奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/3/26

奈留ー長崎往復  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 一昨日当直の深夜に救急搬入された患者さん、心臓ペーシング必要な為に五島中央病院に連絡も、「こちらも救急搬送必要な患者さんなどいて忙しい」と断られ、ドクターヘリを要請して長崎原爆病院に送る準備も、「ドクターヘリは今現在稼働中」と午後に回されました。
私の頼りげな内科治療でも患者さんはまあまあ元気、待ってる間に、「天候悪化で飛んで来れない」とドクターへリから連絡、ジェジェジェ!
明日までなんとか待っても、明日の天気はケセラセラ、外来しながら移送病院と患者家族と相談して、丁度昼に出る長崎直行の九商フェリーで送ることに急遽変更。
   あわてて看護婦さんと共に救急車で奈留港に、滑り込みセーフ!
 クリックすると元のサイズで表示します
 フェリーのパーサーが二等指定の部屋を空けてくれました。
3時間半のフェリー万葉の旅、カルテを書いていると気分悪くなる私、患者さんの横で横になりました。
 船からすったもんだの末要請した長崎市の救急車、隊員は親切で患者さんも落ち着いていたので、原爆病院までは同伴せずに、長崎本土の土は5分だけ踏んで元のフェリー万葉に逆戻りです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そのまま同じ船で福江まで3時間チョット、これに乗らなかったら長崎泊まりです。
さすがに眠ったので、往復ともに海は見ず、見たのは綺麗なこの万葉船内だけ。
   この便は空いてもいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 福江港は夜8時、酸素ボンベと心電図モニターを乗り合いの海上タクシーまで運び入れます。
 奈留島まで一人この時間は3千円、写真中央のレーダーを頼りに真っ暗な海を揺れながら30分走ります。
 私もこちらに来てからは海の男、フェリーなどの横揺れには対応し切れていませんが、海上タクシーのバンバンするたて揺れには順応しています。
 あと数日で定年退職同士の私と師長さん二人の最後のご奉公、付き添い奈留島ー長崎往復船の旅、もうしたくないですが終わってしまえば思い出か?
    これでパソコンも荷物の中に入りそうです。

   返事
花水木さん:俯瞰ではなく、横からの写真です。
大雪男さん:富江ー福江間は車で20分。
    奈留の人も道が良くなって「近くなった・近くなった」と言います。
花水木さん2:痩せていません!
    横の娘がきょうびの女の子にしては細くないせいです。
和さん:富江さくら祭があるようです、最初の報告はそれかも?

2014/3/24

3連休  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 荷物の引越しが延期されたので、まだパソコンがある生活です。
 この3連休は、末の娘が京都の家から来てくれましたので、福江空港に迎えに行ったついでに、魚津ヶ崎公園まで。菜の花もほぼ満開。
 私の37歳の時に産んだ末娘ですが、そろそろ片付いてくれないと・・・。
久しぶりのツーショットも、せっかくの燈台が隠れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私が撮ると、バックの燈台も島も菜の花も椿さえも入っています。
4月から働く富江病院にも少し顔を出しましたが、ここも色々問題はありそうで、少々心配はしていますが、まあなんとかのんびり働きたいものです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島も3人でドライブ、車に弱くなったフークは留守番です。
江上教会のハートの枝と、幹にもハートが付いているのを再確認、家内も娘も納得していました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 旧奈留小学校の桜も1本だけ咲きかけています。
かなり春になりました、来週引越しの頃は桜も満開か。
 クリックすると元のサイズで表示します
 千畳敷も波静か、これが見納めになるかも?
外来の患者さん達にもお別れを言いつつ仕事、少々涙目になっています。
     これでしばらく休憩かもう1回か?

   返事
大雪男さん:上五島は遊びに行くだけにしておきます。
花水木さん:「福江島の爺さん」に変更しておいて下さい。
和さん:スイムは朝早いですが、すぐ終わるので応援に行きたいと思います。
福山市さん:突然の訪問でびっくりです!ツアーだったのですね。
さんまさん:エトンジャの山下ですね。楽しみにしています。

2014/3/19

転勤  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 前回お知らせしたように、3月末で奈留医療センターを65歳定年退職。
これを機会に京都に帰ってゆっくり働くことも考えましたが、いろんな事情であっさり帰ることも出来ず、私自身もまだまだ島の生活に未練もありますので、同じ長崎県病院企業団の富江病院の嘱託外科医として4月から働くことにしました。
 奈留島からいつもの船で30〜45分、いつもの福江港に着いてそこから車かバスで20〜30分で富江町に着きますので、五島列島の中です。
      島から〜島へと〜  てんきんしてゆくのよ〜 
       フークと家内とこれからも  生きて〜くわ〜たし    (字余り)
       奈留は夕焼け   あしたあは月夜間 
       富江にいい♪っても  忘れ〜ないねで ♪
 富江町の人口は5千人、閉ざされた空間ではないので奈留島より少しは便利になると思いますが、奈留島のように楽しく過せるかどうか・・・。
 
 この3連休は娘も来てくれますし、来週には荷物だけ先に送ります、パソコンも荷物の中ですので、2〜3週間ブログお休みかもしれません。
      
   返事 
大雪男さん:五島列島からはまだ出ませんので、基本的には奈留と同じ生活でしょう。
花水木さん:人生何があるか分りません、風の向くまま気の向くまま、
        ツじんかんいたる処にスーツの青山ですツ
和さん:疲れてはいるんですが、なんとかなるでしょう。
和さん2:日曜日に船の中で家内と話したみかんやさんは、
    びっくりさす為に和さんには黙っていると、言っておられたそうです。
福山市さん:支所にも写真をお送りいただきありがとうございました。
    本日の訪問にもびっくりしました、ご夫婦でフットワーク軽いですね。
花水木さん:訂正しなければ気がついていなかったです。
    私の読み方もいい加減ですよ。
     というわけで、数日は人のブログも読めませんので、失礼します。

2014/3/17

医療センターだより  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 勤めている長崎県奈留病院が、今年の1月から長崎県五島中央病院付属診療所奈留医療センターになりました。
9年前に勤めだした時は長崎県離島医療圏組合奈留病院だったのが、長崎県病院企業団奈留病院に、又最後は長崎県奈留病院に名称は変わっていきましたが、病院は病院のままでした。
今回の変更は名称だけでなく、病院から19床の有床診療所へと大きく内容が変わりました。
 反対もありましたが、時の流れか、職員は減らさずに医療の質も落とさずにやっていこうという方針の元、診療所に変わりました。
しかしそれなりに少しずつ変化していきそうです。
 よい変化として、これを機会に地域と密着する医療サービスとのことで、「医療センターだより
という広報誌が発行されました。
3月1日発行のこの2号に、私も「ありがとうございました」という駄文とフークとのツーショット写真を載せていますが、その内容は、新しくなった奈留医療センターという名称の宣伝と、私がこの3月末で65歳定年退職を無事迎えられたお礼です。
 と言う事で、再びこの3月で奈留島を去ることになりました。
まだ奈留島百人一首も残っていますので、このブログは続ける予定です。

     返事
大雪男さん:椛島から椛島の海上タクシーで行く手はありそうですよ。
      ちなみに、今回奈留島発の椛島一周の海上タクシー代は4〜5万円です。
花水木さん:長崎は葬儀関係は大事にしますね。
     いくら高齢の親でも死んだら1年ぐらいは宴会などには出ず、人前で酒も控えるそうです。

2014/3/14

奈留島百人一首90  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 90. 見せばやな 雄島のあまの 袖だにも
            ぬれにぞぬれし 色はかわらず

                    殷富門院大輔(インブモンインノタイフ)(平安時代末期)
 「見せたいものですよ、雄島の漁師の海水で濡れた袖でも色が変わらないのに、あなたに恋焦がれて流す涙で、色の変わるはずのない私の袖の色まで、こんなに変わってしまったのを。」
 大輔が仕えた殷富門院は、第77代後白河天皇の第1皇女ですので、一つ前の89番式子内親王の姉になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 90. 見せばやな 長崎の墓の 豪華さも
            書けにぞ金に 色はかがやく

                      見せばやな・の・の・も・にぞ・色はか  14字 同じ
 長崎県の墓は皆が皆立派です、もちろん奈留島の墓も立派です。
奈留島にある町営墓地も1区画は大きく、各地区や住人のすぐ近くにも墓地があって、この墓なんかは私の京都の家より遙かに大きい敷地だと思います。
お盆には、この前で皆が集まって花火をし、ビールを飲んで、小宴会様の墓参りが行なわれます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 キリシタンの墓も立派です。
仏教の墓と同じく、墓石の字は全て金文字です。
 ここに飾る花が又極彩色の造花なので、京都のわびさび文化で育った?私には、少々違和感がありますが、墓には金を惜しまず、ご先祖様を大切にするのは宗派を問わず長崎県人のよき気質のようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お盆には、この写真のように迎え提灯も墓地中にあふれます。
この提灯のろうそくの火が消えるまで、墓地で宴会《供養》をして帰るそうです。

    返事
花水木さん:YOUTUBEの動画に、途中まで登っている像がありました。
    ほんまに人が作った階段に見えます。
大雪男さん:このブログで有名になりすぎると?禁止になりそうですので、
    登るなら今のうち、少しの危険で登れそうです。
moonさん:皆さん、moonさんのブログ、2013年10月を開けると、
    もっと綺麗な椛島が出てきますよ

2014/3/12

五島列島冒険ツアー  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 3月9日(日)少し風があって曇ってもいましたが、家内も入っている読書ボランティア童里夢(ドリーム)主催の五島列島冒険ツアーが有りましたので参加。
 総勢40数名が海上タクシーを借り切って椛島一周。
外海は波があって、窓の高さ以上の波を上げてバンバン海上タクシーは走りますが、以外と酔わずに済みました。
 奈留島が翼を広げたラドンの形なら、椛島はそれを背後5qぐらいから狙うモスラの様な形、蝶形の人口 150人ぐらいの島です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 先ずは椛島沖に建った浮体式洋上風力発電の風車の横まで、海上タクシーを着けます。
今回はその横に、以前の小型実証機を利用したような観測塔も浮いていました。
 ここまでは来た事がありますが、ここから先は私にとっては未知の海です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 椛島を左回りに廻ります、湾に入って波も穏やか、瀬渡し船で岩場まで釣りに来ている酔狂な人が沢山います。
 丁度奈留島から見ると裏側にあたる、蝶の右の羽の後縁にある 為石の湾洞(タメシンワンド)、湾洞とは小さな入江の意味で、有名なイタリアの青の洞窟と同じ海蝕洞です。
この奥ずっと入って行くと、椛島の手前にある無人島のツブラ島の池につながっていると言う伝説も有るそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて鷹ノ巣崎燈台断崖、ゆっくり進む海上タクシーの前方デッキに陣取っていられるぐらい波は穏やかです。
 垂直の断崖から湧き水が垂れて、崖が黒く光っています、真冬には氷のツララになるそうです。
   その奥に見える天に至る細長い階段、見えますか?!
 クリックすると元のサイズで表示します
     鷹ん巣がんぎ です。
 「がんぎ(雁木)」って、雪国に有るアーケード様のひさしですが、他にも「がんぎ」は船着場にある海に入っていく階段や城の土塁に内側から登る石段もそう言うそうで、ここではその意味なら納得です。
 見れば見るほど人工の階段と思うような、自然が作った造形ですが、やっぱりここも弘法大師が登っています。
 ここがもっと行き易い場所にあったら、すごい観光地になったはずです、海上タクシーに揺られていく価値は十二分にありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そのまま椛島を一周して久賀島の旧五輪教会に行きました。
ここではHISAGASIMAさんのご主人が、わざわざ説明にボランティアで来てくれていました。
 ここのキリスト教墓地は、旧五輪教会に負けないぐらい、いつ来ても良い所ですし、残った2軒の家の人がいつも綺麗に掃除管理されていて気持ちもいいです。
 教会の前で弁当を食べ、奈留島に帰りました。
半日でしたが、なかなか値打ちの有るツアーで、帰ってからも地面が少し揺れていますので、競馬は入ったのに損でした。

       返事
花水木さん:水イカ・アラカブ・クロは防波堤から釣れたと言ってあげられる、
    上等品のようです。
大雪男さん:花水木さんのコメントが入りだして、私のブログも続くようになったので、
     花水木家のある沼津に足を向けては寝ていません。

2014/3/10

奈留島百人一首89  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 89. 玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば
             忍ぶることの 弱りもぞする

                          式子内親王(ショクシナイシンノウ)(?〜1201)
    「玉の緒」→「魂の緒」→「魂を身に繫いでおく緒」→「命」の意味。
 「私の命がなくなってしまうなら、いっそこのままなくなってしまえ!!もしも生きながらえたらば、この恋心が強まって心の底に秘めていることが出来なくなり、皆に分かってしまうので。」
 作者は第77代後白河天皇の第三皇女で、賀茂神社の斎院を務めました。
 この歌はこの小倉百人一首の撰者97番藤原定家に贈った歌だという話もあります。
 私はうわさ話も好きなので、しゃべりたくてしゃべりたくて「忍ぶることの弱りもぞする」という気持ちはよくわかります?。
 クリックすると元のサイズで表示します
 89. 鯵イカよ 絶えなば絶えねは 困ります
            獲れないことの 弱りもぞする

                  よ・絶えなば絶えね・ことの・弱りもぞする  18字 同じ
 「鯵やイカに限らず誰に尋ねても、奈留島周囲から五島沖まで魚は無くなってしまったのか、獲れなくなっています。なんといっても漁業は奈留島の命運を握っているので、何とかしてほしい!」
 奈留島に住んでいると、心の底から漁業復活を祈るようになりますが、なかなか有効な策は見つからないようです。
   しかし、この鯵の刺身はうまいです!!
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島で獲れるイカの中でも値段が高いのは写真の水イカ、世間で言うアオリイカと言うやつです。
 自分では釣れたことないですが、皆よく防波堤でも釣っているので、時々貰えます。
刺身はもちろん、イカが沢山入ったチャンポンでも、イカが沢山入った海鮮パスタでも、大根と一緒に煮ても、スルメでも、イカは美味しいですね!

    返事
大雪男さん:あと10首ほどですが、3月中は無理になりました。
花水木さん:PM2.5なんかなかったので、昔はもう少しは見晴らしも良かったかもしれませんが、
    烽火の煙は福江島からいつも見えたのですかね?実用的だったか、どうなんでしょうか?

2014/3/7

奈留島百人一首88  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 88. 難波江の 蘆のかりねの ひとよゆゑ
            身を尽くしてや 恋ひわたるべき

                       皇嘉門院別当(コウカモンインノベットウ)(12世紀末頃) 
 「難波の入江に生えている蘆の刈り根の一節のように短い一夜の仮寝をあなたと過したばかりに、この先ずっと難波の海の澪標のように身を尽くし恋続けなければならないのでしょうか。」
 一夜の思い出に、ますます恋心がつのってますと言う意味か、一夜の過ちを後悔してる歌なのか、はっきりしないような気がする歌で、貧乏くささがむしろ鼻につく感じもしますが、どうでしょうか?
 クリックすると元のサイズで表示します
 88. 遠見番山の 役のかりねの ひとよゆゑ
             薪燃やしてや 指示わたるべき

                 の・のかりねの・ひとよゆゑ・してや・わたるべき  19字 同じ
 東風泊の北に193.2mの遠見番山(トメバンヤマ)が有ります、五島藩はこの山の上に烽火台を置いて、五島の島々の間を早く連絡する体制を整え、山の上に役人が常駐して烽火で合図していたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 城岳へ行く途中からフークと一緒にこの烽火台跡まで登ったことがありますが、木々が茂ったせいか見晴らしはそれほど良くなく、烽火台と思われる崩れた石垣が残るだけでした。
 こんな所で、いつ来るかわからない合図の煙を待ち、すぐに煙を上げる準備をしている役人も大変だったでしょうね。

      返事
大雪男さん:上五島にはもう薪の風呂はないのですか!
    私も小学校ぐらいまでは五右衛門風呂でした。
花水木さん:五右衛門風呂を焚くのは、子供の頃の私の役目、
    薪の火の明かりで勉強していました?
     風呂がぬるいと、裸のまま外に出て薪を足していたのを思い出しました。
福山市さん:隣の家の、煙抜きのような明り取りのような小屋根は、
     京都の私の家にも有って、梁を伝ってそこまで登り、屋根の上に出たりもしていました。
     私は、花水木さんがロッキングチェアでじっとしているような人とは思えませんが。

2014/3/5

奈留島百人一首87  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 87. 村雨の 露もまだひぬ まきの葉に
           霧立ちのぼる 秋の夕暮れ

                        寂蓮法師(ジャクレンホウシ)(1139?〜1202)
 12歳で子供のいなかった叔父の83番作者藤原俊成の養子になりましたが、俊成に実子97番作者でこの小倉百人一首編者の定家が生まれたため、23歳頃に藤原定長(フジワラノサダナガ)を改め坊主になって寂蓮法師と名乗ったようです。
遠慮深く静かな人で、特にこの仕打ちを恨むことなく、新古今時代の代表的な歌人になっています。
 「激しく通り過ぎていったにわか雨、その雨のしずくも残ってまだ乾ききっていないまきの葉に霧が立ち昇ってくる、なんと寂しい秋の夕暮れであることよ。」
 この歌は小倉百人一首の中で最もよい歌だと、多くの人が言っているようで、確かに声を出して詠むリズムは、私でも素晴らしいと思います。
 またこの歌から、宝塚スター「霧立のぼる」の芸名が生まれています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 87. 木片の 塵一つない 薪の山に
           煙立ちのぼる 秋の夕暮れ

                      の・まきの・に・立ちのぼる・秋の夕暮れ  17字 同じ
 家の横に薪を積んだ家も、奈留島ではよく見かけます。
家屋から出た廃材をきれいに切りそろえてきちっと積み上げている様子は、奈留島島民の気質を表しているのかもしれません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島にはもちろん電気もプロパンガスもきていますし、石油で風呂を焚く家も沢山有ります。
それでも風呂だけは薪で焚く五右衛門風呂の家もまだまだ残っているようです。
 夕方のフークとの散歩の時、煙突から煙があがっている家も所々に見かけます。
 奈留島百人一首の中で最もよい歌とはなっていませんが、寂しそうで暖かい煙を眺めながらの佳作とはなりました。

     返事
大雪男さん:奈留島の店にはまだ紙テープが売られているので、
    完全中止にはなっていないかもしれません。
福山市さん:ウォーキングの船からの写真届きました、ありがとうございます!
     福江港で別れのテープをまだやっているのなら、禁止は私の思い違いかも?
     この3月の別れには、皆さんテープの別れをやられてるかもしれませんね。
花水木さん:同じくすみません
     禁止は私のかん違い?今月の別れのシーンを見に行って確認します。

2014/3/3

奈留島百人一首86  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 86. 嘆けとて 月やは物を 思はする
           かこち顔なる わが涙かな

                               西行法師(1118〜1190)
 「嘆き悲しめ!と月がそう言って私に恋の物思いをさせるのだろうか?いや、そうではない、月のせいでないのに月のせいであるかのように、私の涙はこぼれます。」
 有名な「願はくは 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ」は解り易い歌ですが、他の西行の歌は、私にはもひとつ意味をしっかり理解できない歌が多いです。
 この歌もなんかもひとつしっくり意味を理解できていません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 86. 嘆けとて 3月は別れの 思ひする
           かわいいい顔に みな涙かな

                    嘆けとて・月・は・思・する・か・顔・涙かな 20字 同じ
 3月になると、奈留高校卒業生のほぼ100%は島を出て行きます。
他にも教職員や警察官の転勤など、3月は別れの季節です。
島で別れと言えば、やはり港での見送り、特に昼の九商フェリーは唯一奈留島から長崎本土に行ける直行便なのです。(ややこしくも太古も本土に行ける直行便ですが)
 クリックすると元のサイズで表示します
 高校3年生を見送る3月末の休日は、吹奏楽も港に繰り出して、別れの一大セレモニーですし、もちろんここで演奏されるのはユーミンの「瞳を閉じて」。
 テープの別れは何故か最近は禁止されました、こんなぐらいの紙テープによる汚染はかまわないと思うんですが、何でもかんでも極端に走りすぎの世の中、悪いこと・不衛生なこと・汚いこと・不健康なことにも、少しは目をつぶることも必要だと思います。

   返事
花水木さん:良い写真を撮りたいのですが、私のパソコンは古いので、
    キミマロズームでさえ画素数を落として撮っているぐらいです。
     そろそろパソコン買い換えたいです。
大雪男さん:性能の悪い私の物も、使い道はひとつに絞られてきましたが、
     そのひとつさえも思うようになりません。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ