2011/8/25

並んでまで飯食いたくない  雑記
って思ってた。
勿論今でもそう思う、G系ラーメンを除いては。。。


いつ頃だろう?本格的に食べるようになったのは・・・

淵野辺「学」、相模大野「二郎」この辺がデビューだから
2年前位かな?

で、昨日。

いわゆる二郎。黄色地に黒字の二郎の最終目標店。
「目黒店」を食べて経験店舗数が10を超えた。

んで僕なりの二郎ランキング。

まず二郎。僕にとってはあくまでメーラン。
仕事中の昼だったり、釣りがてらの軽飯だったりが基本。

パーキングに入れなきゃだったり、激並びしたり、
店員のほうが偉かったり・・・
そういう店の評価は低くなる。

休日にワザワザ二郎トリップとかも論外、
休日の飯はビール有りが基本だしね。

ま、夕飯二郎も好きではあるけどやっぱり夜は飲みたい。

ってことで平日昼飯二郎ランキング!!

輝く1位は・・・亀戸店

みりんの効いた甘醤二郎、一味との相性が抜群。
アブラがふり掛けなの以外は全て高得点。
客の路駐っぷり、回転の速さ、店主のジェントルマン度、
固茹でOK(細めなのは残念)・・・
勿論味が一番好みなんだけど堂々の1位だな。

2位は・・・湘南藤沢店

駐車場はないけど、店主と弟のコンビネーション良、固茹でOK。
クリーミーな中に甘辛さの効いた汁。一味相性度良。
そして最大の売りはグルグル巻かれた豚。激トロでホント旨いヨ。
関内は並びを見てナエタけどこのまま関内行く必要はないかもな。。。

3位は迷うけど・・・高田馬場店かな

駐車場は隣のスーパーでOKなんだけど並びがヤバイから
時間のない時は厳しいかも。
でも、味は並ぶ価値ありかも。
確か唐辛子がトッピングだったんだけど相性良。
どちらかというと「汚な二郎」な感じかな?
豚、ヤサイのレベルはうろ覚えだけど確かまとまってたハズ。
激セマな店、高いイス・カウンター、店主との近さ。
二郎っぽい二郎かな。。。

4〜6位・・・この辺りからはまぁまぁ適当に。。。

完成度なら相模大野
単純に味なら小岩
満足度なら目黒

ってトコかな?

どれも並びはアツめ。

駐車場は目黒が唯一路駐可能?
(昨日は緑の人達に写真撮られたけどちょい移動でセーフ
危うく15000円二郎になるとこだったけど)

手際の良さもみんな圧巻レベル。

ブレってのがどんなのか解らないけど
相模大野はあるような気がする。
完成度が高いだけに冷房の塩梅、ヤサイの茹で置き、
ロットのなかで遅めの配膳とか負の要素が重なった時
ガッカリ度が高いかな。

小岩は店の雰囲気とか良くて、若い店主の二郎って感じ。
これまた味はしっかり覚えてないが確か

「うんめぇ〜」って思えたような。

並びが熱く駐車料金が膨れる、ココラ辺がマイナスかな。

目黒はなんてったって500円。。。コレが光る!!
味はカラメでも軽め。クリーミーが際立つけど僕はもう少し
みりん醤油が強いのが好み。
もともと一味を置いて無いんだけど一味とは
そんなに相性良くなさそうな感じかな。
表層のアブラと控えめヤサイがいつまでも熱汁を提供してくれる
のもポイント高いかな。

ってな感じで4位は良いトコも悪いトコもな3店で。。。

7位・・・茨城守谷店。

ホントはもっと上位なんだ。ただ釣りの飯だけでしか食べてないし
僕が語るまでも無い気がするからこの辺で。
一味と合うクリーム醤二郎。
やさしそうな小声店主、箱のデカさ、極めつけはホッコリ脂。
近所なら絶対上位だけど、やっぱり完全アワェイだから7位かな。

8〜10位・・・鶴見も京急川崎も環七一之江も同じ。

感動もインパクトもなし汁もヤサイも麺もなぁ〜んも来ない。
川崎のリズミカルな店主をたま〜に思い出すけど
確かどれもヌル二郎の柔二郎!!
そこらの家系であんなヌル〜いラーメン出されたら
「作り直して!!」てどんぶり突き出すレベルかな?
メーランのヌルイ・ヤワイとか絶対許せないんで下位扱いで。

さて栄えある
ワースト二郎は???

「歌舞伎町店」で!!

立地、営業時間、客層、味、、、

って言うか歌舞伎に行ってまで二郎食った自分・・・最低!!!

終電のがして、二郎挟んで、飲みなおし・・・あげく始発二本目で帰宅とか、、、

マジで

「下衆の極み」

豚野郎かハゲ野朗にでも成り下がっちまったのか?

って自分を戒めた苦い経験をさせてもらった歌舞伎町店が
最下位で!!!


さてさて、二郎。。。
このマイブームは何所までつづくか。
まだまだ行ってみたい二郎(本店はこのままnoデビューで)
は沢山あるけど

やっぱり所詮ラーメン。

ラーメンの為に時間割くなんてクソだと思うし
二郎詳しいとかマジかっこ悪いしね。

また、チラッと入った店でもあればレポっちゃうかな!!

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ