奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/4/26

国道384号  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 福江島はやっぱり都会ですね、県道168号しかなかった奈留島と違い、国道も走っています。
富江病院の横を通る、前回の低いカーブミラーもある、国道384号線です。
 病院や官舎の有るのは富江町狩立、お殿様の狩場があったようですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 写真奥のビルの向こうに富江病院がありますが、病院からこの坂道を下って5分、富江町に入る点滅信号の有るこの四つ角が、国道384号の起点です。
 ここからずっと左手に海を見ながら、大宝・荒川・高浜・三井楽・岐宿と福江島の外周を、時計回りに福江港まで、福江島をほぼ一周60数kmの景色の良い道です。
 ただし、残った福江港から富江までは国道ではなく、15kmほどの県道49号になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 国道384号は福江港で終わりではありません、ここからは海上航路で上五島の中通島へと続きます。
  【ここで豆知識:このように海上区間の有る国道は「海上国道」と言うそうで、そういえば昔岡山の宇野と四国の高松を結ぶ宇高連絡船にも「宇高国道フェリー」と書かれていました。
  日本には鹿児島と沖縄を結ぶ長い長い海上国道を含む国道58号など、このような国道が24路線あるそうです】
 福江島から中通島の奈良尾港までが海上国道、そして奈良尾から有川まで中通島を縦断して、私たちもよく走っていた道が約30km、有川港から再び海上国道で写真の佐世保港に着きます。
佐世保港からはたったの483mで、戸尾町の国道35号と接続、ここが終点です。
陸上部全長約100kmと、2回の海上航路を含めて国道384号と言うことになります。
 富江は佐世保に繫がりますか!、まあこの行程はまず使わないで、やっぱり長崎に行くでしょうね。

     返事
福山市さん:カーブミラーぐらいしか観察できないので、福山市さんの言葉はほめ殺しですね。
綾部のとしちゃん:フークにあとせめて1〜2年は、癒してもらいたいです。
さんまさん:質問の「まんだかの〜」は、「いもはまんだかな」と言う「芋巡り」の行事のことですよね。
   年配の患者さんや富江生まれの看護婦さんたちの話をまとめると、
   旧8月15日(今年なら9月8日です)十五夜の日に、子供達が「いもはまんだかな」と言いながら各家庭を廻って、
   芋やお菓子やジュース、時にはお金を貰って廻る富江の風習、福江にはないそうです。
   縁側(おえん)にお月見の飾りの有る家を廻る・どこでも手当たり次第廻る・中学生ぐらいまで・幼児は親と一緒も可・普通の格好・
   リュックやゴミ袋を持って廻る・用意してないとお金の時もある・何もくれない家も有る、
   元々は麦を植える季節に合わせて?や豊作のお礼で芋や餅を貰ったという人もいたのと、富江藩内なので、起源は江戸期?
    一言で言えば「富江ばハロウィンじゃ」らしいです。
   こんなもんで許してください。

2014/4/24

何故カーブミラーが低いのか  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院から海のほうにフークと下っていきます、国道384号です。
その途中の四つ角にあるカーブミラー、何故かえらく低い位置に鏡が付いています。
坂道だからでしょうか?富江小学校も近いので子供が見やすいようにでしょうか?鏡の中に、向かいに立つ私とフークが映ってます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近づいてみると、歩行者の私が完全に見下ろすほど低い位置に、鏡は付いています。
鏡の湾曲で、フークの胴は長く、私の足は短く映っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 向かいに立っているカーブミラーは普通の高さに鏡が付いている、普通のカーブミラーのようですし、これだけが何故ですかね?
 鏡に映る私の臍ぐらいの高さでしょう。
  クリックすると元のサイズで表示します
 何でかなあ?と思い悩んでいましたが、この写真を見ていて簡単に結果が出ました。
家のひさしが有るために、これ以上高く出来なかっただけなんですね。
 なんやと思ってしまい、これが正解だと思うのですが、そしたらこの支柱は個人の敷地内に立ってることになりますよね、もうチョット前に出して、公共の土地に普通の高さに立てるのが本来の姿では?と、疑問が振り出しに戻ってしまいましたよ。

    返事
花水木さん:菜種梅雨は聞いたことありますが、筍梅雨は知りませんでした。
    人のブログやコメントは、結構勉強になりますよね。
京都の私、名前は、どすえ:三重の海・サメ肌女は昔の名前、久しぶりのコメントありがとう。
    出来ればもう少し短い名前でお願いします。
    富江病院の看護婦さんで、30年前に青野原の看護学校出身者を見つけましたが、そっちはもっと古いか?
大雪男さん:マートン下降、鳥谷上昇なので、なんとかもっていますかね。
     今回もくだらない・どうでもいいと言う視点で書かせてもらいました。
綾部のとしちゃん:としちゃんは昔は本当にグラマーだったのに、
    今は場所違いのグラマーですか。
     それはそうと、グラマーなんて単語は死語かも。
和さん:というわけで、くだらない系で続けます。
    そしてそのネタを、連休も富江で捜し続けます。

2014/4/22

日曜日また雨  富江
クリックすると元のサイズで表示します
 富江に来てから20日ほど経ちました。
そして土曜日はまた当直、当直あけの日曜日はまたまた雨です。
 3月には家内と娘の3人で、4月初めには家内と二人で、そして今日は私一人で魚津ヶ崎公園の菜の花畑に立っています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 本当は先週の日曜日に菜の花まつりの予定が、雨で1週間順延も、数日前から天候不良で今日の菜の花まつりも中止が決まっていました。
天気の予想の通り雨、菜の花は満開なんですがね。
 以前の2回と同じような所から、3回目の菜の花の写真ですが、姫島もかすんでいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 一人で写す人もいないので仕方がなく、南仏海岸を走る車のCMのように?、愛車を入れて撮ってみました。
 さてこれからどんなブログにしていくのか、迷っています。
福江島ではブログをやってる人も多いので、話がなんか重なりそうで、困ってます。
まあとりあえずは病院周辺のフークとの散歩の中で、細かい誰も取り上げないくだらない話題から始めますかねと、悩んでいます。

        返事
花水木さん:私の末期の水は煙草と思ってましたが、それも止めたので、
     今なら末期のアイスですかね。
大雪男さん:マートンは何故急に打たなくなったのですか?
和さん:揚げ物の時は、ソース?・ケチャップ・からしの入った小皿が出てきます、
    それを混ぜて完成さすのが、いつもの私のお手伝いです。

2014/4/19

奈留島百人一首91  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
  【もう皆さんお忘れになったかもしれませんが、奈留島百人一首はまだ10首残っています。
   ボチボチ残りを埋めて完成させますので、お付き合いのほどお願いいたします。】

 91. きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに
             衣かたしき ひとりかも寝む

                        後京極摂政前太政大臣(1169〜1206)
 作者は76番作者藤原忠通の孫で、関白九条兼実(カネザネ)の子である藤原良経(フジワラノヨシツネ)
です。
俊成・定家の良きスポンサーでもありました。
 「こおろぎが鳴く霜の降りた寒い夜でも、私は着物の片袖を敷いて、寂しく一人で寝るばかり、彼女も誰もいないのですよ。」
 このように、もてないことを言いふらしながら、母性本能をくすぐってもてようとする作戦、私もとることもありましたが、この作戦あまり成功しませんよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 91. アジフライ 買ったある夜の べんとうに
              衣固しき それでもうまい

                            夜の・に・衣かたしき  10字 同じ
 「衣片敷き(固しき)」を使う為だけに作った歌なので、別にこの家内が揚げたアジフライの衣が固かったわけではありません。
 奈留島では500円の弁当に付いてくるアジフライでも非常にうまいですが、家で揚げたてのアジフライを食べるのが、最高にうまいです。

    返事
綾部のとしちゃん:間違ってすみませんでした。  行ってあげて下さい。
大雪男さん:やっぱり5月5日までのカープは強いということですね。
和さん:富江の入口、商店街に入る大きな四辻の一等地、空き地になってますが、
      ここに映画館があったと聞きました、当たってますか?
花水木さん:人間の性って怖いですな、ビール看板なんて、私にはまったく思いつかないことです。
     「直ぐに極められる」って、それは私は挫折するってことですよね。

2014/4/17

海嶺  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院から歩いて3分、富江小学校がありますが、その向に小さな教会を見つけました。
ここは隠れキリシタンではなく、カトリックでもない、プロテスタントの教会である富江バプテスト教会でした。
 京都にもバプテスト病院があって、私の初孫も出産直後そこのNICUに担ぎこまれたので、私も5年前に奈留島から初孫に面会に京都バプテスト病院に行き、NICUのガラス窓越しに対面したことを思い出しました。
 確かブログにも、嬉しくて書いていたと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4月13日(日)夕方7時前、富江の空低くに満月に近い月が懸かっていました。
 富江バプテスト教会で映画会があるという看板に誘われて、初孫がお世話になったバプテストも何かのご縁と、どこでも行きたがり屋の私は、早速入ってみることにしました。
もちろん無料です。
 米国北部バプテストの宣教師が、1911年から瀬戸内海で伝道していた「福音丸」と言う伝道船を使って、平戸から五島まで布教活動をして、丁度今から100年前の1914年に、その頃は福江よりずっと繁栄していたと思われる富江に教会を作ったと、映画の後で聞きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 プロテスタントの教会の内部は、十字架だけでシンプルです。
この中での映画会ですし、教会の人が3人、観客は私を入れて5名、しかも私が一番若そうですので、五島でのプロテスタントの布教はなかなか苦労が有りそうですよ。
 窓から薄暮の外の光や、車の音も聞こえますし、画面も大きくはなさそうですが、なんか昔の校庭での野外映画会を思い出すようで、少しワクワクしてきました。
 さすがに一応教会での映画会、賛美歌の斉唱で始まりましたが、「いつくしみ深き」なのでオルガンに合わせて大声で歌えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 映画は聞いた事もない「海嶺」。
日本史でその名前だけはなんとなく憶えの有る幕末1837年の「モリソン号事件」の日本人漂流民の話でしたが、さすがに教会での上映会、原作は三浦綾子さんですし、初めて聖書を和訳した話も出てくる、約30年前の松竹映画でした。
 若い若い西郷輝彦・あおい輝彦・井上純一など懐かしいアイドル達に、竹下景子・米倉斉加年・田村高廣・火野正平などが脇をかためていました。
そしてびっくりの、なんか見た顔と思った、昔LPも持っていたジョニー・キャッシュまでもが出ています、CDでも買ってまたカントリーウエスタンを聴きたいような気分にもなった、なかなか楽しい富江の日曜の夜でした。

    返事
和さん:65年間使用の血管が切れるより、20年間使用のゴムが切れるほうが、
    まだ良かったですよね。
大雪男さん:カープを三たては望んでいませんが、カープが三たては嫌ですよ。
花水木さん:遅いけどフォームがきれいって、私の理想です、
    花水木さんが出来るのなら(失礼)、私もクロール挑戦するかも?
綾部のとしちゃん:ご愛読ありがとうございます。 メールで分りました。
    綾部の上林のカフェ「じょんのび」、夫人が高校同級生です。
    ドッグランも整備されていますので、あの時の愛犬まだいるならどうぞ行ってやって下さい。

2014/4/14

初の一人休日  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院は奈留と違い土日連ちゃんの当直ではないので、12日土曜当直後、日曜日はフリーでした。
最初の富江一人での休日もあいにくの雨、車で3分の「たっしゃかランド」という富江の温泉施設のプールに行くことにしました。
65歳以上割引でプール1回210円、なかなか綺麗で人も少なく、お値打ちです。
少し水中を歩いて、泳ぎだした途端にゴーグルのゴムが切れてしまいましたよ、買ってもう20年ぐらいを5年ぐらいは放置していた古いものなので、さもありなん、特に不吉の前兆ではないようです。
仕方がないので顔上げて平泳ぎしたら、息苦しくて5m〜10mぐらいがやっとこさ、クロールが泳げるようになりたいと思っているのですが、もう早くも極めそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 桜花賞は、ハープスター素晴らしかったですが、沢山買ったので4割ぐらいしか戻りません。
 夕方には雨もあがり、フークと港まで散歩。
港からは富江湾の向こうに、意外と近く鬼岳が見えます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 港近くの保育園の藤棚も満開でした、旧奈留小の藤棚はかなり刈られていたので今年はどうでしょう?
そういえば私の幼稚園の砂場の上も藤棚だったような気がしますので、桜と藤は学校の定番ですかね。
 富江生活2週間、転居通知も書き出し始め、徐々に平穏な暮らしになってきています。

     返事
大雪男さん阪神が巨人に3連勝してしまいましたね!!!
    昨年もこの頃こんな感じだったので、これでもう今年はどうなっても充分ですよ!

2014/4/12

奈留島へ  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院で働きだして約2週間、毎週木曜日は奈留医療センターに行くことになりました。
 福江港を朝8時05分のフェリーオーシャンに乗ります、逆方向のこんな時間に船に乗ることはなかったですが、今日は晴れて波も穏やか、懐かしの奈留港が見えてきました。
丁度よく乗っていた朝9時前の福江に向かうニュータイヨウとすれ違います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2週間前に皆にテープで見送られたフェリーターミナルも近づいてきました。
見慣れた景色ですが、なんとなくよそよそしい感じもします。
 奈留医療センターも変わりなかったですが、富江病院に比べて職員数も少ないので、今までより静かに感じます。
 帰りの船は爆睡です。
早くこのペースに慣れていかなくては、体がもちません。

    返事
花水木さん:車の鍵をかけないのは良いのですが、奈留島では
    バイクも含めて、エンジンをかけっぱなしで車を離れる人が多すぎます。
    勝手に動き出したらと、少々心配でした。
大雪男さん:それほどけんか腰ではなかったですが、富江の人に尋ねると、
   「福江は昔深江と言っていて、富江の真似して福江にした」とは言ってました。
福山市さん:富江中は強いんですね!
   フークと散歩中、けがして通院中の富江中3年生陸上部の子が、三角巾したまま走っていたので、
   「大丈夫か」と尋ねたら、「大丈夫」と走っていったのも、根性と強い伝統なんですね。

2014/4/10

福江島の新生活  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院に来て10日ほど経ちました。
まだまだ緊張してるせいか、当たりがよくて忙しいせいか、疲れます。
年とってからの転勤は思いのほかしんどいと言うことなんでしょうか。
 奈留島から福江島に移ってみると、やっぱり福江島の方が都会だなあと思ってしまいました。
 1.長崎新聞が7時前に配達されます(奈留島は9時半頃)、全国紙やスポーツ新聞は福江島でも10時ごろのようですが。
 2.玄関の鍵をかけるようになりました。
 3.免許書を持って車に乗り、車のロックもします。
 4.全国チェーンファミレスのJoyfulのモーニングセットを食べました。
 5.官舎近くにも24時まで開いている準コンビにが有りました。
 6.これからは色々なアイスクリームを買って帰れそうです。
 7.横から入る車に道を譲ると、五島に来て初めてハザードランプ点滅の感謝の印をする車に合いました。
 色々便利なようですが、車の事故と違反には気をつけたいと思いますし、あまり都会過ぎると京都と同じなので、ここに居る値打ちが無くなるようで心配です。

   返事
大雪男さん:青方辺りもですか、大雪男さんの祖先も 富江領民だったのですね。
    なんか私、上から目線になりそうです、というのもおかしいか?
花水木さん:パノラマ写真的!なるほどね!
    次ここに上ったら、もっと上手にワイドスクリーンのような撮り方にしてみます。
和さん:只狩山の案内看板の昔の写真では、
    只狩山はほとんどはげ山のようにぽつんとそびえていました。
商家の嫁さん:H病院で初めて会った時は、私は42歳ですので、48歳より可愛かったはずですよ!

2014/4/7

引越し3日目  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 31日(月)富江3日目、この日は奈留病院から休みを貰っているので休養日。
暖かい春の日、見送りに貰った花束を再構築して家内が飾ると、官舎の中もお花畑です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週も家内・娘と行った魚津ヶ崎公園の菜の花も、更に黄色くなっていました。
 今日も買い物、朝早いのにやっぱり5%の最後の日、買い物客は多いです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江の中央にそびえると言っても標高84mの只狩山、病院の裏側に有って官舎からもすぐですが、その展望台から散り始めた桜と富江の町、富江湾の向こうには福江からは見慣れた鬼岳の裏側も見えています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 フークは前から見ても、やっぱり下半身はひ弱く見えますね。
私以上にフークにはもう少し頑張ってもらいたいものです。
 いよいよ4月1日から富江病院で働いています、最初の当直も忙しく色々患者も来ましたので、全身がか弱い私、過労がチョット心配です。

    返事
花水木さん:やっぱりフーク、食べてる割には痩せていますね。
    頑張らないのはタモリと同じですが、私は反省して落ち込むタイプです。
大雪男さん:富江藩は上五島の魚目に飛び地を持っていたようです。
    医局の荷物はまだ整理されていません。
シカリさん:「江戸っ子・・」は愛読しています。
    福江はブログ発信してる人も多いので、埋没しないようにしたいと思ってます。

2014/4/4

引越し2日目  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 引越しから一夜明けた30日(日)、昨日の嵐が嘘のようと言うのも嘘っぽいですが、風が強いだけで日も時々射します。
今日が引越し日なら何の問題もなかったです。
 少しずつ片付けて、足らないものや食料品を買いに福江まで行きますが、丁度消費税8%に上る直前なので、スーパーやディスカウントショップのレジには、今まで五島で見たこともない長い人の列が出来ていました。
 すぐ二人とも疲れるので、途中香珠子(コウジュシ)海岸のさくら祭の看板に引かれて休憩。
 クリックすると元のサイズで表示します
 塩味のバニラとさくらのミックスソフトクリームは、桜餅の味がしました。
バックも散り始めていますが、桜と椿のミックス花見を味あえました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日の嵐で散った桜と椿のミックスされた、花びらの絨毯道を歩きます。
 家の荷物も徐々に整理、いよいよ富江生活が始まりますが、気負わずにいきたいものです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 何も働いてはいませんが、久しぶりの船の旅で疲れたのか、フークは新しい寝床で眠ってます。

    返事
花水木さん:29日の嵐が1日遅れて30日に沼津へ、
    こちら30日はこんな天気でしたので、なかなかまま成らぬものですね。
大雪男さん:研修医は福江から長崎まで飛んだそうです。
    早速富江の自慢になりますが、富江藩のほうが福江藩より格上だった時もあったようですよ。
タグ: 富江


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ