奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2018/5/23

京都府立植物園  京都
  クリックすると元のサイズで表示します
 先週土曜日、ブラブラと歩いて行ける京都府立植物園に朝の散歩。
入園料は200円、あと数カ月後には私は70歳で無料になりますので、最後の有料入園になると思うと、切符をブラブラ人に見せるかのように振りながら歩いてしまいました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 京都の植物園は、日本でも一番古いぐらいの植物園だと思いますが、戦後は進駐軍に接収されていて、私が中学生だったころに再開された記憶があります。
 ここでデートしたカップルは別れるという都市伝説がありますが、私の友人は無謀にもここでお見合いをしましたが、今も別れずに(我慢している?)仲良く暮らしています。
    クリックすると元のサイズで表示します
 盆栽まであったことを初めて知りました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 こんなきれいなおとぎの国のような松ぼっくり?を見つけました。
   クリックすると元のサイズで表示します
 丁度バラ園の薔薇も満開です。
若いころ、はっきり区別できた花はバラとチューリップぐらいだったと思いますが、バラも品種が多く、福江島のつばき園で咲いていたいろんな椿と、区別できないようなバラもありました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 これはバラではないようです。
   クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日の晴の朝、写生の子供たちと薔薇ほどは美しくない年寄りが目に着くバラ園です。

       返事
花水木さん:私は過ちや悪いこともする人です、
    と言いたかったのかな?
    ほんまに私は、口から出まかせを言ってる人のようですね。

2016/4/13

一時の上洛  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 島を引きあげる前にもう一度京都に戻りました。
3か月ぶりの京都の家は、トイレの便器が新調されていて、便所のドアを開けて入ると、便器の蓋が自動的に上がり白い光が便器に射し、なにかアリスの不思議の国に引きずり込まれるように、頭から便器の中に吸い込まれる気がしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この11年、桜の季節には京都にいなかったので、我が家の庭の2代目桜も大きくなって、こんな満開を見るのは初めてかもしれません。
 7日は京都も嵐でしたが、まだまだ桜はあちこち綺麗でした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 小学校の入学式前に、正門の入学式の看板前で一家そろって一組ずつ記念写真を撮るのが現在の通例になってるのか、8日朝に用事で京都市内を走ってると、どこの小学校前の道路も着飾った親子の長蛇の列。
ふーんと感心していたら、孫が通いだす小学校の前にも列が出来ていて、次男一家が並んでいました。
車を停めて、「おめでとう」と寄っていったら、驚いてはにかんでいましたが、看板前ではなくここで写真を撮って別れました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今回のメインエベントは娘の結婚式。
娘も初めての経験ですが、私も仏前結婚式列席は初めてです。
娘が産まれてから私たち一家の旅行も晴が多くなりましたが、この日も晴れて良かったです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 披露宴は普通のホテル。
私は特に涙を流すわけでもなく、息子の時と違って挨拶もないので、気楽に美味しい食事を完食、遠くに座る娘も結構食べていました。
このデザートも美味しく皆いただきました。
 結婚式の準備に追われていた家内と一緒に島に戻って、今日から少し仕事と引っ越しの日々です。

      返事
花水木さん:もう10日ほど島で働きます。
鼻鬚50才さん:まだ正体つかめていません。
    桜花賞池添さんは惜しかったですが、まあまあの三連複は獲りました。
和さん:昔は五島が日本の表玄関だったようですね。
大雪男さん:京都では阪神の情報多いですね、
    また阪神ファンに戻りそうです。

2016/1/11

京都の休暇  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 正月京都に帰った1週間ぐらいは、ずっと暖かい京都でした。
 年末は孫と近所でサッカー、早いもので孫U−1は春から小学生。
サッカーでも、フェイントをかけられたら、もう体が付いていきませんでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 動くのは疲れるので、階段背にしてゴールキーパーを志願しましたが、これもすぐにあごが上がってきました。
 家内に撮ってもらった写真は、孫に囲まれ良いお爺さん顔ですが、皆さんの夢を裏切るので?、今年もやっぱり隠します。
楽しい半日ですが、孫の相手は60代後半には過酷です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 正月元旦夜は、息子Uに映画に誘われました。
まだ5〜6歳ころに連れていって、途中怖かったと言っていた「スターウォーズ」の最新作を勧められましたが、今度は私がスターウォーズのスピードについていけなくなっているので、「007」の方を選んでしまいました。
一日は映画の日で、元旦でも皆1100円、それでも空席が目立つ館内でした。
 若い時は元旦の映画は、だいたい立って観ることが多かったので、12月31日に観に行ったりしてたぐらいですが、映画館産業も苦しそうですね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 1月3日はいつもの麻雀仲間の新年会に、妻Tと娘Tの3人で参加。
酒の量も麻雀の量も減って、煙草を吸うのも数人のみになりましたが、50〜60年以上になりそうな付き合いの全員が元気に生きています。
 高瀬川の船着き場「一之舩入(イチノフナイリ)」の前で食事、高瀬川の川面に京都日銀の影が映ってました。
 天気のように、久しぶりにのんびり過ごせたお正月でした。

     返事
和さん:ダウンしたので、ダウンを着て初詣しましたが、
    京都でも晴れ着の初詣はほとんど見られませんでした。
花水木さん:酒はだめですが、パフェや氷は今年もいけそうです。
大雪男さん:幼稚園の頃からの三日坊主日記もずっとあるので、
    年寄りが好きな自分史を、私もまとめようかなと思っています。

2016/1/8

京都の元旦  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年はフークがもういないので、ゆっくり二人で京都に帰ってお正月休みを過ごせました。
でも、京都の水が合わなくなったのか、31日には調子を崩し、「ガキの使い・・」が始まった頃にはもうベッドに入り、紅白やゆく年くる年は1秒も観ることなく、元旦朝まで12時間眠って過ごしました。
 元旦は昼から、娘と3人で下賀茂神社まで歩いて初詣。
 クリックすると元のサイズで表示します
 午後からだったので、社殿前から初詣参拝者の長蛇の列が出来ていました。
初詣から並ぶのは嫌なので、遠くから拝んだだけにとどめて帰途につきます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 ブラブラ3人で帰りも歩いて、途中の喫茶店で、今年最初のチョコレートパッフェ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夕方には、町内の氏神様にも3人で初詣。
年末からずっと暖かかった京都です、桜?が咲いていました。
 まあ良いと言えば良い京都の元旦、来年からは二人だけの元旦になりそうです。

       返事
商家の嫁さん:あの年賀状にお母さんがブーイング、
    理解できます。
大雪男さん:フークの写真になるまでは、
    年賀状はずっと干支の版画でした。
     確かに、ブログ書くモチベーションは上下しますね、私にはコメントだけが救いです。
花水木さん:花水木さんもブログ・日記共に10年。
     私も日記は25年毎日続いているので、10年続いたらあとは惰性で続きますよ。
福山市さん:一人で日本中を巡っておられますね。
    精力的で感心しています。
和さん:和さんのコメントを読んで、ブログの最初を読み返したら、
    葛島は結構昔に行ってましたね。
     自分のブログに酔いしれて読んでしまいましたが、私はかなりのナルシストですね。

2015/1/16

麻雀新年会  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 フークと家内を富江に置いてまでも京都に帰る理由は、1月3日恒例の新年会の為です。
麻雀仲間の心優しき人々が、いつも麻雀で苦労を掛けている奥さんや子供たちの慰労のためと始めた、正月恒例麻雀協会新年会。
 1976年(昭和51年)の第1回から、今年は節目の40回目、私はおかげさまで一回も欠かさず出席です。
今年は大雪の中、初めて同じ場所で開催の、桂小五郎の愛人幾松で有名な料亭「幾松」です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 参加者は麻雀する10数名の正会員と、その夫人と子供の準会員です。
最初の頃は「順正」「左阿弥」「菊水」などの老舗料亭で、夫人や子供の出席も多かったですが、子供たちは大きくなり、慰労すべき奥様達も愛想が尽きたか、今年は女性は夫人二人と、私の娘の3人だけでした。
 クリックすると元のサイズで表示します
 40年間、どの夫婦も別れることなく、麻雀も新年会も続いてきたのは、立派なものです。
 新年会の後の、これまた恒例の麻雀大会、今年はもひとつ勝ち運から見放されていました。

     返事
花水木さん:左目白内障なので、対向車のライトまぶしいです。
    今は都会が本当に便利なのか、疑問もわいています。
    福江島ぐらいなら、都会より便利な気もします。
大雪男さん:京都の我が家は、設計を大まか私がして、
     材料費を安くしてもらって、建て替えた家なので、冬寒く夏暑いです。
    島でも夜にウオーキングしてる人多く、車でドキッとすることよくあります。
綾部のとしちゃん:私も、ごまかしてやる麻雀や、
     新しい映画や、美味しいスイーツには未練がありますよ。
和さん:太古のベッドは、写真左の共通階段で上の寝台に上がれるようになった、
      2段ベッドの部屋です。2000円。
     「人生の楽園」日曜の夕食を待ちながらよく観てますが、私には無理な生活ばかりです。
福山市さん:駅伝実物見学三昧の正月ですか!!!
     羨ましいような、そうでないような、寒いばかりで一瞬ですよね。

2014/8/8

同窓会  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 先々週の京都への旅、高校のミニ同窓会・手術した友人二人の見舞い・娘と長男孫との逢瀬が目的です。
 久しぶりの京阪電車を降りて四条大橋から鴨川を眺めます、祇園祭も終わりましたが意外と暑くなかった京都、今は暑いでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 京都市立堀川高校に入学してから50年が経ちました。
昔の校舎はなく、今は立派な校舎が建ってますが、運動場は昔よりさらに狭そう。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 今年のNHK大河「軍師官兵衛」でも本能寺の変が終わりましたが、その本能寺は今は寺町に再建されていますが、信長が焼け死んだ時の本能寺は丁度高校の辺り、今は堀川高校も使ってる旧本能小学校の跡地周辺には本能寺跡の石碑や立札がありました。
 信長軍の屍の上で、私はまあまあ楽しい3年間を過ごしました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 今の堀川高校の内部見学もありましたが、校舎もまあ立派、フーコの振子もぶら下がっているし、目もくらむような吹き抜けの中庭です。
 僕らの頃は比較的簡単に入れる高校でしたが、今は公立の超エリート校になってるようで、校舎だけでなく在校生も立派なようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 というわけで、手術した友人二人の家にそれぞれ行ってしゃべり、孫・娘とも少ししゃべり、もちろん麻雀は忘れずにして、帰りました。
京都駅の新幹線構内で少し時間があったので入った甘味処、800円の氷しるこは3匙すくったら無くなりました、さすが京都です、長崎の人なら怒るでしょうね。

   返事
大雪男さん:画像をクリックしていただくと大きくなります、よろしく。

2014/1/6

京とれいん  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 2日朝6:35、まだ暗い奈留島をフェリーオーシャンで出発、小倉に寄り道した為夜遅く京都に到着。
 3日は、上洛目的の39回も続いている麻雀新年会、今回は家内とフークを奈留島に残しているので、替りに娘と出席。
おかげさまで、麻雀大会は2位で馬も獲りました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 4日昼には京都を出発大阪へ、娘が知っていた土日だけ4往復する阪急電車の 京とれいん が停まっていたので、少し待って娘と二人これに乗ることにしました。
 「京・Train」か「京と・Rain」か 京都の雨は〜優しくて・・・
 クリックすると元のサイズで表示します
 外観は普通の阪急電車の車両と変わらない快速特急。
列車内は畳も使われ、木造感漂う和風仕立て、4人ボックス席と3人ボックス席もあります。
 別に特別料金も特急料金も要りません。
  クリックすると元のサイズで表示します
 反対列は二人向き合って座るアベックシート、娘と二人変わり行く窓の外の景色を見ながら大阪まで、ほんの少しだけ豪華な旅です。
 クリックすると元のサイズで表示します
   大阪で孫の見送りを受けて帰ります。
 5日朝8時前、太古が波静かに奈留島に近づき、元旦に見れなかった初日の出も雲の上ですが少し見れました。
 移動ばかりの上洛でしたが、楽しくて、しかし疲れた旅でした。
      又百人一首に戻ります。

    返事
花水木さん:おめでとうございます 
    今年も頼っていきますので、どうかよろしくお願いいたします。
     今年の正月はほとんどTVを観ない生活でした。
     注連縄、気付きませんでした、又聞いておきます。
     世間の65歳は若くても、私は平均以下かなあ。
和さん:おめでとうございます  豪華なお正月ですね。
    定年ですが島の医者生活は終わりません、和さんのもっと身近になる予定です。
大雪男さん:おめでとうございます 正月から精力的ですね。
moonさん:おめでとうございます  今年も写真楽しみにしています。 
喜珍さん1・2:おめでとうございます  一人の正月はどうでしたか
    支所と同じ装丁でしたか、結構立派に見えますよ。
    新春電話で「奈留病院の・・・です」から、「奈留医療センターの・・・です」と言ったら、
    むしろもっと大きな病院になったような気がして、まだおもはゆいです。  

2013/8/9

久しぶりの京都  京都
 クリックすると元のサイズで表示します
 先週は京都に一人で帰りました。
フークの介護で家内は奈留島に残留、奈留高校軟式野球部の北部九州大会予選が福江島であって、連日その応援に私の代理で参加、惜しくも決勝で福岡大大濠高校に負けて全国大会切符は取れませんでした。
 金曜日午後出発月曜日朝着の68時間の内往復に24時間、44時間の京都暮らし中金土と家で眠って、実質京都を見ていたのは68時間中28時間でした。
 長崎から博多に向かう特急かもめ36号、わざわざいつもの白いかもめではなく、旧つばめ車両にして博多に向い、前が全面開く先頭車両に乗ってみましたが、本日の車両は前がガラスではなく、残念!
  クリックすると元のサイズで表示します
 土曜日、主目的の伯父の卒寿記念の宴に出て、久しぶりの麻雀以外の友達にも会い、勿論麻雀も半年ぶりに頑張りました。
 日曜日、子供たちも集まってくれて、私や孫U−2が7月生まれにもかかわらず、それよりももっと近い日の嫁Tと息子Uの誕生会も。
 クリックすると元のサイズで表示します
 いつもフークと歩く近くの公園の散歩道を熱い中皆で歩きます。
孫も大きくなってしっかりしてきてました。
そのため、大分目を離せる余裕が出てきたので、以前よりは孫と遊んでも疲れずに奈留島に帰ってきました。

    返事
花水木さん:行政はどうしても五島市のほうに傾き、
    奈留支所で何とかしたいという意欲を持つ人が少なそうです。
大雪男さん:年齢と今年の奈留島の暑さでフークもバテ気味、
    フークのためにクーラーを入れる時間が増えています。
喜珍さん:私は40年近く釣った魚に餌をやり続けていますよ!
     ほんま無償の愛です。

2013/1/13

帰省  京都
  クリックすると元のサイズで表示します
 元旦もあけてからわざわざ、しかも一人で京都に帰るのには理由があります。
小中高校からの15人ほどの麻雀仲間の、もう40年弱続く新年会に出る為です。
 今回の会場は、窓越しに鴨川の対岸の南座が見える古い中華料理店です。
そもそもは、麻雀ばかりしているので、1年に1回夫人を慰労招待する目的で始まった新年会ですが、今年は夫人は2人だけ。
私も奈留島に家内を置いてきたので、娘を愛人?に仕立てて連れて行きました。
(嫌がらずに付いてきてくれて、色々仲間にいじられていましたが、娘には感謝です)
その仕返しではないですが、宴会後の麻雀大会は1位で、うまも取りました。
  クリックすると元のサイズで表示します
 1月4日朝、京都は雪が積もり、庭?も一面真っ白です。
 観たかった「のぼうの城」はなんと満席で入れず、仕方なく「レ・ミゼラブル」を観ました。
久しぶりのミュージカルも、こんな話だったんだということを知っただけで、あまり面白くはありませんでした。
  クリックすると元のサイズで表示します
 TVコマーシャルを観るたびに「効くかな?」と言っていたので、ドラッグストアで家内の誕生日祝いに「トマ美ちゃん」を買いました。
飛び上がって喜んでくれるかなと思っていましたが、それほどの喜びではないようです。
しかし飲んでみて、くびれが出てきたら、夫婦で喜ぶかも?!

  返事
和さん:競馬は口座を開設してインターネットでやりだすと、
    負けがはっきり判り、どんどん金が減っていきますので、投資金が減る利点ありますよ。
花水木さん:祇園祭のちまきは厄除けで玄関に飾りますので、笹の中には何も入っていません。
    昔東京の伯母さんがこのちまきを「安い」と買ってきて、中に何も入っていないのに驚いていました。
喜珍さん:鬼火たきの跡の校庭の地面が黒く残っているので、
    喜珍さんにすまないような感じです。

2012/2/14

キバタン  京都
   クリックすると元のサイズで表示します
 寒い日が続いていますね、寒い日には人も少ない京都市動物園に行きます。
家内と娘は近くであったバーゲンに一番乗り、私と孫U−1は朝早く寒い動物園に。
 ペンギンさえ寒そうです。
 まあまあ人気のキリンの親子の前も、人はいませんね。ゆっくり二人で独占して見られます。
 京都市動物園改装中なので、余計に寒々としていました。
 寒い日や雨の日は、動物園や遊園地に行くのが、すいていてベストですね。
   クリックすると元のサイズで表示します
 チョットは暖かい部屋の中から見られるゴリラの部屋も、孫一人の独占状態、ガラスの向こうのゴリラは、私たちだけなので寂しそうでしたが。
   クリックすると元のサイズで表示します
 寒いので、、バーゲン終了の携帯電話が鳴るまで、暖かい資料室で過していたら、大正14年から昭和55年まで54年間、日本の動物園でもっとも長く飼育されていた
    キバタンに出会えました。(剥製ですが)
 高校や大学のとき、生きて動いていた最高飼育記録更新中のキバタンに出会っていたことを思い出し、懐かしかったですが、あの頃と変わらない姿ですね。
 本人(鳥)の名前と思っていた黄巴旦(キバタンですが、オウムの一種の名前だったんですね、本名はシロちゃんと言うことを、今初めて剥製になってから知りました。

   返事 
花水木さん:京都市の小学校、私の頃には無論プールなどありませんでしたが、
    海がなく土地もないので、最近は屋上にプールのある小学校がいくつかあります。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ