小さな不思議の世界

中部蜂類蟻類研究所

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:さとう
土生さん、はじめましてどうぞよろしく!
ぼくもエゾアカヤマアリに興味がある。そして最近はQ2の群体を買ってきました。その種類が耐える最高温度はなんですか?なんかここの夏は熱いので心配です。。だから、教えてください!
投稿者:YOSHIKI KAWANO
どうもありがとうございます。
前ブログ、拝見させていただきました。いろいろな飼育の工夫があって大変参考になりました。アリ塚を再現した飼育ケース、すごいですね。
現在は餌場1つ、石膏ケース2つの連結で飼育しています。石膏ケースは1つは純粋な石膏ケースでもう一つは石膏ケースに採集してきた塚素材を一緒にいれてあります。温度、湿度に加えて換気という条件は考えていなかった要素でした。
うまく環境を整えてコロニーが拡大できるように頑張ってみたいと思います。
ありがとうございました。
投稿者:土生
YOSHIKI KAWANOさん、ようこそ。
エゾアカヤマアリはとても興味深い生活史をもっていますね。
リンク集のところに私の前ブログ「蟻が10ooo!」があります。
そちらで検索の欄に「エゾアカ」と入力し「このブログを検索」にチェックをいれて検索すると、私が飼育している蟻巣の紹介も含めて記事がありますのでご参考にどうぞ。
私もいろいろな蟻巣で飼育を試みましたが、最終的に現在の塚蟻巣になっています。
どうしても石膏蟻巣で飼育したいのであれば、乾燥した石膏を敷いた容器と、別の少し湿らせた石膏の容器を繋げて、さらに換気をよくした餌場を別に設ける必要があります。
通常はこの方法で充分に長期間飼育できるのですが、エゾアカの場合は2年が限度でしたね。
だんだんとコロニーが小さくなっていってしまうのです。
エゾアカは完全に密閉した容器で飼育すると調子を崩しやすいようです。
充分な換気と乾燥気味な環境で、春は遅く秋が早い亜高山帯の温度管理をしてあげれば面白いほど増えますよ。
飼育はとても難しいですがチャレンジしてみてください。
投稿者:YOSHIKI KAWANO
はじめまして、YOSHIKI KAWANOと申します。
昨年からアリの飼育を始めておりまして、こちらのブログもいつも楽しく拝見させていただいています。

実は先日エゾアカヤマアリの塚を見つけ、コロニーの一部を採集してきました。実際にエゾアカヤマアリを見たのは初めてで、見つけたときはとても興奮しました。綺麗なアリなのでできれば壊滅させないように飼育をしていきたいのですが、どういった点に注意していけばいいでしょうか。お聞かせいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

ちなみに採集地は栃木県日光市、標高1400〜1600m付近、女王は2匹です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ