奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/8/31

亀岡観光  
   クリックすると元のサイズで表示します
 京都市に隣接する京都府亀岡市、老ノ坂の峠の向こうにある、丹後へ行く途中に通る、霧の多い所ぐらいの認識しかありませんが、今回亀岡市の湯の花温泉に泊まったので、帰りに亀岡観光をしました。
と言っても、一番有名な保津川下りではありません。
 写真は亀岡城址
    クリックすると元のサイズで表示します
 再来年2020年のNHK大河ドラマの主人公になるので人気が出るかもしれない明智光秀が築城し、豊臣・徳川時代の天下普請を経て、明治維新の廃城令で取り壊された丹波亀山城。
 三重にも亀山藩がありややこしかったのですが、新政府側に付いた三重は亀山藩として残り、幕府側に付いた丹波亀山藩は亀岡と改称されたようで、ここは亀岡城址でもあります。
 大正時代払い下げで大本教がここを買い取りましたが、昭和初期の大本教への大弾圧で、徹底的に破壊された亀岡城址、戦後再び大本教に戻され、ここは大本教の聖地ともなっています。
大本教の駐車場に車を停めて、大本教の受付で許可を得て入りますが、皆さん親切丁寧に対応してくれます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 亀岡駅近くでイオンや西友も近くにありますが、さすが宗教団体の管理地、よく整備されて、中央の聖地には入れませんが、静かで自然が良く残ってる亀岡城址です。
この石組も下3段を残して、全て弾圧時につぶされたそうですが、再び信者さんの手で積み直されたそうです。
 光秀もこの辺りで、「敵は本能寺にあり」と思ったのでしょうね。
       クリックすると元のサイズで表示します
 他に亀岡観光名所はないかと調べたら、大阪府に近い山の中にイギリス村を見つけました。
ドゥリムトン村という、宿泊や写真撮影も出来て、レストランのある小さな村でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 イギリスに行ったことがないのですが、なんとなくイギリスの北の方の静かな田舎の村をイメージした造りになっています。
営利目的でされてると思うのですが、なんか趣味の域を出ない感じもあります。
    クリックすると元のサイズで表示します
 この日もプールの方がむいているぐらいまだ暑かったですが、冬の寒い日に行ったら、もっとスコットランド?のような気がするかもしれません。
   クリックすると元のサイズで表示します
 小さな田舎の街としての風景もあって、だいたい2千円ぐらいの料理を注文しないと、この村に入れない仕組みになっていますが、SNS映えがする写真が撮れるのが評判になってるようで、若い人がけっこう来てました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 施設内のポントオークと言うこのレストランを予約しておいたので、皆でゆっくり昼を食べられました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 イギリス料理と言えばこれの、フィッシュアンドチップスを私は注文しました。
イギリスのまずい料理の代名詞のようにも言われてるそうですが、初めて食べたら意外と美味しかったです。
他にもスコーンやミートパイもまずまず美味しかったし、テイーも料理によく合いました。
 それでもここに何度も足を運んで、ランチをしたいと思うほどでもない私ですが、話の種(ブログのネタ)にはなかなか良い所でした。
 近場亀岡も、捜して見るとなかなかおもしろい所がありました。

      返事
花水木さん:尻の痛みはだいぶ取れました。
     総入れ歯が外れても、もうそれほど恥ずかしい思いはしない年齢になってしまったことを、
    喜んで良いのか・・・・。
和さん:奈留島でみかん屋さんに逢って、
    次のニュータイヨウで福江島の方が有意義ではありませんか。

2018/8/27

古希  
  クリックすると元のサイズで表示します
 満年齢で今年古希を迎えたと言っても、私の同級生で古希を迎えられなかったのはせいぜい1割ぐらいなので、今の時代古希はそれ程古来稀ではないですよね。
 それでも夏休み最後、0才から66才までの老若男女11人が私の古希を祝って、湯の花温泉に集まってくれました。
近場亀岡への一泊二日の旅行です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 台風一過でもまだ暑く、貸し切り状態の宿のプールも楽しみました。
奈留島の海水浴場でフークと一緒にのんびり浮かんだり、富江のたっしゃかランドのプールに浸かったりして以来の水泳です。
 その当時ももう総入れ歯だったと思いますが、総入れ歯が緩んできたのか、息継ぎをしたら入れ歯が緩んで水中に落ちそうになりました。
総入れ歯で水泳は無理なことを、70歳にして初めて知りました。
 泳ぐのはやめて、幼児プールの方に移り、小さな滑り台からすべって水に入りましたが、浅いプールの底で腰を強打。
その夜ぐらいから、いつもの腰痛とは違う打撲痛が今も残ってます。
    クリックすると元のサイズで表示します
 団塊世代に産まれて70年、致命的な失敗もなく、号泣するような悲しみにも会わず、平々凡々と言うより、ダラダラのんびりわがままに生きてこれたので、まあ幸せなんでしょう。
 10年前の還暦では義母から電気カミソリを貰いました、今回古希でも子供達から電気カミソリを貰いました。
次回10年後の傘寿でも電気カミソリが貰えたら良いのですが、微妙ですね。
 でも今の私の目標は85歳ですので、それまでこのブログには書けないような事件が起こらないことを祈りながら、のんびりダラダラとブログを続けていければ幸せと思っています、
 尚、このローソク7本の灯を、一気に吹き消せるぐらいの余力は残っていました。

     返事

花水木さん:今年の夏は暑いので、
    涼しいイオンにもよく行ってます。
     設計で有名になるには、
    無駄をいかに綺麗に作るかですかね。
大雪男さん:相部屋だから安いんですね。
     メルセデスが左に3割打たれてるデーターも、
    まだ母数が少ないから判らないと考えたのですかね。
    巨人に2連敗してもう今年は終わりと思ってたのに、
    澤村さんのおかげで、もう少し観ることにしました。
タグ: 古希

2018/8/22

和久傳ノ森  趣味
   クリックすると元のサイズで表示します
 五島からの帰り道に寄った津和野にある安野光雅美術館、そこで買ったトランプで孫たちが遊んでいる時に、京都の久美浜にも安野光雅の美術館が出来ているという話を聞いたので、先日行ってきました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 京都府の北西にある久美浜町(小天橋で有名です)、そこに出来た和久傳ノ森。
和久傳は元々丹後の峰山にあった老舗旅館(丹後ちりめんで栄えた地方の金持ち相手)、そこが昭和の終わりごろ京都市内で料理屋を始め、蟹などで今や京都の有名店になっています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 右の美術館に行く前に、先ずは左の工房レストランMORIで、その和久傳の料理を食べました。
   クリックすると元のサイズで表示します
   クリックすると元のサイズで表示します
 私の昼ご飯としてはちょうどいいぐらいの量、付いてるみそたれや土鍋のご飯が美味しかったです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 森の中の家 安野光雅館です。
安藤忠雄さんの設計なので、いかにもそれらしい入り口の回廊と建物でした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 和久傳と安野さんの結びつきは解かりませんが、お盆が過ぎても残った夏の陽のような下で、ゆっくり美術館や安野作品を観るのも、なかなか良いものでした。

      返事
大雪男さん:京都市内で1泊3千円以下で泊まれるのですか、
    民泊でももっと高いと思ってました。
花水木さん:お盆が終わって、セミの声がなくなったら、
    トンボが飛び出して、急に秋ですね。(今日は暑いですが)
     あんなに暑かったので、30℃ぐらいなら涼しく感じますね。

2018/8/17

五山送り火  京都
  クリックすると元のサイズで表示します
 8月16日(木)、今晩の送り火に備えて裏の西山にはもう「妙」の火床が出来ています。
  クリックすると元のサイズで表示します
 船形の火床も見えます。
夕方に雨がザーッと来ましたが、今年は空ももって涼しくもなって、お客さんも揃いました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 8時に「大」が付きました。
昔は窓から「大」も綺麗に皆見えてたのですが、北山通りにマンションが建って、我が家からは「大」の上がちょっと見えるだけです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 我が家のメイン「妙」、今年は煙も少なく、全部の火床が綺麗に付きました。
雨上がりで、例年になく綺麗な「妙」です。
  クリックすると元のサイズで表示します
 送り火の「妙」は何故か妙の字の右上に点があります。
松ケ崎の昔からの家の長男が一つずつ火床を廻り持ちで持っておられるので、今年はどこの火床も文句を言われない綺麗な火でした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 今年生まれた4人目の孫は、初めての送り火でした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 「船形」も燃えだしました。
帆柱の火床二つほどがなかなか付きませんでしたが、最後は綺麗に完成。
   クリックすると元のサイズで表示します
 TVで中継も見ながら、20分ほどの今年の五山送り火も終了。
急に秋のように涼しくなってきました。

2018/8/14

細見美術館  趣味
  クリックすると元のサイズで表示します
 8月11日(土)山の日、暑い暑い夏、京都岡崎の疎水も暑そうに流れていました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 その岡崎の疎水の近くにある細見美術館、若冲の絵をたくさん持ってますが、いつもは企画展ばかりの小さな美術館です。
 -判じ絵-今週は涼しい美術館巡りになりました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 判じ絵は、「ら」を10個書いてトラ(虎)とか、釜が切られてる絵でカマキリなど、の絵文字のこと。
 暗い所に飾ってある小さな浮世絵ばかりなので、目がつかれました。
美術館を出たら明るいですが、まだまだ暑い夏!

     返事
花水木さん:このブログも、
    私が死んでからでも有名になれば良いのですが。
     最近は男子トイレを出た時に、方向感覚がボケてきたせいか、
    出口ではなく女子トイレの方向に歩きだすことしばしば、
    変質者に間違われる日も近いような気がします。
大雪男さん:清水坂の下にもたくさんゲストハウスが出来てますね。
    安いんですか? 祇園安井やから安い(地元だけのネタです)
     北条が最後まで持ってくれたら嬉しいですが・・・・。
    阪神負ける日が多いので、8時に寝てしまう日も多い今日この頃です。

2018/8/10

佐川美術館の田中一村展  趣味
   クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖大橋の近くにある佐川急便の佐川美術館、家からは途中越えで1時間弱で行けます。
この正面看板は、黒田丈二さんの作品だと思いますし、20年前の開館早々に黒田辰秋展もあったと思いますし、その時は息子の丈二さんも生きていましたね。
  クリックすると元のサイズで表示します
 琵琶湖をイメージしているのか、水の上に浮いたような美術館の建物は、20年経っても綺麗です。
   クリックすると元のサイズで表示します
 建物の中からも、葦の植えられた水辺の庭が見渡せます。
   クリックすると元のサイズで表示します
 平山郁夫の絵の収集でも知られた美術館ですが、二人とも平山郁夫さんはそれほど好きではないのでパス。
 もう一人彫刻家佐藤忠良(サトウチュウリョウ)の作品をたくさん集めてることでも有名です。
庭の水面に置かれた「蝦夷鹿」の作品も忠良さんです。
忠良さんの作品はなかなか良いですが、私にとっては我々世代のアイドルでもあった女優の佐藤オリエの父親、の方が分かりやすかったです。
  クリックすると元のサイズで表示します
 男子トイレも20年前に出来たとは思えないぐらい。
   クリックすると元のサイズで表示します
 トイレに寄ったわけではなく、田中一村さんの生誕110年ということで、奄美大島で作品を書き続け、あまり作品を認められないうちに島で亡くなった画家 田村一村展が佐川美術館で開催されていたからです。(1000円)
  クリックすると元のサイズで表示します
 若いころの南画家としての作品が多く、奄美大島の作品は少なかったので、ちょっと物足りない展覧会でした。
子供の時からめちゃくちゃ上手、特に虫は上手でしたが、鳥は軍鶏以外はもひとつ、やっぱり若冲は天才ですね。
 69歳で亡くなるまで一人ものだったのですかね、もっと奄美の絵を見たいものです。

       返事
花水木さん:大丈夫です!
    遊園地9時間中6時間は座っていたと思います。
    好きなキノコ狩り5時間可とはすごいですが、
    まあ私も好きな麻雀なら5時間は楽勝ですね。
     オートバイでは友人の息子を二人も亡くしているので、
    孫にも乗ってほしくはありませんね。

2018/8/3

鈴鹿サーキット  
   クリックすると元のサイズで表示します
 毎年夏の鈴鹿で行われてる日本最大のオートレース 鈴鹿8時間耐久ロードレース 、鈴鹿8耐に行ってきましたというか・・・。
  クリックすると元のサイズで表示します
  クリックすると元のサイズで表示します
 オートバイ少年ではなかった私ですが、イギリスマン島のホンダの活躍に胸躍らせた時期もありましたし、医局への通勤時代は50tのホンダラッタッタを使っていましたし、スペンサーのオートバイ騎乗姿のジグゾーパズルも作りました。
 7月27日(金)は8耐公式練習日で、練習走行でも生はすごい迫力で、エンジン音も体に響いて興奮します。
8耐は今年でもう41回目になるそうです。
    クリックすると元のサイズで表示します
 実は鈴鹿8耐を観に来たのではなく、鈴鹿サーキットに併設されてる遊園地に3人の孫を連れて来た日が、たまたま8耐と重なってただけです。
 混雑を心配して朝5時過ぎに家を出ましたが、意外と駐車場にも楽に入れ、遊園地は平日で思いのほか人は少なかったですし、猛暑最後の日だったので暑さの方もましでした。  
    クリックすると元のサイズで表示します
 オートバイの迫力に孫3人はびっくりしていましたが、さすがに私の孫、レーサーになりたいとは誰一人も言わず、「怖いなあ!」と言うだけ。
 ミーハーの家内だけが、「来年は併設ホテルに泊まって鈴鹿8耐観に行こう!」と、興奮していました。
29日(日)8耐のTV中継は、二人でかなり観てしまいましたし、その間に私はアイビスサマーダッシュGVを獲りました。
    クリックすると元のサイズで表示します
 小学1年生は乗れなくて3年生は乗れる遊具などがあるため、3人でもめたりもしていましたが、電動バイクのライセンスも取れて孫たちは大満足したよう。
遊園地滞在時間は8耐以上の9時間近くに及びましたが、子供は疲れを知らずに元気ですね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 午後からの私は、日陰で思わず眠ってしまったり、完全に見学監視人化していました。
人生70年にして、遊園地最長滞在時間を更新したと思います。
     クリックすると元のサイズで表示します
 男と生れたからには一度くらいこんなことをしたり、後ろに彼女を載せて走りたかった気もしますが、それは夢のまた夢。
まあ出来なかったので、70歳まで長生きできたのかもしれません。

      返事
花水木さん:花水木さんは私より若く女性なので、
    次の火星大接近は絶対観れるでしょう。
     人間それなりに(あくまでもそれなりですが)苦しみを抱えて生きてるんですが、
    私はまあ、出来たら気楽に生きようと考えています。
和さん:この写真はデジタル処理された火星だと思うので、
    本当の火星はこれとは違うかも。
     年とってからは、へこんでしまうような機会に合わない生活を考えていますが、
    やっぱりへこむことは多いですね。
     毎日が曇りでちょっと雨が降る天気にする機械が出来たら、良いですね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ