奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2012/3/2

青野原病院  播州
    クリックすると元のサイズで表示します
 現在勤務している、兵庫県小野市の西のはずれにある、
     兵庫青野原病院
自衛隊青野ヶ原演習所のすぐ横の丘の上にあります。
   クリックすると元のサイズで表示します
 敷地だけは、甲子園球場の3倍と広いですが、寂しいのは旧陸軍戦車部隊の跡地で、結核療養所として出発したから仕方ありません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 その敷地内の官舎の2階に、フークと暮らしています。
家内は、寂しすぎて退屈なので、最近は半分以上京都暮らしです。
  クリックすると元のサイズで表示します
     突然ですが
 1年半勤めた青野原病院を、この3月で退職することにいたしました。
慣れない仕事で、病院の役に立ったとは言い難いですが、私自身は、たくさんの重症心身障害者の方々に出会え、またその母親達の明るさや元気さに触れることができ、大変良く、貴重な体験が出来たと思っています。
 リハビリ科のこの6人にも、頼りない上司どころか、お世話になってばかりで、申し訳なかったし、また置き去りにしてしまうという後ろめたさも有ります。
 もし青野原病院の関係者で読者の方がおられたら、どうか4月からもリハビリ科をよろしくお願いいたします。
   クリックすると元のサイズで表示します
 播州にも、小野市にも、官舎横の煙突と桜のある私の好きな風景とも、数日でお別れです。
 身辺整理と言う休日を過して、4月からまた働きます。
その間、京都から発信予定ですが、上手くつながるかどうか?
     時々覗いてみて下さい。

   返事
花水木さん:27の縁?なんですか?
     神保悟志さんの応援ありがとうございます。
喜珍さん:年賀状の宛名書きはPCで楽になりましたね。
     喜珍日記読んで、そちらの様子を知りました。
中ちゃん:こちらこそありがとうございました
     と言うことで、予定を早めて今回のブログになりました。
春の女神さん:律儀なのではなく、島に行ってからは、
      なんとか人と繫がりたい気持ちが増えたからです。
      

2012/2/23

室津  播州
    クリックすると元のサイズで表示します
 先週は京都市内も雪が積もったようですが、日曜日が日当直なので週末京都には帰らず。
 土曜日、少し早いが梅が見られるかと、相生から室津にドライブ。
室津の賀茂神社、海からも参拝できるような立派な社です。
平清盛も参拝したと宣伝中ですが、まだそれ程人はいませんし(朝早いせいか)、梅も咲いていませんでした。
    クリックすると元のサイズで表示します
 その境内の「賀茂の愛の榊」、二本の榊(さかき)の木が神様の強いお力によって途中から一本に結ばれていました。
夫婦の絆・良縁の祈願所でしたので、夫婦二人で大神様のお力を頂くべく、お祈りを熱心にしてしまいました。
写真では判りにくいですが、途中で2本の木が合体しているでしょう。
しかし、その後はまた別々の方向に分かれて、それぞれ枝を伸ばしているようなので、まあそんなものかもしれません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 室津センターみなと茶屋で休憩、家内のコーヒーにはパンと卵も付いてきて、私はやっぱりクリームあんみつ、これで730円、ボランティアの運営で安いです。
神武天皇の東征の頃から港として使われていたと言う、室津漁港を見ながら食べました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 室津海駅館は、北前船の主に羽鰊(はにしん)といって、肥料にする為の鰊の頭と骨を商売して儲けた豪商「嶋屋」の建物を改装して使用していました。
今回はたまたま竹下夢二の復刻版画展をやっていて、写真もOKでした。
   クリックすると元のサイズで表示します
 帰り道、道の駅みつのトイレの窓から見る瀬戸内海は、もう春が近づいている感じでした。
牡蠣を食べましたが、梅林はまだまだでした。

   返事

花水木さん:微妙な年代のずれがあって、
    私がバレンタインを意識しだしたのは、20歳を過ぎていたと思います。
喜珍さん:私は妻チョコを貰った記憶が、残念ながらありません。
和さん:それは尻拭いではなく、献身ですね。

2012/2/6

恵方巻き  播州
クリックすると元のサイズで表示します
   先週は寒かったですね! 
     しかし、今日はもう雨で、寒さも峠を越えましたかね?
 小野市の北、西脇市の西の多可町に、地域の人がやっている小さな店「マイスター工房八千代」が有って、今ではなかなか有名店になっています。
 そこの「天船」と言う巻き寿司、美味しい!
 「節分に合わせて8000本作るので、買ってきましょうか?」と看護婦さん言われ、1本480円。
 手に入れました。
      クリックすると元のサイズで表示します
 金曜日なので、京都に帰るお土産。
どっち向いたらよいか3人とも知りませんでしたが、家内・娘と3人で食べました。
甘く美味しい!寿司飯も私には丁度良い味です。椎茸も美味しい!胡瓜はやや大きすぎますが、入れ歯でなければこれも良いか。
 京都には、生協で買った巻き寿司もありましたが、この後食べるとやっぱり京都、少しすっぱい感じでした。

    返事
花水木さん:神戸の豚マン、「老祥記」が有名で、いつも長蛇の列ですが、
    私は35年前に一度食べただけで、その後は食べていない小さめの豚マンです。
喜珍さん:長崎ランタン祭りのほうが規模は大きいです。
     確かに毛布を上にすると、毛布が小さくクチャクチャになってずれることはないですね!(納得)
 前回分の追加
エビアドガボさん:毛布の感触、子供の時は嫌いだったのに(重く厚かった安物毛布だったせいか)、
     年とると、毛布の感覚気持ちいいですね。
びいたんさん:そのせつは、布団の用意ありがとうございました。
    「びいたん」は、びりけつで短足と言う意味のニックネームだったんですね。

2012/1/18

青野原病院の木A  播州
       クリックすると元のサイズで表示します
 青野原病院の敷地内には、登録された木だけでも647本の大きい木が有ることは、もう皆さんご存知ですね。
 もちろんこの中には、小さなかん木や竹などは含まれていません。
 647本中、栄光の1番札がぶら下がっているのが、写真のこの松です。
そう思って見ると、なんだか他の松と違う気・・・・はしませんね。
 先ずはこの松を、青野原病院647ヶ所立木竹霊場観光巡り
    第1番霊場玄関横の松と命名してお参りしました。
        クリックすると元のサイズで表示します
 その隣の隣3番札は有りましたが、2番がありません。
 丁度私が外来診察をしている窓から見えて、「1本松が枯れてるなあ」と思っていたのですが、知らぬ間にその枯れ松は伐採されていました。
それが2番札の松だったのですね。知らぬ間に国民の財産である松が切られ、闇から闇に葬られていたのです・・・・・?。
 写真のように、今は切り株だけを残すだけですが、
     第2番霊場切られ松 と命名してお線香を手向けました。
       クリックすると元のサイズで表示します
 地図入りの立木竹配置図を見てみると、最後の647番は病院横門近く、この写真の雑木林の中にあるようです。
蛇が出てきそうですし、ましてや死体でも転がっていればえらい事なので、647番札の確認には行きませんでした。
 そう言えば立木竹配置図と書いてあり、この辺りは竹林になっていて、春には庭師のお爺さんから、国有財産を無断で掘った筍まで貰っていますが、竹には番号は振ってありません(当たり前か)。
 1回で1番霊場から647番霊場付近までざっと紹介いたしましたので、1番ずつブログで紹介する青野原病院647ヶ所立木竹霊場観光巡りはやめることにいたしました。

  返事
喜珍さん:算盤のお守りのことは知りませんが、確かに現在小野市は算盤の生産地ですね。
     でも、日本の算盤の最初は長崎算盤ですね。
花水木さん:新シリーズは終わってしまいました。すみませんまた考えます。
エビアドさん:ありがとうございます。
     フークにも逢っていただきましたが、あのように愛想がない犬でしょう。
春の女神さん:検索ですが、調べました。梨の赤星病の原因になるようですね。
     梨の産地では、カイズカイブキを植えてはいけないという禁止条例も有るようですね。
       知らないことが判って、いい勉強になりました。

2012/1/12

青野原病院の木@  播州
     クリックすると元のサイズで表示します
 国立病院機構青野原病院は、兵庫県の小野市の西にある丘陵地にあって、隣には広大な自衛隊の演習場も有る田舎ですが、その分病院の敷地も広く甲子園球場の3倍はあるそうです。
 交通は不便ですが、自然環境は素晴らしい所です。
しかし、もうじきもっと狭い所に移転することが決まり、チョット悔しく残念です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 ソフトボールが充分出来る病院敷地内の運動場も、現在はフークの独占ドッグランとしてしか使用されていません。
 この広い病院敷地内には沢山の木々も植えられていて、国有地なので高さ1m太さ10cm以上の木は、国有財産としてしっかり登録されているそうです。
 写真は、運動場の一部と官舎近くの大きなヒマラヤスギですが、当然この木も登録されています。
      クリックすると元のサイズで表示します
 登録された木々は、マツ・ウバメガシ・モミジ・ソテツ・サクラ・カイズカ・アカシヤ・ケヤキ・スギ・メタセコイヤ・コズリハ・ポプラ・ヒマラヤスギ・クヌギ・フジと私の知っている木も知らない木もありましたが、一番多いのはこのカイズカイブキ
 私の建売住宅の塀に沿っても、以前はこのカイズカイブキが数本植えられていて往生しましたが、普通の家には安いからと言って植えてはいけない木らしいです。
 病院のカイズカイブキは、ほぼ全てがこんな風に綺麗に「玉つくり」にして刈ってありますが、庭師のおじいさんも大変ですよ。
      クリックすると元のサイズで表示します
 一本一本よく見ると、番号札がくくり付けてあります。
国有財産なので一本もおろそかには出来ないようです。
 これを一本ずつブログで紹介したらと思い、500番代まであることを確認、事務所の人に尋ねると、
平成14年に近畿厚生局病院管理部経営指導課地方管財専門官に宛てた「立木竹の現状確認作業について」という書類を貰いました。
これによると、敷地内に登録された木は647本あります。
 次回から、あの素晴らしかった奈留島121ヶ所ゴミ箱霊場観光巡りに続いて、
   青野原病院647ヶ所立木竹霊場観光巡りとして紹介すると、ブログネタにはしばらく困らないことになりそうです。
             この稿続く

  返事
花水木さん:ご主人若いですね!私はカラや少女時代にはついてゆけません。
     それならまだAKB48の方が解ります。

2011/12/5

神戸長田区  播州
       クリックすると元のサイズで表示します
 休日神戸でデートです。
若い時に2年間、神戸の病院にいましたが、西の方の長田にはあまりいったことがありませんでした。
 震災直後に、長田区は猛火に包まれ、そのTV画面が印象的でした。
 車を神戸の西の方に駐車して、地下鉄で長田駅に、駅周辺は新しく区画整理された新しい建物ばかりでした。
 その中に、鉄人28号が鎮座していました。
大きいですが、実物大?かどうか判りませんし、ビルより高いという感じではありませんでした。
      クリックすると元のサイズで表示します
 28号の下から見上げると、肛門が見えました。
水抜きの為でしょうか、当日は曇っていましたが、雨の日でも鉄人28号の下では雨宿りは出来ないようです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 横山光輝は神戸出身だと思うので、鉄人28号があって、また三国志を書いていたので、「三国志ガーデン」もありましたが、フィギア好きでなければ入館料400円は高い。
私的には、横山光輝作品では「伊賀の影丸」を熱心に読んでいましたしたし、一番面白かった。
     クリックすると元のサイズで表示します
 長田は震災前から靴の町だったようで、「シューズプラザ」で靴を見ようと、家内は楽しみに出かけましたが、休日にもかかわらず定休日。
唯一あった赤いハイヒールはサイズが合いませんでした。
      クリックすると元のサイズで表示します
 震災復興で整備された歩道には、神戸ゆかりのトップアスリート達の靴型タイルがはめ込まれていました。
ちなみにこれは、復活なるか野口みずきです。

   返事
花水木さん:もちむぎ麺はまだ食べていませんが、
    もち麦の入ったお菓子類は、麦の香りが一杯でした。
春の女神さん:ますます分からなくなりましたが、私がどこかで勘違いしてるようです。
    三木家のことまでよくご存知ですね、その三木家は改修中で入れませんでした。
喜珍さん:私が兼と書いたのでややこしくなりました。
    本当は「○○を辞めた後△□をした」ですかね。

2011/11/29

福崎  播州
      クリックすると元のサイズで表示します
 青野原病院から西へ30分ほど車を走らすと、中国自動車道と播但自動車道が交差する町、
         福崎が有ります。
    福崎町立神崎郡歴史民俗資料館
 明治19年に町役場として建てられた建物が、ここに移築されて資料館になっていました。
 無料です、なんかの保存の募金箱に100円だけ入れました。
中の資料は、もひとつ私の興味を引きませんでしたが、建物自体はかっこよく、2階のテラスの柱は円柱、その下1階玄関の柱は角柱です。
     クリックすると元のサイズで表示します
 本来の目的は、この横にある
      柳田國男・松岡家顕彰会記念館 
 内部は写真禁止なので、普通の外観のみ。
「日本民俗学の父」と言われる柳田國男さんですが、「遠野物語」の名を知っているぐらいです。
イメージは東北なので、播州の地になんでと思ってしまいました。
館内のTVで、1950年代のNHKアーカイブを写していました。私の小学生の時は健在だったんですね。年とった時の顔は漫画の主人公のようです。
 國男の兄弟も皆偉くて、松岡家5兄弟と言われています。
長男松岡鼎が医者兼政治家、3男井上通泰は眼科医兼文学者、6男が柳田國男で、7男柳田静雄は海軍大佐兼言語学者、8男松岡映丘は日本画家です。
映丘の絵は、この前行った「細川家の至宝展」にも有りましたので、この人だけは少し知っていました。
 男ばかりの8人兄弟ですが、次男・4・5男はどんな人だったんでしょうね。
   (しらべたら、早世と書いてありました。安心しました。)
       クリックすると元のサイズで表示します
 隣には、國男が「日本一小さい家」と呼んだ生家が保存されていました。
4K+納屋なら充分大きそうですが、長男の嫁も同居で、嫁は出て行ったと書いてあったので、やっぱり8人も子がいたら狭かったのですかね。
      クリックすると元のサイズで表示します
 近くに「もちむぎのやかた
蕎麦にあらず、うどんにあらず、もちむぎです。
もち麦は大麦の一種だそうで、食べてみようと思いましたが、食堂はまだ早いので開いていず、売店で買ったもち麦製品を食べただけで、もちむぎ麺はお土産です。

   返事
花水木さん:ここは高度は高いようには思えません、大きな丘の上です。
喜珍さん:子供の時から近所の定点撮影しとけばよかったと思うこと有りますね。
和さん:青野原病院内には風情のある桜の老木が沢山有りますが、
     老木なので、満開が木全体にはならなかったです。
春の女神さん:ますます分からなくなりました。
     もともとのブログも女性の作品ですか?

2011/11/22

青野原病院は霧  播州
     クリックすると元のサイズで表示します
 本格的に寒くなってきました。
青野原病院の官舎ベランダからの朝の景色も、冬が近づいていることを知らせてくれているような気がします。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この辺り、加古川も近いせいか、秋の朝は霧がよく発生します。
朝カーテンを開けても、霧の中で、前の写真と同じアングルとは思えない光景です。
    クリックすると元のサイズで表示します
 フークを朝のトイレに連れ出す時も、桜の老木は霧の中。
  「オーイ フーク 見えるところでウンチしろよ!」
       クリックすると元のサイズで表示します
 普通の日の昼間、官舎近くの生垣は別になんと言うこともない生垣ですが、
    実は、ここには恐ろしいわなが沢山あったのです。
        クリックすると元のサイズで表示します
         クリックすると元のサイズで表示します
 霧の朝でも、出勤する8時前には、霧が少しは晴れて朝日も見えてきました。
そうすると、この生垣に霧を含んで朝日に輝く、無数の小さな蜘蛛の巣が現れてきました。
      朝ぼらけ 粟生(あお)の川霧たえだえに
         あらはれわたる  蜘蛛のトラップ
                           権甘納豆 定番

   返事
花水木さん:京都の紅葉、あともう少しです。
春の女神さん:「雪ちゃん日記」は奥さんのブログですね?
商家の嫁さん:さいたま鉄道博物館、昔は神田?にあった交通博物館ですね。
    東京での学会のときに、ここやと捜して行った記憶があります。
     しかし2人と2匹でセレブの行きそうな所ばかり行ってますね。
じょんのびアケトン:解りました!ブログとしての日本一周を読んだらいいのですね。
    「晴徨雨読」の写真も大きく出来ました。そしたら私の勝つとこなくなりますね。

2011/10/18

秋祭り  播州
      クリックすると元のサイズで表示します
 どの地方もそうですが、10月は播州も祭りのシーズン。
看護婦さんや障害者のリハビリに付き添ってくる母親たちも、自分の町内の祭りの話をしてくれます。
播州の南を走る山陽電鉄の各駅毎に、祭りが次々あるようですが、一番有名なのは「灘のけんか祭り」。しかし丁度仕事が終わって見に行けそうなのは、
    曽根天満宮の秋季例大祭
       クリックすると元のサイズで表示します
 終業10分ほど前にそっと病院を抜け出し、車で出かけました。
あまり近寄ると混雑してると言われていたので、三つほど手前の高砂駅の前に車を置いて、山陽電鉄に乗って曽根駅まで行き、駅前からゾロゾロ歩く人に誘導されてすぐに到着。
      クリックすると元のサイズで表示します
 屋根型布団屋台の最後の一基?が出て行くところに間に合いました。
デコトラの電飾のように飾られた屋台で、昔はどうだったのでしょうか?今はLED電灯なのでしょうか?
      クリックすると元のサイズで表示します
 菅原道真公お手植えの「曽根の松」も有名で5代目らしいようですが、暗くてどこか分かりません。
今までに見たこともないぐらいの沢山の夜店が出ていて、その間に立っていたこの石碑が見えただけでした。
       クリックすると元のサイズで表示します
 本殿では稚児?童児?を中心に神事が行なわれていました。
周囲はこわもてのふんどしはっぴの若者、見物のお嬢さんたちもややケバイ感じ。年配の人でさえこわもて、人の良いおじいさんは私だけ、という感じです。
     クリックすると元のサイズで表示します
 この竹ののぼりを地面で割るという、竹わり神事、近くの威勢のいい人に尋ねると、「これから」と言う返事、しかしいっこうに始まらないので、帰りました。
 次の日、後から行った技師さんに尋ねると、あったそうです。残念なようなまあいいかというような感じ。

   返事
春の女神さん:滝は結構好きです。車降りて15分ぐらいなら見に行ってます。
花水木さん:新パソコンおめでとうございます!
      これからもよろしくお願いいたします。

2011/9/1

姫路城一周の3:姫路市立美術館  播州
     クリックすると元のサイズで表示します
 月・火・水と夏休み。
その夏休み旅行の話は後ほどするとして、姫路城一周の3回目です。
 姫路市立動物園の入口までやって来ました。
さすがに動物園は、真夏に老人一人で入る所ではないのでしょう。
この辺からが、大天守の素屋根が一番近くになっていました。
     クリックすると元のサイズで表示します
 一周して最後に  
        姫路市立美術館
 赤レンガのなかなか立派な建物で、バックに工事中の素屋根ではなく、本物の大天守があると、もっと栄えていたでしょう。
旧陸軍第10師団の兵器庫として建てられ、戦後は姫路市役所として使われていた由緒ある赤レンガ館を保存して、美術館になっていました。
       クリックすると元のサイズで表示します
 広い前庭に有る沢山の野外彫刻の中に、今春あさご芸術の森美術館で観た懐かしい淀井敏夫さんの作品をすぐに見つけ出した私は、彫刻美術通?に成ってしまったのかも知れません。
        クリックすると元のサイズで表示します
 常設展のなかなか上品なフランス近代絵画を観てチョット満足し、最後は美術館内の喫茶店でワッフルと冷たいコーヒーを飲んでまた休憩。
これで姫路城一周約5kmぐらいの旅と言うか、城の周辺建物見学は終了。
 修理が終わった頃、まだ元気ならば今度は姫路城内を見学に来ましょう。
   と言うわけで、この姫路城シリーズは終了です。

  返事
花水木さん:私は、ユーミンのファンクラブに奈留高校全国大会の報告をして、
    丁寧な返事を貰った時から、ユーミンのファンになっています。
和さん:ジブリとまで五島は繫がっているのですね。
喜珍さん:息子さん、実力があるのかもしれませんが、監督をやっていることに
    違和感を覚えてしまうのは、私だけでしょうか?
さんまさん:さんまさんのブログ、サブウエイパニックから更新ないので、
    お気に入りから削除しました。ごめんなさい。
    再開されているなら、もう一度コメントでブログ名教えて下さい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ