奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/3/29

カーリング  趣味
 クリックすると元のサイズで表示します
 金曜日が送別会、土曜日は日当直。
さらっと辞めることを書き添えましたが、しっかり読まれていましたね、皆さんありがとうございます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日当直の夜に近くで火事がありました。
火の手があがってるのがよく見えましたが、写真にする頃には下火になっていました。
幸いけが人は出なかったようで、待っていましたが病院に来る人はいませんでした。
次の日に前を通りましたが、全焼です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 カーリング、まあ好きなスポーツ(観戦だけですが)で、今回の世界選手権の女子の大活躍は素晴らしかったですね。
 オリンピックに出ていたこの本橋さんも、今回は出産でリザーブ兼コーチでしたが、この人は私好みの顔で昔から好きでした。
私もこのカナダ人のイケメンコーチになりたかったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日の2回目の準決勝ロシア戦は、当直明けだったのでゆっくり家で観戦しましたが、すごい好試合。
日本のスキップ藤澤五月さんはじめ、日本の4選手は皆笑顔が素晴らしいですね。
 カーリングの楽しみは、ストーンを投げた後スーッとその姿のまますべって行く選手の顔のアップをながめることです。
これがおっさんには至福のひと時、カーリングは女子に限ります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 月曜日のスイスとの決勝は、外来の合間を見ながらの観戦も、最後も観れました。
日本のちょっとしたミスをついて、スイスはやっぱり強かったですが、藤澤さんの額に皺がよる泣き顔も良かったです。
 スイスやロシア女子のあのスラッとしたスタイル、股の下を私が悠々通り抜けられそうな足の長さ、同じ人類とは思えませんね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 でも今回TV観戦で私の一押しは、3位になったロシアのスキップ、この中央投げてる人です。
ロシアの非情な女スパイを演らしたら絶対いける、クールなぞっくとするような美人で、喜怒哀楽を全く表情に出しません。
最近のスポーツはあまりにもうれしさを顔や体で表現しすぎ、でもこの人は表彰式でも全く表情を変えませんでしたね。
一度だけ日本戦でギリギリストーンが残った時だけ笑って、矯正中の歯が見えたのはご愛敬か、それとも矯正中の歯を見せないために笑わなかっただけかも。
 いずれにしてもカーリング、なかなか魅せますよ。

      返事
花水木さん:厳しいチェックいつもありがとうございます。
    じっくり読んでもらってると思うと、うれしい限りです。
     ブログタイトルは、このまま直せないと思います。
    「島の医者だった」にしてもいいですね。
和さん:みかんやさんからも頼まれたと、家内からも電話ありました。
     欠席で、すみません。
大雪男さん:先日BS日テレで、奈留高校の8人の卒業生の放送ありました。
    皆知ってる顔でしたが、「そうか、親はこの人だったんだ」と思って観てました。
福山市さん:また福山や倉敷に出没するかもしれませんので、
    よろしくお願いいたします。

2016/3/26

春近し  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島列島も大分暖かくなってきました。
車で走ると、道沿いのいろんな所で黄色い菜の花が満開です。
クリックすると元のサイズで表示します
 終わりかけの椿と、今を盛りの菜の花と、山焼きで黒くなった鬼岳も少し緑が出てきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう各地で桜の開花の便りも聞こえだしましたが、先週日曜日はまだ病院前の桜は蕾固し。
 クリックすると元のサイズで表示します
 水の色も春になって、先週日曜日の昼は田尾の海岸で一人でお弁当を食べました。
ホカ弁なかなか美味しいですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 水も輝いて、春ですね。
でも先週は花冷えか、又寒くなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今日は日当直、先週に比べそれでも同じ病院前の桜もチラホラ咲き。
昨日は、長年富江病院を支えてこられた事務長と看護師長さんの定年退職送別会、それに薬剤部長も2月に辞任されてます。
 盛大な送別会で盛り上がりましたが、4月に辞める私も4月では寂しい送別会になりそうなので、お相伴で一緒にやってもらいました。

     返事
花水木さん:「青い…」とか「…の夜」と聞くと、
    私にも隠微な香りが感じられますが、「大人の…」ではなりませんでした。
早速(名⇒菜)訂正いたしました、ありがとうございました。
大雪男さん:回転焼き(今川焼)はなんか関東の香りがして、
    あまり食べていません。
     今は時々食べますが。

2016/3/23

大人のアイス  
 クリックすると元のサイズで表示します
 私にとって酒を飲む人と同じように、甘いものは昔から生活の一部です。
寒い時でもアイスは食べますし、経済的に余裕が出来た今は、コーヒーばかり頼まずパフェを注文する時も多いです。
 家内からも「子供みたい」と言われるので、今回は大人のアイスに挑戦。
パピコの大人のチョコラ、ジャイアントコーンの大人のチョコラ、アイスの実の大人のカフェモカ、などを買いました。
何はともあれ、大人と名が付いているのに、普通のよりそれぞれ10円ぐらいしか高くないのが良いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 パピコで一番おいしいのは、なんといっても普通のチョココーヒーですが、この大人のチョコラも美味しくて、大人の私にはぴったりでした。
 美味しいお酒の紹介は出来ないので、大人のアイスの紹介をしました。

       返事
大雪男さん:大リーグ観戦は勝負にこだわらない観方になるので、
    面白みに欠けます。
     団体スポーツ観戦は勝負にこだわって、阪神勝て!と思って観る方が面白い。
花水木さん:これはセットです。
    ホットケーキのメイプルシロップは私の大好物です。
福山市さん:行列のできた梅が枝餅屋さんありましたね。
    私は当然並ばない店で食べました。

2016/3/20

九州旅行 霊仙寺跡・太宰府  九州本土
 クリックすると元のサイズで表示します
 佐賀県の中央を走る背振山の中腹には、天台密教系の山岳仏教遺跡が広がっています。
この中の霊仙寺跡(リョウゼンジアト)に行こうと、国道に出来たトンネルから外れて、筑前街道であった旧道の峠道を少し走り、その後車を置いて山道を登りました。
道は寂しく、3人以外誰もいません。
でも、案内看板に書かれた歩行時間より早めに着けて、ほっと一安心。
 クリックすると元のサイズで表示します
 イイクニヅクリの鎌倉幕府が開かれた前年1191年に、日本臨済宗の開祖である栄西が宋より持ち帰った茶の種をここに植えました。
それから日本でお茶の栽培が始まったそうです。
 「日本最初之茶樹栽培地」のこの碑を見るために登りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この碑の前にポツンと建っていた、残った乙護法堂(オトゴホウドウ)がありました。
1852年、江戸時代の建立です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 別れてきた新道のドライブインの向こうに、佐賀平野が広がっていました。
又元の新道に戻ってトンネルを抜けて、最後の目的地福岡県の太宰府に向かいます。
 ここで豆知識の問題;互いの県庁所在地が県境で接しているのは?
1.そうです、一つは昔からある逢坂の関で接してる、
  京都市と滋賀県の大津市。
2.でも今は、この佐賀市もこのトンネルで
  福岡市と接するようになりました。
3.最後、同じく合併で市をどこまでも広げたせいか
  山形市と仙台市も蔵王の山の中で接するようになりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 太宰府では、やっぱり梅が枝餅を茶店に座って1個だけ食べました。
これも有名な「飛梅」、満開でしたが、梅は満開よりチラホラ咲いてる方が梅らしいですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 博多駅に戻り、博多名物のラーメンを食べ、最後はやっぱりスウィーツでしめて、娘は京都に、夫婦は五島に帰りましたとさ。

     返事
花水木さん:枯葉の効用に気づいていません。
    年とりました。
大雪男さん:店の食器は有田焼です。
    正直野球熱は島では冷める一方です。
綾部のとしちゃん:昔、高峰三枝子さんの温泉ポスターがありました。
   熟女以上の熟女でも温泉は似あいますよ。

2016/3/18

九州旅行 有田・波佐見・嬉野  九州本土
 クリックすると元のサイズで表示します
 有田にも寄りましたが、有田では有名な深川製磁や香蘭社を見て廻っただけで、なにも買わず、有田焼の器でアイスやケーキを食べコーヒーを飲んだだけでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 続いて以前も行ったことがある波佐見のやきもの公園に寄りました。
実用品が多い波佐見焼を、女性二人は沢山買います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 私一人でその辺をブラブラしていると、何を表わそうとしてるのか判りませんが、こんな陶器?の展示物もありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 波佐見焼の窯元が集まる中尾山は、商売気がないのか日曜休みの所が多く静かでしたが、世界第2位の登り窯が復元されつつありましたし(この長い坂のような所)、世界一の登り窯跡もここにはあるようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 嬉野温泉にも泊まりましたが、ここのお湯は美人湯だけあってツルツルしていて、さすがに嬉野!なかなか良い湯です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 次の朝早く露天風呂にも入りましたが、他に人は誰もいず、そしてお湯は素晴らしい!、一度行ってみて下さい。
   だらだらと続けていたら、1ヶ月前の話になっていますが、次は最後の太宰府で終わります。

       返事
花水木さん:2枚目の写真は秋の陽を浴びて茶色く輝く、
    いつもの鬼岳です。

2016/3/15

鬼岳  富江
 クリックすると元のサイズで表示します
 福江港に船が着岸する前にはいつも目に飛び込んでくる、福江島の象徴鬼岳。
こんな風に鬼岳のてっぺんが禿山になったのは、幕末に海岸に石田城を築く際、その海中の土台として木々を鬼岳から切り出したためとのことです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 先月のTV「空から日本を見てみよう」の五島編では、巨大フカヒレと表現されていた鬼岳です。
 富江からも富江湾の向こうにいつも見えていますし、富江病院屋上からの茶色に光った鬼岳の姿も素晴らしく、ひときわ目立っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 3年に一度の鬼岳山焼きが今年はありました。
2月13日の予定が天気が悪く、14日もダメで1週後の20日もダメ、2月27日にやっと行われました。
楽しみに待っていましたが、始まったと思って病院屋上に行ったら、もう終わりかけとのことで、わずかに見える稜線の火もキミマロズームでも捕えられないほどでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもは禿山の茶色が目立つ鬼岳ですが、山焼き後黒くなってしまい、なんか周囲の山との区別がつきにくく、鬼岳らしさがありません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝に散歩した特派員の携帯写真ですが、何故か上下逆転しています?直らないので体を逆さにして見て下さい。
 先月の大雪の時も白くならなかった鬼岳が、山焼き後は草が無くなったせいか、わずかの積雪で白くなっていました。
  逆になるのが惜しい!!

    返事
花水木さん:ネットのCMでは、打掛も内掛も使っていました。
     我が家にB型男子はいませんが、B型嫁はいます。

2016/3/11

九州旅行 平戸3  九州本土
 クリックすると元のサイズで表示します
 松浦史料博物館は松浦家当主の私邸を利用しているので、城のような石垣を備えた立派な建物です。
玄関へ登っていく石段の手すりが、支柱はコンクリートですが、横棒は竹だったのが嬉しい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もちろん伊能忠敬さんは平戸にも来ていて、松浦藩にこの九州の地図を贈っていますね。
1813年正月に平戸に入っているので、忠敬の亡くなる5年前67〜8歳の頃か。
同じ年の私は単なる平戸観光ですから、やっぱり偉人にはなれそうにないですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 五島をアップにしてみましたが、同じ年の6月には忠敬一行は奈留島にも来ています。
奈留島の形は、こんなものですかね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 娘はやや軽薄な所が私に似ていて可愛いいですので、もちろん後ろの内掛も着てポーズを取ってくれました。
思わず目頭が熱くなりましたので、打掛写真は載せません。
 *内掛か打掛か、どっちが正しいのか?
 クリックすると元のサイズで表示します
 庭に設けられた閑雲亭(カンウンテイ)は明治に建てられたものですが、昭和62年の台風で倒壊し、丸1年かけて再建された、武家茶道好みの茶室です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 平戸藩主松浦家29代鎮信(チンシン)によって創始された茶道鎮信流(チンシンリュウ)で一服いただきました。
復元菓子「鳥羽玉(ウバタマ)」もカステラを揚げたような「カスドース」も美味しかったですが、鎮信流はまずお茶を飲んで、それからお菓子を食べて、最後残りのお茶を飲むという、なかなか私好みの作法ですので、茶道やるなら鎮信流が良いですね。

      返事
花水木さん:Aクラスは4位まで表彰され、盾も貰えますが、
    Bクラスはエア表彰だけでした。
福山市さん1・2・私ももう一度、春の日に弁当を持って、
    峠に座ってトンボロを1〜2時間見下ろしていたいです。
     上五島ウオークは天気も一つでしたね。
    でもいつも五島に来ていただいて、ありがとうございます。
     福山市さん30歳ごろに、平戸は橋で繋がったのですかね。

2016/3/7

速報  趣味
 クリックすると元のサイズで表示します
 卓球の世界選手権団体戦で日本は男女共に銀メダルを取りました。
まだまだ中国には勝てそうにないですが、日本を卓球王国にした荻村選手を知る年代としては嬉しい限りです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 福江でも6日(日)に第25回福江卓球選手権大会が行われました。
当直明けで少し体は重かったですが、初めて参加しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 日本の超一流どころは世界選手権で居らず、この大会に出ていないので自慢にはなりませんが??
   速報:ラージボールBクラスで見事優勝してしまいましたよ!!
 運が良かったのか?その日の競馬弥生賞でも、今まで私が獲った三連複でも一番安い190円馬券を、10通りも買って獲りました。
こんな買い方をしてるようでは、負けるのも当たり前田のクラッカーです。
でもこの3頭はやっぱり他の馬よりとびぬけているのでしょうね、他の競馬ファンの目は肥えていますね、この組み合わせだけ1.9倍。
 卓球は、たぶん私は6人中3番人気で勝った感じでしょうね。

    返事
花水木さん:どこからでも連絡できる今は、
    良いような悪いようなですね。
    

2016/3/5

九州旅行 平戸2  九州本土
 クリックすると元のサイズで表示します
 「以後よく広まるキリスト教」と受験日本史で憶えた1549年、日本に初めてキリスト教を伝えたスペイン人のフランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸しましたが、次の年にはもうザビエルは平戸を訪れ、その後も3回平戸に来てるようです。
 坂道を登った山の上にある公園に、フランシスコ・ザビエル記念碑が建っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その約50年後、関ケ原の戦いのあった1600年、大分沖に漂着したオランダ船リーフデ号には、東京八重洲口の名前の由来となったヤン・ヨーステンや日本に初めて来たイギリス人であるウイリアム・アダムスも乗っていました。
ポルトガル・スペインのカトリック国から日本に来ていたイエズス会宣教師たちは、その頃戦争状態にあったプロテスタント国のオランダやイギリスの乗組員の即刻処刑を要求しましたが、徳川家康によって手厚く保護されたウイリアム・アダムスは武士となり、三浦按針と名乗り、日本人妻との間には子供ももうけています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 アダムスはその後も平戸で働き、1620年55歳で平戸で没しています。
三浦郡(横須賀市)にも墓があるようですが、平戸にある1954年に建立された按針の墓は、その後イギリスに残された奥さんの墓近くの石を持ってきて夫婦塚にされていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 平戸和蘭商館跡地からは、湾をはさんで平戸城も目の前です。
 まだ娘の産まれていない35年ほど前に、家族4人で平戸に来ていますが、平戸のことはほとんど憶えていません。
唯一憶えていた井元コレクションという私設美術館はまだありましたし、ここで本当の春画をたくさん初めて見た記憶だけは残っていました。
でも今回は娘もいるので入りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 35年前にはもちろん無かった、白い壁がまぶしい平戸オランダ商館が最近再建されていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そしてその中に飾られていた、これがオランダからぐるっと太平洋を廻って大分沖に漂着した、ウイリアム・アダムスなどが乗っていたリーフデ号の模型です。
    もう1回平戸に続く

      返事

花水木さん:嬉野温泉は良かったので、そこの写真を出す予定です。
大雪男さん:ヒラメの刺身・ヒラメのカルパッチョ・ヒラメのパイ包み焼き・
     ヒラメのしゃぶしゃぶ・ヒラメのお茶漬でしたが、それぞれに味が変わって美味しかったですよ。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ