焚き火缶 ウッドガスストーブ 自作第2号

2013/7/17 | 投稿者: アラン

クリックすると元のサイズで表示します
焚き火缶 ウッドガスストーブ 自作第2号  五徳3本は裏側からロストル部分に収納出来る、
スタンドは脱着式

クリックすると元のサイズで表示します
外側の缶は昔にミスタードーナツで買ったコーヒー豆の缶、
少し黒ずんでしまったが、当時の緑色の塗装が残っていて、
米軍の古いストーブのカラーに似ているのでそのまま残している
上下部分は耐熱シルバーで塗装済み

クリックすると元のサイズで表示します
な○じゃ村で買ったトングが火箸がわりに重宝している

クリックすると元のサイズで表示します
苦心して制作した折りたたみ式のスタンド、燃焼室に入る

クリックすると元のサイズで表示します
他の焚き火ストーブと比較してもかなり小さい
solostove(ソロストーブ)として理想的なサイズだ
0



2014/9/14  21:45

投稿者:アラン

おとうさん>
コメントありがとうございました、実は足とゴトクがけっこう大変なんですよね、
重量と熱がかかるので、厚めの金属加工が必要です、
私はそれと足とゴトクの収納性も考慮しました、

おとうさんの作品も完成したら是非紹介して下さい、

実は私は「自作第3号」も完成して実用しております、
近いうちにここにアップしますのでご覧くださいね、
ご意見もお待ちしております。

2014/8/27  21:09

投稿者:おとう

自分も鋭意製作中です。燃焼室は何とか出来ました。後は足とゴトクです。

2013/7/18  19:57

投稿者:アラン

miyakenさん
写真を撮ったけど、街の中では燃焼動画が撮れなくて
片手落ちです、消防呼ばれたらたまんないですから!! 田舎暮らしが懐かしい。


2013/7/18  19:34

投稿者:miyaken

焚火ストーブ興味ありです。焚火はいいですねー。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ