奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/7/30

滋賀県南郷に  
 クリックすると元のサイズで表示します
 夏休みになって、幼稚園児の孫U−2を預かったので、じじばば二人で暑い中、滋賀県南郷にある瀬田の洗堰近くの南郷水産センターへ行きました。
この水産センターには自分の子供も連れてきましたが、混んでいないマイナーな遊び場です。
夏休み中も平日なので、入場者は釣り人を除くと2〜3人だけ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 5年ぐらい前には、この子の兄孫U−1を連れても来ていますが、その頃より私たち夫婦も年をとりました。
餌になる麩1本(150円)を孫が使い切ったら、もう追加を買ってやる元気はなく、早々に炎天下から退却しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 隣にあるアクア琵琶は、室内ばかりの見学施設なのでゆっくり見学。
そこの雨たいけん室は、涼しそうで誰も並んではいないので、二人でゆっくりいろんな雨を体験しました。
 この雨は1982年に懐かしい長崎県長与町で記録された日本一の大雨で、1時間に187oの降雨量です。
でも最近の天気予報では、しょっちゅう観測史上初とか最高とか言っているので、もうこの30年以上前の記録は破られているかもしれません。

   返事
和さん:山鉾連合会には、私のように純粋京都人でない人は、
    入れないと思います。
花水木さん:この龍頭は新しすぎて、
    遠目にはプラスチック製に見えてしまいました。

2016/7/27

後祭  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 7月24日(日)、何十年ぶりかの後祭見学。
私は後祭の鉾の近くで育ったので、確か高校ぐらいまでは先祭りと後祭が別れていて、17日の先祭りの巡行時はまだ学校があって、授業が終わって家に巡行の鉾と並んで帰っていった記憶があります。
また、後祭の時はもう夏休み、巡行が終わった鉾を引かせてもらったり、片づけを眺めていたことを思い出します。
 クリックすると元のサイズで表示します
 しばらくは先祭りと後祭は合同で行われていて、数年前から又元のような別々の巡行になったようです。
 17日の先祭り巡行に比べたら、この24日の後祭巡行の見物客は少なく、その分ゆっくり見ることが出来ましたし、ダラダラと間延びする長さと量でなかったのも良かったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近復活したこの大船鉾は初めて見ました。
船首のこの龍頭(リュウトウ)は、今年から付いた新品です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんなきれいどころや鷺舞や神輿が行列する花笠巡行も、たまたま遭った友人の裏話付き解説を聞きながら見学。
 なんせ今や祇園祭山鉾連合会のナンバー1・2・3は、三人とも私の小・中・高の同級生で、なんか大丈夫かいなと心配する反面、ちょっとは誇らしく思ってます。

   返事
花水木さん:大人に抱き上げてもらわないとくぐれそうにないので、
    私はくぐってないと思いますし、知恵はつかなかったようですよ。

2016/7/22

天橋立2  
 クリックすると元のサイズで表示します
 橋立の傘松側から文殊側に戻って、知恩院文殊堂に寄ったのは50年ぶりくらいかもしれません。
雨も上がってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここで有名なのはこの「知恵の輪」、元々は船の航路を照らす輪灯籠だったようですが、この輪をくぐると賢くなるので、知恵の輪くぐりと言ってました。
子供の時にこれをくぐったので賢くなったと、ずっと思っていましたので?、もう1回ぐらいくぐってより堅固なものにしようと思いましたが、久しぶりに見るとこれはそう簡単にはくぐれそうもありません。
そうなると、子供の時にくぐったかどうかも怪しい記憶になって、なんか賢く成れてなかったような気もしてきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 知恵の輪の背景にも写っていた小天橋の回旋橋、昭和39年に手動から電動になったそうで、舟がこの瀬を通るたびに橋が回ります。
昭和35年ならもう中学生、橋の真ん中でハンドルをグルグル回して、橋を回旋させていた姿を見てるはずですが、知恵の輪の力が付いていなかったかもしれない今、その記憶も不鮮明になってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 回旋橋を渡って橋立の砂浜に立ちました。
ここで泳いでというか、砂遊びをして大きくなりました。(丹後は母の実家です)
 クリックすると元のサイズで表示します
 結構舟が通るため、何度も回旋させられていた回旋橋を渡って、文殊名物の赤福系おもち「知恵の餅」の店が並ぶ参道を帰りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 橋の見える喫茶店で「知恵の餅」も食べましたが、撮影忘れの失態。
しばしコーヒーを飲みながら、回旋橋が回るのをのんびり二人で眺め過ごしました。
 
 神武天皇から始まる天皇陵巡り、予告編や神代の時代の写真も集まってきたので、そろそろ開始します!
    乞う ご期待!!

        返事
花水木さん:確かにどこに行っても中高年夫婦の二人ずればかり、
    なんせ数が多い!
     結局私たちがそんな所にしか行ってないので、思い切ってAKBのショーとかに行って、
    違う年代の人と混じりあう必要があるかも。

2016/7/19

天橋立1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 ちょこちょこ天皇陵巡りの準備をしていますが、元伊勢を訪ねる目的で丹後まで足をのばしました。
 西国28番の成相山に寄りましたが、出発時は曇っていて暑くないのを喜んでいたのに、丹後は雨。
 クリックすると元のサイズで表示します
 そんな雨の中でも、さすがに西国33ヶ所の一つ成相山、私たちのような団塊世代の老夫婦が何組も参っていました。
 中学の頃、この寺の少し上にある成相山スキー場で滑った記憶がありますが、境内の地図にスキー場跡を見つけて、なんかやけに懐かしかった。
でも来ているのに、スキー場のことも成相山自身のことも全く記憶なし。
 クリックすると元のサイズで表示します
 本堂の中、本尊の真下まで近寄れて拝めますが、写真撮影は禁止、でも同じ本堂にあるこの左甚五郎作「真向の龍」は撮影OK。
左甚五郎はいろんな所に出没してますが、ここ丹後にも滞在してたとは知りませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 麓にあった丹後国分寺跡と京都府立丹後郷土資料館、家内は200円も私は65歳以上で無料、雨宿りのつもりで見学しました。
ここ傘松側からの有名な橋立股のぞきは、肝心の橋立が雨に霞んで全く見えませんでした。
 目的の元伊勢を調べた後、続いて橋立のこちら側、文殊側に戻って観光を続けます。

     返事
花水木さん:看板とかマンホールとかを廻ってる人もいますね、
    まあ私はしばらくは天皇陵巡りで行きます。

2016/7/17

大亀谷陵墓参考地  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 天皇陵巡りを再開して、ブログにしようと準備中ですが、そもそも「陵」とは天皇・皇后・太皇太后(先先代天皇の皇后)・皇太后(先代天皇の皇后)を葬った所らしいです。
その数は188もありますが、まあ124代歴代天皇陵を中心に巡ってブログにしたら、150回ぐらいはいけそうです。
「陵墓」の内、「墓」はその他の皇族を葬る所で、他に何だかわからない「陵墓参考地」というのも46ヶ所あるそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都の南の方伏見にある老人ホームにも、週2回の午前中だけですが通っています。
JR藤森の駅から、汗が出るような登り坂を20分以上歩いていますが、2か月でだいぶ慣れて楽に(1回は休憩しますが)なりました。
この坂道を登れなくなったらリタイアしようと思いますが、体力的よりも知力の衰えの方が早いと思っています。
 その道の途中、少し休もうかなと思う辺りにこんもりとした森があります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 金網のフェンスがあって中には入れませんが、この看板の字で、なんとか大亀谷御陵参考地と分かりました。
近くに桓武天皇陵があるので、それと少しは関係あるのか?、まあ古墳なんでしょうね。
 宮内庁もこんな地所をたくさん持っていて、ここに入って研究が出来ない反面、いつまでも緑が残ったという利点も持っています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この金網に何枚か札がぶら下がっていました。
これは比較的丁寧な警告文ですが、宮内庁ならもうちょっと綺麗な札にしてほしい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この字は習字として上手なのか下手なのか、素人の私には解かりかねます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 これは字も上手とは言い難いし、ちょっと高圧的になってきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 厳禁となってきました、自治会の看板の方が可愛いか。
   クリックすると元のサイズで表示します
 一番新しいのが一番高圧的です。
宮内庁ももう少し下てに出た方が可愛いのになあ。

     返事
花水木さん:伊藤若冲を伊東と変換していたので、
    家内の指摘と花水木さんのコメントから、伊藤に訂正してます。
     いつもありがとうございます。
大雪男さん:ちょっとした違いと思います。
    広島も勝って兜の緒を締めて下さい。

2016/7/13

伊藤若冲展  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 週1回だけですが、以前勤めていた病院のサテライト診療所でも働いています。
自宅からは自転車で15分もかかりませんが、地下鉄で行く時は、この御所の北にある相国寺境内を通り抜けていきます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 相国寺内に墓の有る伊藤若冲の生誕300年記念の展覧会が、同じくこの寺の中にある丞天閣美術館で開催されています。
 東京の若冲展は4時間以上の待ち時間と報道されていましたが、日曜日の夕方でしたが、それほど混んでもいなく、ゆっくりと鑑賞できました。
65歳以上なら600円ですし、疲れない程度の量でもありました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2000年頃から爆発的な人気を得た若冲は、京都錦高倉の八百屋問屋の跡取り息子、まだ島に行く前に京都国立博物館で開催された若冲展は、本当にびっくりするぐらい素晴らしかったですよ!
 と、書きながら、若冲の「冲」の字がニスイであることに気づきました。
     若冲;
老子の言葉「大盈(ダイエイ)は冲(ムナ)しきが若(ゴト)きも、其の用は窮(キワ)まらず」
   (本当に満ち足りているものは、なかが空虚のように見えるが、
     それを用いて尽きることはない)と言う意味だそうです。
 絵のほかにはなにも出来なかった若冲にふさわしい雅号だそうですが、「大盈若冲」の言葉、言葉の意味はわかったようなわからないような感じです。
それと、沖と冲はあまり区別しないでもいいように書いてありました。
 ブログを書く利点は、書くからには嘘ではなくと思い調べますので、勉強になりますし、今の世の中座ったまま調べられるのが良いです。
あとは、この知識をいつまで覚えていられるかですね。
調べて書いた昔のブログを読んで、そうだったと感心する時もある私ですので。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この展覧会は高校のミニ同窓会の一環として参加、さすがに京都の高校、絵の具屋さんや表装してる同窓生もいて、美術以外の専門知識をコメントしてくれるので、良い同窓会になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この丞天閣美術館の庭にも、刈り込まれていないクチナシの花が、同窓生女子と同じように、枯れたまま落ちずに茶色のまま咲き続けていました。

      返事
花水木さん:来年の誕生日はまだ活けそうですので、ゆっくり頑張ります。

2016/7/9

もう一度東京  
 クリックすると元のサイズで表示します
 もう一度東京に行く用事があったので、日帰り旅。
3週間前の新幹線は、往復共に3列の窓際を取ったので、往復共に海側で富士山は見えず。
今回は2列側の窓際を取ったのに、あいにくの曇り空で、富士山はもちろんちらっとも見えず、伊吹山の山頂さえ雲の中でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都から新横浜は2時間と、けっこう早く、これなら途中はトイレにも行かずに済みました。
着いた横浜の駅のトイレは、どこもこんな風に壁にはめ込まれたような見慣れぬ小便器。
壁のオブジェようで、土地活用型でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 さすが大東京の参議院選、選挙ポスターにも候補者がたくさん並んでいました。
その後の知事選にもたくさん出そうですので、この看板も2回使えて便利活用型。
 クリックすると元のサイズで表示します
 前回予定していたが、時間が足らずに断念した多摩陵にも、高尾まで足をのばして、最後に残った大正・昭和の陵印を貰い、写真も撮って、天皇陵巡りの準備も進んでいます。
 詳しい紹介は、始まったら、天皇陵巡りで紹介しますので、今回はこれだけ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 静かな御陵を歩いてる短い間にも、3〜4回大きな爆音が空を覆いました。
立川の米軍基地の飛行機か?結構低空飛行です。
やかましいと、右翼は怒りそうな感じですが・・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここの長く大きな参道にも、クチナシの枯れた花が満開でした。
良い匂いが満ちていましたが、クチナシってそんなメジャーな花なんですかね。

      返事
和さん:私も30前に、歌でクチナシを知りましたし、
    名前と実際の花が合致したのは、先日散歩で教えてもらってからです。
花水木さん:この様に関東の多摩のクチナシも八重でしたよ。
和・花水木さん:憶えていていただき、ありがとうございました。
    貰った鱧しゃぶセットと、同じくもらった名菓ひよこで祝いました。

2016/7/6

クチナシの花  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 早朝の散歩で、道端に咲いている綺麗な白い花がクチナシと、家内に教えてもらいました。
朝早く見るせいもあって、白さがすがすがしく、一瞬お前のような花と言いそうになりましたが・・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 気が付いて見ると、京都の街路樹として結構このクチナシが使われています。
クチナシの花、白い間は綺麗なのですが、枯れてきても茶色い花になったまま落ちずに、この写真のように残ってしまうのが惜しい、と家内は付け加えました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 年とって茶色にしおれてしまっても、若い白い元気な花の中に混じってしがみついている、
   クチナシの 白い花
             お前のような〜  花だああった
  思わず口すさんだら、オスを食い殺すカマキリが出てきて、びっくりです。

      返事
花水木さん:街に戻って、500円のケーキにも驚かなくなりましたが、
    500円の和菓子には、まだ慣れません。
あきぴーなっつさん:一緒に4人で新聞に写真が載った彼女ですね。
    まだ京都医療センターですか?
    私もJR藤森近くの老人ホームに週2回通ってますよ。

2016/7/1

夏越の祓い  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 昨日で6月も終わり、今日から7月で、暑い暑い!
6月30日(木)は一日中働く日、病院横にある白峯神社に帰りに寄りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月30日は夏越の大祓い、京都中の神社で茅の輪くぐりが行われます。
左へ1回・右へ1回茅の輪をくぐった後、もう1回左へくぐり廻って、最後蘇民将来を唱えて真っ直ぐくぐるそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 今日からは祇園祭も始まります。
祇園祭のちまきにも蘇民将来とお札がついていますが、貧しい兄の蘇民将来はスサノオノミコトに一度の宿を貸した為、茅の輪を腰に付けていれば災難を防げると言われ、以後一族は繁栄したそうです。
人に親切にしたら必ず良いことがあるのですよ、の教えですが、私の今までのように報いを期待して人や鳥に善行を施しても、何もご褒美はありませんね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 6月はみなずき、水無月を食べる月ですが、さすがに京都です、仙太郎・鶴屋吉信・末富・光悦堂と、上等の水無月を食べました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土台のういろに黒糖を入れたり、抹茶を入れたり、葛で出来ていたりと、色々あってどれも美味しかったです。
 全部自分で買ったものではないので偉そうなことは言えませんが、京都の和菓子は美味しいけど高いですね!
 スーパーで売ってるような、ういろがつるんつるんの安い水無月も、私は好きですが。

         返事
花水木さん:ありがとうございます!
     お言葉に甘えて、丁度京都の歳時記のような話にしました。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ