奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/11/28

島のブドウパン  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 家内が京都で一人の時は、夕方のフークとの散歩では、近くの小さなスーパにだいたいは寄ります。
富江の商店街には小さなスーパが3〜4軒ありますが、私がいつも寄るのは、フークを繋いでおくスペースが店の前にあり、しかも大手メーカの菓子パンではなく、ここで焼いているパンも売っているお店です。
 写真のパン、一見ソーセージパンのようですが、刺さっているのは私の好物の竹輪です。
ちくわパン、まあおいしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 一人の時の朝食は、だいたい菓子パンとコーヒー。
このアップルパイ150円ですが、遅くに行くと2割引き。
 クリックすると元のサイズで表示します
 リンゴがほぼ半個入っていて、焼きりんごやアップルパイ好きの私は、「夢のような朝食」と思って買っていますが、朝まで待てずに夜食のおやつに食べてしまうことが多いです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 なんと言ってもすごいのは、このブドウパン。
私は干しぶどうも好きなのでブドウパンはよく食べますが、このブドウパンはすごい!
これも150円です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 このパンを最初に割った時は、「中から虫が出てきたか」と一瞬ギクッとしたぐらいです。
普通に言うブドウパンは、パンの中にパラパラと干しぶどうが入っているだけですが、このブドウパンはアンパンの餡のように干しぶどうがこれでもかと詰まっていました。
   有ったら買って、干しぶどうを十二分に味わいながら食べています。

      返事
花水木さん:天日干しひじきは珍しいので付加価値があるようです。
    「ちゃんぽんの素」は便利なようで、家内は京都にも持って帰ってますが、
    京都ではちゃんぽん麺をあまり売ってないようです。
大雪男さん:ひじきは色が悪いので(おめでたくない色)、
    使い方が制限されますと、ひじきを広げながら、社長さんは説明してくれました。
和さん:ご存知なんですか?マルキンの社長さん。
    元気そうではありましたよ。
たぬきさん:これからも、ぜひコメントお願いします。
    狸の正体が少しわかるヒントも入れて下さいね。

2014/11/23

ひじき加工所  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 フークの散歩範囲内にある「ひじき加工所」、晴れた休みの朝の散歩で通りかかると、ひじきが干してありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 普段はこんな風に、単なるコンクリート敷きの駐車場の様な広場です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島で獲れたひじきだけでは足らないのと、本土には加工場が少ないので、長崎(対馬・平戸・島原)から持ってきて、1年中蓄えておき、それを随時干して、元の重量の5分の1まで乾かすそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 干場周囲にずらっと、網の中で干されている長いひじき、こんなひじきは高級料亭でしか使われないと、家内は言います。
 私はそれほどひじき好きでもないので、どうでもいいのですが、スーパで売ってるような五島のひじきを京都のお土産に持って帰ると、家内の友人で異常に喜ぶ京都人は沢山いるようです。
  五島名産 マルキン水産食品の富江のひじき、どこかで見かけたら買って下さい!!
 クリックすると元のサイズで表示します
 別の休日の朝、マルキン食品の社長さんが一人で少しだけひじきを干しておられたので、いろいろ話を聞きましたが、なかなか儲けは少ないよう、独身なので後継者のことも心配か?

       返事
花水木さん:こちらでは、赤いかまぼこの切れ端などが入った袋を売っています。
    「ちゃんぽんの素」もあるので、イカ・豚・キャベツ・もやしなどを入れて作ります。
     と言っても、私は作れませんが、昼の定番メニューです。
かよさん×3:かよさんの具体像が浮かび上がってこないので、すみません。
    平家の家系は、奈留島では人気ないのですか?
和さん:女風呂にカメラ持参は、ちょっとやばいですね。
    その点男風呂は楽ですが、人の居ない時にはしています。
大雪男さん:海流と五島の森からの栄養で、五島の海は豊からしく、
    近年の島周囲の海岸道路や防波堤で、海は痩せてるようで、人災です。
綾部のとしちゃん:もう私の「おふろ」や「僕セミちゃん」をやる元気や肌はなくなりました。
    そういう意味では、伝説ですかね?ありがとうございます。
福山市さん:五島は、相撲はまあ盛んでしょうね。
    富江病院のPTの弟が、今の若い時津風親方です。

2014/11/17

休日  五島列島
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週土日は全くフリーの休日、土日共に雲が多めの晴と言うか、雲の少ない曇りと言う天気。
 一人ですし、フークも遠くまでは行けません。
富江の周囲を一人寂しくブラブラしましたが、ブログネタになるようなものは落ちていませんでした。
さんさん富江からの富江湾をはさんだ鬼岳は、朝日に輝いていましたが、写真にするとそれなり程度。
 クリックすると元のサイズで表示します
 荒川温泉まで足を延ばすと、11月18日は土木の日と言うことで、子供たちの土木作業見学会が行われていて、荒川の港には大きなクレーン船が停まっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 荒川の足湯場の裏手に出来た小さな食堂、シフォンさんの推薦もあったので、昼食に寄りました。
野菜うどんを注文も、実態はちゃんぽんです。
良い味でしたし、500円、量も丁度良かったですよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 久しぶりの荒川温泉(入浴料300円)、誰も入ってず、お湯加減をみに来られた番台のおばさんに写真を撮ってもらいました。
湯の中に浮いてる頭が私ですが、はっきり見えないので無修正です。
荒川温泉は、空いているのがもったいないぐらい気持ち良いお湯です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土曜の午後は三井楽まで足を延ばし、三井楽の海岸が国の名勝指定になった記念シンポジウムを聞きに行きました。
「三井楽(みみらくのしま)」で指定した、文化庁記念物課主任文化財調査官の本中眞氏の、全国の名勝指定とはどんなものかなどの話。
奈良大学文学部教授の東野治之氏の、遣唐使船やミミラクの文字などの話。
九州大学大学院工学研究院准教授の清野聡子さんの、自然と人間生活の共存や海流の話は、一番興味深かったです。
4時間以上、あきっぽい私でも退屈せずに、楽しく聞けました。
例によって私もくだらない質問をしましたが、質問者が質問ではなく自分の意見を長々と言うのにはへきえきしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
日曜日は第39回エリザベス女王杯、結婚した年に京都を訪問してくれたエリザベス女王の行列が、新婚のアパート前を通ったこともあって、いつも獲りたいと思ってるこのGT。
 7頭ボックスで馬連・三連複を買ってしまいましたので、その内6頭が6位以内に入った喜びはありましたが、安い組み合わせが入ったっため、獲って損失。
やっぱり買いすぎはだめですね! またせめて5頭ボックスにします。

    返事
花水木さん:フークも食欲だけは旺盛ですが、太りません。
     正座はもうやめた方がいいと思います。
綾部のとしちゃん:ラブラドールは皆同じ顔に見えますが。
    ちょっととぼけた感じの顔が良いですよね。
大雪男さん:フークもこの年になったので、もう何でもやろうと、
    ドッグフードだけでなく、私の残り物もどんどんやってます。

2014/11/12

黒田官兵衛坐り  
 クリックすると元のサイズで表示します
 約1年前、奈留島に居る頃のフークです。
左下肢の位置はずっとおかしいですが、額に疣は見当たりません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年6月、富江の官舎のフークです。
 今年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、私は観たり観なかったりですが、岡田君も好きな家内は熱心に観ています。
 高槻の石牢に入れられた為左足が傷ついた黒田官兵衛、その後は左足を投げ出すように座っていますね。
 それを観てからは、フークの左下肢を少しずらした座り方を、私は「官兵衛坐り」と呼んでいます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2000年11月生まれのフークさん、この11月で満14歳になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 額左の疣は、半年で少し大きくなりました。
 ラブラドールの欠点は股関節と言われている通り、フークは両股関節共に弱くなってきて、平坦な道でも室内でもつまずきますし、段差を上るのが困難になってきています。
庭に出る段には、病院から余ったのを貰ってきた、車いす用のスロープを置きました。
 有名だったSONYのコンピューター犬アイボも、発売15年目でそろそろ寿命が来たようとのテレビ放送もありましたが、フークにはもう少し頑張ってもらうつもりです。
    *誕生祝は、「いらないワン」と言っておりますので、お心遣いご無用です。

      返事

たぬきさん:コメントありがとうございます。
    でも、どんな人か浮かんできませんよ、ごめんなさい。
花水木さん:最初に大きな穴があけられていたと思いますが、
    ナマコは暴れていませんでした。
     ドクターT、「福江島・鳥・蝶」で検索したら出てきました。蒲郡の名士ですね。
大雪男さん:十朱幸代、最近BSの若返りCMで見かけます。
    やや整形崩れのように映っていますが・・・。

2014/11/9

ヤツシロ貝  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江病院の院長の趣味は貝集め、小学校の夏休みの宿題に貝殻を集めてきた奴は知ってますが、貝殻収集家に会ったのは初めてです。
 官舎の前でよく貝殻を磨いておられますが、近所の漁師さんから貰った生きた貝、ヤツシロ貝と言うそうですが、病院のロビーに飾ってありました。
 こぶし大ぐらいの大きさです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 中身はこんなものが入っています。
刺身にして食べられるそうですが、うちわえびと同じく富江沖の砂泥地に住んでるそうなので、美味しいかもしれません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ヤツシロ貝が食べるのは、ナマコだそうで、これまた生きた大きなナマコを貰ってきて、院長は水槽にいれていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夕方帰る頃、ナマコの上にヤツシロ貝が覆いかぶさってるなあと思っていましたが、翌朝見ると一晩で、ナマコは中身を吸い取られ、脱皮した蛇の抜け殻のように、白いペラペラの皮だけに。
 来世、ナマコに生まれ変わるのも嫌ですが、ナマコに生まれ変わって、ヤツシロ貝に中身を吸い取られるのはもっと嫌ですね。

       返事
花水木さん:桜や紅葉は場所場所で見ごろが違いますが、
    彼岸花やツワブキは日本全国いっせいに咲くのですかね。
     駄洒落への反応、うちは(京都弁です)鈍いどすえ。 勉強します。
綾部のとしちゃん:花の名前も馬の名前も、うちは(またですか)ほとんど知りませんえ。
大雪男さん:五島にはセイタカアワダチソウ、結構まだ咲いています。
    一時期外来種の席捲で問題になっていたセイタカアワダチソウ、
    本土ではなくなってきているんですかね。
     昔々十朱幸代?が歌っていた「セイタカアワダチソウ」、うちは(ええ加減しつこいですね)好きでしたが、
    どんな歌でしたかね?
    沖縄〜、とかなかったですかね? 歌いたいけど歌えない!
福山市さん:年金から結構何やかや引かれてますね!
     老後のことはあまり考えないようにしています、うちは(最後です)元気に金をかけずに死にたいどす。
和さん:空港に15分前に着けば良いし、駐車場は近く無料です。
     奈留から見たら、富江は明らかに都会で便利です。
     家内は京都の娘のことも心配ですが、フークのことも心配ですので、帰ってきてくれています。
      内輪もめも今はありません。

2014/11/5

福江島の秋  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 10月末頃から、道端に黄色い花が目立つようになったのは、奈留島も福江島も同じ。
ツワブキの黄色い花が、いたる所に見られる季節になりました、と言うか、黄色い花が咲いているのを見て、「そうか!今頃咲くのか」と思っただけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月末に100円鎌できれいに刈った官舎の庭の草も、2か月たって少し繁ってきました。
柔らかく小さな間なら、前回は役に立たなかった通販で4000円ほどで買った充電式草刈機でも、十分刈れそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 秋の天皇賞を小さく確実に獲った日曜当直後の祝日、この庭の草刈を断行。
この面積を刈って、充電はいっぱいいっぱいぐらい、私の体力もいっぱいいっぱいぐらいで終了。
まずまず快調に動いて刈り取れましたので、充電式草刈機もそれなりに役目を果たしてくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
 終了後、フークはもう車に飛び乗れなくなっていますので、秋の福江島を一人でドライブ。
奈留島と違って、すすきの草原が結構ありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 海をバックに、強い風で揺れるすすきの穂もなかなか綺麗。
逆光だと液晶画面が全く見えないので、芸術写真を撮るには、やはり一眼レフがほしいところ。
  秋の祝日、一人でドライブは、少々寂しいお爺さんです。

        返事
花水木さん:「内輪」うちわ、うちわのない→いやセンスのない私は、
    一回目、悔しくも気づかずスルーしてしまっていましたよ。 次回からは太字でお願いします。
大雪男さん:うちわえび、五島でも富江限定の名産品だと思います。
和さん:そうですね、巨人に気持ちよく勝っただけで充分でしょうね。
    阪神ファン60年も、だんだん単なる巨人嫌いに変わってきていますかね。

2014/11/2

うちわえび  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
    11月になりました。
この3連休前後は2回当直、当直でない昨日は雨、当直の今日は晴れとちぐはぐですが、大学駅伝と天皇賞を楽しみます。
日本シリーズもここまで続いていれば、より良かったのですがね。
 先月10月には、世間で話題になったうちわ問題、うちわで大臣を辞めさせられた人もいますが、富江では3年ぶりにうちわえび漁が解禁になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 お腹側はこんな風で、ちょっとエイリアンぽいうちわえび、富江の海で昔はたくさん獲れたそうですが、数が少なくなって禁漁が続き、3年ぶりの解禁が先月から始まりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日富江の魚屋(奈留島に魚屋はありませんが、都会の富江には何軒も魚屋があります)から家内が買ってきたのは、料理しやすいように半分に切ってもらっていましたが、写真を撮るので今日買ってきたのは、生きたままです。
冷蔵庫から出してもまだ元気に、海老の様に(当たり前)丸くなってとびはねます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 包丁は切れにくいそうで、料理鋏で真っ二つにして、ゆがいて食べます。
刺身も美味しいそうですが、ゆでると甘みが増しそうで、2日間共にゆでてもらいました。
地元の人は、やっぱり「味噌汁が良い」と言います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 切ってみると、半身は伊勢海老の半身と同じ感じ、たぶん同じような餌を食べているのでしょうね、味も伊勢海老と似ています。
ただしこちら「1匹300〜400円ぐらいだった」と家内は言います。
2匹食べたら、大満足でした。
 その後家内が京都に帰ってから、2人がうちわえびを持ってきてくれましたが、ゆがき方もわからないので、受け取れませんでした。 残念。
  * 阪神も負けるのは、それで仕方ないですが、最後が後味が悪く、残念。
 
     
       返事
大雪男さん:テレビでは、刺し網で獲っていました。
花水木さん:大雪男さんも食いついた鬼瓦。横からの像も見て下さい。
 クリックすると元のサイズで表示します
     鯉か?やっぱりしゃちほこ?獅子?
和みさん:黒瀬のお祭りも3年毎が、
    今は5年毎になってるそうです、天保?は7年ですか。
     ご神体が乗ると重くなるという話は、なかなか良い話ですね。
和さん:少年〜青年時代の私は、地域の行事にもひとつ及び腰の少年だったことを、
    今頃になって悔やんでいます。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ