奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/2/28

奈留島百人一首85  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 85. 夜もすがら もの思ふころは 明けやらで
             ねやのひまさへ つれなかりけり

                         俊恵法師(シュンエホウシ)(平安時代後期)
 祖父71番作者源経信・父74番作者源俊頼と3代続いて小倉百人一首に採用された、この作者俊恵法師は「方丈記」の作者鴨長明の師匠にあたります。
 「一晩中恋人が来てくれるかと思いながら過す悲しい夜は、なかなか明け方が来ません。寝室の板戸の隙間を見てもやっぱり暗いままで、恋人と同じように冷たいのです。」
     女の立場で悲しい女心を詠んだ歌です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 85. 夜もふけて もよおすころは 明けやらで
             ねやの暗さに つまずきけり

                     夜も・も・ころは・明けやらで・ねやの・つ・けり  17字 同じ
 「夜も更けておしっこが我慢できなくなりましたが、まだまだ外は暗そうです、部屋も暗いので布団の上に立つと、危うく転倒しそうになりました。こんなふうにして大腿骨頚部骨折をおこす日も、そう遠くないいつかでしょうね。」
     老人の立場で(そのままですが)悲しい老人の気持ちを詠んだ歌です。
 写真のように満月に近い日は、月光が奈留島の官舎の部屋の中まで入ってきて、以外と明るい時もありますが、それでも立ち上がった時にバランスを崩すことはよく有ります。

    返事
和さん:阿倍野ハルカス、もう開業ですか? まだ見たことありません。
大雪男さん:欠けた日がない日記は25年になるのですが、
     私の中ではやはり日記とブログは違いますので、嘘つきなんでしょうね。
花水木さん:元々は奈留島発信のターシャさんのブログから花水木さんを知ったので、
    五島列島の他のブログも時々は見て下さい、写真だけで満足するのも沢山有りますよ。

2014/2/26

福江港ブラブラ  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 1月の寒さに比べると、2月も後半になって五島も春が近いのか、暖かくなってきました。
 2月23日(日)、椿まつりの見学や店を覗こうと、ぶらっと福江まで。
福江港に着く寸前に、ニュータイヨウの窓から見えた客車のような列、漁礁にでもするために古い列車を持ってきたのか?とブラブラ近寄ってみると、列車ではなく巨大虫かご様のセメントブロック??やっぱり漁礁に・・・?
 クリックすると元のサイズで表示します
 MOONさんの様に綺麗な写真は撮れませんが、セグロカモメの楽しい「ス」の後姿を撮ってみようと、キミマロズームを向けるも、後ろ向きのカモメは居らず、「ス」が本当に見えるのか確認できませんでした。
 それでも、丁度ジェットフォイルのペガサスが入港してきましたが、水中翼を出して浮きながら水上を滑るように走ってくる姿を、初めて写真に撮れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 江戸時代末に石田城を築くため、まず福江港に築かれた常灯鼻(ジョウトウバナ)、防波堤と燈台を兼ねて、滋賀県の石工が築いたと書いてあったので、たぶん坂本の穴太衆がここまで来ていたのでしょうね。
そのまま五島に居ついた人もいたかと思うので、五島のいたるところに有る綺麗な畑の石積みも、その人達の伝承でしょうか?
 クリックすると元のサイズで表示します
 中央の石の燈台は、中が空洞になっていて、ここで焚き火でも焚いて灯りにしたのか?灯りは見えて目印にはなりそうですが、周囲が明るくなるような装置ではなさそうです?
 たまたま富江の元気な元気なシフォンさんも、25日のブログで常灯鼻の写真をアップされていて、重なってしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この上から港を眺めると、海上保安庁の巡視艇・入港してきたペガサス・奈留へ行くフェリーオーシャン・久賀島行きのフェリー久賀がそろっていました。
     もうすぐ春ですね!
 奈留島でも福江島でも、他の沢山のブログが発信されているのを知ってくると、重ならないようにするのが大変なのと、自分のは要らないかと思ってしまいますが、ここまで来たらなかなか止める決心もつきませんので、もう少しお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

      返事
花水木さん:三つの質問は、三つとも解りませんでした。
福山市さん:お土産ありがとうございました!
    びっくりしたのと、元来人の顔と名前を憶えるのが苦手な私です。
     最初わからなくて、大変失礼しました。
大雪男さん:ノルディック、2本杖で歩く競技ですね。

2014/2/24

奈留ほど・ザ・ウォーキング  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島は「椿まつり」の真っ最中、奈留島でもその一環として今までは「海鮮グルメウォーク」をDONDON奈留が中心になって開催していたのですが、いろんな理由で中止になっていました。
 今年は奈留支所地域振興課が中心になって、形は少し違いますが開催、海鮮グルメは無くなりましたが歩く距離は大幅短縮で、喜んで参加しました。
参加人員は13名、奈留島からは私ともう一人だけ、平均年齢は高そうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 新しく出来た小田河原鼻展望所まではバスで送ってくれました。
ここにも五島市のユルキャラ3人組、ごとりん・つばきねこ・バラモンちゃんの一人が先回りして現れています。
 ブログコメントで知り合い、奈留高校の応援に秋田の国民体育大会にも行かれた「福山市さん」とも再会、お土産のもみじ饅頭までいただきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 展望所から江上教会までは歩きますが、下り坂が多く痛めた膝が少し痛くなりましたが、距離が少なく助かりました。
 教会前方にある南洋っぽい木々の間から見え隠れする江上教会が一番絵になると思いますが、今回この木々の中にハート型が隠れていると言われました。
写真中央少し右下の枝が、なるほどハートですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 久しぶりに江上教会内部も見学。
   やっぱり良いですね!  ほんの少しは善人になれたような気もします。
 クリックすると元のサイズで表示します
 内部のこの柱も天井部の梁も、木にわざわざ木目模様を手書きで入れています。
何のため?と言われても、答えられません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この後は笠松宏有記念館で少し展示品も変更された絵を観て、宮の森総合公園で昼食です。
弁当は普通ですが、食べきれないぐらいの刺身3種・よく味の出たアラ汁、最後にはサービスのコーヒーまで出ましたよ。
 おなか一杯になって、再び車ででユーミンの歌碑まで直行。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ウォーキングとは名ばかり、その後も移動は車ばかりでした。
三兄弟工房と言う奈留島の大工さん兄弟が作る木工品の店、そこでお土産のバラモンちゃんの木の札に名前も彫ってもらいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後は予定にはなかったですが、参加者の希望で千畳敷までも車で案内、上の細い道にも行ってもらい、丁度椿越しの千畳敷もパチリ。
 終始曇り空でしたが風がなく、気持ちの良い一日でした。
所々で出されたクイズは満点が取れず、賞品は当たりませんでしたが、これで参加費3000円なら、まずまず満足でした。

     返事
大雪男さん:そうですね!私より若い者に先立たれるのが一番つらいですね。
    考えてみると、私のご先祖様も空から私を見て、かなり落ち込んでいる時があるかもしれません。
花水木さん:定点写真や子供の定時写真を若い時から撮っておけばよかった、
    と思うことは有りますよね。
      まわるまわるう〜時代はまわる
    いつか私の家内や子供達が、孫や友達が、私のことを笑って話していてくれたら嬉しいですね。

2014/2/21

奈留島百人一首84.  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 84. ながらへば またこのごろや しのばれむ
             憂しと見し世ぞ 今は恋しき

                                藤原清輔朝臣(1104〜1177)
 「もしもこのまま生きながらえていたなら、つらかった昔のことが今では懐かしいように、今のつらい現状も懐かしく思い出されるでしょう。」
 私は感受性が低いのか、決定的な不幸に会わなかったのか、その当時は結構つらいと思っていた昔のことも、今では笑って済ませられることが多いですが、この先短い老後に決定的に悲しいことに会わないようには祈っています。
 藤原清輔は79番作者藤原顕輔の15歳の時の子供ですが、父顕輔とはあまりそりが合わなかったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 84. 2回来て またこのごろや しのばれむ
              霊場巡りぞ 今は恋しき

                     またこのごろや・しのばれむ・ぞ・今は恋しき  20字 同じ
 懐かしの奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りの第1番霊場は北川豆腐店横のゴミ箱でした。
2008年8月25日のブログで紹介した頃には、豆腐店の商売はしていませんでしたが、建物はこのように有りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一度奈留島を去って又奈留島に戻り、懐かしの霊場を探して見ると、所々の霊場は喜ばしくも新しくなっていましたが、もう朽ち果てて使用できない霊場もあって、年月の移り変わりをじかに感じました。
 この医局の窓から見下ろせる第1番霊場も、霊場自体はそのまま残っていて、私も使用していますが、豆腐屋の建物は跡形もなく更地になっていました。
 
    返事
大雪男さん:確かに「しがらみ」なければ退屈しますかね。
花水木さん:同時8人は俊成さんでもつらいでしょうね。
    皆を捨てて山奥に逃げても、やっぱりそのしがらみ捨てきれず懐かしく、
    帰ってきましたよ、と言う歌なんでしょうね。

2014/2/19

奈留島百人一首83  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 83. 世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る
            山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

                   皇太后宮大夫俊成(コウタイゴウグウノダイブトシナリ)(1114〜1204)
 「この世の中には辛いことから逃れる道は無いのだからと、心の安らぎを求めて分け入った山の奥でも、やはり辛いことがあるのか鹿も悲しげに鳴いているようだ。」
 藤原俊成(トシナリ・シュンゼイ)は、「千載集」をまとめたりして有名なすぐれた歌人です。
91歳まで生きて、妻は8人ぐらい、子は20人近くいたそうです。
この小倉百人一首をまとめた97番作者藤原定家も息子の一人で、48歳の時に出来た子供です。
 この歌は27歳の時の作で、27歳にしてこの素晴らしい歌を作り、その後もつらい世の中を妻も子もたくさん引き連れて、60年以上生き抜いたのは立派のひと言ですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 83. 本土には 人こそ多けれ 移り住む
              島の中にも しがらみはある

                              こそ・けれ・れ・の・にも・し・る  10字 同じ
 50年以上住んだ京都には、人には言えないようなしがらみもたくさんあって、それからの解放も奈留島に来た理由の一つかもしれませんが、島に来てから9年、それはそれでまた奈留島には奈留島のしがらみが出来てくるんですね。
 夏の午後、奈留病院(奈留医療センター)の屋上から空を眺めながら俊成の歌を唱えると、それなりの感情がわき上がってきて、自然とこんな歌が???口から出てきましたが、俊成の年までもう25年は生き抜いていけないでしょうね。

    返事
大雪男さん:3月中に完成は諦めていますが、90首ちょっとぐらいまではいきたいです。
花水木さん:あっそうか!こういうのは駄洒落というか親父ギャグになるんですね。
    私はもっと高尚なものだと勘違いしていました。  まだまだでした!

2014/2/17

奈留島百人一首82  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 82. 思ひわび さても命は あるものを
            憂きに堪へぬは 涙なりけり

                                道因法師(ドウインホウシ)(12世紀後期)
 「自分につれないあの人を想って嘆いてはいても、こうして死にもせず長らえています、しかしながら辛さに堪えきれず涙だけはとめどなく流れ落ちるのです。」
 道因法師・藤原敦頼(フジワラノアツヨリ)は、年をとってからも歌に対する執着が変な風に強かったようです。
この歌も恋の歌ですが、老坊主が詠んだと思うと、やや興ざめなのはしかたないですかね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 82. 長い梅雨 さても汚れは あるものを
            雨期に堪へぬは 洗濯なりけり

                 さても・は・あるものを・うきに・堪へぬは・なりけり  20字 同じ
 「憂きに」を上手に「雨期に」と替えて、梅雨のうっとうしさと洗濯が乾かない苛立ちを、うまく表現した、なかなか素晴らしい一首と思いましたが、写真もこんなもので、奈留島とどう結びつけるのか・・・・。
 奈留島からは外れてしまうが、佳作の一首?? もあるのがご愛嬌と言うことで・・・・。

     返事
大雪男さん:政治の中心にいた貴族は、実際どんな風に政治に取り組んでいたのか、
     勉強不足か、もひとつイメージがわきません。
花水木さん:怒られなくて・・、一安心しました。
和さん:ハイ、入れ歯までチョコレート色になっています。

2014/2/15

小嵐のバレンタイン  
 昨日2月14日(金)は風も強く寒かったですが、今日は少し陽も射して暖かい風も吹く奈留島の土曜日、今日・明日は日当直ですが、今の所のんびりです。
 競馬は完敗も、東京が雪で開催できず、その分負けは少なく済んでいます。
のんびりと他のブログを読んでいると、くだらんことを考えます。
   注意:「クレソン畑でつかまえて」の”雨のバレンタイン”を一読後、以下をお読み下さい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリスマスに次いで、日本の国民的行事となった
バレンタインディ・・・・・。
 少しずつは下火になってきたようで、ますます
おじいさんには関係ないもんね〜と言いながら
何故か毎年待ち遠しくなる私。
 
そんな訳で、今年のバレンタインチョコは
近年個数が減少の私にとって、まさかの景気回復の嵐・・(って幼い3姉妹からも含めて島内の8人から5個だけど)
しかも今年はおばあさん世代からはなくなり、その3姉妹は0歳・3歳・4歳なので平均年齢も32歳と下降!って。

まずまずの成果。

勿体無くとは思わず、さっさと開けて食べていたので、こんな写真になりました。

追伸・・・
どのブログもバレンタイン関係が多かったので、花水木さんのブログ「クレソン畑でつかまえて」の替えブログもどきで書いてしまいました。
 美味しそうな元ブログを参照していただければ幸いです。

で・・・タイトルが、何か思わせぶりだけど
深い意味も無く、単なるパクリ芸で、重ねてお詫びいたします。

   返事
大雪男さん:平安時代の男は、女の顔や体に興味なかったようですね。
花水木さん:本命チョコを渡してもらえない腹いせに?
   花水木さんのブログを替えブログにしてしまいました。
     笑って許してください。

2014/2/14

奈留島百人一首81  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 81. ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば
               ただ有明の 月ぞ残れる

                                後徳大寺左大臣(1139〜1191)
 ほととぎすは明け方にならないと鳴かないので、人々は徹夜して明け方を待ち、その第一声を聞くのが風流だったようです。
「やっとほととぎすが鳴いたと思ってその方を見ても、もうその姿は無くただ夜明けの空に月が残っているだけでした。」
この歌、単なる情景で、もひとつ心にピンと来ませんでした。
 作者の後徳大寺左大臣と言うのは藤原実定(フジワラノサネサダ)のことで、祖父実能(サネヨシ)を徳大寺左大臣と言ったので、これと区別する為にこう呼ばれました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 81. うぐいすの 鳴きつる方を ながむれば
              ただ城岳に 朝日登れる

                      鳴きつる方を・ながむれば・ただ・れる  16字 同じ
 春から初夏にかけて、奈留島の官舎の朝はうぐいすの鳴き声で始まります。
春から夏へと季節が移るにあわせて、うぐいすの鳴き方は上手になっていくようですが、メジロやひよどりのように庭に姿は見せてはくれません。
 官舎は東側にある城岳の山の麓に位置するので、朝日が昇るのは春でも7時前後です。
 私の起床時の情景を読み込んだ、たいした事のない歌と写真になりました。

     返事
和さん:変化はありますが、最後の福江ではありません。
大雪男さん:先代の太古は、甲板を波が洗う状態だったようですよ。
花水木さん:子供も出来ている人多いので、お姫様もやる時はやっていたと思いますので、
    いつもいつも十二単衣ではなかったと思いますが、どうでしょう?
     まあネグリジェやウオシュレットがある世界に生きていて幸せです。

2014/2/12

奈留島百人一首80  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 80. ながからむ 心も知らず 黒髪の
            乱れてけさは ものをこそ思へ

                        待賢門院堀河(タイケンモンインノホリカワ)(12世紀前半)
 「昨晩はあんなに愛していただいたのに、あなたの愛が長続きするかどうか、あなたの心は私には解りませんので、昨晩の余韻か寝起きの髪が乱れているように、私の心も乱れて思い悩んでいます。」
 こう読む時、黒髪どころか十二単衣もぐちゃぐちゃに乱れているものなのでしょうか?、それとも傍らに脱ぎ散らされているものなのでしょうか?、高校生に戻って古文の先生に尋ねたいものです。
 エロチックに詠う堀河は、77番の作者第75代崇徳天皇の生母である待賢門院に仕えていたのでこう呼ばれています。
 主人の待賢門院は幼少の頃から第72代白河天皇に可愛がられた絶世の美人ですが、淫乱の噂もある人で、白河天皇の孫の第74代鳥羽天皇の后になりましたが、産んだ崇徳は夫の鳥羽の子ではなく白河の子であると言われています。
1119年崇徳を産んだ時待賢門院は18歳、曽祖父の白河上皇は66歳、私と同じぐらいですので私にも可能性があるように?白河上皇にも父になる可能性は充分あったのでしょう。
その後待賢門院は26歳の時に鳥羽天皇との間に第77代後白河天皇を産んでいるので、保元の乱(1156年)は自分の子供同士の戦いでもあったわけですし、はからずも貴族社会から武家社会への転換を進めた張本人は待賢門院だったかもしれませんので、やっぱり歴史は夜に作られるのですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 80. ながびいた ことも知らずに 欠航の
              乱れてけさは やっと出航

                        なが・こ・も知らず・の・乱れてけさは  15字 同じ
 博多を前日の23:30に出て、朝8:10に奈留島に着く野母汽船の太古、写真は朝8:20に奈留港を出て福江に向かう太古の後姿で、綺麗な船です。
 玄界灘や五島列島の西側を通るので、よく揺れますし、よく欠航もします。
他にも長崎港と結んでいる九商フェリーやジェットフォイルも、海が荒れれば欠航もそれほど珍しいことでもありません。
 予想外に欠航が長引いて、やっと本土との航路が開通した、疲れと喜びが混じった時の状況を詠った生活首です。

    返事
花水木さん:研修医も「このマーライオン、水出るかな?」と言ってました。
    花水木さんも若者達と同じ若い感性をお持ちですね。
大雪男さん:キャサリン・ロスもタイプで無いですか。
    無人島に大雪男さんと二人で流れ着いても、女の取り合いはしなくて済みそうですね。
大雪男さん2:携帯でもブログ見れるから不思議ですね。
商家の嫁さん:関東からは埼玉医大・北里・杏林から若いのが来ていますが、
    顔は私や旦那さんの方が勝っているので、好みではないと思いますよ。

2014/2/10

若者達と福江観光  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 8日(土)、関東は大雪だったようですが、五島は雨の予報が曇り。
 奈留医療センターに2月に来てる関東からの研修医の埼玉県人、福岡の専門学校から2週間の研修に来てる女性のPTの大分県人、ついでに研修医の同期で福江の富江病院に来てる同じ研修医の群馬県人と落ち合って、電気自動車のレンタカー「日産リーフ」で4人で福江観光です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 鬼岳からの五島の海は、雲の間から時々射す陽の光でいつもより輝いていました。
 こういう写真をもっと上手に撮りたいのですが、キミマロズームの操作方法も宝の持ち腐れ、若者達が持っているスマートフォンでさえパノラマ写真が撮れるのにです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4人でシンガポールに行ったのではなく、コンカナ王国のマーライオンです。
3人共差は有りますが20代なので、昼の寿司も「おいしい・美味しい」とたくさん食べてくれました。
なんせ安いから、寿司屋でも安心です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3人のうちの一人が祖父の代までクリスチャンだったと言うことで、水の浦教会と貝津教会も案内しました。
 準備良くタオルも4枚用意していたので、荒川の足湯にも浸かります。
足湯初めての子もいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 定番の大瀬崎燈台。
今までに五島に来てくれた家族・知人、代々の研修医を案内して、家内と二人では2回も燈台直下までも行きましたし、結局今度が最後と言いつつ大瀬崎はもう15回以上来たことになります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これまた定番の案内場所高浜海水浴場、1枚目の写真の魚藍観音から見下ろした定番写真後海岸に廻ります。
 私は若い頃、友人のデートに付いて男2人・女1人で遊ぶのが好きでした。
「明日に向かって撃て」のポール・ニューマン、ロバート・レドフォード、キャサリン・ロスの3人が遊ぶ姿に憧れたのかもしれません。
遠くから若い3人を見守っていると、昔を想い出します。

   返事

大雪男さん:確かに星は奈留島では降るほどではありません。
    海面が明るいからですかね、やっぱり星は山でしょうね。
花水木さん:「チャラにしたらどうですか?」 一瞬なるほどと思いましたが、
     微妙に違いますよー。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ