14字同じ
 元歌が替え歌に作り易い歌だったせいもありますが、なかなか上手に変換して綺麗にまとまった1首ですね。
しかも「奈留病院」を「治る病院」と読ましている所など、7字が11字まで字余りになっているのを感じさせないぐらいの素晴らしい出来だと、またまた自画自賛しています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 奈留病院は昭和18年、奈留島村漁業協同組合立厚生病院として開設され、この正面玄関は平成4年3月に増改築されて今に到っていますが、いよいよ来年度には奈留病院ではなく、五島中央病院付属診療所奈留医療センター(仮称)と言う有床診療所になるようです。

    返事
大雪男さん:素直に褒められたと喜ぶべきか、けなされたと嘆くべきか・・・・。
    いずれにしても、上手に作ろうとした歌はダメだと言うことですね。
花水木さん:「格調高い」との言葉も、僕にとっては、あまり褒め言葉ではないと言うことでしょうね。
喜珍さん:「ドラ焼き」は関東かドラエモンの世界の話です。
    京都でもあれは「三笠」と言ってます。
    もう一つの例のあれは、当事者感が強く何か言いそうなので、行きませんでした。

2013/2/7

奈留島百人一首 7  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 7. 天の原 ふりさけみれば 春日なる
            みかさの山に 出でし月かも

                        安倍仲麿(698〜770)
 大空はるかを見わたすと、美しい月が昇っている、この月はふるさと春日にある三笠山に出た月と同じ月なのだなあ。
と、遠い異国の地から故郷をしのんで歌う安倍仲麿は、19歳で遣唐使留学生として唐に渡り、一度帰国に失敗しそのまま唐の役人として一生を過しましたね。
 奈留島や福江島の三井楽から東シナ海を眺めると、「遣唐使船はよくこんな海に船出して行ったなあ」と思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 7. 浦の海 ふりさけみれば 前島なる
             飯盛山に 出でし月かも

       の・ふりさけみれば・なる・山に・出でし月かも  20字同じ
 浦湾の出口を、自然の防波堤のように前島が占めています。
そして浦湾の入口には、お椀に盛ったご飯の様に、飯盛山がそびえています。
 本土からの帰り、船上から前島や飯盛山が見えてくると、「奈留島に帰ってきた」と思えます。
そんな情景を浮かべてもらってこの歌を詠むと、20字も同じで流れるような綺麗な歌になりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夏の夕方、フェリー乗場から見ると、満月が飯盛山に懸かっていました。
この山の頂上には烽火台跡があるそうですが、どこから登れるのか、もう道はないようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ある時は三日月が薄暮の飯盛山に懸かっていました。
飯盛山は全国にたくさん有りますが、一番有名なのは会津の白虎隊が自刃した飯盛山、奈留の飯盛山もイイモリヤマと読むようですが、80歳台の浦向の患者さんに尋ねると、「イモッサン」と言っていて、「焚き木を取りによく登った」そうです。

   返事
和さん:2月1日は嵐でした!ほんまに1日違いでえらい違い。
    天気で島の印象も違うので、観光客はいい日に来てもらいたいですね。
喜珍さん:五島TVで、椿のDNA鑑定の話をしていましたね、飛び飛びに見ました。
花水木さん:後姿専門の人妻ですが、後姿でも体形が目立つので、後姿+黒影 にしてみました。
    これで資生堂TUBAKIのCMにいけますかね。

2013/2/4

椿園  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 金曜日は嵐で船の欠航もありましたが、この土日は一転、暖かく穏やかな日々でした。
2月3日(日)には、福江島でレンタカーを借りてお散歩。
コンカナ王国で昼食後、五島市の椿園に行きました。
暖かく、風もなく、まだ満開ではなかったですが、無料の椿園を散策。
 照葉樹林とはよく言ったものですね、椿は満開でも近づかないと花は目立ちませんが、つばきと言うとおり、写真でも白く、葉っぱは日の光で輝いていました。
遠くに黒島も見えます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 福江島で発見された「玉之浦」、やぶ椿の変種のようで、花びらの縁が白く可憐で綺麗です。
その「玉之浦」もたくさん咲いていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夜、五島テレビで五島市議選のなんとも間延びした開票速報を見ていて、奈留島からの候補者が二人とも花咲いたことを知りました。
 寝巻きの上からズボンをはいて、病院横の三叉路までわざわざ選挙事務所を見に行きましたが、いつもは暗い通りにも明かりが漏れて、賑やかな笑い声が漏れていました。
   二人とも おめでとうございます

    返事
花水木さん:我が家の二票は、二人で相談して(違反かな?)、
    入れることにしました。
大雪男さん:確かに五島市議会議員も、もう少し若い人に出てほしいですね。

2013/2/1

五島市議会議員選挙  奈留島
  クリックすると元のサイズで表示します
 昨年は市長選挙があって、五島市には新市長が誕生しています。
 新市長の方針か、奈留島で「市政懇談会」が先月行なわれました。
平日の夜、福江島から市長をはじめ市の役人の皆さんが25〜30人ほど来られましたが、傍聴に来た奈留島島民は30〜40人ほど。
やっぱり奈留病院は有床診療所にする方針が決まっているようです。
 今後も黄島や、住民数人の赤島までも含めて、色々な地区で「市政懇談会」は行なわれるようで、色々文句は言ってしまいましたが、忙しい中それだけでも五島市は感心ですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 そして今週からは五島市の市議会議員選挙が始まりました。
1月27日(日)から始まって1週間の選挙戦、2月3日(日)が投票日ですが、奈留島では市議選でもやはり投票日は前日の2日(土)です。
 27日には選挙ポスターもまばらにしか貼ってありませんでしたが、
  クリックすると元のサイズで表示します
 28日(月)には選挙掲示板に25人の立候補者全てのポスターが貼って有りました。
4年前は26人立候補して22名当選、奈留島からは3人出て2人だけ当選。
今年は奈留島は新人2人のみですので、二人とも当選を祈っています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 病院医局の窓からは、奈留島の中心の三叉路が見下ろせます。
 ここに奈留島からの立候補者の選挙事務所が出来ていますが、まだやかましくもありません。
 私は政策は知りませんが、奈留島の二人とも当選が良いと単純に考えています。
島民の皆にとってはどちらに投票するか、どちらにも入れないか、小さい島のしがらみや人間関係が悩ましい問題のようです。

   返事
花水木さん:三島大社と鷺を調べたら、
    近くの門池公園には鷺がたくさんいるようですね。
喜珍さん:私の歌と違って、格調高すぎますよ。
大雪男:「スカラベ」知らなかったので、調べたら「ふんころがし」でしたか。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ