戸隠山〜高妻山縦走(日帰り)

2016/6/18 | 投稿者: アラン

6月18日(土)

戸隠山〜高妻山縦走(日帰り)

25年ほど前に友人が「一不動小屋」に一泊で縦走した時の体験を聞いていたので、
いつかは行ってみたいルートであった、

「蟻の塔渡り」の事を話せば、同行する連れからNOの返事をもらう事必須と思って、今まで自粛をしていたが、
ヒョンな事から、連れの方から行きたいと言って来た!
千載一遇のチャンス、天気も良いので急遽「蟻の塔渡り」へ挑戦する事となった。

戸隠牧場の登山者駐車場に深夜到着、車中で一泊、18日7時に徒歩で奥社に向かった、
1時間ほどで奥社に到着、参拝して九頭竜社のお守りも購入、登山の安全を願った。

登山届けを済まし8時少し過ぎに登山口を出発、道はいきなりの急登、どんどん高度を上げた、

垂直にそそり立つ断崖の裾を行く「百軒長屋」を通過すると、鎖場が時々現れた、
2メートルほどテクニカルなトラバースを含む長い鎖場を登る、
連れはここで足が震えたと言っていたが、確かに難度の高いトラバースだった、
いよいよ難所に到着、後続にも数人が見えた、

頂上の八方睨(にらみ)からヘルメットの単独登山者が降りて来るのが見えたので、しばらく観察、
ルートの状況、手足の置き場など参考になり、これなら行けると思えた!

後続の二組、4人も加わったので、若い人順でアタック、私は一番最後に出発だった。
天候やタイミングも良かったのでイメージした通り、特に難しい所もなく通過、
最後の直登する鎖を登り完了!

頂上から振り返ると、三人がまた渡っているのが見えた、自分の姿に置き換え客観的に振り返って
再びあのスリルを味わってみた!

稜線を少し行くとすぐに戸隠山、軽く補給を取りすぐに先に進んだ、
東側では断崖の上、西側では木立の中で崩れかけたトラバースが交互にあり、歩きにくい稜線だった、
登山者の少ないルートだった。

12時頃、一不動の小屋に到着、ここは、むかし友人が泊まってドアがなかった話を聞いていた、
やはりドアはなく、宿泊も無用と言う事だった、
朝に猿の集団に襲来されて「怖さで怯えた」と言う彼の体験談を思い出した。

ここで腹ごしらいをして、まもなく出発、五地蔵〜高妻山を目指す、
ここからは登山者も多く、道もだいぶ歩き安い、一般の登山道の状態となった、


高妻山は2352m途中で2000m近くにはなるが何度か上り下りがあり、
結局は最後にその差300mを一気に登る急登となった、
頂上直前では尖った大きな岩を渡り、まもなく狭い頂上に3時頃到着、

年間で一番日が長い時なので特に心配はなかったが、
下山に予定している六弥勒からのルートは「新道」と言って最近開かれたらしい、
私のガーミンの地図には道が載っていなかったが、スマホの「ジオグラフィカ」では詳しく載っていた、

5時30分頃から新道を下り始めた、急峻な笹薮を狩って作られた道には潅木の根が縦横に走り
どこに足を据えても滑りやすい状態で、標高を下げていっても、その不安定さは改善されなかった、
一度バランスを崩し、ストックに力が掛かったらバキッ!と行ってしまった、Zポールは修理が聞かないので
次は何を使うか少し考えを巡らしながら、道の悪さの苦痛を紛らわした、

最後に細い小川を渡渉するとそこは牧場の中だった、柵に沿って牛や馬たちと会話しながら、
少しづつ縦走達成の喜びに浸った! キャンプ場を抜けて、18時30分出発した駐車場に到着、
所要11時間30分 水は一人3リットルを使い切った。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ