奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/3/30

奈留島百人一首14  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 14.みちのくの しのぶもぢ摺り たれゆゑに
              乱れそめにし 我ならなくに

                         河原左大臣(822〜895)
 大学生の時に、奥のほそ道を半分だけ自転車で巡って見た「もぢ摺り石」、そのもぢ摺りの乱れのように、私の心はあなたのせいで乱れてます、と詠う河原左大臣は、第52代嵯峨天皇の12男として生まれ、臣籍降下して源融(ミナモトノトオル)と名乗るようになりました。
宇治の平等院も元々はこの人の別荘だったようですし、京都駅の北東にある枳殻邸(キコクテイ)は豪華だった六条河原院の跡です。
この河原院を作ったので河原左大臣と呼ばれているようです。
 この枳殻邸、確か中学生だった頃に、裏に出来た連れ込みホテルのネオンが庭園の借景に入ると、問題になったことがあります。
その頃から好奇心の強い私は、枳殻邸ではなくその連れ込みホテルを見たさに、懸命に自転車を走らせました。
 枳殻邸の庭園に入ったのは、それから30年経ってからが初めて、拝観料が確か京都では珍しい志納だったと思います。
有名な割には観光ルートから少し外れているのか、色々珍しい建物もあって、ちょっとした京都の穴場(と言うほどではないですが)観光地だと思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 14.みちばたの しのぶ野あざみ たれゆゑに
             乱れず咲いて 我をわすれる

       みち・の・しのぶ・たれゆゑに・乱れ・我  16字同じ
 8年前の5月に奈留島に来て嬉しかったのは、道で出会う女子高校生が私のようなお爺さんにも挨拶してくれることと、散歩に出た道路の端々にずっと野あざみが咲いていたことでした。
 家(官舎)の近くを散歩するだけで、こんな光景に簡単に出会えるとは思ってもみなかったので、感激したことを思い出して詠んでみましたが・・・。
  たいした作品にはなりませんでしたね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島の道端には、春にはこの野あざみが、夏には鬼百合が、そして秋はつわぶきが、冬は水仙が、どれもかなり長い間咲き続けます。
 私もやっとこういう野の花を愛でられる人間になってきました。
もしかして?ブログのおかげかもしれません。

    返事
喜珍さん:しかしあの年上夫人のドレス姿は、美しくないですね!
花水木さん:老眼ならまだ幸せですよ!
    奈留島には月に2回長崎大学の眼科教授が診察に来られています。
    初めて受診したら、「手術してもよいぐらいの白内障です」と言われてしまいました!
      ゲゲッッの三乗ですよ!!!

2013/3/27

奈留島百人一首13  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 13. 筑波嶺(ツクバネノ)の 峯より落つる みなの川
              恋ぞつもりて 淵ちとなりぬる

                            陽成院(868〜949)
 第57代陽成天皇は、9歳で即位し、17歳で退位させられ、その後81歳まで長生きしました。
上皇として、光孝・宇多・醍醐・朱雀・村上と自分の後五代も天皇の交代を見てきたことに成ります。
退位させられたのは、宮中での殺人などの乱行や風狂ぶりが目に余ったといわれていますが、この人事を指導した摂政藤原基経の無理強いや天皇の系統が代わったときには、第25代武烈天皇の如く、事実以上にひどく書かれる為とも言われています。
 この歌は、年上の彼女に対して、どんどん恋心が積もっていったという歌ですが、その後はその方と結ばれ結婚したと言う優しい歌ですから、そんなに乱暴な性格とも思えません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 13. 城岳(シロンタケ)の 峯より落つる ななし川
               水ぞつもりて ダムとなりぬる
 

      の・峯より落つる・な・川・ぞつもりて・となりぬる  21字同じ
 写真右の鉄塔が立つ山が、奈留島のほぼ中央にある城岳(標高189.1m)です。
昔此処に山城を構えていた時代もあったようで、この名が付いています。
 奈留島にはほとんど川らしい川がありませんので、水源の確保には昔から苦労していたようです。
昭和には船で水を運んできたり、平成になっても給水制限をしなくてはならない年もあったようですが、昭和50年前後に次々と水源としてのダムが建設され(5ヶ所ぐらい)、著しい水不足は解消されています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ダムの上を通る草摘峠への道から樫木山ダムを見下ろします。
ダムの周囲には桜が植えられ、フークと散歩中にこの辺りで初めて雉を見てびっくりした場所です。
ダムの向こうには、奈留島教会の白い尖塔が見えています。
 21字同じで、淡々と風景を詠った、まずまずの一首です。

    返事
花水木さん:傷口に泥を塗るよう?ですが、
    「お迎えの中学校・・・」は、「お向かいの中学校・・」の変換間違いですよね!
喜珍さん:しばらくピッチを上げていきますよ!

2013/3/24

映画「ふるさとがえり」  
  クリックすると元のサイズで表示します
 暖かくなって、今年の桜は日本全国早いようですね。
この土・日は当直なので、病院近くの旧奈留小校庭の桜しか観られませんが、今朝でほぼ満開か七分咲き。
 3月20日春分の日は、雨はあがりましたが曇り空、福江島に出かけました。
この時にもう、写真の石田城の桜は満開でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 福江の文化会館で映画「ふるさとがえり」の上映会と、この映画の脚本家栗山宗大さんのトークショーがありました。
五島で初めて映画を観ますが、ご存知ですか「ふるさとがえり」、てっきり五島の映画かと思っていましたが、岐阜県恵那市の町おこしの一環として作られた、消防団や故郷へ帰った若者の人生を描いた作品でした。
高畑淳子・村田雄治さんや鶴光まで出ていましたが、どんでん返しもあって、死で終わらなければ面白い映画でした。
トークショーも楽しみにしていたのですが、あまり盛り上がらず終わりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 福江の商店街の街路樹椿は大分落花し、椿もそろそろ終わりのようですが、文化会館前には桜と椿が同時に咲いていました。

     返事
花水木さん:多方面の知識ではなく、スポーツ新聞的知識が豊富だっただけですが、
    それも今や、芸能・野球共に知識落ちています。
大雪男さん:この写真、花水木さんにも昔褒められた写真です。
    二度使いお許し下さい。

2013/3/21

奈留島百人一首 12  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 12. 天つ風 雲のかよひ路 ふきとぢよ
             乙女のすがた しばしとどめむ
                          僧正遍照(816〜890)
 豊明(トヨノアカリ)の節会(セチエ)で舞った五人の乙女へのアンコールの歌のようで、作者の僧正遍照は俗名良岑宗貞(ヨシミネノムネサダ)、桓武天皇の孫になります。
 宝塚歌劇団には百人一首から貰った芸名のスターがいますが、この歌からの歌劇団スターが「天津乙女」と言うことは私でも知っていましたが、天津乙女の妹も宝塚スターで、「雲野かよ子」と言うそうですよ!  ワオー!!
   百人一首なんて京都から遠く離れた奈留島と何の関係もないと言われそうですが・・・。
 空海の甥と言われ三井寺の天台座主までいった入唐八家の一人 智証大師円珍(814〜891)の書「円珍書状」(金釘流の下手な字としか思えませんが国宝です)は、彼に師事していたこの歌の作者僧正遍照への返信だそうです。
    「それがどうした!?」と言われそうですが。
 この円珍さん、遣唐使として入唐の際に、なんと奈留島に寄港しています(853年7月)!!
泊か夏井の井戸水を飲んだはずですよ!!!

 昔々、確か漫画トリオの「天つ風〜、余った風はどこへ行く〜」とか言う漫才があって、それでこの歌を憶えましたが、その歌が奈留島と結ばれていたことを今回知って、嬉しい限りです!クラッカー
  クリックすると元のサイズで表示します
 12. 天つ風 船のかよひ路 ふきとぢよ
            家内のすがた しばしとどめむ

    天つ風・のかよひ路・ふきとぢよ・のすがた・しばしとどめむ  26字も同じ
 いつもは吹くと困る海風も、今回ばかりは京都へ帰る家内の船が欠航するぐらい吹いてくれ、そうすれば又家内と今晩も過せるから。
と願う作者の気持ちがよく出た秀歌。
 その気持ちに免じて、私的になりすぎたことをお許し下さい。

    返事
和さん:若い時からコツコツ集めていたら、なんでも結構貯まっていたのに、
     と今更悔やんでも仕方ないですが・・・。キリギリス性格です。
花水木さん:奈留に来てから毎年礼状を出すようになりました。
    筆不精も大分直ってます。やっぱり寂しくて繫がりたいのですね。

2013/3/18

お年玉付き  
  クリックすると元のサイズで表示します
 少し遅くなりましたが、今年の年賀状のお年玉を、郵便局まで貰いに行きました。
今年の4等は下2桁29か70、一つ違いが10枚もあって悔しい思いをしましたが、結局4等3枚だけの当りと、近年最低の運。
それでも恒例で、当たりをもらった3人には、お礼の葉書を出しました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 机の引き出しになにげなく置いていたお年玉切手、子・丑・寅・卯・辰・巳と数えてみると6種類、丁度平成20年の子年から集まっていました。
 もっと前から集めていたら、3回り分ぐらい集まっていたはずですが、こうなればあと6年、なんとしてもお年玉切手を当てて(皆様よろしくお願いいたします)、十二支切手全部集めたいものです。
 老後の楽しみとしては、6年間は丁度手ごろな年数になりそうです。

   返事
花水木さん:そう魚は美味しいです!
    まあ日常ではなく、家内が居る時しか食べられませんが。
    武家の家は椿を嫌っていたはずで、映画「椿三十郎」を観た時も、武家屋敷に椿の木は、
    子供心にも「おかしいなあ」と思っていました。
hisakajimaさん:渋いですね!
     この歌、私にはほとんどなじみのない歌でしたのに。
大雪男さん:かわはぎ、高級魚なのに、五島では安いですね。
喜珍さん:若い時は奈留島で一番足が速くて、「大会にもよく出た」と、
      本人から話を聞いています。

2013/3/14

奈留島百人一首 11  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 11. わたの原 八十島かけて こぎ出でぬと
               人には告げよ あまのつり舟

                   参議篁(802〜852)
 参議小野篁(オノノタカムラ)は遣唐副使となりましたが、出航時の揉め事で乗船を拒否した為、流罪になり隠岐へ流されました。
この歌はこの時に詠んだ一首ですが、その後は許され、又京都に戻されています。
 背が高かった(190p近く)せいか、京都では六道さんの井戸から地獄に降りて、閻魔大王の補佐をしていたと言う話があります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 11. わたの原 大漁かけて こぎ出でぬと
             人には告げよ 奈留の網船

    わたの原・かけて・こぎ出でぬと・人には告げよ・の・船  24字同じ
 そのままの部分が多い為に24字も同じに成りましたが、写真が綺麗なだけに、替え歌としては写真に負けているまあまあの出来。
 夕方3時から6時にかけて(日の長くなる夏にはフークと夕方の散歩の頃に丁度)、浦湾から出航するまき網船を見ることが出来ます。
 満月で海面が明るいと漁が出来ないので、満月の頃は月夜間(ツキヨマ)と言って、漁はお休みです。
まき網船はなやかし頃の名残りで、今でも島の行事(運動会やスポーツ大会)は、この月夜間の間に行なわれることが多いです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島のまき網船団の漁は日帰り出来る範囲に限られているので、すぐ帰って来るせいか見送る家族の姿は見たことありません。(島でまき網船団を見送るのは、私と家内とフークだけ)
 それほど大きな船団でもありませんが、その分その日に獲った魚をその日に降ろすので、新鮮で美味しい魚になると思います。
 青色の船体の母船と、海中に灯を入れて魚を引き寄せる火船、獲った魚を運ぶ運搬船、母船から降ろしたまき網を引っ張っていく船とで、1船団五艘ぐらいです。
 最近は魚が獲れず、苦しい戦いが続いているようで、心配です。

    返事
花水木さん:思いもかけない「そして」で褒められて、
    「泣いてどうなるのか・・」知りませんが、泣けるぐらい嬉しいです。
     花水木家の庭は椿園ですね!すごい!「夢の続き見せてカラオケ・・・」下さい。
大雪男さん:こちらでも洒落たなんて褒められて、もう「と」は使わずに、
      いつも「そして」でいきますよ。
喜珍さん:当たりです!まさにご指摘の椿です!すごい!!
      奈留島の木は全て把握されているんですかね!
      「枝変わり」と言うのがあるんですね!

2013/3/11

黄砂そして椿  五島列島
  クリックすると元のサイズで表示します
 先週土日の五島列島は黄砂がひどく、土曜日は晴れているのに霞んで、フークと朝の散歩の時の浦湾も視界悪し。
  クリックすると元のサイズで表示します
 朝の間に仕事を済まして、福江に買い物です。
暖かくて菜の花はもう満開ですが、いつもはこの向こうに見える鬼岳も、先月の野焼きで黒くなったせいもありますが、黄砂ではっきり見えません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 2月3月の五島列島は椿の花が満開。
福江島の商店街の街路樹も、全て色々な品種の椿。
一番多い、福江特産の「玉之浦椿」も、珍しくなく並んでいて、満開でした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島でも、各家々には1本ぐらいは椿の木があるので、今の季節散歩していると、ここにも・そこにもと椿の花が咲いています。
 この椿も接ぎ木をしたせいなのか、元々こうなるのか知りませんが、1本の椿の木から別々の椿の花が咲いています。
京都の法然院にあったら、名所・名花になっていたような椿も、奈留島では単なる道端の椿です。

    返事
大雪男さん:次の歌に期待して下さい。
     病院の人件費に使ってくれと叫びたくなります。
hisakajimaさん:奈留島の看護婦さんが調べたら、久賀島・椛島合わせて人口は奈留島の5分の1ですが、
     海上タクシー利用の急患は、奈留島と同じ数だったです。
喜珍さん:上から目線ですみませんが、腕上げましたね!
     ピッタリまとまったし、リズムもありますね。次は負けないようにします。
花水木さん:ヘリコプターは無くてはならぬものですが、
     私は、まあ居てもいなくてもあまり変わらないような気もします。

2013/3/8

奈留島百人一首 10  奈留島百人一首
  クリックすると元のサイズで表示します
 10. これやこの 行くも帰るも 別れては
                しるもしらぬも あふ坂の関

                         蝉丸(9世紀後半)
 濁音・半濁音が使われていない歌は、百人一首中この歌だけだそうです。
 逢坂の関は京都市と大津市の境にある峠で、国道1号線が通っています。
大津側には蝉丸神社も有ります。
 ちなみに、隣の県の県庁所在地が接しているのは、京都府の京都市と滋賀県の大津市の、ここ逢坂山だけと思っていましたが、最近佐賀市が大きくなって、佐賀県の佐賀市と福岡県の福岡市も、隣の県庁所在地同士がくっついていることになったそうです。
と思っていて確認したら、山形市と仙台市も大きくなって、人も通らない蔵王の山の中で接しているとのことでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
10. これやこの 治ってくれよと 別れには
                 もいちど奈留で あふこと祈り

     これやこの・別れ・は・あふ  11字同じ
 替え歌の条件は元歌がすぐに判ることですが、これはチョット強引過ぎる替え歌になりましたので、美しさに欠けた事をお許し下さい。
 蝉丸と言えば、「坊主めくり」でこの札を引くと全員持ち札を取られましたね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ヘリ搬送は、くも膜下出血などで脳外科手術が必要になる人が多いですが、ドクターヘリか、夜間や天候が悪い時は自衛隊のヘリを要請して、飛んできてもらっています。
 手続きは少しわずらわしいですが、奈留島のヘリポートでお願いする時は、海上自衛隊の隊員や同乗の医師が頼もしく見える瞬間です。

   返事
喜珍さん:調子が外れていたせいか、私の声がよく聞こえたと言う人もいました。
     聞かれなくて良かったです。
大雪男さん:奈留島の道路工事を見ると、この金で病院の赤字を補填してくれと思いますが・・・。
花水木さん:DVD持っていますが、YOUTUBEにする方法知りません。
     舟盛りの中は勿論溢れんばかりのお刺身です!
      後の宴会に使われたそうです。
山の上さん:遅れました了解了解。楽しみに待ってます。

2013/3/4

OMURA室内合奏団演奏会  奈留島
  クリックすると元のサイズで表示します
 昨年11月にも来島され、今回は3回目の奈留島訪問となるOMURA室内合奏団の13名が、2月27日離島開発総合センターでオーケストラコンサートを開いてくれました。
 福江島と久賀島からも無料海上タクシーが出たので、両島からも50名以上参加され、計300名以上の入場者で立ち見が出る盛況でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 くるみ割り人形や四季のクラシック曲もありましたが、日本の春の歌や楽器の説明なども面白おかしくしてくれて、音楽会では眠ってしまうことの多い私も満足して聴けた、素晴らしい演奏会でした。
 実は演奏会の途中に、地元との交流と言うことで、地域を唄う会20人ほどが「奈留島讃歌」を歌いましたが、恥ずかしながら私もその一員として歌わしてもらいました。
この「奈留島讃歌」は自分で歌いながらでも涙が出そうになる、いい歌です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 最後は合奏団の演奏で、全員で「瞳を閉じて」を合唱。
奈留島名物、舟盛の行進も「演奏会でこんなの似合わないか」と心配しましたが、参加者も合奏団の皆さんも興味深く喜んでいただき、楽しく最後を飾れて、大成功でした!
  クリックすると元のサイズで表示します
 出口には合奏団の皆さんが立って見送ってくれました。
昨年11月にも来島されたヴィオラの小林知弘さんのNAGSのブログを読んでいるので、サインを貰い写真も撮っていただき、大満足でした。
しかし、小林さんの横に立つとちんけな爺さんになってしまったのが残念です。
 もひとつ残念なのは、前回来てくれたヴァイオリンの私好みのお姉さんが来られなかったこと。
       次回は来て下さいね!!

    返事
喜珍さん:皆の集まる教会も、五島ではほとんど海岸に有りますね。
    チョット前の島の生活では、舟が一番だったのでしょうね。
大雪男さん:奈留島の形にした右手は、つりそうになりましたよ。
花水木さん:顔を出す勇気はありませんが、手ならなんとか隠さずに出せました。
    しかし、そんなに珍しい手の形なら、恥ずかしい限りです。
hisakajimaさん:不便な所をありがとうございました。
    大盛況で喜んでいますが、歌は聞こえなかったことにしてください。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ