奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/8/31

田んぼアート  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
     五島は数日前から秋になってますが、今日は日当直
 玉之浦町の幾久山(イツクヤマ)地区は、私の持っていた玉之浦のイメージではなく、山奥の海の見えない所です。
山の上にはいつもは反対側から見ていた風車が見えます。
 最近、ここに住む患者さんが入院したので、この何度読んでも読み方を忘れる幾久山を知りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 福江島発信のブログの一つシカリさんのブログで、幾久山の田んぼアートを紹介していたので、昨日土曜日さっそく行って見てきました。
すぐに道路沿い、折口トンネル近くに発見。
 クリックすると元のサイズで表示します
 このごろよく見かける、いろんな種類の稲などを植えて、絵や文字を書くアートです。
 今年は五島市制10周年、奈留町も富江町も10年前私の赴任する直前に五島市に合併されたのです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 絵は五島市のGや波などを表している五島市の市章です。
 もう少し実ったらどうなるか?、又見に来ます。
それにしても、やっぱり福江島は漁業よりも農業の島ですね。

     返事
大雪男さん:奈良尾の足つぼ、15分千円、
     ちょっと物足らないですが、茶菓子も付きます。女性がしてくれる時もあるようですよ。
花水木さん:勝手な想像ですが、フランスやスペインの教会周りには、
    こんな像を売る店があるのでしょう、そこからのお取り寄せだと思いますが・・・。
     足つぼはTVで紹介してるような痛みはありませんでした。
前回の和さん:頭ヶ島教会は訪れる値打ちあります。

2014/8/29

上五島2  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
      上五島日帰りの続き
 昼は3人でマルゲリータでランチ、島にしては高い値段設定ですが美味しいですし、街ならこれでも安いか。
大きなジェラード1200円は、腹一杯になっていたのと値段で、次回のお楽しみにしておきました。
 レストランからの写真、トンボとマルゲリータを撮ったつもりも、焦点不明の写真になってしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夕日が綺麗と言われる矢堅目にも足をのばしました。
湾の出口にあって、ここから先はずっと東シナ海が広がっています。
 湾に侵入する敵を見張るため、矢(守備兵)で堅(砦)めたことにより、この名が残ってると案内板には書いてありましたが、なんかあと付けの様な感じ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 曽根教会・冷水教会・桐教会、そしてこの青砂ヶ浦教会と教会巡りもしました。
娘はここでせっかく買った教会群の絵葉書を、献金箱にお金と共に入れてしまい、取れずにこれも寄付となりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 青砂ヶ浦教会のステンドグラスも、光を受けて床にきれいな像を結んでいましたが、写真はなかなか絵葉書のように上手には撮れません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 以前にも紹介した、この教会でいつも笑ってしまうこの聖人?天使?の像。
日本の邪気を踏みつける四天王に似た像ですが、顔が涼しすぎるのとこの彩色のせいで笑えるのですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良尾から出発のジェットフォイルまでもう少し時間もあったので、奈良尾のアコウの大木も見物。
樹齢660年、下をくぐる身長は日本人平均ぐらいの母娘の姿と比べて下さい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良尾港から母娘はジェットフォイルで長崎へ、長崎見物後京都へ、私は1時間後ぐらいの福江行ジェットフォイルで富江に帰りしばらくはフークとの生活です。
 一人になった待ち時間中に足つぼマッサージをしてもらうことに、案内の女性がしてくれるものと金を払ったら、中から出てきてしてくれたのは大きなおじさんでしたよ。

       返事
大雪男さん:隣の女性に「タバコ喫っていいですか?」と尋ね、
    当然のようにOKをもらってから喫いだすという姿は、もうなくなったマナーですかね。
花水木さん:橘也さんの「煙草っておもしろい」はおもしろいでした。

2014/8/25

上五島1  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 娘が京都から富江に来てくれました。
何度も来てくれているので、五島では食べに行っただけ。
 土曜日には3人で上五島に行きました、富江に来てからは私も初めての上五島。
上五島は奈留島からより遠いですが、長崎行のフェリー椿でむしろ安く奈良尾まで行けました。
そこからレンタカーで出発、久しぶりに頭ヶ島天主堂へ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 島の人が総出で石を切り出し、自分たちで築いた教会で、一つ一つの石には建築時の目印の和数字も彫り込まれて残っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 海岸にあるキリシタン墓地もなかなかのもの、対岸に写っているロクロ島からも砂岩を切り出して、教会まで運んだようです。
 頭ヶ島と言うように、ここは小さな島ですし、昭和52年に出来た頭ヶ島大橋で中通島と繋がっていて、島の中には上五島空港もありますが、なんせちょっと不便で利用者も少なく、10年前くらいには空港は使われなくなってしまいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この大橋を渡ってまた中通島に帰ると、近くには坂本龍馬ゆかりの広場もあって、以前来たときはなかった凛々しい龍馬像も建っていました。
 慶応2年5月2日亀山社中の持ち船ワィル・ウェフ号がここで遭難、16名中10名の乗組員が溺死したそうです。
その年の6月14日、龍馬はここまで来て皆を弔ったそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 近くの民宿の庭には、このワィル・ウェフ号の舵取り棒が残っていて、犬が番をしていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 坂本龍馬は中岡慎太郎と共に、京都で京都見廻組隊士に襲われ切り殺されたと言われています。
 幕臣によって組織された京都見廻組は、幕末京都の治安維持組織ですが、私の曾祖父の兄は江戸からこの見廻組に派遣され、その当時も京都だったので、何かしら龍馬暗殺に関与していたか、同じ組織の身内なので少なくとも知らされていたかもしれないので、坂本龍馬に関してはいつもやや複雑な思いです。
               合掌。

      返事
花水木さん・大雪男さん:禁煙に成功した人が、以後タバコを毛嫌いしたり
    罪人扱いしたりするのは、どうも裏切られたようで納得できません。
    過分の税金を払っていただいて、五島のタバコ農家も守っていただいているのに、
    肩身の狭い思いでタバコを吸っている喫煙者を、どうか暖かい目で見守ってやって下さい。
    それが私も含めて寝返ってしまった元喫煙者の、せめてものタバコに対する恩返しだと思いますが。

2014/8/22

タバコ記念碑  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 約1か月前の7月末、富江をブラブラとサイクリング。
その頃は葉タバコの収穫はほぼ終わった時期で、下の葉から収穫するタバコの一番上の葉も採られていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 残ったタバコの株の一番上に花が咲いています。
    これが煙草の花!!
可憐な花ですね、タバコはナス科?らしいです。
初めてタバコの花を見て知りました。
 収穫前に咲いた花は、肝心の葉に栄養が行くように摘み取られてしまうようで、葉の収穫が終わって放置された株に、こんな風にいくつか花が咲いています。
 クリックすると元のサイズで表示します
戦後から富江で盛んに行われてきた葉タバコ生産、それを記念して建てられた葉タバコの記念碑、近くのお爺さんに聞いたりして捜しに捜しやっと発見。
 最近はたばこ産業自体が衰退してるので、なかなか大変なようです。
昔ヘビースモーカーだったので、タバコが毛嫌いされてることが、いつまでたっても納得いかない私です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 タバコ畑の向こうには、五島牛の牧場もあって、今はこちらの方がブームか。
 葉っぱの収穫が終わったタバコ畑は、8月になったら堀返されていて、残った葉を使用されないようになっていました。

   返事
花水木さん:新しいPCにしてからは、取り込んだ画像は自動的に縦に直してくれるのですが、
    それをブログに貼ると元の横画面になってしまいます。
    その対策をご存知の方はお教えください。
     それと、無理はしないで下さいね。
和さん:踊り方は似ているのに、地区地区で衣装が違う原因は何だったのでしょうか?
大雪男さん:提灯に火をともして、長く墓地にいること自体が、
    珍しい風習だと思うのですが。
綾部のとしちゃん:綾部は無事で幸いでしたね。
福山市さん:福山は雨大丈夫だったですか?
和みさん:墓参りもだんだん変わってきてるのでしょうか。
    それでも夜の墓参りは怖くはないのですか?

2014/8/18

富江のお盆  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島も先週はお盆、富江にも富江病院にも見知らぬ人が目立ちました。
 13日(水)の夜は、車で富江のお墓らしきところを回りましたが、時間が遅かったせいか日にちが早かったせいか、提灯飾りなどは見られません。
 14日(木)早朝、奈留島行のために福江を走ってるとチャンココ姿の数人を初めて見ました。
夕方フークの散歩で近くの墓地に行くと、実った稲穂の向こうに提灯飾りやお参りの人も見受けました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 花火の煙も登っているし、爆竹の音も聞こえます。
夕方墓地にお参りし、提灯のローソクが消えると帰られるようですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 15日(金)夕方、鉦の音が聞こえるのでまたまたフーク達と墓地へ、五島へ来て10年にして初めてチャンココの踊る実物姿を見られました。
富江狩立地区のチャンココ姿は他とも少し違います、帽子?が麦わら帽子様、子供たち5〜6人が墓地のいろんな場所に移動して踊ります。
なかなかよき風景ですが、せっかくなのにキミマロズームを忘れていたので、同伴特派員家内のスマートフォンで撮ってもらいました。
また縦に出来ずすみませんが、特派員のスマートフォンの画面キミマロより綺麗ですね。

     返事
大雪男さん:島の花火は混まずに近くで観れるので、値打ちありますよ!
花水木さん:クレソンの更新やコメントがないと、不安になりますので、
    義務と思ってよろしくお願いします!

2014/8/16

三井楽夏まつり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江まつりの次は12日(火)の「三井楽夏まつり」見学。
五島弁で歌うべべンコビッチのステージショーは、さすがで、元気も出ますが、出演料が高くなっているとの噂もあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 三井楽の花火は富江よりもきれい、と看護婦さんも言ってましたが、すぐ近くで観れたこともあって、なるほど豪華で綺麗でした。
 写真左下にある小さな丸い点は、満月に近い月、写真以上に実物は大きく見えて、アクセントにもなって更に花火が綺麗に見えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 14日(木)は「奈留町夏まつり」、丁度木曜日は奈留の外来日でしたが、予定の炬火リレーは雨で中止、夜まではいられませんので帰りましたが、花火はあったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 公民館だよりの1面トップは、奈留高校軟式野球部の長崎大会優勝パレードの写真、丁度病院前のメインストリートを行進中、もう一度おめでとう!!


     返事
大雪男さん:私の夏休み終わりは、いつも宿題の絵を苦労しながら描いていました。
さんまさん:私はさんまさんよりずっと年上ですが、
    さんまさんの方が祖父に関しては年上です。

2014/8/11

富江まつり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 10日(日)・11日(月)は富江まつり、10日のステージショーは台風が来るというので数日前から中止が決定してましたが、10日はステージショーも出来たような良い天気でした。
一つだけ実行された魚つかみ取り大会、スケ漁がおこなわれるさんさん富江の自然のいけすで実施、京都からの研修医が行くというので案内、千円払って研修医だけ参加。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島の魚つかみ取りは、狭いいけすで魚も多く、獲り放題の感じでしたが、富江は人も多く会場も広いので、素人の研修医には獲れるはずもなく、千円ボッタクリと思ってみてましたが、さすがに富江、獲れない人にも鯛1匹があたりました。
 病院事務当直の人が綺麗に捌いてくれて、サザエまでつけてくれたのをお相伴、美味しい!!
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 11日は当直なので夕方から浜で始まったショーや夜店には行けませんが、病院屋上の特等席から花火見物、涼しくゆっくり鑑賞できましたが、これで夏も終わりの感じ。

    返事
大雪男さん;京都タワーも建築中は問題になりましたが、
   今はタワーも比叡山の展望台も京都ホテルも京都駅も、誰も何も言いません。
   エッフェル塔も建った時は問題視されたようですし、神社仏閣の名所も建った時は大きいだけの物だったのかもしれません。
さんまさん:さんまさんの祖父なら大正時代かも、それならもっとすごいことかも。
和さん1・2:私の京都行も次男一家の来島も、紙一重で台風を避けられました。
    島はこれがつらいところですね。
   せっかくの予定が残念です。

2014/8/8

同窓会  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 先々週の京都への旅、高校のミニ同窓会・手術した友人二人の見舞い・娘と長男孫との逢瀬が目的です。
 久しぶりの京阪電車を降りて四条大橋から鴨川を眺めます、祇園祭も終わりましたが意外と暑くなかった京都、今は暑いでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都市立堀川高校に入学してから50年が経ちました。
昔の校舎はなく、今は立派な校舎が建ってますが、運動場は昔よりさらに狭そう。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年のNHK大河「軍師官兵衛」でも本能寺の変が終わりましたが、その本能寺は今は寺町に再建されていますが、信長が焼け死んだ時の本能寺は丁度高校の辺り、今は堀川高校も使ってる旧本能小学校の跡地周辺には本能寺跡の石碑や立札がありました。
 信長軍の屍の上で、私はまあまあ楽しい3年間を過ごしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今の堀川高校の内部見学もありましたが、校舎もまあ立派、フーコの振子もぶら下がっているし、目もくらむような吹き抜けの中庭です。
 僕らの頃は比較的簡単に入れる高校でしたが、今は公立の超エリート校になってるようで、校舎だけでなく在校生も立派なようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 というわけで、手術した友人二人の家にそれぞれ行ってしゃべり、孫・娘とも少ししゃべり、もちろん麻雀は忘れずにして、帰りました。
京都駅の新幹線構内で少し時間があったので入った甘味処、800円の氷しるこは3匙すくったら無くなりました、さすが京都です、長崎の人なら怒るでしょうね。

   返事
大雪男さん:画像をクリックしていただくと大きくなります、よろしく。

2014/8/6

孫が来た  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週末、台風の合間をぬって次男家族が来てくれました。
TVや新聞でよく見る、盆正月に来てくれた子供や孫を新幹線の駅や空港に迎える爺ばばの姿、一度これを体験したかったですが、人生初体験をさせてもらえました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 さんさん富江の海は入るのには寒かったですが、孫が来るために買った網・水中眼鏡・浮き輪・ボール・水鉄砲・バットを持って、蟹獲りを楽しめました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 雨の間に鬼岳に、雨上がりで緑はよけいきれい。
5歳と3歳の孫がしっかり転ばずに走ってるのを見るだけで幸せになりますが、少しぐずるとうっとおしい孫やなあ!と思ってしまう情けなさ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 高浜海水浴場は台風で遊泳禁止、でもいつもと違う波を観れました。
 こうして私の夏休み休暇は、先々週の1日と先週の1日で終了しました。

    返事
和さん:以外と京都は暑くない日にあたりました。
大雪男さん:飛行機はいくら大きくても嫌いです。
福山市さん:残念ながら先週の北部九州大会では4−5で惜敗、
    明石には行けませんが、秋の国体は大丈夫と思います。
花水木さん:国体は富江会場のトライアスロンと重ならないように祈ってます。

2014/8/1

奈留高校軟式野球部  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週は2泊3日で正月以来の上洛。
富江(福江島)からの出発ならやっぱり飛行機の方が早くて便利ではありますが、離陸する前には手に汗をかいている自分です。
 我が家は老老介護中、フークの介護のため家内を官舎に残して、感謝しつつの一人旅です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島つばき空港の出発待合室で不安げにたたずむ私の目に、奈留高校のエースのガラスポスターが目に入りました。
 硬式の甲子園予選は新聞でも大きく取り上げられていますが、やや地味な軟式の全国高等学校軟式野球選手権長崎大会で、先日奈留高校は優勝!!
奈留高校生徒が諫早の大会に全員で応援に行ったのも立派!!
 明日からは北部九州大会が始まって、これに優勝すると、以前見に行って報告した兵庫県の明石球場での全国大会に出られます。
 ただしこれに負けても、長崎大会で優勝したので、秋に福江島で行われる長崎国体の高校軟式野球の部には、地元枠でもあるので出場はほぼ決定と思います。
高校の監督先生や奥さんも本当にほっとされたと思いますよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「なせばなる?!」のブログで長崎大会優勝の優勝パレードの写真が掲載されてました。
 病院前の奈留島メインストリートを皆が歩いている雄姿が見られましたが、木曜日奈留島に行っても優勝した雰囲気は残っていず、この土・日の北九州大会に向けて、台風が来てるので早めに出立したようです。
 奈留港フェリーターミナルに1枚だけ、高校生手作りの優勝ポスターが貼ってあるだけでした。
  でもよかった!でかした!! こうなればもう一息頑張れ!!
 福江での国体で1回でも勝ったら万々歳です!!!

      返事
大雪男さん:こんなに褒められると恥ずかしいですが、
    天邪鬼な私は、自分では「これよりずっと良い歌があったのに」と思っています。
     残り2首は、また余韻が残る素晴らしい?歌だと思っていますので、ご期待ください。
じょんのびかあさん:「人生の扉」良かったです。
    高校時代はまぶしすぎた人と親しく話せるのが同窓会の良いところ、ありがとうございました。
花水木さん:東京の息子さん宅で花火見物(聴物)だったのですか?


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ