奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2016/9/30

鈴鹿山脈一周  
 クリックすると元のサイズで表示します
 誰でも知っている日本武尊は、以前も報告した伊吹山山頂に像があるように、伊吹山の神に痛めつけられ、三重県亀山市の能褒野(ノボノ)に到り、この地で亡くなりました。
 ということで、例によってここにある能褒野墓を訪問に出発。
奈留以前には、この近くの鈴鹿サーキットの遊園地によく家族で行きましたが、その頃は国道1号線の鈴鹿峠を越えて行くので、時間がかかりました。
今は第2名神が出来ているので、2時間ほどで到着します。
  クリックすると元のサイズで表示します
 朝早く家を出ているので、9時には目的終了。
ここまで来たので、数日前にTVで、漫才の中川家の鉄道好きの弟が訪問していた、いなべ市の軽便鉄道博物館を訪れましたが、その日は土曜なのに休館日でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 それではと、さらに北上し関ケ原を通って鈴鹿山脈をぐるっと一周することにしました。
今年のNHK大河の「真田丸」で車の駐車も多いようですが、先日の九度山のように停める所がないほどではない、関ケ原の古戦場にも寄りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 天下分け目の関ケ原の戦いも1日で終わりましたし、大河真田丸の関ケ原合戦は、ほとんど合戦の場面なく終わってしまったので、私たちの関ケ原訪問も30分ほどです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その後はもう1ヶ所長浜にある皇后陵にも寄りましたが、車を駐車場に入れて長浜黒壁の街中を歩いていたのは、まだお昼。
 いつもよりちょっと豪華なランチを食べて、以前から行きそこなっていた「海洋堂フィギアミュージアム黒壁龍遊館」に行けました。
入館料800円、JAFでちょっと割引、それにうれしいことにガチャガチャのおみやげ1個付きです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 アメリカ自然史博物館から、制作依頼もくる動物フィギア。
   クリックすると元のサイズで表示します
 シーラカンスも、以前下関で観た実物と同じようで、色彩だけあざやか。
 クリックすると元のサイズで表示します
 北斗の拳も他のもすべて、写真撮影OKです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 モスラやゴジラも、天空から眺められます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 シュモクザメ?は海底から眺めます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 グラマーだけど美少女の集団も見れます。
楽しいけれど、触れないのが物足りない。
 ということで、登山ではないですが丁度鈴鹿山脈を一周して帰ることになりました。
夕方からの麻雀にも少し遅れて合流可能でした。

    返事
花水木さん:肉はだめでも、魚ならいいかもしれませんね?
    お酒はだめでも、般若湯ならいいのかもしれません?

2016/9/26

法然院の展覧会  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都東山の山すそに沿って銀閣寺から南へ続く哲学の道、哲学者西田幾多郎などがよく散歩していたのでこの名が付いたと思いますが、私も学生時代偉そうにも友人とよく歩きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 哲学の道の近くに法然院があります。
「不許葷辛酒肉入山門」の石碑が建っていて、若い時はこの文字はここだけのものだと思っていましたが、他の寺院の門前にもこの注意書きは見られますね。
「くんしんしゅにく山門に入るを許さず」《餃子や焼き肉で一杯飲んだ人は入ったらダメ》と言うことです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 法然院の山門も良いですし、くぐった所がなかなか絵になってる寺で、若い時の私の感性をくすぐりました。
この日も雨上がりで、老年になっても良いですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
入った右手の講堂で、小学校からの麻雀以上の友達が、展覧会を毎年開いています。
島に行ってる間は行けなかった彼の展覧会に久しぶりに行ってきました、会場には他の友人も丁度来ています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 以前彼から聴いていた話で、記憶違いがあれば許してください。
 古くから日本には三種類の染色法があります。
いわゆるろうけつ染め・絞り染めの2種と夾纈染めの三つ、三纈(サンケチ)です。
聞きなれない夾纈(キョウケチ)は、二枚の板で布を挟んで、その間に染料を入れて染める方法です。
夾纈は正倉院の宝物の中には有るのですが、その技法は途絶えてしまい、彼がなんとか独力で、職人としてそれを再現しました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 正倉院と同じようなものも作っていますし、
   クリックすると元のサイズで表示します
 夾纈の技法で新しいものも作っています。
日展作家の一点物なので、高く売れてるようですし、私たちとの麻雀もひかえて、もう20年ぐらい頑張ったら、人間国宝か文化勲章に手が届くかも。

    返事
花水木さん:息子はもうお嫁さんに任せていますし、
    娘は向こうのお母さんにお任せしています。
大雪男さん:街中の車の運転にもだいぶ慣れましたが、
    まだ夜とバックは恐ろしいです。

2016/9/23

紀の川に沿って  
 クリックすると元のサイズで表示します
 和歌山市域に産まれた有名人と言うことで、和歌山城の「わかやま歴史館」には、外務大臣の陸奥宗光・日本一賢かったと私は思ってる南方熊楠・天下のナショナルの松下幸之助・「紀の川」等で有名な有吉佐和子、などの名が挙がっていました。
 和歌山の帰りはその紀の川の沿って、息子家族のいる奈良を目指して帰りました。
 途中まずは粉河寺(コカワデラ)に寄りましたが、ここは昨日の2番札所に続いて西国三十三ヶ所の3番札所でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 関西のTV番組のコーナーで、ますだおかだの増田が担当してる「街かどトレジャー」、やっぱり関西の番組はおもろい!
これで粉河寺が紹介されていたのを思い出して寄ったのです。
駐車場前のお店にこの写真が貼ってあったので、その時の話題で盛り上がりましたが、柿の葉寿司代はまけてもらえませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 最近は車で停まると真っ先に行くトイレ、ここでも急いで行って看板見て足が止まりましたが、我慢できず悪男子ですが入らせてもらいました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夜な夜な境内を抜け出して畑を荒らすため、目に釘を打たれてる「野荒しの虎」は、やっぱり左甚五郎の作。
内陣に入ったら観れるのですが、内陣に入る拝観料をケチってパスしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 その代り、千円と安かったので、初めて瓦を奉納しました。
住所と名前を書くのですが、郵便番号も書いて下さいとのこと、御利益は郵便番号で捜して届くのかなと思っていたら、帰ってすぐにお礼の葉書が粉河寺から届きました。
これはすごいです!
  クリックすると元のサイズで表示します
 続いて道の駅青洲の里にあるフラワーヒルミュージアムと春林軒を見学。
世界で初めて全身麻酔で乳癌手術をを成功させた華岡青洲の記念館です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 春林軒はその青洲が開いた、住居兼病院と医学校です。
全身麻酔薬の人体実験に母と妻の嫁姑対立を絡ませて描いた、有吉佐和子の「華岡青洲の妻」でも有名になりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 全身麻酔で乳房摘出術をしてる人形もリアルですが、摘出された乳腺の絵が、私が手術の後に書く摘出標本の絵とあまり変わりないことには驚きました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 少し遅かったですし、もう外科医とは呼べませんが、一応外科の後輩ですので、お墓にも詣でてきました。
 その後は、今人気の真田幸村の九度山にも行こうと思いましたが、駐車場も満車の盛況のためこれもパス、最後は奈良で孫の相手をしながら夕寝です。
 和歌山まで行った真の目的の御陵巡りは、20分ほどで終わっていますが、これは後日の正式報告で。

     返事
大雪男さん:天皇陵は山口・兵庫・香川・滋賀県にもあります。
     野球は他の球技と違って、年取って半分寝ていても観戦できるスポーツだと気づきました。
花水木さん:解体ショー後のマグロは握り寿司になりました。
    朝食バイキングは和食も洋食も食べてしまう私ですので、
    最後にこの握りも食べました。

2016/9/20

紀三井寺からポルトヨーロッパに  
 クリックすると元のサイズで表示します
 和歌山城で和歌山市の観光案内を見ていたら、紀三井寺と言う名前が目に飛び込んできました。
安珍と清姫で有名な寺だと思い込んで、行ってみることにしましたが、どこにもそれらしいところがないのが不思議でした。
そうです!安珍清姫の話は、ここよりもっと南の道成寺の話だったことに気づくお粗末さ。
 紀三井寺の方は、正式には紀三井山金剛宝寺護国院で、行ってみたら西国33カ所の第2番札所でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 楼門をくぐって、この結縁厄除坂210段を昇ります。
登段最速記録は、元100ⅿ日本記録保持者の21.9秒ですが、「無謀な挑戦はおやめ下さい!」と、わざわざ書いてあったので、もちろん挑戦は控えて、ゆっくりゆっくり二人で休みながら昇りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 上からの眺めで海が見えます、多分名勝和歌の浦が見えてるのだと思います。
  クリックすると元のサイズで表示します
 境内の本堂前のこの桜、和歌山地方気象台季節観測用ソメイヨシノ標本木で、近畿地方に春の到来を告げる開花宣言の基準となる、お世話になっている木でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 さらに南に下って、和歌山マリーナシティーにあるポルトヨーロッパは、中世の地中海の港町を思わす街並みを再現したテーマパークですが、遊園地やアトラクションはあまり興味なかったので、閉園前の街並みを少しブラブラしただけ。
 クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 ここにあるリゾートホテルに宿泊、五島の気分がまだ抜けないのか、やっぱり海が見えるとほっとしますね。
まあのんびり過ごしました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 朝食時にはマグロの解体ショーもありましたが、海鮮ものにもひとつ食指が動かないのが、五島でうまくて安い魚を食べすぎた後遺症ですね。
 実は和歌山へ1泊2日の旅をしたのは、天皇陵巡りの一環で、和歌山にある第1代神武天皇の兄の陵を訪れるためなんです。

    返事
花水木さん:松下病院で働いていたことがあります。
     幸之助さんは職員にメロンを贈ってくれます。
      かなり写真映りが悪い私は、福山雅治さんに似てしまいましたね?!

2016/9/16

和歌山城  
 クリックすると元のサイズで表示します
 紀州の殿様から徳川8代将軍になったのが徳川吉宗公。
「暴れん坊将軍」を松平健ではなく、福山雅治が演じたら、この写真の感じになるんでしょうね。
と言うことで、紀州徳川家の居城である和歌山城を訪問しました。
たぶん人生2度目。
  クリックすると元のサイズで表示します
 和歌山城の天守閣は、戦前は国宝だったのですが、昭和20年7月9日の和歌山大空襲で焼失、昭和33年に鉄筋コンクリートで復元されたものです。
もちろん天守には登って、和歌山の町並みを見下ろしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 和歌山城には絶対に登れないような石垣がありますが、
   クリックすると元のサイズで表示します
 登れないこともない石垣もありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 現に、石垣の階段を、こんな小さい小人も一生懸命登っていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 殿様とお付きの人だけが渡れる、二の丸と西の丸の間の堀にかかる御橋廊下(オハシロウカ)は、ヨーロッパの都市の橋やマジソン郡の橋のように屋根付きで、しかも斜めにかかる珍しい橋です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 10年前に復元され、なかも通れますが、廊下の板が瓦を逆に葺いたように並べてあるのが不思議でしたし、足の裏が痛くなります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 和歌山城内の紅葉渓庭園にある、和歌山出身の松下幸之助さんの寄付に依って出来た茶室紅松庵(コウショウアン)で、お決まりの一服。
紀州藩は、表千家を育てた藩のようです。
夏の涼しいお菓子付きで460円と、まあまあ良心的で美味しかったです。

     返事
花水木さん:日本神話には、ホトとか糞・尿や八つ裂きにされたりとか、
     大人ばかりか小学生が喜ぶ言葉が出てきますね。

2016/9/13

神代の時代0−3 多賀大社  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 天神(アマツカミ)の五柱が出現したあと、今度は地に次々と神世七代(カミヨナナヨ)と言われる神々が現れました。
このうち六代の10人までは聞いたこともない神々ですが、最後の七代目がこの写真の多賀大社の祭神、男の伊邪那岐神(イザナギノカミ)と女の伊邪那美神(イザナミノカミ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 イザナギとイザナミの国生みの話は有名ですが、簡単におさらいをします。
 先ずはこの二神が天浮橋(アメノウキハシ)の上に立って、天沼矛(アメノヌボコ)を混沌の中に突き刺しかきまぜ引き上げると、その先からしたたり落ちた潮が積もって淤能碁呂島(オノゴロシマ)になりました。
ここで最初は女神の方が誘って寝所に入ったので失敗しましたが、今度は男神が誘ってから寝たので、次々と八つの島である大八島(オオヤシマ)を産み、その後さらに六つの島も産みました。
合計14島の中に北海道はありませんが、最後の二つの島は五島列島の島ですので、古事記が生れた頃は東北より五島の方が有名で生活にも密着していたと思われます。
 多賀大社は滋賀県彦根の東の方にあって、かなり大きく古い神社ですので、お正月には大勢の初詣で近寄れないぐらいです。
初夏の平日は人も少なく、太閤橋と言う太鼓橋をおそるおそる渡って(登って)いる後ろ姿が私です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この後イザナギとイザナミは共同作業で35の神様を産みましたが、火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)と言う燃ゆる火の神を産む時に、イザナミの陰処(ホト)が焼かれたのが原因で、イザナミは黄泉国(ヨモツクニ)に行ってしまいました。
(まあ14の島と35人の神を産んだら、火で焼けなくてもホトはぼろぼろになるでしょうね)
 クリックすると元のサイズで表示します
 この後イザナミが床についている間に、その吐物・糞・尿から8柱。
死の原因となった我が子ヒノカグツチノカミの首をイザナギが切り落としてそこから8柱+8柱。
死んだイザナミを追って黄泉国に行ったイザナギが、醜く腐ったイザナミの姿を見て、死に物狂いで逃げ去った後、穢れた体に身に付けていた物から12柱、体を池で洗って11柱が生れました。
最後に目や鼻を洗って生まれた3神の一人が天照大御神(アマテラスオオミノカミ)です。
 クリックすると元のサイズで表示します
     お伊勢参らば  お多賀へ参れ 
        お伊勢お多賀の子でござる
と歌われ、お守りのお多賀杓子が、オタマジャクシやお玉杓子の語源となったこの多賀大社の祭神は、皇室の始祖となったアマテラスオオミノカミの親と言うことです。
 でも親子と言っても、男女から生まれた子ではなく、単に男のイザナギの左目洗浄から生まれた子供にすぎないのですがね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 多賀大社の名物「糸切り餅」は、元寇の戦勝を記念して出来たので、赤青3本の線は蒙古の旗印を表わし、弓の弦に見立てた糸で切って作るのでこの名が付きました。
買って帰ったら、あっという間にほぼ一人で食べてしまいました。

     返事
花水木さん:花水木さんもコーヒー好きとは、うれしい限りです。
    私はあっさり目の味のコーヒーが好きです。
     コーヒーカップは内側が白いのが一番と思っています。
タグ: 天皇陵

2016/9/10

HOTOKI  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 15年以上前、奈留島に行く前に陶芸を習っていた知人の陶芸教室、島から帰ってみたら、大きくなった息子さんの協力も得て、おしゃれな陶芸の店に変身していました。
京都岩倉にある「HOTOKI」、HOTOKIで検索してもらったらホームページも出てきますし、それに私の頭の一部も写っていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 もっと美味しくコーヒーを淹れるためのハンドドリップワークショップ
     選べるコップ付き in HOTOKI
に参加しました。
 なんにでも首を突っ込む私です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 講師は京都の大山崎で 大山崎COFFEE ROASTERS を営んでいる若い夫婦です。
 いろんな器具の説明と、きちっと豆の量も計って、抽出時間も守ってドリップ式でコーヒーを淹れる方法を学びました。
 先生が淹れると、本当に綺麗にコーヒー豆の山が膨らみます。
  クリックすると元のサイズで表示します
 続いて自分たちで、教わった通り同じように淹れますが、我々のの方が薄くてコクがない感じ。
 こんなに上等な豆を、こんなにきっちっと綺麗に、多分私は淹れないと思いますが、それでも湯の温度とか、湯のかけ方とかは勉強になりました。
 湯を注ぐタカヒコのコーヒードリップポット雫は優れもので、ちょっとほしくなりました。
値段を調べたら、思ったほど高嶺の花ではありませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 しる人ぞ知る、けっこう有名らしい 大山崎COFFEE ROASTERS のコーヒー豆100gと、試飲に選んだHOTOKIのこの白いコーヒーカップもお土産に貰って、受講料4000円とリーズナブル」でしたし、参加者の若い人と久しぶりに話せたので、楽しく有意義な半日でした。
 家では午前中に受講した家内の淹れたコーヒーを飲んで、まだ自分では全く淹れてはいませんがね。

    返事
花水木さん:2011年5月のブログを確認したら、
    いじったのは和さんだけでした、おかしいなあ?他でかな?

2016/9/7

神代の時代0−2 羽束師神社  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 前回は最初に現れた神、宇宙を統一するアメノミナカタヌシノカミの話でしたが、これと同時に、宇宙の生成をつかさどる神 高御産巣日神(タカミムスビノカミ)と神産巣日神(カミムスビノカミ) が高天原に現れましたし、この三柱(ミハラシ)の神に続いて ウマシアシカビヒコヂノカミとアメノトコタチノカミの二柱の神が出現しました。
この五柱(イツハシラ)の神は、地上に成った神とは別で、天神(アマツカミ)だそうです。
 写真は羽束師神社の鳥居です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 以前奈留島から車ごと帰っていたゴールデンウィークに、娘の運転免許証更新に付き合って一人羽束師の免許更新所付近を彷徨っていた時に、たまたまこの神社のお祭りの還幸祭(オカエリ)に出会って、この神社を知りましたしブログにも書いて、ハズカシを花水木さんにいじられたことがあります。
 クリックすると元のサイズで表示します
 羽束師神社(ハズカシジンジャ)、正式には羽束師坐高御産日神社(ハズカシニマスタカミムスビジンジャ)、雄略天皇21年(477年)に創祀、祭神は世界で2番目と3番目の天神である タカミムスビノカミとカミムスビノカミですので、由緒正しく古い神社です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ここも買ったばかりの頃に折り畳み自転車で訪れました。
家から10qちょっとありますが、南の方なのでゆっくりした下り坂、羽束師神社に到着して写真を撮って、帰り始めたころより雨が降りだしました。
一番近い京都地下鉄竹田駅で自転車をたたみ、袋に入れて輪行で帰りました。
折り畳み自転車の利点を早くも利用、今後もこの折り畳み自転車を足にして天皇陵巡りを始めますが、まだまだ第1代天皇陵まで行きつかず神話の世界が続きます、神話の勉強と思って飽きずに付いて来て下さいね。

     返事

花水木さん:男性土偶は下半身だけですが、中央にあるのがシンボルです。
     朝丘雪路さんは深水が溺愛した娘だったこと、すっかり忘れていましたが、
    なんとなくそうだったことを思い出しました、ありがとうございます。
タグ: 天皇陵

2016/9/4

展覧会  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 9月になって、さすがに少し涼しく感じいられるようになりましたが、久しぶりに過ごした京都の8月は暑かったです。
 夏の休日暑い時は、屋内駐車場の有る大きなスーパーか、冷房の効いた公共施設に行くのが一番です。
そう言えば、夏はクーラーの効いた手術室で一日中手術しているのが、一番好きでしたね。
 残暑厳しい8月末、大津市歴史博物館に「発掘された日本列島2016」を観に行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 縄文土器から近代の発掘まで、たくさん発掘品が展示されていましたが、
  クリックすると元のサイズで表示します
この鳥の埴輪、とぼけた顔が素晴らしいと思いませんか。
ほんまに本物かと、疑うぐらい、現代的です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 実際に触れられるものもあって、写真撮影もほぼ許可されていました。
黒曜石は実際に手に取ることが出来、かざしてみると、黒曜石はガラス質なんだなあと言うことがよく分かりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 土偶は豊作や豊潤を表わす女性像が多いいですが、こんな珍しいかわいい男性土偶も展示されていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 違う夏の日、滋賀県立近代美術館を訪れましたが、立派な建物です。
以前はあった、軽い食事も出来る喫茶室が無くなっていたのが残念です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 観覧したのは「バーナード・リーチ展」、島にいる時は使うこともなかったJAFの会員証で、少し安くなる施設があるのはうれしい限りですが、なんといっても展覧会は空いているのが一番だと思います。
 クリックすると元のサイズで表示します
 また違う夏の暑い日、京都駅にある美術館「えき」に二人で地下鉄で行って、「世界の巨匠たちが子どもだったころ」を観ました。
平日なので混んでなく、特にロートレック・伊東深水・横尾忠則の十代の絵は素晴らしいです。
 文化の秋ではなく、文化の夏の方が、まだまだ暑くなりそうな21世紀の日本にはむいてそうです。

    返事
花水木さん:瓢亭さん、昔は数十個作ればよかった瓢亭卵、
    今なら千個ぐらい作らなければならない日もあると思いますが、
    なかなか卵から脱出できないのではないのかもと・・・・・。
     そう言えば、私は長い間和式にしゃがむことをしていませんし、
    ウオシュレットなしもないぐらい、世の中は洋式洗浄便座ですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ