2017/2/27 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します
スマホの地図アプである『ジオグラフィカ』のスピーチ機能を使って、厳冬期ホワイトアウトのフィールドでトレッキングを行う試みを実施してみた、
場所は福島県桧原湖、サイトステーションから出発して、森を経由、対岸のキャンプ場を往復の予定、

クリックすると元のサイズで表示します
出発してレンゲ沼を横切り遊歩道に出た所で右折、森を向けて桧原湖へのアクセス道路に出る予定だったが、
無数にある足跡に惑わされ行き止まりの川沿いに出てしまった、その時はまだルートナビの準備は行っていなかった、
そこは積雪期の特典、スノーシューでどんな小山も乗り越えて最短距離で湖上に出れた、視界は取れたが湖上を歩き始め
対岸近くの小山を通過した所でホワイトアウト視界はとれ何なった、行先の方向で意見が分かれたが、GPSで方向を確認、皆で相談して、無事目標のキャンプ場に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
復路は既に記録したルートからスピーチ機能で教えてくれる、磁方位をシルバコンパスにセット、
携帯はポケットにしまい、音声だけのナビゲーションを使い、コンパスの⇒だけで進んで見た、移動している途中にも音声で目標までの距離や磁方位を教えてくれるので、
地図は全く見ていなくても安全に、歩く事が出来た、しかし直線で氷結した湖上ではどちらにも行けるが、
移動している時には進行方向の先にある地形の情報を知っていなければならないので、磁北線を入れた紙地図は必ず携帯した方が良いと思った。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/2/13 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

12日、恒例の舟久保杯にDASTYとして始めて参加した、
寒波が来ていて、大雪も予想されたが大事には至らず、無事完走できた、

会場には、日頃アランゼミで関わってきたランナー達で溢れ、大賑わいだった。





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2017/1/26 | 投稿者: アラン

冬山登山用に人気の防寒テムレスは透湿性が有るとは言え、
気温の高い時や、低山で使用すると汗で徐々に湿ってくる、
そこでインナーだけ交換出来るよう改造してみた、
サイズは3L、袖口は片手で絞れるようコードストッパーも付けてある

クリックすると元のサイズで表示します
アウターシェルには防水素材、インナーには保温性のある素材を選択、
ニットは手首の部分をロックミシンを賭け細くリメイクした

クリックすると元のサイズで表示します
インナーには内側に起毛、アウターにはコーテング素材、縫い目は全てテープで防水処理

クリックすると元のサイズで表示します
二枚を重ねるとほぼ同じ丈、手が入れやすい

クリックすると元のサイズで表示します
ハンガロテックスの分厚い手袋でも、3Lのアウターなら丁度良いサイズ、他の毛糸の手袋でも使いやすい、
Woolなら多少の濡れでも冷たくならないので、湿度の高い時にはお薦めのチョイスだ
1

2017/1/16 | 投稿者: アラン

防寒テムレス ショーワ SHOWA のカスタム

防寒テムレスはアイスクライマーも認める高性能、実用性の高い逸品だ、
安物と言って侮れない極寒での性能、今は登山者の必須アイテムでもある、
微妙な指先感覚が他のシステムブローブ群を席巻する!

しかし手首の部分から雨や雪が入りやすい欠点が有る、そこで防水性の素材で袖口を覆う部分を延長して改造した。
素材はスキーウエアーに使う透湿防水性繊維、裾にはゴムコードを付け、左右を連結するスナップも付けた、機能は市販のシステムグローブと遜色無い出来である。

クリックすると元のサイズで表示します
サイズMは女子用、早速除雪で活躍!

クリックすると元のサイズで表示します
サイズLLは男子用、手首のストラップは脱着式で昨年のモデルと併用。

クリックすると元のサイズで表示します
アジャスターはシンプルな構造で作業を簡単にしている。


クリックすると元のサイズで表示します
昨年に改造した初期型、袖口が短く狭いので山シャツ等の袖の太さなら軽快でこの方が良いが、マウンテンパーカー等の太い袖にかぶせるには使いにくい。

クリックすると元のサイズで表示します
細部の構造に妥協せずに緻密な加工をした、傑作である。

これを見た登山者から多数の加工依頼の希望があるが、材料の確保や生産性を考慮すると今のところ受注は受け付けていない。
4

2016/12/9 | 投稿者: アラン



アランゼミ・コミットメントの開催 第6回 12月23日  第7回 24日  


ウルトラランニングの完走、記録アップを可能にする、栄養学、運動学、心理学などを最新の視点で学んで頂く為のセミナーです、

昨シーズン、動作分析の撮影に参加され、この一年でご自分のフォームがどう改善されたか?を確認して頂き、初めての方にも分析結果からアドバイスを差し上げます。


12月23日(祭日)及び24日(土)の2回どちらか先着   AM9時〜14時まで

場所  新潟市陸上競技場  午前中は23日 第4会議室(2F奥) 24日は第1会議室(1F)

             午後からはトラックで実技を行います。

    
課題  (主題) 脂肪をエネルギーとして使う為のランニングコツ、
    
     食事やサプリメントの使い方、

     ランニングの動作分析撮影、
    
     オフシーズンにやっておきたい筋力トレニング・階段トレーニング等

  * 内容は基本的に二日間同じテーマで行います
    
    
募集  各回先着15名まで  注意! 午後からは沢山走ります、体調の悪い方ご注意ください。

参加費 3000円 当日支払い (参考文献、おやつ付)
    トラックの使用料は別途必要です

持ち物、服装   筆記用具、 走る時は膝・足首の見える服装
         シューズはレースで使っている物。

申し込みは以下を記入して、メールをお送りください。
希望日 6回23日 又は7回24日のどちらか
氏名    
性別・年齢    
所属    
電話番号  
連絡メールアドレス
複数名の申し込みの場合も、名前、性別、年齢を記載ください。
申し込み先・  tourance2211@yahoo.co.jp
主催・ アランこと 竹内 秋夫
1

2016/7/29 | 投稿者: アラン

第1回「トレッキングポールの使い方」の講習会 のお知らせ

秋からのトレールランのレースも目白押し、登山も9月から紅葉シーズンを迎えます、

ロングトレールでトレッキングポールを使用する機会も増えてまいります、

最新の運動学で説明する「トレッキングポールの使い方」
安全に長時間の運動を可能にする高度なテクニックを学びませんか。

期日 8月21日(日) 

主催 アランゼミ  後援 ICI石井スポーツ

講師 アランこと竹内秋夫 ランニング・クロスカントリーski・登山歴30数年

会場  石油の里駐車場

集合時間  AM8時

参加費  2000円  当日会場でお支払い頂きます

募集人数  15名(先着)

申し込み 8月16日までに、以下を記入して、メールをお送りください。

氏名    
性別・年齢    
所属    
電話番号  
連絡メールアドレス
複数名の申し込みの場合も、それぞれの性別、年齢を記載ください。
申し込み先・  tourance2211@yahoo.co.jp


持ち物、  トレッキングポール (伸縮性の物がなければ、アルペンスキー用の物でもOK)
        
       * ICI石井スポーツ様の後援により 伸縮性ストックのレンタルも可能です、
         ご希望の方は8月10日までに申し込み下さい。
   
      長時間のトレールに対応した持ち物(水1リットル以上、補給食)
      
      虫よけ対策(スプレーなど)

スケジュール 

簡単に座学を行い、実技講習は 12時頃終了、

終了後は 希望者により練習も兼ねてロングトレールを走りますので、終了は16時の予定、走行距離30km程度
AKTRの新しく追加されたルート部分をなるべく多く走ります。
途中離脱もOKです、その場合は安全に帰れるよう配慮いたします。

クリックすると元のサイズで表示します
2016・AKTR オフェシャルマップより

クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ