奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/4/30

スマホデビュー  
  クリックすると元のサイズで表示します
 今年の私のゴールデンウイークは、4連休・2労働・4連休です。
前半の4連休は、奈良まで天皇陵巡りや、孫たちが来てくれたり、出産お祝いの訪問者があったりで終わりそうですが、4月生まれ4人の誕生日組み合わせで買った天皇賞はもちろんダメで、阪神もしばらくは借金生活でしょうね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 そして、息子に付いて来てもらって、3時間かかってガラケーからスマホに交換、遅ればせながらスマホデビューしました。
2階からスマホで撮った、キャッチボールしてくれてる婿や孫のパノラマ写真です。
 まだまだ使いこなせてませんが、天皇陵を現地で見つけ易くなったら良いのですが。

   返事
花水木さん1:煩わしさから逃げ続けて70年が、
    私の人生のような気もしています。
花水木さん2:私の4人の孫のうち上2人は、出産後すぐにICUに入りました。
    今回は普通に元気に育ってるので、ありがたいことです。

2018/4/25

30−2敏達天皇皇后廣姫  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 滋賀県の関ケ原から長浜へ向かう道、昔の北国𦚰往還(ホッコクワキオウカン)を車で走っていると、米原辺りでこの石柱が目に入りました。
 日本古代豪族の息長氏(オキナガウジ)は、この辺りを中心に栄えていたと言われる謎多き氏族らしいです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第30代敏達天皇の最初の皇后が、この豪族息長氏出の息長氏真手王(オキナガノマデノミコ)の娘比呂比売命(ヒロヒメノミコト)、日本書紀では廣姫(ヒロヒメ)です。
 畑の横の陵道の向こうに、小さな円丘の陵が見えてきました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第30代敏達天皇は廣姫との間に、押坂彦人大兄皇子(オシサカノヒコヒトノオオエノミコ)・逆登皇女(サカノボリノヒメミコ)・菟道磯津貝皇女(ウジノシツカイノヒメミコ)の3人をもうけています。
 ちょっとした家の庭の林、程度の陵です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 敏達天皇皇后廣姫息長陵(オキナガノミササギ)(滋賀県米原市)と、新しいですがワープロ文字で印刷された制札でした。
ここは村居田古墳(ムライダコフン)と言う、昔は前方後円墳であったようですが、廣姫の時代とは年代的には合わないようです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 裏から覗いてみると、中央が盛り土してある程度の小さな林にしか見えません。
近くにいる人に尋ねると、「横の古墳からなんか掘り出した物を、そこに埋め戻しただけの墓だよ」との答え、聞き流しましたが、そんなものなんですね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 陵の隣にあるお寺との境にあった小さな円墳横に、「息長陵付属地」や「息長広姫陵古墳群」の石柱も建っていましたので、ここから掘り出して陵のような形にしたのかもしれません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 元の道に出てみると、目の前には伊吹山がそびえていました。
 ほぼ日本列島の真ん中にある滋賀県と岐阜県の辺りに栄えていた豪族がいて、その娘が中央の大王の皇后にはなりましたが、早くに亡くなり、後妻の皇后はもっと強い豪族蘇我氏から、その後の天皇も蘇我氏系だったためか、中央の大和から離れた実家の地に、夫から離れて埋葬されたのですかね。
それでも、その孫が天皇になり(第34代舒明天皇)、今の天皇家ともつながったので、明治〜昭和になってから、新たに陵も整備された感じですかね。

    返事
花水木さん:私の母も兄弟姉妹多く、
    その兄姉のうち3組が同じ家の兄弟姉妹と結婚しています。
     丈夫な人はたくさん子を産んでいますが、
    つい最近まで、出産で親子死亡もたくさんあったようですね。
     娘も無事男の子を産んでくれてほっとはしています。
タグ: 天皇陵

2018/4/18

30−1敏達天皇  天皇陵巡り
   クリックすると元のサイズで表示します
 桜も終わり、1ヶ月ぶりぐらいの、忘れられたかもしれない天皇陵巡りに戻ります。
 第29代欽明天皇は7人の妻に最大28人の子供を産ましていると書いて来ました。
その内皇后の石姫皇女(イシヒメノヒメミコ)は、箭田珠勝大兄皇子(ヤタノタマカツノオオエノミコ)・渟中倉太珠敷尊(ヌナクラノフトタマシキノミコト)・笠縫皇女(カサヌイノヒメミコ)の3人の子を産みました。
長男は夭折したので、第2皇子のヌナクラノフトタマシキノミコトが即位し、第30代敏達天皇(ビタツ)となりました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 敏達天皇は百済大井宮(奈良県桜井市・奈良県広陵町・大阪府河内長野市など諸説あり)に新しく宮を開き、在位14年48歳で亡くなり、河内磯長中尾陵(コウチノシナガノナカノオノミササギ)(大阪府太子町)に葬られました。
 陵は河内の、用明・推古・孝徳天皇や聖徳太子廟が集まっている近つ飛鳥にありましたが、判りにくい道を上って、峠にある作業所の横に、写真の参道を見つけました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第30代敏達天皇の父方母方両祖父は親子である第26代継体天皇と第28代宣化天皇、両祖母は第24代仁賢天皇の娘同士の同母姉妹、故に父母はかなり血の濃い伯父と姪の関係になります。
この辺りから天皇家の血は、天皇の娘である皇女を妻にすることが多いので、濃すぎて混乱するぐらい判りにくくなっています。
 写真、丘の上の道という感じの陵道を、少し上って行きます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 この陵道を直角に曲がると、急に森の中の小道のようになって、鳥居が見えてきました。
 敏達天皇は最初の皇后である息長真手王(オキナガノマテノオオキミ)の娘廣姫(ヒロヒメ)との間に、押坂彦人大兄皇子(オシサカノヒコヒトノオオエノミコ)をもうけました。
皇后が薨去したため、次の皇后に後に推古天皇になる異母妹の額田部皇女(ヌカタベノヒメミコ)すなわち豊御食炊屋姫(トヨミケカシキヤヒメ)を迎え、竹田皇子他8人の子供を、又老女子(オミナゴ)に4人、菟名子(ウナコ)に2人と、計4人の妻に17人の子を産ませました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この子供達のうち、廣姫との間に産まれた押坂彦人大兄皇子と菟名子との間の糠手姫皇女(アラテヒメミコ)の異母兄妹が結婚して産まれた敏達天皇の孫が、後の第34代舒明天皇(ジョメイ)になっています。
 蘇我家の血をひく蘇我稲目の娘堅塩媛が産んだ豊御食炊屋姫は、敏達天皇との間に8人の子供をもうけていますが、その子供たちの家系は誰も天皇には成りませんでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 第30代敏達天皇の母親は、第28代宣化天皇の皇女で第29代欽明天皇の皇后石姫皇女ですので、その墓はもちろん御陵で、以前29−2で紹介した磯長原陵、そこに息子の敏達天皇は追葬されて河内磯長中尾陵となり、親子でここに合葬されています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 500年中頃の敏達の時代は、大臣蘇我馬子(オオオミソガウマコ)と大連物部守屋(オオムラジモノノベノモリヤ)が仏教の受容をめぐって対立し始めた時代ですが、敏達天皇自身は仏教に好意的ではなかったようです。

    返事 
花水木さん:金の大吉、八坂神社だけではなく、
    他の神社にも有るようですよ。
大雪男さん:セは混戦で、どこが強いのかまだわかりませんね。
タグ: 天皇陵

2018/4/13

大吉  
   クリックすると元のサイズで表示します
 7〜8世紀の天平時代に大陸から伝わった三大染色技法
1.臘纈(ロウケチ):ロウで生地を防染する、いわゆるろうけつ染め
2.纐纈(コウケチ):生地を手で括ったり縫ったりして防染する、いわゆる絞り染め
3.夾纈(キョウケチ):板で生地を挟んで防染します。
 あまり聞きなれない3.の夾纈は、難しいので途絶えてしまった技法です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この夾纈を現代に蘇らせた職人芸術家が、私の古い友人なのが、私のプチ自慢です。
彼が90歳まで生きたら、人間国宝に成れると思っています。
 そんな偉い彼ですが、私にとっては小学校からずっと遊んでいた、単なる遊び友達。
芸術家なので、なんか霊感が強い奴で、私の麻雀のあがり牌を簡単に当てたり、ロト番号もよく当ててきましたし、競馬に行く時には、最初から半数の馬がこれはこないと黒塗りした競馬新聞を持って来て、勝って帰るのはいつも彼だけ、パチンコに行くと私も出る台に座らせてくれる、貴重な友人です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 そんな彼も、私が島に行ってる間に病気になり、その頃から昔の感の良さもなくなってきたようで、心配してました。
  3枚とも彼の夾纈染めの作品、買いたい方は連絡いただければ嬉しいです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 その彼が、昨年末に毎年恒例にしてる八坂神社のおみくじで1万枚に1枚と言われる金の大吉を引き当てました。
 それによってかどうか、また調子が悪くなっていた病気の再燃も、上手に手術してもらって、悪運強くなんとか乗り切ったようです。
 正月には、このおみくじの運はすべて彼に行くようにと、見せてもらうだけでしたが、良くなったので、2月にはこのおみくじのおこぼれを貰おうと、写真にも撮って、思い切り撫ぜまわしました。
     病気;信ずれば全快
   クリックすると元のサイズで表示します
 そしたら、3月は麻雀3回やって3回とも大勝!、競馬は久しぶりの3万馬券ゲット!など、と絶好調。
 4月に月は変わって、調子は少し下り坂ですが、4月には4人目の孫が元気に生まれて、まあ金の大吉さまさまですかね。
     勝負事;万事障り無し
     願望;諸事成果有り    おみくじの通りでした。

   返事
花水木さん:京都の男性平均寿命は都道府県中第3位。
    80歳越えてましたので、私の希望死亡年齢を今までの80歳より引きあげて、
    今は85歳に訂正しています。
     それで中の上。

2018/4/9

お七夜  京都から
  クリックすると元のサイズで表示します
 金曜日、娘を見舞ったついでに、近くでやってるターナー展に行きました。
 展覧作品も多くなく、その分楽に観れました。
まずまず良かったですが、漁師の船や波の絵を見るだけで、なんとなく奈留島を思い出しました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 夕方会食の前に、雨の哲学の道の桜をちょっと鑑賞。
人はさすがに少なかったですし、桜もほぼ終わりで、疎水を花びらが流れていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日、早くも娘と孫は退院です。
孫V−1も数日で可愛くなってきました。
 夜は大学の同窓会、110人ほどの同期卒業者のうち、もう16人がいなくなっていました。
60番目ぐらいに死ぬのが理想です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日、盛り上がりに欠ける京都府知事選挙、出口で朝日新聞の出口調査に呼び止められました。
最近、よくアンケートに答える機会がありますね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 夜は、孫V−1産まれて7日目ということで、「お七夜」にもよばれました。
私たちはお七夜はしたことがなかったので、初めての経験です。
7日間よく生きた、これで無事育つだろうと、赤ん坊に名前を付けて祝うというのが元々の始まりのようで、床の間の上には命名書も貼ってありました。(名前は誕生日当日にはもう決まってましたが)
お寺に嫁がしたおかげで、色々としたこともないことや知らないことも経験できて、興味津々です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 お寺なのでまだ入ったこともない部屋も沢山ありますし、婿殿が使った衣装も飾ってありました。
    クリックすると元のサイズで表示します
祝膳をいただいて、皆さんが私よりはるかに喜んでいてくれたのが嬉しい限りです。
 同じ誕生日になって、忘れられそうになっていた婿殿の誕生日祝いもあって、ケーキも食べられました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 土日と誕生日に合わせて4・2を入れて勝馬投票券買いましたが、4割ぐらいしか戻ってきませんでした。
 月曜日、まだ少し寒い京都です。
自宅の小さな桜は、まだ咲いています。
4月いっぱいは、4人暮らしの生活です。

    返事
花水木さん:音感は血統的には良くないと思いますが、
    お経をあげるのが上手だったら嬉しいです。
     私的には、カラオケ嫌いの人は大好きです。
和さん:8日は京都少し寒かったでしょうね。
    平安神宮内の枝垂れ桜はまだ残っていましたか?
     向こうのお父さんの耳介とそっくりなことを、発見しました。

2018/4/6

最後の桜  京都から
   クリックすると元のサイズで表示します
 火曜日、散っているかと思っていた老人ホーム庭の枝垂れ桜、まだ満開でした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 次男が送ってくれた、仁和寺の遅咲きの御室の桜も、今年はもう満開です。
孫U−2も1年生になります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 おかげさまで孫V−1もミルクの飲みも良く、順調そうです。
奈良平城京のゆるきゃら「せんとくん」に似ています。
耳介の恰好が複雑で綺麗でしょと、早くもじじ馬鹿ぶり発揮です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 水曜日朝は重役出勤なので、出勤途中にゴルフ打ちっぱなしに寄り道、相変わらず進歩はないですが、桜は終わりでもヤマツツジが咲いていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 我が家の2代目小さな桜も満開になりました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 木曜日、老人ホームから病院への通勤途中、同志社大学のソメイヨシノはもう葉桜です。
少し寒の戻りがあって、上着がまた必要になりましたので、京都の桜ももう少しは楽しめそうです。

     返事
和さん:八千代さんで食事とは贅沢ですね。
    庭は綺麗ですが、桜があるかどうかは覚えていません。
     雨が降りそうですが、少し寒くなったので、
    8日はまだ桜残ってるかもしれません。
    常照皇寺の桜は、少し早いでしょうね。
花水木さん:花水木親子に近い私は、
    ロックフェラーと同じ誕生日です。
     研ナオコと同じでも、多分歌は苦手そうな花水木さん同様、
    私も大富豪には程遠いです。

2018/4/4

桜まだまだ満開  京都から
   クリックすると元のサイズで表示します
 日曜日、3人で朝の散歩は近くの疎水を歩いて生協まで買い物に。
疎水の桜は、そろそろ散り始めです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 前を歩く親子連れの背にも、桜吹雪が舞っていました。
後ろ姿では判りにくいですが、右の娘さんは次の日には母親になっていました。
 日曜日は4月1日、月が替わると3月のツキも落ちて、競馬はまったくはいらなくなり、阪神は連敗です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 月曜日、朝の通勤は自転車でちょっと寄り道して、鴨川土手の桜はまだ満開です。
朝なのにもう暑いぐらいでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 前の写真の桜の下、桜のトンネルを自転車で走る、ちょっと贅沢な通勤です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 先週月曜日は満開だった、出町の診療所近くの本満寺の枝垂れ桜は、1週間できっちり葉桜になってしまっていました。
どこから情報が入るのか、先週と違って観光客は誰もいませんでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 診療所待合室の桜は満開でしたが、患者さんはあまり来ません。
    クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 午後から働いてる岩倉の病院近く、岩倉実相院の桜は1週間で満開になっていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 その病院のピンクの桜も、満開です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 そしてその日、4人目の孫が産まれました。

     返事
和さん:同じ誕生日ってあるんですね!
     私も同じ誕生日の看護婦さん二人と働いていました。(関係ないか)
花水木さん:朝橘さん大きいですよね。
     小さく産んで大きく育てる、理想的ですね。
大雪男さん:弱気な順位予想に変わりました。
     広島・巨人・阪神・ヤクルト・横浜・中日
      そして阪神のCS逆転勝ち。でどうでしょう?

2018/4/2

4人目  
  クリックすると元のサイズで表示します
 1週間以上予定日より遅れて、やっと娘が無事に孫を産んでくれました。
今までの3人の孫は、遠く離れた島にいる時に産まれたので、あまり心配しませんでしたが、今回は出産前から家に居て、しかも初の外孫ということもあって、私なりに心配していました。
 身長50cm以上で体重も3000ℊ以上と、元気に泣いていたので、一安心です。
娘も元気に、もう授乳さしていました。
今日は仕事も早く終わる日なので、私の子供や孫の中で出産後一番早く見た赤ん坊です。
 病院近くのコーヒー専門店で、これまたほっとしてる家内と、コーヒーではなくパフェを食べてお祝いです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 家内が頼んだコーヒーと大きなジャーマンパンケーキも3分の一ほど貰いました。
ハチミツかけて、美味しくいただきました。
 世間にはよくある話だと思ってましたが、孫は婿殿と同じ誕生日になりました。
4月2日産まれって、1日前なら早生まれで人生変わる誕生日なので、婿殿と同じく優しい礼儀正しい子供に育ってくれたら満足です。
 これで4人の男ばかりの孫を持つ、どこから見ても正真正銘のお爺さんになりました。

     返事
花水木さん:桜は散っても、来年又咲くからいいのです。
     私は満開にならず、枯れていくようですが。
大雪男さん:やっぱり1勝どまりでしたが、
    1勝したのでまずまずです。
     予定通り4月は耐えますが、その間に広島に10ゲームぐらい差を付けられそうですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ