奈留島ゴミ箱131ヶ所巡り・奈留島百人一首に続いて、天皇陵巡り掲載中。

2014/9/17

奈留島百人一首100  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 100. 百敷や 古き軒端の しのぶにも
           なほあまりある むかしなりけり

                   順徳院(1197〜1242)
         いよいよ最後の百首目に到達!
 「宮中の荒れ果てた古い軒端にしのぶ草が生えて、あばら家のようです、いくらしのんでもしのびつくせない、昔のよき世よ。」
 第84代順徳天皇は、父の第82代後鳥羽天皇と共に承久の乱を起こして敗れ、佐渡島に流され20年に及ぶ抑留生活後、佐渡で亡くなっていますが、当地で火葬後、父後鳥羽と並んで京都大原の大原陵(オオハラノミササギ)に葬られています。
 定家は不運な後鳥羽と順徳をしのんで、この小倉百人一首の最後に二人を並べたとも言われています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 100. 隆起した 古き化石の しのぶにも
            なほあまりある 奈留の生活

               古き・の・しのぶにも・なほあまりある  16字 同じ
 宿輪に行く海岸線の道路沿いに、隆起した淡水貝化石含有層の岩肌が露出しています。
何故そんなことが分かるのか詳しくは知りませんが、2千年前にはこの辺りは直径100qを超える淡水湖だったらしいです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「古い化石層から奈留島のはるか昔をしのぶように、奈留島を去るにあたって、奈留島での生活をいくらしのんでもしのびつくせない9年間でしたよ。」
 定家が1番2番と天智・持統の親子天皇を並べ、これに合わせるように最後に99番100番と後鳥羽・順徳の親子天皇を並べて懐かしんだように、私の奈留島百人一首もなんとか99番とこの100番でうまく奈留島での生活を振り返ることが出来ました。
          天才や?!!
      長らくのお付き合いありがとうございました! これで完結です!
    全国の?!ファンの皆様?!!
 右にあるカテゴリーの奈留島百人一首(102)をクリックして、もう一度最後からですが奈留島百人一首をお楽しみください。
 良い歌は少しだけですが、素晴らしい奈留島の写真で奈留島をもう一度心に焼きつけていただければ幸いです。
   次は富江で又シリーズものに挑戦するかもしれません。
                「誰や!もうやめとけって言ってるのは!」

      返事
花水木さん:落ち込んでしまうのは良くないですが、
           いろいろ悩むのも人生です。
    忘れられたかのような奈留島百人一首、最後たいした歌にならなくて、自己満足ばかりの文でした。
大雪男さん:大雪男さんはじめ皆様方、
           2年間のお付き合いありがとうございました!
    巨人に負けて広島に勝つような阪神は見たくないですよ!!

2014/9/13

奈留島百人一首99  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 99. 人も惜し 人も恨めし あぢきなく
           世を思ふゆゑに もの思ふ身は

                     後鳥羽院(1180〜1239)
 小倉百人一首は97・98番を定家・家隆と、3・4番人麻呂・赤人と対応して並べたのとは別に、1番第38代天智天皇と2番第41代持統天皇の親子天皇を最初に持ってきて、この99番第82代後鳥羽天皇と100番第84代順徳天皇を同じように親子天皇として最後に並べ、流刑地で亡くなった後鳥羽院・順徳院の鎮魂を願ったとの説もあります。
 後鳥羽院は1221年承久の乱を起こして敗れ、隠岐島に流され、そこで亡くなりました。
刀を打つことを好み、十六弁の菊紋を入れた菊一文字から、天皇家の菊紋が始まったようです。
 「ある時は人がいとおしく、またある時は人が恨めしくなる、この世がつまらなくていろいろ悩みわずらうことの多い私はです。」
 クリックすると元のサイズで表示します
 99. 島を愛し 島を喜ぶ 百人一首
           島を思ふゆゑに 下手は許して

                   し・し・を思ふゆゑに  9字 同じ
 子供の持っていた「まんが百人一首事典」で4年ほど前に暗記した小倉百人一首、せっかく暗記したのでこれを参考に替え歌で奈留島の紹介をしていこうと、2012年10月9日の予告編から始まった
      奈留島百人一首!!
 とうとうブービーというか、99首目まで到達しました。
まあ下手な歌で下らんことを、奈留島を去ってからまでも長々と続けたもんだと、叱られそうですが、中には一つぐらい素晴らしい写真や見事な替え歌もあった?と思いますし、予告編でも言ってますが、これら写真を並べると、奈留島の名所絵図にもなっていると思います!!
   まあ、笑って許してやってください!!
  そしてあと一つ、あと一つ、です。

     返事
和さん:富江では最近は、家の前まで親の車に乗って回る子もいるようです。
大雪男さん:三井楽には大きな自衛隊のレーダー基地があるので、
    こちらは大阪航空管制管轄の航空機用レーダーらしいです。
花水木さん:財布を開けること、聞くのが遅すぎました。
    今日の競馬は全敗、次のスーパームーンは必ずしてみます。

2014/7/29

奈留島百人一首98  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 98. 風そよぐ ならの小川の 夕暮は
            みそぎぞ夏の しるしなりける

                 従二位家隆(ジュウニイイエタカ)(1158〜1237)
 「楢の葉に風がそよげば、この(ならの小川)夕暮はもう秋を思わせる涼しさですが、川のほとりで行われている六月ばらえ(ミナツキバラエ)は、まだ今は夏だというしるしですよ」
 (ならの小川)は、私特有の思い込みで、奈良県にある小川と思っていたので、高校生の時のデートで上賀茂神社に行った時に、そこに流れている小川が(ならの小川)であることを文学部志望の彼女に言われて、少々慌てて体裁を取り繕ったことを思い出します。
 家隆は定家と並ぶ新古今時代の代表歌人、97番定家・98番家隆と並べたのは、3番柿本人麻呂・4番山部赤人の二歌仙と対応するように、生意気にも並べたとも言われています。
 クリックすると元のサイズで表示します
 98. 風そよぐ 奈留の祭りの 夕暮は
            花火ぞ夏の しるしなりける

           風そよぐ・な・の・の・夕暮は・ぞ・夏の・しるしなりける  24字 同じ
 8月14日は奈留町の夏祭り、この頃はお盆の帰省客も多く、若者や見知らぬ人も増えて、奈留島もにぎやかになっていますし、手作り屋台や演芸などでそれなりに盛り上がる1日です。
 今年は恒例のペーロン大会が中止と聞いてますので、やや気がかりですが。
 クリックすると元のサイズで表示します
       夏祭りの最後を飾るのは、やっぱり花火!
 まだまだ夏ですが、花火が終わるとなんとなく夏が終わったような気がして・・・。
花火は夏のしるしではなく、夏の終わりのしるしなのかもしれません。

     返事
さんまさん:短い時間であわただしくてすみませんでした。
    不動産関係にしては、優しそうな感じなので良かったです。
花水木さん:「こがれつつ」を「こげれつつ」と替えたのは、
    なかなかと自画自賛していたのですが、すみません。
和みさん:写真も1月のことの話で、夏は五島でも牡蠣はありません、
    季節外れの歌になって、すみません。
大雪男さん:山に入る大雪男さんは、船が苦手でもないですよね。
    すみません、あと二つですので、お付き合いください。

2014/7/23

奈留島百人一首97  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 97. 来ぬ人を 松帆の浦の 夕なぎに
           焼くや藻塩の 身もこがれつつ

               権中納言定家(ゴンチュウナゴンサダイエ)(1162〜1241)
 「約束しているのに訪ねてこない恋人をずっと待っている私は、淡路島の北の端の海岸松帆の浦で焼いている藻塩のように、身もこがれる思いでいるのですよ。」
 (藻塩焼き)は昔の製塩法なんだそうで、今まで藻塩のことを知らなかった私は、(焼くやも塩の)と「藻」を単なる助動詞の「も」として詠んでいた愚か者でした。
 いよいよ小倉百人一首を編んだ藤原定家(普通はテイカと呼んでいましたが)本人の出番となりましたが、他にもいい歌があるのに本人が選んだこの歌、私にはそんなに心に残りませんので、やっぱり選び方になんか裏があるのでしょうね。
 「見わたせば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮」
有名なこれを選んでくれたなら、私の替え歌ももっと奈留島にふさわしい歌に替えられたのに・・・。
 クリックすると元のサイズで表示します
 97. 焼く人が 上手くできない 炭の火に
            焼くやも牡蠣の 身もこげれつつ

                人・に・焼くやも・の・身もこ・れつつ  14字 同じ
 五島では冬には「かき小屋」が出来て、外でも食べることも出来ますが、家でも買った牡蠣をガスの火で焼いて食べることもありますし、このように病院の皆さんとドラム缶の中の炭火で焼いて食べる時もあるので、牡蠣の殻をこじ開ける道具も家にはそろっています。
 ただ、この替え歌自体はもひとつ心にも残らない出来栄えで、定家さんも炭火のように怒ってるでしょうね。

       返事
大雪男さん:怖くて山の奥の方へ入って行った為なのですかね。
    船に乗れなかったら、そもそも五島を目指さなかったと思いますが。
花水木さん:まさに十年前五十年前に予想もしなかった人生をおくってるんでしょうね。
    大学入学・結婚・奈留島赴任が私の人生の転換点だと思いますが、いずれもよき転換点だったと思ってますので、
     花水木さんも今回のことがよき転換点なんですよ。
    曽良は壱岐で死んでますが、芭蕉は大阪より西には行ってないと思いますよ。
和さん:後の祭り、露店がないとはちょっと寂しい気がしますね。

2014/6/23

奈留島百人一首96  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 96. 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで
           ふりゆくものは わが身なりけり

                    入道前太政大臣(1171〜1244)
 前の太政大臣で、出家されている人ということでこの名がついた藤原公経(キンツネ)は、小倉百人一首の作者中最後に死んだ人ですので、百人一首の作者は約600年の間から選ばれていることになります。
まあ定家が選んだ小倉百人一首は、「600年間ヒットチャートベスト100」と言えないことはないんでしょうね。
 「桜の花をさそい散らして激しい風の吹く庭は、ちょうど(降りゆく)ようだが、ふと考えると(古るゆく)のは、実は私なんですなあ。」
 この歌自体はなかなかのものだと思いますが、公経本人は鎌倉幕府にも取り入って、公家の間でも権力を握り、その金で贅沢な遊びに耽った、あまりいい人ではなかったようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 96. 皆さそふ 餅まきの日の 床ならで
           ふりゆくものは 紅白の餅

             さそふ・の・の・ゆ・ならで・ふりゆくものは  16字 同じ
 奈留島ではお祝い事や祭り、又何かの行事があると、「餅まき」をする習慣がありますし、餅まきがあると、それなりに人もたくさん集まってきます。
新築の上棟式では、餅の中にお金が入っている時もあったり、時には抽選券も入ってる餅まきもあるようです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 基本的には、このようなビニィール袋に入った紅白の餅が撒かれます。
餅まきの餅は、奈留島の餅屋さんの餅だと思いますが、なかなか美味しく、家で作るぜんざいに入れると絶品です。
 餅まきで餅をたくさん拾うコツは、決して撒いてる人や空中を飛んでくる餅を見てはいけません、ひたすら下を向いて床をすべってくる餅を拾うのです。
 そんな情景やコツを上手に入れ込んだ一首になりました。

       返事
花水木さん:宗教で戦争が起こる理由がわからない時がありますが、
     あまり信じ込むのは宗教も主義主張もよくないですね、
     全てのことに少し疑問を持って、自信なく生きていくことの方が好きです。
大雪男さん:前回の本歌、ホンマになんか良さがわかりませんよね。
     ラグビーはイタリアにかろうじて勝ちましたが、もう1歩2歩前進を願っています。

2014/6/20

奈留島百人一首95  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 95. おほけなく うき世の民に おほうかな
             わが立つ杣に すみ染の袖
 
               前大僧正慈円(サキノダイソウジョウジエン)(1155〜1225)
 「身の程をわきまえないと言われてもしかたないが、つらいこの世に住む民を祈りで救いたい、比叡山で僧侶として住みはじめた私は。」
 慈円は76番作者前関白藤原忠通の子供で、兄の九条兼実(カネザネ)は関白、91番作者後京極摂政前太政大臣藤原良経は甥になります。
4回も天台座主(テンダイザス)となり、更に大僧正という坊主の最高位まで上った人で、偉いとは思いますが、元々身分が高く家柄の良い人が坊主になって、どんどん位が上がっていくことに反発して、親鸞や日蓮は出てきたのでしょうね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 95. アーメンと 奈留島の民に 祈るかな
             わが立つ泉に 白色の袖

                  の民に・かな・わが立つ・に・の袖  14字 同じ
 奈留島には今でも教会は三つありますが、実際に毎日ミサなどが行われていて、神父さんも常駐しているのは、この奈留教会だけです。
 クリックすると元のサイズで表示します
 奈留教会の中庭にあるルルド、聖母マリア出現のフランスのルルドの泉を模した石窟で、カトリック教会にはよく見られます。(私も何故かカトリック系幼稚園の育ちで、園庭にあったルルドのマリア像に小さな手を合わせていました)
 前の94番で奈留島の寺を紹介したので、偏らないように、元歌は坊主の歌ですが、今回はなんとか無理矢理キリスト教関連施設の歌に変換してみた、それなりの一首です。

       返事
花水木さん:少年時代の葬儀や法事は、なんとなく記憶があいまいで、
    それでいて印象的な場面を妙にはっきり覚えていたりしますね。
     やりたくないですが、やっぱり儀式は必要かなと思うときもあります。
大雪男さん:この本歌のような歌が良いとは、大人ですねえ。
    日本、限りなく通過が困難になりましたが、私は明日のラクビーのイタリア戦のほうが気になります。
和さん:少し検索しましたが、PCで五島TVを見る方法はわかりませんでした。

2014/6/18

奈留島百人一首94  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 94. み吉野の 山の秋風 さよふけて
           ふるさと寒く 衣打つなり

                 参議雅経(サンギマサツネ)(1170〜1221)
 「昔々は天皇の離宮のあった吉野の里、でも今は山から里へ吹き降ろす秋風に、夜も更けていっそう寒さが身にしみますし、砧で衣を打つさみしそうな音も聞こえてきますよ」
 藤原雅経は「新古今集」の撰者の一人となる歌の名人でしたが、又蹴鞠も名人で、飛鳥井流蹴鞠の開祖ともなりました。
彼の住んだ館跡に建てられたのが、77番の作者で、怨霊となった第75代崇徳天皇の御霊を祀る白峯神社です。
私はこの白峯神社の横にあった病院に9年間ほど勤めていましたが、その頃から人気の出てきたサッカーとは蹴鞠つながりで、そこはサッカー選手の聖地にもなっていました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 94. み仏の 顔に秋風 さらさらと
          ふるさと寒く 衣着るなり

                み・の・秋風・さ・ふるさと寒く・衣・なり  19字 同じ
 奈留島には入明船の記録にも残る海安寺、トンネルの名に残る延命寺などがあったようですが、現在も和尚さんがいる寺は浄土宗の教永寺だけです。
唯一の仏教寺院の和尚さんは忙しく、福江島や長崎までも呼ばれてお務めをされていて、その無理がたたったのか、昨年秋突然死のように亡くなられました。
亡くなる1か月前までは一緒に熱心にラージボール卓球をする仲間でしたのに、寂しい限りでした。
お葬式は葬儀の列が幟を立てて、竹籠に入った硬貨入りの紙ふぶきを撒きながら、ぐるぐる家の周り回ったりする、昔からのお葬式だったので興味深くはありましたが、その教永寺の門前にある赤い前掛けを着けたお地蔵さんの列にも、当日はさらさらと秋の風が吹きわたっていました。

        返事
和さん:五島TVは関西でもPCで観られるのですか?
大雪男さん:シフォンさんなどが頑張って、
     翌日は選手たちも一緒にコースのゴミ拾いをされてました。
花水木さん:風呂に入れたり、暖かいペットボトルを抱かしたりして、暖をとってもらいました。
     エリートクラスの人の体は、より立派に見えました。
さんまさん:トライアスロンを観てると、自分もやりたいと一瞬は思いますが、
     命には代えられないので、観るだけにしておきます。

2014/6/8

奈留島百人一首93  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 93. 世の中は 常にもがもな 渚こぐ
            あまの小舟の 綱手かなしも

                           鎌倉右大臣(1192〜1219)
「この世の中がいつまでも変わらず平穏なものであればよいなあ、海岸に沿って漕いで行く漁師の小舟を他の漁師が陸から引っ張っていく光景が穏やかでいとおしいように。」
 鎌倉右大臣は鎌倉の鶴岡八幡宮で暗殺された鎌倉幕府3代将軍の源実朝です。
源頼朝の子供ですが、和歌や蹴鞠が好きで、武士というより公家生活指向でしたし、定家のお弟子さんでもありました。
政権真っただ中の不安定な将軍生活には全く向いていなかったのが、この歌からもわかりますね。
 クリックすると元のサイズで表示します
 93. 大会は 常にもがくよ 力だし
           あまの自慢家 綱引き楽しむ

                        は・常にもが・あまの・綱  11字 同じ
 奈留島では毎年ゴールデンウイークに五島綱引き選手権が開催されていて、奈留島内にもそこそこ強い綱引きチームもあり、道具もそろっているし、公式審判員の免許を持っている人も多く、今年長崎で行われる長崎がんばらんば国体の綱引きは奈留島で行われます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 「常にもがもな」を「常にもがくよ」とうまく変換でき、あま・綱もうまく入って、奈留島で盛んな綱引き大会にふさわしい一首となりました。
 どうですか花水木さん? 今度は写真がもひとつですか、なるほど。
   皆さん、今年の秋の長崎国体には、奈留島の綱引き大会見物ツアーにぜひお越しください!

      返事
花水木さん:やっぱり「ううーん」ですね、 
     です。で終わったのが更に良くないですね。
大雪男さん:構想はできているので、
     新しいパソコンからいかにして写真を引き出してくるかが問題点です。
綾部のとしちゃんさん:なんのこっちゃ?
     松葉蟹が長崎にはないのでうらやましいですが。

2014/6/5

奈留島百人一首92  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
 92. わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の
            人こそ知らね かはく間もなし

                  二條院讃岐(ニジョウインノサヌキ)(1141?〜1217)
 「私の袖は、潮が引いても見えない沖の石のように、他人には見えませんが、あの人を想う恋の涙のため、乾く間もないのです。」
と、可愛く歌う讃岐は、二条天皇に女官でしたので、こう呼ばれています。
 思い出したかのように、残った奈留島百人一首を続けます。
しばらく感が戻ってきませんので、今までのと形式が変わっているようなら、ご指摘ください。
 クリックすると元のサイズで表示します
 92. トンボロは 潮干に見える 石の浜の
             人皆知ってる 名所です

                    は・潮干に見え・の・の・人・知  12字 同じ
 奈留島百人一首では3回目のトンボロの登場です。
でも、何回見てもきれいでしょ!!
 歌のように、潮干になると、前島と末津島は繋がるのです。
   前島を離れた今でも、ぜひもう一度訪れたい場所です。
 クリックすると元のサイズで表示します
 満ち潮になると、トンボロの石の浜は、このように分断され、左右の海面の高さが違うために、結構な流れが浅瀬を洗います。
 3回登場しても飽きることのない奈留島の名所トンボロ、見る人を皆詩人にして、波が洗うように人の心も洗われる景色です。

     返事
大雪男さん:扇型石、目立たないさりげなさが良いのかもです。
花水木さん:一枚目のカーブミラーに写ってるのですが、小さくて目立たな過ぎましたね。

2014/4/19

奈留島百人一首91  奈留島百人一首
 クリックすると元のサイズで表示します
  【もう皆さんお忘れになったかもしれませんが、奈留島百人一首はまだ10首残っています。
   ボチボチ残りを埋めて完成させますので、お付き合いのほどお願いいたします。】

 91. きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに
             衣かたしき ひとりかも寝む

                        後京極摂政前太政大臣(1169〜1206)
 作者は76番作者藤原忠通の孫で、関白九条兼実(カネザネ)の子である藤原良経(フジワラノヨシツネ)
です。
俊成・定家の良きスポンサーでもありました。
 「こおろぎが鳴く霜の降りた寒い夜でも、私は着物の片袖を敷いて、寂しく一人で寝るばかり、彼女も誰もいないのですよ。」
 このように、もてないことを言いふらしながら、母性本能をくすぐってもてようとする作戦、私もとることもありましたが、この作戦あまり成功しませんよ。
 クリックすると元のサイズで表示します
 91. アジフライ 買ったある夜の べんとうに
              衣固しき それでもうまい

                            夜の・に・衣かたしき  10字 同じ
 「衣片敷き(固しき)」を使う為だけに作った歌なので、別にこの家内が揚げたアジフライの衣が固かったわけではありません。
 奈留島では500円の弁当に付いてくるアジフライでも非常にうまいですが、家で揚げたてのアジフライを食べるのが、最高にうまいです。

    返事
綾部のとしちゃん:間違ってすみませんでした。  行ってあげて下さい。
大雪男さん:やっぱり5月5日までのカープは強いということですね。
和さん:富江の入口、商店街に入る大きな四辻の一等地、空き地になってますが、
      ここに映画館があったと聞きました、当たってますか?
花水木さん:人間の性って怖いですな、ビール看板なんて、私にはまったく思いつかないことです。
     「直ぐに極められる」って、それは私は挫折するってことですよね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ