奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/8/30

暑い京都  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都は朝から暑い日がまだまだ続いていますが、そんな朝早くから、瓢亭の有名な朝がゆを食べる機会がありました。
同伴者の顔で、一番上等な茶室の部屋に通され、瓢亭ご主人夫婦も挨拶に来られ、40年ぶりぐらいの瓢亭を満喫しましたし、かゆだけでもお腹いっぱいになりました。
 朝がゆや名物瓢亭卵の写真は、遠慮して撮らずにおきましたが、部屋の隅に射してきた朝日の光を撮って、これで瓢亭気分を味わって下さい。
瓢亭からお土産まで貰って、知り合いとはここで別れました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その後は夫婦二人だけで瓢亭の隣の無鄰菴を、これまた30年ぶりぐらいに訪れました。
無鄰菴室内のトイレは、水洗ではありましたがなんか懐かしさが残る和式です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 無鄰菴は山形有朋の別荘で、1894年(明治27年)に出来ています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 無鄰菴は庭が有名で小川治兵衛の作庭、疎水の水を引いて、池よりも流れの有る川を重視した庭園だそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここにある洋館のこの部屋で、1903年(明治36年)4月21日に元老山形有朋・立憲政友会総裁伊藤博文・総理大臣桂太郎・外務大臣小村寿太郎と誰もが日本史で憶えた4人が集まって、日露開戦直前の我が国の外交方針を決める「無鄰菴会議」が行われたそうです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 まだ昼前ですので、帰り道の喫茶店で家内はコーヒー、私はみつまめを食べて帰りました。
京都らしい夏の半日でしたが、スイーツは写真に撮りやすいです。

    返事
大雪男さん:阪神CSも遠くなっています、最下位争いでしょう。
    広島はなんとか決まりましたね、おめでとうございます。CSも勝ってくださいよ!
花水木さん:戦後生まれですし、右翼でもありませんが、
    古事記の話は断片的には知っているので、自分でもそうだったんだと再確認しながら書いています。

2016/8/26

神代の時代0−1蚕ノ社  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 さていよいよ天皇陵巡りを始めます。
第1代神武天皇から第14代仲哀天皇までは、実在を確認できないと言うのが今の認識らしいです。
 その第1代神武天皇のもっと前、神代の時代も少し見ていきましょう。
 写真は、嵐電の蚕ノ社駅前の蚕ノ社(カイコノヤシロ)の鳥居です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 先ずは神代の時代のことが書いてある古事記のお勉強から;
712年、第43代元明天皇(天智天皇の皇女で文武・元正両天皇の母)の時代に、第40代天武天皇からの悲願であった古事記が、稗田阿礼(ヒエダノアレ)の口誦の素に、太安万侶(オオノヤスマロ)によって献上されたことは、歴史の教科書で学び、まあだいたいの人が知っていますよね。
また江戸時代には、師の賀茂真淵から古事記を研究するように勧められた本居宣長が、注釈書古事記伝を編纂し、良いかどうか嘘かまことかわかりませんが、古事記は日本人のものになりました。
 写真は、蚕ノ社の正面。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その古事記の最初に、宇宙の初め、まだ天も地もはっきりしない頃に、高天原に三柱(ミハシラ)の神が次々と現れた書いてあります。
ビッグバンのイメージと重なる気もしますね。
 この三柱の一番目、天の中央にあって宇宙を統一する神様が、天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ) これがそもそもの初めです。
ただこの神様、最初に出てきた以後はまったく出てこないので、その神を祀ってある所はあまりないようですが、京都太秦にある木嶋坐天照御魂神社(コノシマニマスアマテルミタマジンジャ)蚕ノ社がそうだと調べましたので、先ずはここから私の天皇陵巡りを始めます。
 写真は蚕ノ社の社殿、夏の日の早朝家から10qはどのここに自転車で来ましたが、ここまで入ると少し涼しい。
  クリックすると元のサイズで表示します
 中国や朝鮮から先進の技術・文明や仏教をはじめとする高い文化が、侵略の不安と共に入ってきた奈良時代の始まりの頃、渡来人である秦氏が住み着いたと言われる京都の西の太秦(ウズマサ)。
*その頃未開地だったような洛西の地のどこが良かったのか
*機織り集団だから秦氏と言う、わかったようなわからないような話。
*太秦をウズマサとは、京都人か映画好きでない限り読めないので、なぜこの名なのか。
 疑問は色々有りますが、木嶋神社はその前から住み着いていた人々の神社のような気がします。
 水は枯れていましたが、境内には元糺の池と言う神池があります。
下賀茂神社に、時代劇映画やTVでよくロケ地にされる糺の森(タダスノモリ)がありますが、元々はこの神池を下賀茂神社に移したので、こちらを元糺と言うそうですので、なんとなくこの辺りは下賀茂神社の糺の森の雰囲気が漂っていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この神池には、三つの鳥居を三角に組んだ三柱鳥居(ミハシラトリイ)があり、中央の組石は祭神の神坐であり、宇宙の中心を表わしているそうです。
いかにも一番目の神さまアメノミナカヌシノカミに相応しい場所と言えます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 本殿には明かりの灯った提灯が下がっていましたが、この提灯にある蚕ノ社の神紋はフタバアオイ、上賀茂神社も下賀茂神社も神紋はフタバアオイなので、やっぱり関係ありそうです。
秦氏と賀茂氏自体が、元々は同じだと言われているそうですが。
 と言うことで、一応天皇家も直接ではないですが、この宇宙最初の神さまアメノミナカヌシノカミと繋がっているようなので、天皇陵巡りの最初を蚕ノ社から始めました。
   1回目からあまり面白くない文ですね、反省!

       返事
花水木さん:孫に名前を付けられる祖父母も、今は少ないでしょうね。
     でも、命名権は親が子に出来る唯一の権利なので、この方が良いと思います。
大雪男さん:このごろのわけのわからん読めない名前は、
    キラキラネームと言うんですか。
     自分の孫にはやめてほしいですが、もし付けられたら、
    それでも孫なら可愛がるでしょうね。
タグ: 天皇陵

2016/8/21

伊吹山  
 クリックすると元のサイズで表示します
 西日本はまだ暑い日が続いています。
百名山の中で、私が登ったことがあるのは乗鞍岳と伊吹山の2山だけですが、せめて高い所で涼もうと、二人でその伊吹山に登りました。
 伊吹山1377ⅿですが、伊吹山ドライブウエイがあって、その山頂駐車場は1260ⅿの所にあるので、登ると言っても標高差100ⅿだけ、40分ほどの登山です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 下界は晴れて暑い日でしたが、上は霧と言うか曇り気味で、余計に暑く無くいけました。
登山道周囲は、ほとんどが高山植物のお花畑で、これはイブキトラノオ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 これはイブキトリカブト、可憐な花も根には毒があります。
若い時と違って、ゆっくり花を愛でながら歩けるようになっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この赤いのはワレモコウ、歌にあるようにお盆に咲くんですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 山頂には、この伊吹山の神様に戦いを挑んで殺された日本武尊の像がありましたが、出来たのは明治末のようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 まだフークが若い時にここまで一緒に登ってきて、うっすら積もるほど雪が降りだし、紅葉と雪で綺麗ではありましたが、少しあせったことを思い出しました。
今はもう、自然環境を守るため、ペットは連れて登れなくなっています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 360°御嶽山も見えるはずですが、本日は眼下の琵琶湖も見えませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 イブキトラノオとイブキトリカブトの群生の競演を見ながら下りましたが、車に乗ってドライブウエイ入り口に戻ると、そこはまだ暑い夏でした。

    返事

花水木さん:大文字が大だけと思ってる人がいるのは、
    ちょっとショックです。

2016/8/18

雨の五山送り火  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 8月16日(火)夜は京都五山の送り火、子供の時は単に大文字と言ってた気もします。
今年は18時から3時間もNHKのBSで、近くの洛北高校屋上に陣取っての生中継がありましたが、その頃から雨が降ってきました。
 昨日から用意された妙の火床も、準備完了。
松ヶ崎に古くからある家だけが、一家で1火床管理しているので、私のようなよそ者は上がることも出来ません。
 クリックすると元のサイズで表示します
 20時、大文字が点火された時には、土砂降りの雨。
大文字の火床はTVでは燃えていますが、雨に霞んで下からはほとんど見えなかったようです。
 こんな雨の大文字は初めてのような気がしますし、いつもは窓の下の教習所内は人であふれるのですが、傘をさして少しだけ人がいる程度でした。
 20時5分、我が家の目の前の妙法の妙にも火が付きました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 今年は嫁いだばかりの娘の家族を招待してるので、ちょっと緊張した大文字です。
 娘が電話で確認した、近所の友人の家が今年管理する火床は、妙の女のくの部分ですが、そこの火の付き具合が少々悪い。
土砂降りの雨の中、苦労してるのか。
  クリックすると元のサイズで表示します
 綺麗に妙が燃え出しました。
島に行ってたので、私にとっても久しぶりの大文字鑑賞です。
 いつもは近すぎて、煙が目立つのですが、この大雨が幸いするのか、いつもより綺麗に鮮やかに妙が見える気もします。
  クリックすると元のサイズで表示します
 我が家から居ながらにして、昔は大文字も左大文字も見えたのですが、40年近くでマンションもたくさん建ち、今は妙以外はこの舟形が見えるだけです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 妙も綺麗に燃え尽きて、今年のお盆も終了。
子供の頃は、大文字が終わると、急に2学期が現実のものになってくる悲しみがありました。
 夏も終わろうとしていますが、今日も暑かったです。

    返事
花水木さん:ここ美山でも、白川郷のように年2回の一斉放水が、
    観光ショーになっています。
和さん:私のロフトは夏暑く、冬は寒い気がしてますが。
    

2016/8/14

美山かやぶきの里  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の友人の娘さんがフランス人の建築家と結婚して、子供二人を連れて夏休みの帰省中。
美山の茅葺き家を見たいというので、家内と車で案内しました。
 *この写真の道、坂になっているので、私がより低く見えます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 市内が混んでいたので、1時間半ぐらいかかって到着。
山の中ですがやっぱり暑い。
 稲の穂もだいぶ実って、この地区に30棟以上の茅葺き屋根の家が集まっていて、生活しながら保存されています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 絵になるというか、写真になる風景があちこちにたくさんあって、民俗資料館などの縁側に座っていると、なんとなく小学校の夏休みの思い出がよみがえってきます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 2〜30年に一度はふき替えなくてはならないそうですが、古くなって苔が生えてきたような屋根もいいですが、この数日前にふきあがった出来たての茅葺き屋根の白さもすごく良かったです。
 ふき替えには8割ほど援助が出るので、何とか残せているようですが、この家もおばあさん一人だそうで、なかなか維持は大変そうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここに移住して藍染をしてる先生は、家内の大学の恩師です。
「ちいさな藍美術館」をこの地で開いています。
 師弟同士が話してると思ったら、連れていったフランス人の奥さん(私の友人の娘)とこの先生の娘さんはメール友達で、私・家内・仏人・先生・先生の奥さんと、小さなつながりですが複雑に繋がっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 茅葺き屋根の家の屋根裏は、予想以上に涼しい。
私の部屋は屋根裏(ロフト)で、ブログもここで書いていますが、めちゃくちゃ暑いので、私の家も茅葺きにしたいぐらいです。

     返事
花水木さん:私もこのHOTOKIの陶芸教室に通っていたときがあったので、
    家にはいらなくなったような私の作品が余っています。

2016/8/11

夏に孫と遊ぶ  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 暑い暑い夏の日、夏休みに入ってる孫が来てくれました。
家の前の駐車スペースで、3人仲良く水浴びです。
じじばばは孫が来るので水鉄砲も三つ買って、私も2階から洗面器で応戦してます。
私にも水はかかり、服も濡れますが、暑い夏にはそれも気持ち良かったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 7歳6歳5歳になって、水泳教室にも行ってるようで、ビニールプールの中で目も開けています。
だんだん言うことも聞かなくなり、理屈も言うようになってきましたが、まだまだゲームをしても将棋をしても勝てますので、私なりに楽しく応対しています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 午後からは以前私が陶芸を習っていた所が、「HOTOKI」としてかっこよくなり、その親子陶芸教室に参加、じじばばは主催者の友人としゃべりながら見学。
 来週もまた預かるそうで、島では味あえない楽しみもある京都です。

  オリンピックラグビー ニュージーランドに勝っただけでも素晴らしいのに
    本戦でフランスにも勝つとは驚きです! 世界のベスト4ですよ!!
      万歳!!万歳!!! 

     返事
花水木さん:もっと暇になったら、大曲とか長岡の花火大会に
    行ってみたいと思ってはいますが・・・。
大雪男さん:ほんまに暑いですね。
    でも京都は今週からは少しだけ秋の気配がする気もしています。
和さん:奈留も富江も墓で花火をする頃ですね。

2016/8/8

花火  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 暑い暑い! 日本中暑いですが、京都は暑いですね!! 
五島列島より暑い気がしています。
 自宅での私の居場所は主にロフトですので、特に暑いです!
でもそのロフトから、時々は花火が見えます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 自宅の裏山の向こうにある宝ヶ池、大きな花火大会ではありませんが、時々花火があがります。
下半分が山に隠れたり、電線が入りますが、手軽に苦労せず人込みにもまれることなく、花火が鑑賞できます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 でも、花火があまり手軽に観れるのも考えもの、自宅から観てると、花火が終わった後の情緒や夏が終わる寂しさがあまり感じっれませんね。
わずかに、奈留や富江で観た花火を思いだしたのが、救いでした。

     返事
大雪男さん:徳川15代と足利15代も憶えましたが、
    それらは今ではあやふやになっています。
花水木さん:年とってから大学行ったりして勉強する人はすごいですね。
    今新聞の社説さえ、読むと頭が痛くなってしまう私です。

2016/8/5

天皇陵巡り 予告編  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 何度も書きましたが、50歳の頃に記憶力の低下を防ぐために、歴代天皇名の暗記を、戦前の生徒のように試みました。
 なんとか通勤の電車の中で、苦労して124代天皇名を暗記、小倉百人一首の暗記はかなり忘れた歌もありますが、天皇名は今もなんとか憶えていて、漢字でもかけます。
 そしてせっかく覚えたのだからと、禁煙を始めた平成15年頃から、歴代天皇陵巡りを開始しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その頃やっとデジカメも買って、天皇陵印を貰い、カメラで写した小さな写真を貼って、天皇陵巡りの手帖を作っていました。
 そこに、本当に想定外の奈留島行を決めたので、天皇陵巡りは三分の二ほどで中断。
それでも奈留島時代には、下関の安徳天皇陵や鹿児島の神代三陵に行ったりと、次の機会?を狙ってはいたのです。
  京都に戻って3か月が経ちました。
 満を持して?!  そろそろ天皇陵巡りを始めます!!
     乞う ご期待!
         近日公開!!

   返事
花水木さん:本当に産釜で検索したら、
    「駿河湾産 釜揚げシラスが出てきましたね」
     枯れたり溢れたりの人生の方が面白いですよ。
大雪男さん:こちらも大和三山を眺めながらの天皇陵巡りになると思います。
タグ: 天皇陵

2016/8/2

天岩戸神社  
 クリックすると元のサイズで表示します
 家に居ても暑い!
朝早く起きだして、天皇陵巡りの準備として天照大神を祀る元伊勢見学に出発。
 酒呑童子で有名な大江山近くの元伊勢内宮を見て、そこから歩いて天岩戸神社を巡ります。
山道の途中の岩戸山遥拝所、ここからほぼ完ぺきなピラミッド型で綺麗で急な神の住む岩戸山を拝みます。
一言だけお願いを聞いてくれるそうですが、一つだけでは物足らないので、お願いはしませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 産釜を、これも上から遥拝します。
水が枯れることはなく、あふれることもない、川の途中にある岩で出来た水たまりが産釜です。
 写真では分かり難いですが、中央の水の中のくぼみは、4月に奥津温泉で見た、川の流れで丸い石が作った甌穴と同じものです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この岩の上にある小さな社が、天岩戸神社の本殿です。
鎖で岩を登り、お参りしました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 真夏でしたがここは暑くなく、静かで誰もいないし、神秘的で怖いぐらいの渓谷の中にあります。
家内が小動物の死がいに驚いて悲鳴を上げましたが、その声に私も本当に驚いて、早々と退散することにしました。
なかなかのパワースポットの感じ濃厚です。

    返事
花水木さん:日本一の大雨、予想よりひどい雨でなく、
    孫と二人で笑いあえる余裕がありました。
     バルブが詰まりかけていて、あまり水が出なかったのかもしれません。
大雪男さん:長崎大水害の雨だったのですね。
     暑さに負けず頑張って下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ