奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/12/31

最後の夕陽  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 12月31日、昨日娘が京都の自宅から富江の自宅に里帰り?してくれましたが、私は今年最後の日当直。
入院も外来もインフルエンザだらけです。
 福江島は日本の西の端、今日の夕陽は日本本土では一番最後に沈むので、大瀬崎では「日本最後の夕陽鑑賞会」が開かれますが、曇り空で風も強く時化に近いですので、今日の夕陽はどうなるか・・・。
 本日私は観に行けないので、1週間前に大瀬崎まで見に行っていますが、この通り夕日はなし。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 数日前にももう一度チャレンジしましたが、これぐらいが最高。
付き合わされた家内の後ろ姿も寂しそうですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この雲の下から顔を出してくれるかと、期待しましたが、雲は厚かったです。
 明日元旦の天気はもっと荒れるようで、長崎から来てくれる当直医が到着できるかどうかが、夕陽よりもインフルエンザよりも心配です。
 無事来てくれたら、2日夕方に福江を発って京都に帰り、恒例の麻雀仲間の新年会に行きます。
  それでは皆さん、来年もお付き合いよろしくお願いいたします。
 一人で見ると「ガキの使い・・」も面白さ半減ですかね。

     返事
花水木さん:看護婦さんはB型が多いいような気がします。
   28日・31日とインフルエンザの患者ばかり診ていますが、私はなんとか大丈夫?です。
和さん:とみえ産業市では、大河内商店のそばを買って、
    一足早く年越しそばを食べていますが、
    当直の本日病院夕食にも年越しそばが出ました。
福山市さん:A型男でも、こんだけ褒められると、
    どこまでも登っていきそうですよ。
    昔、富江は珊瑚の日本有数の産地でしたので、イタリア人バイヤーもいたそうです。
    富江が舞台の、新田次郎の「珊瑚」ぜひ読んで下さい。

2014/12/28

とみえ産業市  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週の日曜日も日当直でしたが、車で3分ほどの富江港埋め立て地で行われた「とみえ産業市」に、少し行くのは看護婦さんも許してくれたので、家内と出かけました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前日の土曜日には岐宿の産業まつりもあったのですが、奈留の餅つき大会に行ったので行けず。
結局今年の産業市は3か所制覇のみでした。
 富江ではだいぶ知ってる人に出会うようになってきています、看護婦さん家族の野菜も少し買ったり、色々ちょこちょこ家内は買っていますが、サンゴはやめておきました。
 病院看護婦さんにもお土産を買って帰りましたが、結局30分ほどの外出中に呼び出しはない、ゆったりした当直でした。
 本日日曜日も日当直ですが、インフルエンザが流行りだして、外来・入院のインフルエンザ処方などで大忙し、有馬記念もしっかり見れませんでした。
 夜になって一息ついて、調べると、考え抜いた有馬記念は上手に外していましたが、阪神のほうのメインのカウントダウンSはあまり考えずに買ったのに、馬連で万馬券が入っていました。
 まあ今年の競馬は1回の給油だけで遊べて、上出来でしょう。
 あとは31日にもう1日日当直があって、それで今年も終わりです、もう1回ブログ書けそうです。

      返事
花水木さん:私たち夫婦は夫A型・妻B型なので、
    B型の人を扱うA型の気苦労が絶えませんよ。
大雪男さん:ブロッケン現象の実物は見たいです。
    マッターホルン初登頂の物語を、心おどろかして読んでいた小学校時代が懐かしいです。

2014/12/26

奈留餅つき大会  奈留島
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留島の子供教室の餅つき大会、ドリームのメンバーの家内が手伝いに行くので、そのお供で土曜日も奈留島に行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もち米40sを蒸して搗いて丸めて、搗き手には中学高校生も参加、丸餅やあんころ餅を丸めるのは幼児や小学生です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私は火の番をおおせつかり、それなりにこだわりを持って順番にうまく蒸しあがるように、大きさの違う蒸し器を入れ換えたり、火加減を見ました。
まあ火のそばで暖かく、力も使わず動きもないので、搗いたりするよりはずっと楽な仕事です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最後の一つが蒸しあがる頃には、火もほとんど消し炭になるぐらいで、自分でも満足した仕事ぶりでしたし、「あんたもやっとこの歳になってしっかりお手伝い出来るようになった、昔はすぐに飽きてどこかに行ってしまっていたよ。」と、えらく家内からも褒めてもらいました。
 でも、こんなことぐらいで満足したり、えらく褒めあげるというような人がいる家庭からは、偉人なんかは出そうにないですよね。


  「なせばなる?!奈留島・・」のブログを読むと、
  2月28日長崎港出発〜29日夕長崎港着「2DAYウオーキング・・」参加費全部込のしまとく通貨千円付で、たったの5100円にダンピングされています(元でも12000円なのに)。
  奈留島を愛する人はぜひ参加して下さい、お得以上ですよ!!
   0959−64−3117 奈留支所地域振興課に電話してください!!
     先着25名なのでぜひぜひどうぞ!


       返事
花水木さん:そうです走れエイトマン(玉ではなくここはやはり)弾よおりも早く〜です。
    なお私はずっと「行こう 無限〜の 地平線〜」を「有効無限の地平線〜」とわけのわからん4字熟語を作って、
     こうだと歌っていました。
大雪男さん:山で半円の虹を見ることありますか?

2014/12/21

虹  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 雪が積もることはないですが、寒くなったり、雨が降ったり、又陽がさしたりと、めまぐるしく天気が変わる五島の12月です。
 先週ブラブラとドライブしていて海を見ると、海がところどころ光っていました。
「光る〜海 光る大空 ひーいかるだいーいち[[EE:AE505]」です。
「光る海」と言えば、高校の時に新聞小説で石坂洋次郎の「光る海」ありましたね、しかし最近石坂洋次郎のことは全く話題になりませんね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そして帰り道では、立派な虹を見ました。
海面からきっちり始まっているんですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江湾にくるっとかかる完全に半円の虹。
こんなにきれいに半円の虹は初めて見たので、年賀状に使う予定です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 右の端も綺麗に見えました。
 何か良いことありそうなので、先週のGTは50万馬券まで買いましたが、虹のようにはかなく消えてしまいました。
本日は当直で、高校駅伝観た後もう一つの2歳GT、これも冷たい雨と共にはかなく敗れ、いつもの年のように、希望は最後の有馬記念だけになってしまいました。

     返事
和さん:荒川漁港はすごい風でしたが、何故か会場だけは無風状態でした。
     たぶん同じかんころ餅を、私もみかんやさんから貰いました。
       ブドウパンでかんころ餅です。
大雪男さん:力仕事がまだ出来るのは、羨ましい限りです。
花水木さん:一人分を買って、仲良く二人で分けるので、
    私は太りません、家内はどうなるか知りませんが。

2014/12/19

選挙と産業まつり  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 15日(日)は衆議院議員選挙、五島市は長崎3区ですが、自民党と共産党しか出ていない無風地帯、あまり面白くありません。
 今までは二次離島の奈留島だったので、選挙はいつも前日の土曜日が投票日、久しぶりの本土並みの日曜日投票に行きました。
 選挙結果はあまり面白くないというか、なんか不安になる選挙結果でしたね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週土日はフリーだったので、14日(土)には「玉之浦町産業まつり」に荒川漁港に行き、
 クリックすると元のサイズで表示します
 その足で遣唐使ふるさと館の「三井楽産品まつり」にも顔を出し、なんやかんやと買ったり(ひじき・野菜・ソーセージ・赤飯)、食べたり(太巻き寿司・50円のだんご汁・ぜんざい・フランクフルト)もして過ごしました。
 たぶんどちらかの祭が、選挙で日曜から土曜日に変わったので、2地区が重なったのだと思います。
 今週は岐宿、来週には富江でも産業まつりがあるのですが、肝心の富江の日は当直です。

     返事
花水木さん:私もしょっちゅうお付きでスーパーに行きますが、
    ビスコとジンジャエールをよくかごに入れます。
    アイスは融けるので、おうかがいをたててから入れます。
大雪男さん:庭師の仕事楽しそうですね。
    私が出来るとしたら、お客の少ない店のウエイター希望します。
和みさん:ソトノマ情報ありがとうございます。
    遭っているかもしれませんね。二胡の演奏はシフォンさんのブログで見たような気がします。

2014/12/16

柳家甚語楼  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 一人の時も家内がいる時も、時々行く「ソトノマ」と言う名の食堂。
どこからか?五島に来た?おばさん?家族?がきりもりしている食堂です。
雰囲気もよく、安くて味もよく、量も多い夕食を食べに行ったりしている店です。
 ここ「ソトノマ」では、時々音楽会もやってるようですが、今回は2回目の落語会。(50人は入れないぐらいの会場です。)
 先週の金・土・日は当直なしのフリーだったので、金曜日の夕方食事を食べた後、落語を聞きに行ってきました。
 柳家小さんの孫弟子の「柳家甚語楼」さん、私より20歳ぐらい若いですが真打です。
金語楼のような丸い顔、東京の落語家ですが、やっぱり上手で生は楽しい、家内ほどではないですが、よく笑いました。
 釣りが好きで、それで五島に来るようになったそうですが、なんとかついでに落語をしてくれているので、ありがたい限りです。
 千円で2席も落語が聞けて、間近に真打を見れて(間近すぎて撮影遠慮したぐらいです)、終演後ケーキセットを食べて、満足して帰りました。
 やっぱり、福江島は都会です!

   返事
花水木さん:いつもきちっと読んでもらっているのが分かって、
     今更ながら感謝です。
    やっぱりここの文おかしいですね、おかしいなあと4回ほど直してこれです。
    「真っ暗の中を歩く季節、になってきています」と書くつもりを、「歩く季節」を省略しておかしくなりました。
     「をに、なって」と、二の後に点ですかね?直せば直すほどおかしくなっています。
     基本的に私は、小学生の頃から句読点の打ち方を知らなすぎるようです。
大雪男さん:私もこれらを鴟尾と言うかどうかはっきり知りません。
    クリックすると元のサイズで表示します
    ラミーチョコ、捜して158円で買いました。
    チョコは何も入ってないのが好きですが、初めて食べて美味しかったです。

2014/12/12

鴟尾(しび)  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 仕事が終わってからの夕方のフークの散歩は、日本の西の端でももう真っ暗の中を、になってきていますし。
休日の少し早い夕方の散歩でも、もう薄暗くなっては来ています。
 只狩山を眺めながら、すすきの原の横を歩きます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江町狩立界隈にも、入母屋造り風の立派な家がたくさん並んでいますが、夕方散歩の時には夕陽を受けて屋根も輝いていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな家の大棟の鴟尾(シビ)として、立派なしゃちほこが乗ってる家も少なくありません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 大棟の瓦が9段も重なっています。
このように「棟の瓦の段数が多いほど、立派な格式ある屋根なんですよ。」と、どこかの寺院の説明で聞いたことがありますが、ここの鴟尾自体は簡素化された物。
 この鴟尾も富江でよく見かけます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近の新しそうな家の屋根には、こんな風な尖塔状の鴟尾が乗ってる家が多いです。
映画「トトロ」のメイの洋館風の家の屋根にもこんな尖塔風の鴟尾が付いていましたので、五島出身のジブリ映画背景作者山本二三さんもこれを富江で見ていたかも?
 35年前に私が京都で購入した安い建売住宅にも、ふさわしくない冠木門という役に立たない門が付いていましたが、住宅建築も時代時代や場所場所によってさまざまなんでしょうね。

    返事
和みさん:う〜ん、人それぞれで気になることが違うのですね。
    それがまた面白いのですが。
     確かに岩と岩の間、非武装中立地帯には、地雷ではなく岩があるだけだったので、
     富江領にしときます。
花水木さん:女の人って、いつまでたっても若い時の恨みつらみを言いますよね。
大雪男さん:ラミーチョコ、我々年代には常識のようですが、
    私は知らなかったし、「ラッシー」のそんな場面も憶えていません。
     調べました、ロッテのチョコレートなんですね、食べたことはないようです。
和さん:発音は色々ですね。
     私的には「うっぜ・うんまんぜ」が好きです。

2014/12/5

馬瀬・牛瀬  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 富江から福江に行くいつもの道を、いつものように海岸に沿って走り、一つ目のトンネルを抜けると、そこは富江町の田尾地区。
その田尾の一番端までが富江町で、その向こうは福江です。
 この道路沿いにこの看板が立っています、牛瀬・馬瀬と書いてある名所説明文。
 クリックすると元のサイズで表示します
 海岸から眺めると、この写真の左半分は富江町の田尾、右半分は旧福江市の福江町です。
先ほどの看板は、この写真のちょうど真ん中あたりの道路沿いに立っていて、中央黒っぽい岩が写ってるのが分かりますね、ここが馬瀬・牛瀬。
 *看板は牛瀬・馬瀬の順に書いてありましたが、病院職員の富江住民に聞くと、皆が馬瀬・牛瀬と言います。
読み方は「ばせ・ぎゅうせ」と言う院長、「うませ・うしせ」と子供は学校で習ってきたと言うお母さん看護婦さん、「うまんぜ・うしんぜ」や「うっぜ・うんまんぜ」もありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 元々富江藩は、ひと騒動あっって福江藩から分藩され出来た藩。
その境界を定めるにあたって、富江藩は牛に福江藩は馬に乗ってそれぞれの城下を出発し、その出会った場所がここだったので、ここを両藩の境界としたそうですが、牛と馬ではえらく富江藩には不利な境界の定め方だったようですね。
 その時の牛が富江よりのこの左側の岩(確かに牛です)、右の福江よりの小さな岩が馬(これはせいぜい見えて寝そべったラクダ)だそうで、そこからここを馬瀬・牛瀬と呼ぶようになったそうですよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これで納得したらいいのに、なんか馬の岩の形が気に入らないので、今度は湾の反対側に回って眺めてみると、牛だった岩さえ牛に見えなくなっています。
船から眺めることが出来ないのは残念ですが、科学者?としてはなんか不満が残ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 看板の所に戻って、道の上から海岸の岩を眺めると、牛の岩と思っていた岩は2個の岩に別れて並んでいました。
右側富江側が牛の岩(サイにも見えますが)、左の福江側が馬の岩(馬の背という感じ)に見えませんか?!
これが真相なのでは?!馬瀬・牛瀬の名の由来岩はこれのことでは?!
 富江の読者(まだ少ないか?)の人で、知っていれば教えて下さい。

     返事

花水木さん:奈留島でも、しけで船が来ない時に真っ先に無くなるのは菓子パン。
     福江島でも、パンの棚からパンが無くなってるのを目にします。
     島の生活にいつからパンの文化が入ってきたのでしょうかね?
大雪男さん:昔よく買った、袋を持った黒人の太ったおばさんの絵が付いた干しぶどうの袋、
     あの袋一杯分ぐらい干しぶどうが入ってる気がします。
商家の嫁さん:ジャパンカップは買えたのに失敗しました。
    息子からは自慢げに、馬連で大もうけしたと電話がありました。
和さん:つばき屋さん系のスーパーです。
     みかんやさんからブドウパンとアップルパイのリクエストがあって、家内が予約に行くと、
    普通は5個ずつぐらいしか作らないと言われたそうですが、その後希望の10個ずつ作りますと電話があって、
    前日に買い占めて奈留島に持っていきました。味はみかんやさんに聞いてください。
和みさん:あのスーパーまだ新しいのですね。
    ブドウパンの方は、モールの店に行かないと、なかなか有りません。
福山市さん:私の子供たちは、干しぶどうも焼きりんごも好きではないようです。
    この二つが好きなのは、我々世代ぐらいですかね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ