奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2017/5/31

小浜往復  
 クリックすると元のサイズで表示します
 若狭小浜から京都を結ぶ道の一つ鯖街道。
ここを通って運ばれた若狭湾で獲れた鯖は、揺られて丁度良い酢加減か塩加減になって、京都で美味しいきずしや鯖寿司になったので、鯖街道と呼ばれています。
 今は車なら、この鯖街道を通って自宅から1時間ちょっとで着く小浜、今回は久しぶりに途中で瓜割り公園に寄りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 島へ行く前の一時期、小浜まで美味しい魚を食べに行ったり、神泉と言われる瓜割の清水を貰いに通った時もありました。
 爪があるので、爪ではなく瓜割の滝(ウリワリノタキ)、夏でもこれに漬けた瓜が割れるほど冷たいので、この名が付いています。
   クリックすると元のサイズで表示します
 有名な奈良の「お水取り」の10日前に、この近くの神宮寺で「お水送り」の行事があって、川に「お香水」を撒きます。
その水が10日かかって奈良に流れて、「お水取り」の水になるそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 瓜割の名水で淹れたコーヒーとくずまんじゅうを食べました。
その後、小浜の港で干しカレイを買って、小浜の町を少し歩き、以前から行きたかったが行けなかった海岸の割烹店で昼ご飯。
漁師丼も焼き鯖も美味しかった。
  クリックすると元のサイズで表示します
 帰りは西の鯖街道と言われる、もう少し西の方の道で、京北町を抜けて京都へ帰りました。
 高石ともやと言うフォーク歌手を知っていますか?
「赤いヤッケ」は私の愛唱歌でしたし、√2・√3を覚えられる「受験生ブルース」も有名です。
その「高石ともやとザ・ナターシャセブン」と言うグループ名繋がりで、高石ともやが移住していた名田庄村が、西の鯖街道の途中にあります。
 ここの暦会館(200円)にも寄りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 陰陽師安倍清明で有名な安倍一族が、応仁の乱の戦乱を逃れて、一族の荘園であったこの名田庄村に住み着き、一族の墓もここにあるそうです。
移住後もこの地から、宮中の暦・天文・時刻などを管轄していたので、ここに暦会館があり、熱心に説明してくれたお姉さんから資料までいただきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 いろんな暦の展示の中で、懐かしいこの布製の刺繍もされたカレンダーに遭えたのが嬉しかった。
あの頃どこの家に行っても見たし、終わってからもなかなか捨てきれずに、何か利用できないかと思ったこのカレンダー、どこの家にもあったはず、郵便局がくれた物だったのですね。

    返事
花水木さん:私は自分の墓を探さねばならない立場なのですが、
    作らない選択肢も考えていますが・・・・。

2017/5/27

10−2倭彦命  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 自転車で第10代までの天皇陵を巡っている時、橿原神宮前駅から西の方に、少し時代の飛んだ第28代宣化天皇陵の道標がありました。
その向こうには橿原高校の道標も見えますが、この宣化天皇陵の裏側にももう一つ陵があるようなので、ついでに行ってきました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 橿原高校の裏門辺りに古墳らしき山がありましたが、どこから入って良いのか判りません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 前方後円墳の中央のくびれの部分を横切るように、農家の人たちが通れるような感じで道がついていました。
 実はこの前方後円墳(桝山古墳(マスヤマコフン))は、日本最大規模(一辺90ⅿ・高さ15m)の方墳に、明治時代に前方部をくっつけたようなので、宮内庁管轄にしては堂々とその中を通れる道があるようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 狭い周囲の道を廻って、なんとか前方部の拝所に行きつきました。
第10代崇神天皇皇子倭彦命(ヤマトヒコノミコト)の身狭桃花坂墓(ムサノツキサカノハカ)です。
 陵と名が付くのは、例外はありますが天皇・皇后だけで、その他の皇族は墓です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 倭彦命は第10代崇神天皇の皇子ですので、第11代垂仁天皇の同母弟になります。
 倭彦命が亡くなった時、近習のものは墓の周りに生き埋めにされる風習がありましたが、生き埋めにされた者が死なずに、そのうめき声が周囲に響いたり、死後は腐肉に犬や鳥が集るという惨さを見た垂仁天皇は、殉死の禁止令を出したそうです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ぐるっと後円部(元々の方墳の方)を廻って無事帰りました。
本当ならこの辺りは生き埋めにされた霊が飛び交ってるはずなのですが、実はこの桝山古墳は5世紀前半に築かれたそうですので、倭彦命の墓であるはずがないのです。
 私の天皇陵巡り、天皇陵は必ず廻るようにして、出来れば皇后や天皇になれなかった兄弟などの陵や墓も巡って、数を稼ぎたいと思っています。

      返事
花水木さん:私もスーパーでは家内のかごについて、
    時々お菓子やジュースをそっとかごに入れていますが、
    スーパーはそれほど嫌いではありません。
タグ: 天皇陵

2017/5/24

10−1崇神天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第10代崇神天皇陵(スジン)は奈良盆地の東、桜井市の北の天理市の三輪山近くの山際にあります。
 この地図の中央の前方後円墳が4世紀後半ぐらいの行燈山古墳(アンドンヤマコフン)、すなわち崇神天皇陵です。
右側のもう少し大きい前方後円墳は第12代景行天皇陵ですし、地図を離れてもう少し右側(南側)は桜井市で、以前行ったヤマトトヒモモソヒメの箸墓があります。
地図の上の方を右から左に(南から北へ)走ってるのが、日本で一番古い道とされている山辺の道(ヤマノベノミチ)です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 行燈山古墳、すなわち第10代崇神天皇陵である山辺道勾岡上陵(ヤマノベノミチノオカノエノミササギ)は、前方後円墳としては日本で16番目の大きさを誇る立派な古墳です。
 前方後円墳と言う語を初めて起用したと言われる、江戸時代の蒲生君平の書いた「山陵志」では、第12代景行天皇陵とされていたようですが、その方が正解かもしれません。
  一周すれば1.5kmぐらいを散策しました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 以前廻った頃に比べて、柵で閉められた陵の駐車場が多い中、ここは広い駐車場が生きていたので、そこに車を停めて拝所に上がりました。
ここの拝所は周濠の堤の上にありましたが、堤自体は江戸時代の修復でかさ上げされたようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 拝所に登って振り返ると、周りにも小さな前方後円墳の陪塚が数カ所ありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 周濠周囲に沿って(375ⅿ×215m)歩きますが、渡土堤(ワタリドテ)と言って墳丘と外部を繋ぐ三カ所の土堤に寄って、周濠は区切られていました。
これは陵が斜面に建てられたため、周濠の水位を調節するためでもあるようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 二人でぐるっと一周をゆっくり歩きました。
 前方部に戻ってきて、この小さく見える拝所から前方部まで、濠は63ⅿありますし、前方部の横幅は100ⅿと立派なものですが、第10代崇神天皇陵とすると全く年代は合いません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 古事記では、御真木入日子印恵命(ミマキイリヒコイニエノミコト)は師木の水垣の宮(シキノミズカキノミヤ)(奈良県桜井市)で、第10代崇神天皇として天下を治め、168歳(書紀では120歳)で崩御し、この陵に葬られたことになっています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 第10代崇神天皇は3人の妻で12人の子をもうけました。
前々回の孝元天皇で書いたように、叔父にあたる武埴安彦命の反乱の話や、四道将軍(シドウショウグン)を派遣した話など有って、この天皇の御世を讃えて所知初国之御真木天皇(ハツクニシラシシミマキノスメラミコト)とも表記されていることより、実際は崇神天皇が事実上の初代天皇ではないかという説や、卑弥呼の時代に実際に政治を行った男の王様が崇神天皇ではないかとも言われています。

    返事
花水木さん:確かに男と女の違いは永遠のテーマですね。
     ロダンの考える人のポーズ、座ってるので疲れるという印象は持ちませんが、
    あんな恰好でずっといたら、背中が日焼けして痛そうな気はします。
タグ: 天皇陵

2017/5/21

海北友松  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 この週末は京都は夏です。
こう暑いと体がついていかない気がするのは、年齢のせいでしょうか?
夏を喜ぶ気にはなりません。
 金曜日朝から、京都国立博物館に行きました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝なのにもう暑い!
噴水見てるのが気持ち良いぐらい。
 クリックすると元のサイズで表示します
 こんな格好でじっと考えてるのも、いくら噴水の横だと言っても辛いでしょうね。
世界に20体以上あると言っても、本物なので、夏は屋内展示にしてくれるように策を練ってるのかもしれません。
   ロダンの考える人です。 奈留小学校にも二宮金次郎の替わりにありましたね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 目的は海北友松(カイホウユウショウ)(1533〜1615年)の展覧会。
朝一番なのに並ばなくてはならないことで、出鼻をくじかれました。
 浅井長政の家臣の子として生まれ、信長に滅ぼされたため絵師になったそうです。
   「誤落芸家(あやまりてげいかにおつ)」らしいですが、
それなら私は「誤落外科(あやまりてげかにおつ)」です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 国立博物館の新しくなった新館には初めて入りました。
以前からここには仏像が並んでいて、若い時は興味なかったですが、今回は海北友松の絵よりも熱心に観たかもしれません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日も暑く、早朝散歩と買い物以外は家に居ました。
オークスの3連複、5000円弱をやっと獲って、今年のGTの初勝利です。
     返事
花水木さん:私も家内から、
    助けなく一人で二人の幼子を風呂に入れる苦労を聞かされ続けています。
    今はすまんことをしてたと思ってますが、その頃はなんとも思ってなかったし、
    そもそも昔は苦労話を聞かされていませんでした。
     継母と夫婦って、まあ同母兄弟姉妹以外は誰とでもOKです。
    神武天皇の妻も神武の連れ子と結婚しています。

2017/5/19

9-1開化天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 私の長男は奈良に住んでいますが、そのマンションの部屋からは、奈良の中心街と若草山が眺められます(以前ここから若草山山焼き報告しています)。
 そのちょうど手前にこんもりした小山がありますが、これが今回の第9代開化天皇(カイカ)の春日率川坂上陵(カスガノイザカワノサカノエノミササギ)です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 初代神武天皇から第8代孝元天皇までの陵が畝傍山麓から葛城山麓一帯、すなわち奈良盆地の南の西の方に位置しているのに比べて、第9代開化天皇から5代(350年ほど)は奈良盆地の北の方に陵が移ってきています。
このことからも、葛城王朝から三輪王朝に王朝交代があったとの説があります。
  クリックすると元のサイズで表示します
 古事記では若倭根子日子大毘毘命(ワカヤマトネコヒコオオビビノミコト)、書紀では稚日本根子彦大日日尊(ワカヤマトネコヒコオオヒヒノミコト)と記されていて、都を春日率川宮(カスガノイザカワノミヤ)(奈良市)に移して、第9代開化天皇として天下を治めました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第9代開化天皇は4人の妻で5人の子をもうけました。
その内一人の妻は、父親の第8代孝元天皇の妻でもあった人で、継母を自分の妻にしたことになりますし、その継母との間に産まれた子が、次の第10代崇神天皇になっています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 第2代綏靖天皇からこの第9代開化天皇までの8代の天皇は、古事記でも内容が少ないため「欠史8代」と言われ、実在してない天皇と言われています。(まあそれ以外の古い時代の天皇が皆実在してたとも言えないのですが)
 この8代の在位年数を足すと485年(1代60年)、紀元前660年を日本の始まりとした人々は、なんとか年数を合わせようと485年分の8人を造り出したのかもしれません。
私はこの8人はまったくの架空の人物ではなく、それらしき人の話を元に作り上げた天皇だという説に賛成しています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良と言えば、大仏さんと鹿しかいないと悪口を言われ、最近ではTVで紹介されて有名になった速射砲のように餅を搗く店を加えても、三つだけと言われています。
この開化天皇陵は、観光客が集まるその餅屋さんのほぼ向かい、名の通ったホテルの横にありますので、歴代天皇陵の中では一番人通りの多い場所にあるはずですが、ここまで入ってくる人は少ないようです。

      返事
花水木さん:女は自分が苦労した事は、
    細かいとこまで覚えています。
    でも、男は楽しい思い出しか覚えていません。
     偏見ですかね?
タグ: 天皇陵

2017/5/17

8-1孝元天皇  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈良県内ではちょこちょこ見られる、近鉄橿原神宮前駅近くのこの道標を頼りに、初代神武〜第4代懿徳までの陵のある畝傍山麓とは近鉄線路の反対側にある、第8代孝元(コウゲン)天皇陵を目指します。
  クリックすると元のサイズで表示します
 古代から灌漑用としてあった剣池(ツルギイケ)の上に浮かんだように、陵は見えてきましたが、実際は半島のように剣池に飛び出した部分が、第8代孝元天皇の劔池嶋上陵(ツルギノイケノシマノエノミササギ)です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 参道は剣池から飛び出た、根元の部分から登るように出来ていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第7代孝霊天皇がクハシヒメノミコトに産ませた、大倭根子日子国玖琉命(オホヤマトネコヒコクニクルノミコト)が即位し第8代孝元天皇になったので、孝元天皇は前々回と前回に紹介した、ヤマトトトビモモソヒメと吉備津彦の異母兄になります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 軽堺原宮(カルノサカイハラノミヤ)(奈良県橿原市)で天下を治め、3人の妻に5人の子をもうけて、このうち3番目の子が次の第9代開化天皇です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 5番目の子、古事記では建波邇夜須毘古命(タケハニヤスビコノミコト)、日本書紀では武埴安彦命(タケハニヤスヒコノミコト)は、甥にあたる第10代崇神天皇の御代に、河内から嫁いだ妻の吾田姫(アタヒメ)にたきつかれるように反乱をおこし、妻は吉備に行った前回の孝霊皇子の吉備津彦に討ち取られ、自分は京都の南の精華町で、異母兄のオオヒコノミコトに滅ぼされています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この第8代孝元天皇は古事記では57歳で崩御していますが、日本書紀では116歳と長生きで、その在位年数が数合わせのように57年間になっています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 と、ここまでの8代の天皇8人中、古事記では3人日本書紀では5人が100歳以上の長生きですし、その在位年数は8代合計で480年、1代平均60年という嘘のような年数です。
そして、日本の始まりを紀元前680年とした編纂者の後の努力にもかかわらず、8代目でも紀元前の人々の話になってしまっています。
 前方後円墳が出来たのは3世紀になってかららしいですので、その前方後円墳の陵には年代的に入れない人々ばかりの陵を、私は巡っていることになります。
 初代神武天皇の即位を、辛酉革命説からの紀元前660年にせずに、紀元200年ぐらいにしてしておいてもらった方が、まだ話は合ってきたように思います。

    返事
大雪男さん:五島の海の色は良かったし、
    その下に住む魚の美味しかったこと!
     締まった体をしてるなんて言われたのは、本当に久しぶりです。
    もうちょっと精進します。
和さん:団体で行くような観光地は、
    どこもなかなかきびしい状況ですね。
    京都は外国人観光客ばかりですが・・・・。
花水木さん:動物の子供、外国の子供、
    そして孫は可愛いですね。
     花水木さんと私の間には温度差はないと信じていますが、
    女はわかりませんので、心配です。
タグ: 天皇陵

2017/5/13

白浜の旅2  
 クリックすると元のサイズで表示します
 白浜の旅2日目、川久をチェックアウトして三段壁に向かいました。
ちょっと福江島の大瀬崎を思い出しましたが、大瀬崎の方が立派ですので、大瀬崎がもっと都会に近く交通の便が良ければ、ここよりもっと人が来てくれたのに残念です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 三段壁洞窟へエレベータで降りました。
25年ほど前にも家族で来ていますが、その時は台風が近づいていて、洞窟内全てが見られなかったので、そのリベンジです。
今回洞窟内全てを見ましたが、入場料の元をとるほどのものはありませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
 白浜アドベンチャーワールドには二人ともシニア料金で入れたので、お得感がありました。
パンダも8匹もいて、近くでそう混まずに観られました。(写真は7匹しか写っていませんでしたが)
  クリックすると元のサイズで表示します
    クリックすると元のサイズで表示します
 まだ子供の結浜(ユイヒン)は熱心に木と格闘していましたが、下にいたたぶん母親パンダは、ひたすら竹を食べ続けるカウチポテト族でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 マリンライフと言うイルカショーはさすがに立派なもの、遠くで観ていても迫力あります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 訓練師も洗練されていて素晴らしい!
以前ここで見たオルカのジャンプはなかったですが、名古屋港水族館のショーよりもレベルは上でした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 これも座って観られるアニマルショー、次々と小動物が芸をするので楽しく観られました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 そしてケニア号に乗って、これも座ったままサファリーワールドのツアーに出発、繁殖が成功してるのか個体の数は多いです。
暑いぐらいの日でしたが、日陰で座ったままの見物ばかりなのでシニア向きかもしれません。
でも、シニア二人だけで来てる人は見かけませんでしたね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 帰りはゆっくり、龍神温泉を通って近畿の中央を縦断するように帰りました。
途中吊り橋をおっかなびっくり渡ってる、腰の引けたシニアが私です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 以前から行きたかった、高野龍神スカイラインの途中にあるごまさんスカイタワーにも昇りましたが、期待していたほどではありませんでした。
 カーラジオを聞きながら帰りましたが、ここまでは阪神は土曜日は負け続けです。

     返事
大雪男さん:まだまだ孫は騙しやすいですがね。
     中継ぎが良くなったら、広島はまだまだ強いと思います。
    阪神はオールスターぐらいまで打ち続けてくれたら良いのですが。
花水木さん:二人には温度差があったという花水木さんのコメントは、
    胸にグサッと突き刺さりましたよ!
    相思相愛のつもりだったんですがね。

2017/5/10

後の5連休  京都から
 クリックすると元のサイズで表示します
 ゴールデンウイーク後半の5連休。
 1日は、朝から家内に付き合ってもらって奈良の西大寺周辺の天皇陵を五つも廻って、数を稼ぎました。
平城京天平祭も開催されていたのですが、なかなか美味しかったランチを近鉄西大寺駅近くで食べたら、もう二人とも疲れてそのまま帰りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 1日は、長男・次男一家が来てくれて、孫と1日、すぐ近くの公園などで遊びました。
上二人は小学2年生になって、20ⅿぐらいのタイムトライアルは、私といい勝負になっています。
自分のダッシュ力の低下に驚きました、加速が全くつかなくなっています。
数日内転筋が痛かったですが「アキレス腱を切らずに良かった」が本音です。
それにしても、子供たちの元気なこと!ありがたいことです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 1日は、卒業50年目(あの頃から半世紀ですよ!)の高校学年同窓会に出席。
150名の出席ですが、自分がどこに写ってるかもわからない写真ですので、顔は隠さずに掲載しました。
 高校3年生の時、神社仏閣や美術館などを何度もデートした女の子(今は68歳です)ともしゃべれましたが、私にとってはワクワクして忘れられない思い出を、彼女はまったく覚えていず、別れた日のことだけ憶えていました。
つくづく女の薄情さと言うか、私にとって楽しかった思い出は忘れ、私にとって嫌なことは忘れていないという、女の性をあらためて感じました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 1日は、昼間から麻雀と、もう1回夜にもしましたが、2回とも勝ちました。
しかし最後の日曜日の競馬はかすりもせずに終わりました。
 阪神も広島の継投策に助けられ打ちまくって、私がTVを観れない日は勝ち続けました。
これで負け続けた鬼門の土曜日も解消されそうです。
 いつもはこれで今シーズンの野球は終わりと思うゴールデンウイークですが、まあ今年は良きゴールデンウイークでした。
 今週はその替わりに、久しぶりに月〜土と6日間続けて働きます。

     返事
花水木さん:有名なスイーツの実演で、
    レモンの皮を輪状に切ってワインを垂らし火を付けるパフォーマンスです。
    出来たアイスのスイーツは美味しかったですよ。
     スカンジナビアって何ですか?船の名前?
和さん:古賀の井が川久になったのですか!なるほど!
     私が泊まったホテルで、大江戸物語や湯快リゾートになったのあります。
大雪男さん:バイキングと言っても、
    王様のビュッフェと言って、豪華は豪華でしたが・・・・。
     このまま理想の順位は、
    阪神・広島・ヤクルト・ベイスター・中日・巨人ですが、可能性はありますよね

2017/5/7

白浜の旅1  
 クリックすると元のサイズで表示します
 私には3連休+5連休のゴールデンウイークになりましたが、いつも毎週3連休はあるので、そう変わらないというところでした。
 最初の4月の3連休には、一泊二日で白浜に行きました。
もちろん行きがけのだちんに、大阪の藤井寺に寄って、天皇陵巡りもきっちりしてきました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 今回は白浜ではちょっと有名な川久と言うホテルに泊まりました。
25年ほど前のバブル期に出来た、設備に金をかけすぎたホテルで、その頃は高すぎて会員制で、私たちには手が出なかった宿泊設備です。
  クリックすると元のサイズで表示します
  数年前に経営者が変わったのか、まだ少し高いですが、なんとか私たちでも泊まれるぐらいの料金設定もありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ロビーも豪華な造りです。
確かタイルや瓦も別注で造っていたのだと思います。
    クリックすると元のサイズで表示します
 モザイク(ビザンチン?)の壁画(本物)も飾られていて、エレベーター内も大理石造り、まあ無駄と言えば無駄、豪華と言えば豪華な建物です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 部屋も広く眺めも良いですし、調度も立派ですが、30年近く経ってやや古くなった調度もあります。
一度は泊まってみたいと思っていたので、まあ良かったのでしょうね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 ベッドに寝転んだら、シャンデリア風の天井灯も凝っていました。
トイレも広く、洗面台は二つもありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 大浴場のタイルも立派ですし、いろんな風呂もありました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 王様のビュッヘと言う夕食は、バイキング形式なので色々な物が食べられて良いのですが、やっぱりごちゃごちゃとした感はあります。
自分で取るより、綺麗に盛り付けられて出てくる料理を座ってゆっくり食べる方が、私は好きなので、少し残念な選択でした。

   返事
花水木さん:古事記から離れてくると、
    カタカナ人名表記が無くなるので、もう少しの間我慢して下さい。
     私のブログは、花水木さんのコメントがないと、
    次の回に進みずらいので、よろしくお願いします。
大雪男さん:天皇陵巡り、いつも同じような写真ですみません。
    周囲の写真もいれて、変化を付けるように工夫していきます。
     阪神・広島戦は何十年と大量点の取り合いのような気がします。

2017/5/3

7-3孝霊皇子  天皇陵巡り
 クリックすると元のサイズで表示します
 第7代孝霊天皇は妻4人に子が8人であったことは、何度も書きました。
その内のオホヤマトクニアレヒメノミコトとの間に、前回の大市墓のヤマトトトビモモソヒメの他にも、男の子の大吉備津日子命(オホキビツヒコノミコト)ももうけています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 古事記では大吉備津日子命と、日本書紀では大吉備津彦命と書かれている、この孝霊天皇皇子の墓である、中山茶臼山古墳を訪ねて、岡山まで4月に行ってきています。(日本のエーゲ海と言われてる牛窓に泊まった旅です)
  クリックすると元のサイズで表示します
 山の中にあった岡山県古代吉備文化財センターの駐車場に車を停めて、ついでに無料の館内で、日本で4番目に大きい近くの作山古墳や鬼ヶ城の遺構の説明を勉強してから、館員に尋ねて少し山道を歩きました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 この中山茶臼山古墳である大吉備津彦命墓(オオキビツヒコノミコトノハカ)は全長100m以上の大きな前方後円墳で、吉備地方には3世紀後半〜4世紀の大きな古墳が沢山ありますので、奈良盆地よりも住みやすそうな岡山平野には、大きな吉備勢力が暮らしていたのでしょうね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 大吉備津彦命墓の周りは近辺の人々の散歩道にもなっているのか、近くの大きな桜が咲いているのか見に来てる人も見られました。
その大きな桜は平安桜と言うそうで、桜の木とは思えないような苔むした大樹でしたが、花には1週間ほど早かったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 281歳で亡くなった大吉備津彦命を祀る吉備津神社も近くにあって、その門柱?の書体は犬養毅の書になるものでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 比翼入母屋造の本殿・拝殿は国宝で立派です、ここだけの造りなので吉備津造とも言うそうです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 それよりも、雨や雪が多い地方でもなさそうなのに、この長い廻廊がすごいです、360mもありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 少し車で走ると、同じく大吉備津彦命を祀る吉備津彦神社があります。
ここも大きな立派な神社です。
四道将軍として吉備地方に派遣された大吉備津彦命が、この地方の豪族温羅(ウラ)と言う鬼を退治して、この地を平定した話が桃太郎伝説の原型になってるようです。
犬になって骨を探したり、鯉になって逃げた温羅を雉になって食ってしまった話などから、桃太郎のお供も出来あがったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 江戸時代に作られた日本一の大燈篭と言うのも一対ありました。
この日(4月1日)の岡山地方は暑いぐらいの上天気、よき旅になりました。
タグ: 天皇陵


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ