2012/11/1

潜水艦のアンカー  旅行記

クリックすると元のサイズで表示します

10月8日

言われてみれば、そりゃそうだ!なんですが...

潜水艦にもアンカー(錨)は付いていました
潜水艦の前の部分の下に収納できる様になっています

クリックすると元のサイズで表示します

アンカーは「マッシュルームアンカー」と呼ばれる物で、かなり大きなアンカーでした
これで錨泊ができるわけですね

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、潜水艦の錨泊なんて、ちょっと絵面が浮かびませんねぇ(笑)

Kure / Oct. 2012
0



2016/4/3  18:40

投稿者:家主

■仲井さん、こんにちは。

諸磯湾に入ってすぐの左側のスペースは、時々外国からの遠来艇が錨泊して
います。しかし、西風が入るとうねりも入ってきて厳しいです。油壺湾内は
、その名の通りうねりも風も入ってきませんが、狭いので外来艇の錨泊は難
しいと思います。


諸磯湾は、奥から漁船やマリーナのヨットが出入りするので、投錨するなら
、ブイの内側で航路の邪魔にならない様に泊めるのが良いかと思います。

付近は岩礁が多く、定置も沢山あるので、アプローチはチャートを見ながら
慎重にされるのが良いかと思います。

油壺付近には外来艇を受け入れるマリーナはありませんが、逗子とか葉山な
らたしかゲスト係留もできます。シーボニアが外来艇を受け入れているのか
はわかりません。三崎港(うらり)は、夜間の係留ができなかったと思います

2016/4/3  16:35

投稿者:仲井 和之

初めまして、関西のセーラーです。
このたび油壷付近に行こうと思うのですがどこかよいアンカリングスポットありますでしょうか?
1泊するつもりなので風波に守られているところを探しています

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ