奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/5/28

富江小学校のアコウの木  富江
クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院の病室の窓から富江湾を眺めると、直下に富江小学校の白い校舎があり、歩くと3分です。
 昨日は小学校の児童検診、現在全校児童は150人ほどで、昨日はその半分を2人で診ましたが、思いのほか重労働?でした。
 富江小学校は元々藩校だった成章館を基盤にして、明治7年に設立されていると思います。
明治32年に、現在のこの場所に少し東側から移転してきたようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この富江小学校の運動場の石垣近くに、大きなアコウの木が茂っています。(富江に来た4月はまだ裸の木でした)
推定樹齢500年だから、江戸時代の富江藩の陣屋のそばの時代どころか、室町時代からあったのです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この大きなアコウの木から運動場を眺めると、ちょうど反対側、子供の像の横にもう1本アコウの木があるのが見えます。
校舎の向こうが富江病院になります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この木が大正13年(もう90年前になりますね)、大きなアコウの木から挿し木された子供のアコウの木が成長したものです。
 富江小学校の児童も最盛期には1000人ほど、延べにしたら数えきれないぐらいの富江の児童が樹齢500年と90年のアコウの木の下で遊んだことになりますので、「大きな栗の木の下で」以上ですね。

    返事
大雪男さん:上手に石が折れたようですが、それにしても王位石はすごいですね!
    写真では石舞台の上面は平らではないようなので、やっぱり人工ではないようなのが残念です。
花水木さん:この写真は、さすがに朝ごはんではないです。

2014/5/26

検食  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 どこの病院の病院食も、昔と比べると美味しくなっています。
奈留病院では週2回の病院食の検食当番でしたが、富江病院では当直者がその日の昼・夕食と次の日の朝食を検食します。
 本日は当直、私の検食の時だけご飯の量をかなり減らしてもらっています。
だいたいが1汁とおかずは2皿、それにデザートが付いています。
 富江病院はスペイン?イタリア?風か?昼食の方がボリュームある気がします。
本日は味噌汁ではなく、汁物は茶碗蒸し、美味しいですので、いつもご飯以外は完食しています。

   返事
大雪男さん:シリーズ物ではないですが、あげられた例は断片的にやる予定です。
    王以石行かれましたね!羨ましいです。
    見下ろす写真があるということは、途中までは登れるのですね。出来たら人工物と思えたら嬉しいのですがね。
和さん:トライアスロンはボランチアで5時半集合です。
    それまでにも色々報告予定です。
花水木さん:店の紹介はいくら都会?とはいえ狭い所なので、しにくいですよ。
和みさん:次はそのアコウの木を紹介する予定にします。
    富江の味噌は知らないので、また尋ねておきます。

 大雪男さん:メール受け取りましたが返事失敗しますので、ここでお礼します。
        実名は直しました、 実はパソコンを変えたので四苦八苦してます。

2014/5/21

富江町ゴミ箱霊場観光巡り  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 今では懐かしい奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡り、なかなか好評?だったようなので、富江町でも同じようにやってみようと考えました。
 富江町は広く、人口も奈留島の2倍なので、200ヵ所以上は霊場がありそうなので、良し良しと思い、先ずは官舎の入り口にどんと構える私たちも利用しているこの2連のゴミ箱を、第1番霊場富江病院官舎入口のゴミ箱と命名しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 フークと散歩の最中にも、あっちこっちにゴミ箱霊場は見られますが、この黒い樹脂製?のゴミ箱か、
  クリックすると元のサイズで表示します
 宝くじで作ったこの鉄(アルミ?)製のゴミ箱の2種類だけで、奈留島のように各地区地区で個性的なゴミ箱ではなく、富江町は均一のゴミ箱のようです。
でもって、この富江町ゴミ箱霊場観光巡りの企画は、面白味に欠けるため1回でボツになりました。
   なんとかシリーズものを見つけなくてはと、あせっています。

      返事
綾部のとしちゃん:夫婦が共に天国も、チョット退屈かもしれませんね。
大雪男さん:マートン・ゴメス確かに貴重ですが、阪神の顔として信頼するにはまだ・・。
花水木さん:YS11も飛行中は床が落ちる感じがしてました。
和みさん:和みさんも色々顔を出されているんですね。
福山市さん:はい、玉の浦椿です。 シカリさんのブログからの知識ですが、
    国際ツバキ協会への登録名は「玉の浦」なので、正式には「玉之浦」とか「たまのうら」とかは言わないそうです。

2014/5/18

五島つばき空港  富江
クリックすると元のサイズで表示します
 福江島にある福江空港、上五島の空港が閉鎖されているので、五島列島では唯一の空港です。
奈留島からは、先ず船に乗って、福江ターミナルからはバスかタクシーで空港に行くので、船の便によっては長く待ったり、遅い便で帰ったら、奈留島への定期便は終わっていて奈留島に帰りつけないなどの、利用制限は有りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 福江空港からの定期便は、福岡空港か長崎空港へそれぞれ1日3〜4便。
ANAが運行する大きい方、と言っても74席のプロペラ機、Q4Aボンバルディア。
 クリックすると元のサイズで表示します
 オリエンタルエアブリッジが運行するQ82ボンバルディアは座席数39席、離陸した瞬間には、なんか床が抜けるような気がします。
 クリックすると元のサイズで表示します
 島の住民なら、島民カードを持って乗ると3割引ぐらいになるので、非常にお得です。
富江に来てからは、出発の1時間前に官舎を出たら充分間に合いすぎますし、空港駐車場はいくら停めてもタダ、どの便にでも乗れますので、利用はしやすくなりましたので、家内は昨日これを利用して京都に。
 私も飛行機恐怖症を取り除けば良いだけですし、最近はフェリーもチョット心配ですので、奈留島の頃よりは利用するかもしれません。
 肝心なことが最後になりましたが、この福江空港、この4月から五島つばき空港の愛称がつきました。
なんでもかんでもツバキと言うのも面白くないですが、名古屋のセントレア空港よりも良いですかね?!

      返事
和さん「和」は2人限りでしたね。
    植木の恐竜の件は、看護婦さんの情報が入ってきたので、近いうちに行ってきます。
綾部のとしちゃん:アメリカの天文学者と結婚した従姉弟から原理の解説メールが入りましたが、
    偉い天文学者なんですが、なんせ英文なので、もひとつはっきり理解できません。
     私の疑問は、「右手にペンを持って鏡の前に立つと、その鏡の自分は左手にペンを持ってる」
    なんか当然のような?不思議なような疑問に明解に(とんちでもいいのですが)答えて貰いたいだけなんですが。
大雪男さん:13日の行動範囲はすごいですね!
     どうも私の行動はスピード感に欠けますね。
和みさん:チョット太ったおじさんが、館長さんなんですね。
花水木さん:チョット勝ちました、私のスイッチは9時30分までもちます。

2014/5/12

やっと行けた鬼岳天文台  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島列島に来てから9年、奈留島に住んでいる間は、福江島の鬼岳中腹にある昼間の鬼岳天文台しか見たことなく、昼はいつも閉館していました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 5月10日(土)夜、鬼岳天文台の火星観察の見学会がありました。
夜に福江島から奈留島には帰れないので、いつも案内は奈留島では羨ましく見ていただけですが、富江に住んだので早速行ってみました。
真っ暗になりかけている天文台を写して、後で画像処理してみると、このように夜の天文台が浮かんできました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 無料で天文台に入れて、月と火星を天体望遠鏡で見られます。
見物人は親子連ればかりですが、並ぶというほどのこともなく充分に見れるのが島の良い所。
 先ずは火星、直径1pぐらいにしか見えないので、期待していた火星の運河は見えませんし、火星の衛星も分りませんでしたので、チョット残念。
  クリックすると元のサイズで表示します
 月はこの写真のキミマロズームより、もっともっと大きくきれいにクレーターまではっきり見えましたが、反射望遠鏡なので、キミマロズームの液晶画面と違って倒立して見えています。
 鏡に映った自分の像は、右手を上げると左手上げる左右反対ですが、上下は反対には見えません。
この理由(原理)は何だったですかね?、昔聞いて納得したように思いますが、今はその理由を忘れています。
自分の脳の中で倒立を元に戻してるんだ(赤ちゃんは倒立像を見てる)、と言う説は正しかったんでしたか?
 どなたか分りやすい説明をお願いします、ぜひに!!

      返事
大雪男さん:雨、あがりそうですね!13日だけが晴か!
前回の和4さん:第三の「和」が出てきましたね。どういう関係か?
前回の和みさん:坪地区は皆に聞いてあることは分りましたが、恐竜?が皆知りません。

2014/5/9

半泊教会とドンドン淵  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 5月6日(火)、連休最後の日が一番天気が良かったです。
この日は富江とは反対側の、福江島の北東端にある半泊まで代車の軽を走らせました。
 今は橋や細い道が出来ているので、まあまあ簡単に行けますが、昔は船でないと無理なような秘境、隠れキリシタンが本当に隠れるように暮らしていた場所で、この写真の家が半泊教会、屋根に小さな十字架が無ければ単なる民家にしか見えません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 半泊教会内部、この教会も鉄川与作さんが作ってるようで、青い色が奈留島の江上教会と同じ、これが世界遺産候補にはあがらないのは?
 2010年5月21日の私のブログにも、半泊教会の同じような内部写真を載せていますし、この時は自転車でホゲ島にも行ってました。
読み返すと、その時のコメントも懐かしいです。
 この半泊、今は4軒の家だけのようで、その内2軒は移住者、その内の1軒がランチやカフェを開業してるとのことで行ったのですが、本日はあいにくのお休み。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4連休のうち当直以外の3日間をかけて私が廻った鬼岳の凧揚げ・琴石の鯉のぼり・半泊を、奈留島の地域おこし協力隊で関西から来ているお嬢さんは1日でバイクで廻っていましたし、その上長崎までもフェリーで行って図書館船まで見学してきたと、「なせば?!奈留島移住ブログ」で紹介していました。
 島の医者ブログが奈留島を去った今、このブログは奈留島情報の貴重な情報源ですので、皆さんも読んでやってください。
 悔しい!!??ので?、半泊からの帰りは、彼女の行ってないドンドン淵と買い物にも行きました。
 半泊では観光客とすれ違いましたが、福江島では名所ベスト20位ぐらいには入ってるドンドン淵には、この新緑の一番綺麗な上天気なGWにもかかわらず、私たち夫婦以外は誰もいませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道にチョット寄って塩ソフトクリームを食べた香珠子海岸から富江町を望みます、中央の小山が只狩山、その麓に住んでいます。

    返事
大雪男さん:半泊も、もう行かれてるのですね!
和みさん:やっぱり福江島在の人ではあるのですね。
花水木さん:本当はロープに繫がれた沢山の鯉のぼりや観光で沢山並べられた雛人形より、
    1軒の家の庭にひるがえる大きな鯉のぼりや、和室に静かに飾られた雛人形の方が、
   それぞれの思い入れがあるようで、好きなんですがね。

2014/5/7

琴石の鯉のぼり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 官舎からあの国道384号、と言ってもグネグネした道を10kmほど、車で20分ほど走ると、琴石の村落がありますが、ここも富江町の一部です。
ここの地域おこし協力隊の人が、鯉のぼりを集めて揚げているとの新聞記事を読んで、次の日の4月の日曜日、天気は良くなかったですが行ってみました。
 立てている竹が倒れたのか、昨日の新聞写真と違って、早くも濡れた地面に鯉がのびていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 5月5日(日)、当直あけで少々曇り空でしたが、もう一度琴石まで見学に行くと。
さすがこどもの日、今回は元気に泳いでいますが、見物人は私たち夫婦のみ。
  クリックすると元のサイズで表示します
 風が弱いと、色つきのメザシの行列のようですが、
 クリックすると元のサイズで表示します
 向こうは海、こちらは山なので、山からの風で、万歳する老人の頭上をいっせいに泳ぎだしました。
合計173匹らしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私は長男ですが鯉のぼりは持っていませんでしたし、私の息子達もベランダに立てる小さな鯉のぼりが二人で1組だけでした。
ベランダにはとうてい飾れそうもない巨大な鯉も沢山泳いでいました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 島では海からの強い風を受けて、1組ずつ竿の先で泳いでいる鯉のぼりを見るのも良いですし、ほっと安心もしますが、使われなくなった鯉のぼりが集まって、もう1回元気よく泳いでいるのを見るのも良いものですよ。
 なかなか不便な場所なので仕方ないかもしれませんが、見物人が少ないのが残念です。

       返事
大雪男さん:今頃は夕陽を見て荒川に帰ったら8時過ぎますかね。
花水木さん:液晶画面だけではなく、ファインダーが付いてるカメラだと、
    晴れの日でも被写体がよく見えるので、動くもののアップでも可能かなあと思ったのですが。
和みさん:ご丁寧なご挨拶ありがとうございます。
    コメントを入れてくれる「和さん」がおられるので、間違わないようにいたします。
    先日ホゲ島の手前の半泊まで行きました。カフェが出来ているとのことでしたが、
    あいにくその日はお休みでした。

2014/5/4

バラモン凧あげ大会  富江
クリックすると元のサイズで表示します
 今年は五島市市制施行10周年で、その記念事業の一つとして
    第32回こども自然公園大会 バラモン凧あげ大会 が鬼岳で行なわれました。
 以前も一度、終了間じかに見学した記憶があります。
 2日(金)当直で、4日(日)は日当直、その間の5月3日(土)、二人で代車の軽を走らせて鬼岳まで、今年は早めに到着です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう鬼岳の広場には凧が沢山舞っています。
今日は晴れですが、鬼岳の上は風も強く、凧揚げには絶好の日和のよう。
 五島高校の吹奏楽部の演奏の下、忙しい野口市長も来られてました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鬼が武者(渡辺綱)の兜に噛みついている絵柄のバラモン凧、上に弓が付いているので揚がるとビーン・ビーンと鳴りますので、今日はその音であふれています。
結構な太さのタコ紐で、長い縄の尻尾も付いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 タコ糸にかなり大きな鯉のぼりを3匹も付けた凧も揚がっているので、この凧の力はすごい!
 クリックすると元のサイズで表示します
 強い風を受けて比較的安定して凧は揚がっているのですが、キミマロズーム得意のアップで撮ろうとしても、液晶画面が晴れの日はほとんど見えず、こんな時にはもっと上等な一眼レフが要るかな・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 鬼岳頂上の方に少し登って広場を見下ろします。
凧も下に見えますし、はるか向こうに霞むのは奈留島です。
 結構な風で、体感温度も下ってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 皆が来る頃には帰るのが私の流儀、駐車場が込み始めてくるのを尻目に駐車場を出て、すぐ下のコンカナ王国で鬼岳を見上げながら早めのランチです。
 雲も鳥のようなカイトのような・・・、残り2日の連休は、最近ずっとの、当直明けだけ雨のパターンのようです。

    返事
大雪男さん:荒川泊りならやはり山ですか?
綾部のとしちゃん:4連休は1日の日当直と、前後挟んで2回の当直ですが、
    大分新しい環境に慣れてきました。
和さん:京都では見かけない、大きくて立派な鯉のぼり、
    島ではよく見かけますし、風を一杯に受けて泳いでいるので感激します。
花水木さん:景色を楽しんでわかる入院患者さんは少ないですが、
    私は病室外の景色に見とれて、働きながらのリゾート気分です。

2014/5/2

富江病院からの眺め  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院の病床数は55床、9割方はいつも病室は埋まっていますが、病室は大きく東と西に分けられます。
 その西の病室からは、病院駐車場と富江の社会福祉協議会の建物が見えますし、この建物の左奥が私の住む病院官舎です。
 西向きなので西日が射してきますので、こんな黒い日よけがかかっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 方や東向きの病室は、富江湾の海と遙かに鬼岳も望め、朝日の登るのも見える(この写真は上手に撮れてませんが)、天気の良い日はまるでリゾートホテルにいる気分で、西と値段に差をつけても良いぐらい、海側客室5千円アップと言う感じですので、私も患者は診ずに外の景色ばかり見てる日々です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 医局の窓の有る北西側?は、丁度この季節鯉のぼりが風を一杯に受けて泳ぎ、山の新緑がまぶしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 南側になるのかなあ、屋上に上ると只狩山が正面に見えました。
奈留病院より景色は良いですね。
  この辺りから、ボチボチ探索と報告を開始いたします、良いネタが落ちていれば良いのですが。

    返事
花水木さん:カーブミラーに写る私の足も、やたら短く見えるでしょう。
和さん:新原さん・林田さんを覚えておいて、粗相のないようにいたします。
さんまさん:「トリック・オア・トリート」これも知らなかったので、
    調べて少し納得しました。(完全ではありませんが)
綾部のとしちゃん:私の弱いツボは、もちろん医学とグラマー美人ですよ。
大雪男さん:今度は福江島の山ですか?
    奈留に来ていた研修医が泊って、よかったと言っていた福江島の雨通宿(ウトウジュク)、
     外人も泊り、相部屋らしいですが、2500円?
たぬきさん:まだ正体不明ですが、よろしくお願いいたします。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ