奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2013/11/30

奈留島百人一首63  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 63. 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを
            人づてならで いふよしもがな

                         左京大夫道雅(サキョウノダイブミチマサ)(993〜1054)
 藤原道雅は54番の作者儀同三司母の孫、したがって儀同三司だった藤原伊周(コレチカ)の息子ですし、第66代一条天皇の后の定子の甥になります。
 一条天皇の従弟になる68番の作者三条天皇の皇女当子内親王(15歳)が伊勢神宮の斎宮職から帰った直後に道雅(24歳ぐらい)と愛し合いましたが、三条天皇の怒りに触れて仲を裂かれ、当子内親王は尼になってしまいました、その時に詠ったのがこの歌。
「今となってはきっぱりと諦めよう、ただそのことを人を通じてではなく、じかにお逢いして伝える方法があるとよいのになあ」
なんか、立派なのか女々しいのか、筋がとおているのかいないのか、判らない歌ですが、関白藤原道隆→伊周→道雅と続く実家の勢いが、道長の方の家系に負けだしたこともあるのか、乱暴なことをしたり、罷免されたり、道雅の人生はその後色々あったようですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 63. 今はなし 昔はたくさん とれたのに
            人づてなので いいかげんかな

                          今は・人づてな・で・い・かな  12字 同じ
  奈留島の水晶岳には、日本ではここ奈留島と山梨県の2ヶ所でしか採掘されない、双子水晶というハート型の水晶があるそうです。
 島の人に聞くと、昔は大きなものがたくさん、子供でも見つけられたそうですが、島以外からもたくさんの人が入ってきて盗掘された為に、今はもう獲れないそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 以前一度島の人に連れて行ってもらい、今は無断入山禁止の水晶岳に入ったことがあります。
掘り返された残土が散らかっている辺りに、牛乳瓶が割れたかのように、小さな水晶片がたくさん落ちていました。
なんとなくハート型をしたようなものもありましたが、もう値打ちものはないようです。
 説明しないと歌の意味がまったくわからない一首なので、ランク下位の歌になりました。

     返事
大雪男さん:私の中では小さい頃から、清少納言は愛嬌のないブス、
     というイメージがインプットされたままになっています。
花水木さん:奈留島でも消防団組織はしっかりしていますが、
     沼津の週1回の訓練ほどではないです。
喜珍さん:「ばらか」は「口が悪い」という意味ですよね?
    漁師稼業は声が通る方がよいのか、大串もんの声はどこからでも聞こえてきますね。
花水木・喜珍さん2:豆で盛り上がれる知識はありませんが、
    お手伝いで筋を取っていたのは、サヤエンドウですかね?

2013/11/28

奈留島百人一首62  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 62. 夜をこめて 鳥のそら音は はかるとも
            よにあふ坂の 関はゆるさじ

                                清少納言(966?〜1025)
 「夜の明けない深夜に鶏の鳴き声を真似して通ろうとしても、決して逢坂の関は通れません、そのように私もあなたに逢うことは許しません。」
と、意地悪な貴公子藤原行成(ユキナリ)を拒絶した歌のようですが、もひとつ分った様な分らないような歌なのは、私が清少納言ほど頭が良くない性なのか・・・?
 清少納言の曽祖父は36番作者の清原深養父ですし、父親は42番作者の清原元輔です。
清少納言が966年生まれなら、父元輔が58歳の時の子になるんですが、これでいいのでしょうか?
  クリックすると元のサイズで表示します
 62. 餌さがす 烏の鳴き声に まさるとも
            大串もんの 声はうるさい
 
                            の・音・るとも・の  6字 同じ
 ゴジラの出る?土手で有名な?大串地区、奈留島の西北にある地区で、名所のビーチロックからは縄文時代の土器片も発掘されていて、「奈留は大串から開ける」と言われていますし、大串地区は奈留島の他の地区とは又違う人々が住んでいたようです。
昔は道路も発達していず、他地区との交流も少なく、狭い奈留島でも地区地区で住む人の気性が微妙に違うそうですが、最近はそれも薄まってきているようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島の他地区の人のみならず、自分達からもすすんで自分のことを「大串もん」と呼んでいる大串人は、声がなんせ大きく、自分のことしか言わないわがままな人が多いですが、付き合ってみると根は正直で裏表がなく、外科の外来診察にも来てくれる人が多く、私はそれなりに「大串もん」を気に入ってます。
 「鳥」と「烏」や「はかるとも」を「まさるとも」に替えられただけの、たいした歌にはなりませんでしたが、奈留島の情景だけでなく、その気性にも触れた一首となりました。

     返事
花水木さん:なんとなくサヤエンドウと、思いついた名前を書いたみたいで、
     インゲンが正解と思います。
喜珍さん:懐かしい!小林旭でしたね。
大雪男さん:西行が見た桜と、我々が見る染井吉野も別物ですかね。
和さん:本当に収穫や田植えの業者さんがいるんですね。

2013/11/25

農業まつり  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 11月24日(日)、用事で一人福江島に行き、ごとう農協のそばを通ったらたくさんの人。
    JAごとう 第13回 農業まつり
 奈留島には漁協はあっても農協はなし、福江島は「ごとうルビー」・「五島牛」・「ごとう豚」・タバコ栽培など、むしろ農業の島です。
 なんにでも首を突っ込む私、早速見学です。
「さやえんどう」?の品評会か、優劣区別が付きそうもない豆がずらっと並んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 トラクターに乗っての写真撮影コーナーには誰もいませんので、早速450万円のトラクターに乗って撮影してもらいました。
 これに色々付属機を買って付け、走らすそうで、こういう車には全て免許もいるそうですよ。
  前に付いている装置は、後ろとバランスを取る為の単なる重りで、48sと書いてありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この一度に4列の稲刈りと同時に脱穀も出来る稲刈り機は700万円、これ買っても1年に1週間ぐらいしか稼働せず、それ以外は車庫に眠らしておくだけ。
米・麦の収穫以外に用途はない様で、「どうすんや」と思いますが、稲刈りだけを請け負ってる会社もあるようで、そういう所や大きな農家が買うようですね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この2列(条)の稲刈り機は312万円、人手が足りないのでこれくらいなら個人農家も買うそうです、寿命は8年ぐらい、軽油で動き、メンテナンスも必要なようです。
 病院もCTやMRIなど高い医療器具の償却に追われていますが、農家も大変でしょうね。
儲かるのはクボタ・ヤンマー・三菱などだけかと、買うわけがないのにメーカーさんに色々質問してる私でした。

    返事
花水木さん:たぶん10m以上はあるでしょうね。
喜珍さん:やはり喜珍さんは理屈好きなんですね。
大雪男さん:昔の八重桜は小ぶりだったんですか?

2013/11/22

奈留島百人一首61  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 61. いにしへの 奈良の都の 八重桜
            けふ九重に 匂ひぬるかな

                                伊勢大輔(イセノタイフ)(平安時代中期)
 「けふ九重に」の「けふ」は「今日」と「京」の掛詞、「九重」は「宮中」と「このあたり」の掛詞です。
又、八重桜がもう一重を加えて九重に、もっと華やかに咲いたと言う意味も含まれているそうです。
 伊勢大輔は49番の作者大中臣能宣朝臣の孫娘で、中宮彰子に仕えていました。
この歌は、当時奈良でしか見られなかった八重桜が献上された時に、桜の受け取りを紫式部から任されて詠んだ歌で、この歌の素晴らしさに宮中全体がざわめいたそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 61. いにしへの 奈留の夏井の 大椿
             けふここの地に そびえ立つかな

                  いにしへの・奈・の・の・けふここの・に・かな  16字 同じ
 夏井地区の裏通り、と言っても海岸沿いの道がなかった昔は、この道が表通りだったと思いますが、その民家の間に大きな椿がそびえています。
やけに周りをセメントで固めて、かわいそうな気もしますが、冬には無数の小さな花をつけています。
     奈留島で一番有名な椿、夏井の大椿です。
前の恵比寿さんの祠から見上げた時に、自然と口からこの替え歌が出てきました、と言うわけありませんが、の・のと調子よく、リズミカルな良い歌になりました。

      返事
花水木さん:現在の奈留島は学校直下の奈留病院まで、車の送り迎えが普通です。
    夕方6時には病院前に中高生がたくさんいますので、都会と変わらないですよ。
喜珍さん:永這から川に沿って真っ直ぐ水晶岳方向への道のことですか?
大雪男さん:時間が有ったらこの道を、
    大雪男さんにラッセルしてもらって行くかとも考えていたのですよ。

2013/11/20

奈留島百人一首60  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 60. 大江山 生野の道の 遠ければ
          まだふみも見ず 天の橋立

                   小式部内侍(コシキブノナイシ)(1000?〜1025)
 私の母が丹後の出身なので、大江山・生野・天橋立と子供の時から耳に馴染んでいた地名が入るこの歌、子供の時は得意札でした。
 64番の作者藤原定頼から、「歌がうまいお母さんの56番作者和泉式部が丹後の国に行ってしまったので、母親に歌を作って貰えず困るでしょう、添削や手紙のやりとりはありますか?」とからかわれた時に、意地悪のお返しとして詠んだ歌です。
 「母の居るそんな遠い丹後には行ったこともないし、もちろん手紙も見てませんので、母に歌を作ってもらったことはありませんよ。」
  クリックすると元のサイズで表示します
 60. 汐池の その先の道の 遠ければ
           まだふみも見ず 袋部(フクロベ)の里

                       の道の・遠ければ・まだふみも見ず  16字 同じ
 奈留島の北東にある地区「汐池」、その港の北から一本の道が、島の北東端へ写真の如く延びています。
 道のあるところ奈留島はほとんど踏破したつもりですが、唯一行ってないのがこの道の先の袋部です。
もうこの道は途中で途切れていて、そう簡単には行けなくなっているという話もあります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 昔、奈留島を舟で一周した時に、この袋部の海岸は海から眺めました。
この浜の奥の方に数軒家があって、子供達は朝暗いうちからここを出て、山道を越えて船廻小学校に通っていたと聞いています。
 奈留島でまだ唯一踏んでいない袋部の里を想う、情緒溢れる替え歌となりました。

     返事
大雪男さん:白内障の犬の瞳は、カラフルできれいですね。
喜珍さん:PC安くなったので買ってもいいなあと思いますが、
     つぶれるまで使う方なので、なかなか一歩が出ません。
花水木さん:花やキノコにも興味を持たないとダメですね。

2013/11/18

久しぶりの奈留島観光  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 上五島からブログの知り合いが、トンボロ見学に来島。
病院に挨拶に来られて、夜は城岳の上にテントを張って夕日・朝日を見ますと、出て行かれました。
 金曜日夕方、満月近い月が城岳の山の端に、丁度この下ぐらいでテント生活か?
        寒そう!
 クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日朝、天気も良く比較的暖か、朝日も見れたか?
この後、近道を降りてこられて、奈留島を車で案内。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大串の先、皺ノ浦のビーチロックまで行ったのは久しぶりです。
海岸の砂や石が石灰質で固まった状態のものを海浜岩(ビーチロック)と言います。
熱帯・亜熱帯の海岸に通常発達するので、ここは日本の北限らしく、この中から縄文時代の土器片が見つかっているので、やっぱり大串もんは奈留島土着民の子孫でしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここもラグーンの池塚の池の周りには、今頃咲くのかハマジンチョウが結構花を付けていました。
お客さんに言われるまで気付かず、しげしげと見たのは初めてです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大串まで来たらやっぱり見せておきたかった、ゴジラの出る野首の堤の上。
私にとってはいつ見ても素晴らしい景色ですが、上五島の人にはこの景色、むしろよくある風景かもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 後姿のお客さんは私と同い年で、ブログは「大雪の空」です、山と野球好きな人は訪問してください。
リクエストの奈留島のアコウの木は、葉が落ちてる季節なので残念です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 南越協会も訪問、やはりもう使われていないので、草もはえてひっそり立っていました。
 トンボロ見学は一人で行かれ、その間私は当たりもしない競馬観戦。
 その日は泊ってもらい、色々尋ねましたが、同い年でも私より圧倒的に元気です。
でも酒の量は二人ともたいしたことはなかった夜でした。

    返事
大雪男さん:同い年なので、似てるような、大雪男さんの方が偉い様な。
      楽しく過せました。
喜珍さん:私のPCは古くて安物のようです、そろそろ買い替えです。
福山市さん:パワフルと言う言葉は私にはまったく似合いません。
      ダラダラが一番似合う言葉です。
花水木さん:ハウステンボスの風車の方が大きいか?
     大雪男さんはトンボロに満足して帰られました。

2013/11/15

椛島沖浮体式洋上風力発電市民見学会  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 椛島沖浮体式洋上風力発電市民見学会の募集があったので早速応募、10日(日)行ってきました、無料です。
 福江港から2台の海上タクシーに分乗して、60人ほどがこのバッグを貰って出発です。
色々説明してくれる市役所や建設会社の人も同行、奈留島からは私一人かなと思っていたら、地域おこし強力隊で大阪から来たお姉さんが、私の関西弁を聞きつけて声をかけてくれました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 椛島の中央 首ノ浦にある小学校(奈留島からも白く見える建物)の前に上陸、坂を登って反対側の沖にある実証機を眺めます。
昨年この場所から眺めた小規模試験機の2倍あるので、肉眼でもはっきり見ることが出来ました。
 以前、奈留島から見える椛島北側に大きなクレーンが来て、風車を組み立てている姿を、偶然城岳の展望台から見ることが出来、報告していましたが、その後この風車はなくなっていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この意味が職員の説明で解りました。
椛島の首ノ浦の北沖は波風が穏やかなので、ここで曳航してきた本体を垂直に立て、羽根も付けた完成品を、グルット島を半周、浮を動かすようにドンブラコッコと運んで、ここ首ノ浦の反対側、風の強い椛島の南沖に設置するのです。
 昨年はここで、初代キミマロズームの液晶画面が壊れて暗くなった事を思い出しました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 伊福貴まで1〜2qを歩きます。
途中、前回見逃した長刀岩を知ってる人もいて、見れるかなと思いましたが、又見過ごしてしまい伊福貴に到着。
 公民館でお茶付き600円の弁当食べて、クイズ大会では勝ち残って椿油まで貰い、見学センターカバカフェで実証事業のVTRも見せてもらい、又海上タクシーで風車を直接海から見学です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 浮体式洋上風力発電機は船(非自航船)に分類されるので、船名がついています。
「はえんかぜ」と言う、五島弁で南の風を意味する、なかなかかっこいい名前でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
   実証機に近づいていきます。
ゆっくり廻っていた羽根が止まったので、なぜかなと思っていたら、この出っ張りの棚で数人が作業中です。
瀬渡し船に乗せられてここに連れてこられ、鉄バシゴを登って、この上で作業するって、私には出来そうにないことです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 さらに近づいて羽根を仰ぎ見ると、かなりの迫力ですが、この日は波も高く風もあるので、海上タクシーが停まって揺れだすと、あまり気分はよろしくありませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 福江港フェリー乗場に飾ってある風車の模型の如く、実証機はこのように半分近くは水中に沈んでいて、私たちが見たのはこの黄色い部分より上だけです。
 この土・日は、ペタンクで優勝し、コンサートで指揮が当たり、見学会のクイズでも賞品をもらい、おまけに帰って見たその日の夕方のNHKTVの長崎版ニュースには、キミマロズームを構えて風車を写すおじいさんの姿が、バッチリ映っていました。
 しかし、こんなにあたりの多かった土・日なのに、肝心のエリザベス女王杯は2歳馬ばかり買ったため、獲れるはずの万馬券をキッチリ外してしまい、がっかりです!

    返事
花水木さん:繊細な腸ですね。
     花水木さん達は、トイレットペーパで拭く。
大雪男さん:携帯でこれ読めてますか?1日早くお逢いしましたね。
     城岳寒かったら降りてきて下さい、布団は用意しました。
     大雪男さんは、ロールペーパーで拭く。 同じものですね?
喜珍さん:再生クリックしましたが、うまくいきませんね。

2013/11/13

しまの夢飛行コンサート  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 ”ながさき音楽祭2013”のひとつとして、地方飛行機会社ORCプレゼンツの
         しまの夢飛行コンサート
長崎県内唯一のプロであるOMURA室内合奏団の6人が、又奈留島に来てくれました。
その内3人は、前回や前々回でも来てくれた人。
 9日(土)なるっ子教室のカレーを食べた後に、会場の離島開発総合センターに行きました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 少し早く着いたので、前のほうの席に座れました。
開演前の1枚だけ写真を撮らして貰い、あとは熱心に聞きほれます。
ただこの席、写真の如くなんか正面が前の席に邪魔されずに、スコーンと空いて見える席でした。
 「ハンガリー舞曲」から「花は咲く」まで1時間ぐらいの、私には音楽鑑賞の丁度良い演奏時間と、楽器説明などのお話。
 そして学生と大人一人づつが指揮をできるコーナー。
学生は志願者がいましたが、大人は誰もいません、そうしてる間に真ん中に立つ司会の可愛くて大きなファゴット奏者が、この写真の隙間があったためか、私を指名してしまいました。
京都市立堀川高校音楽過程出身の高名な指揮者佐渡裕(サドユタカ)さんと同じく、私も京都市立堀川高校の卒業生ですので、ここは快く??上手に????そして皆に笑われながら、指揮までしてしまいました。

    返事
花水木さん:「しっかり炒めろ」と、カレー上手な教頭先生に言われましたが、
    水の量の指示は、ルーに書いてある量より少なめでした。
     カレーは何故後片付けが大変なのですか?楽そうに思いますが?
大雪男さん:15日(金)は当直で、家内もいません。
    16日若松発7:30か10:30で来られて、昼は車で奈留島観光、前島には単独行動で、
     私は競馬観戦。 夕方落ち合い泊っていただく。
    この線でお願いいたします。金曜日にもブログ書きますので、最後の打ち合わせはその時に。
喜珍さん:やっぱりカレーは水の量ですか!
    カレー・お好み焼き・焼きそばには牛乳がよくあって好きです。
喜珍さん2:メロデーが分らないのが・・・。
福山市さん(7日の分も):五島列島来島ありがとうございます。
    なんか色々繫がっていて、嬉しいですね。
     久賀島の人は、奈留島から見てもより親切な人が多い気がします。
喜珍さん:赤面帳から進めませんでした。

2013/11/11

今年もなるっ子教室  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 放課後子ども教室「なるっ子教室」は、子供達が地域の大人と交流、遊びの体験をしたり、社会のルールを学んでいく教室です。
 11月9日(土)は、宮の森総合公園でペタンク大会・カレー作り・紙飛行機作り・移動動物園です。
 大人のボランティアもたくさん集まってくれましたが、私は単なる大人の参加者です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ペタンク大会、以前も優勝して「うまかっちゃん」を貰ったような気がしますが、今回も小6の女の子・小2の男の子とチームを組んで、私の素晴らしい最後の1投で逆転勝ち。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小学生は紙飛行機を作って飛ばしあい。
 カレーライス作りを、中学生に混じって教えてもらいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 中学生は男子も結構料理を知っている感じ。
手伝いの男の教頭先生もカレー作りは得意なようで、包丁捌きも主婦並み。
あれで色々細かく生徒に指示せず、生徒に任せてやらせたら、素晴らしい先生なのですが・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4班に分かれて作り、私の班が教頭先生の指導もあって、確かに一番うまそうでしたが、4班のカレーを食べ比べてみると、以外にも3番目でした。
 今回は熱心にカレー作りを学んだので、一度家で挑戦します。
 天気はなんとかもちましたが、次の予定(次回報告)もあって移動動物園はパス、自宅動物園のフークの元にいったん帰ります。

    返事
花水木さん:意思の疎通は上手くいってなくても、心が通じ合っているから良いのですよ!
大雪男さん:16日奈留着トンボロ見学、奈留泊り(OKです)、17日出発予定ですね。
    どこから何時に着くかも教えて下さい。
    私は酒をほとんど飲みません、去年の焼酎少しと夏のビール缶はありますので、持ち込みは不用です。
福山市さん:福江に来られていたのですか、何用ですか?
    挨拶したのは奈留島の小学生ソフト選手です、嬉しいことですね!
     千円少しでCDあるそうですが、どうされますか?
喜珍さん:写真の質は分りませんが、日付が入ってるのは違和感あります。

2013/11/9

奈留島百人一首59  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 59. やすらはで 寝なましものを さ夜更けて
             かたぶくまでの 月を見しかな

                           赤染衛門(アカゾメエモン)(平安時代中期)
 赤染衛門は56番和泉式部や57番紫式部、58番大弐三位・60番小式部内侍と同じく、第66代一条天皇の后、藤原道長の娘彰子に仕えた女官です。
  「やすらはで」→ためらわずに
 「来ないと分っていれば、ためらわずに寝てしまったのに、来るかもしれないと待っているうちに夜が明ける頃になり、西の空に傾く月を見るまでになってしまいましたよ。」
 演歌の世界のように、待つ女をしみじみと詠うこの歌、53番右大将道綱母の歌と同じく、詠った人が美人に見えてくるから不思議です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 59. やすらかに 寝なましものを 起こされて
              中天のぼる 月を見しかな
     

                    やすら・寝なましものを・て・月を見しかな  18字 同じ      
       官舎の玄関から病院の玄関までは20mほど。
 当直の冬の真夜中に病院から呼ばれて薄い服で出かけても、ここ奈留島は京都のように凍えるような底冷えはありませんので、まだ楽です。
   ふと夜空を見上げると、官舎の上に満月が・・・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 まあこんな綺麗な月を見られるのも起こされたおかげ、
          「笑顔で笑顔で」と、病院に向かう私でした。

     返事
喜珍さん:魂をこめて?校正を重ねた?文章と、
     選びに選び抜いた?写真とでおおくりしているブログですので、
     土日の出来事を書くのが遅くなっています、申しわけありません。
大雪男さん:11月後半の当直は12・15・18・20・26・28・30日です。
    16日か23日の土曜日がいいかも。 日曜日は前島便は運休する週あります。
喜珍さん2:三人の誰が年長かは、知りませんが、Sさんですかね?
花水木さん:この人が眼鏡をかけていたかどうかも思い出せないときがありますが、
     これは又別の次元の話ですかね。
hisakajimaさん:いつも読んでいます。
     久賀島の写真にはゴミがなく、すっきりでいいですよ。

    
      


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ