東京音楽大学打楽器専攻生有志によるアンサンブル演奏会

2017/1/1 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《東京音楽大学打楽器専攻有志による
アンサンブル演奏会》

 ■日時:2016年4月14日(木)
 ■場所:練馬文化センター小ホール
 ■出演:東京音楽大学打楽器専攻有志
 ■曲目
    "beFore John 5"より Jose(Aurel Hollo)
    Third Construction(John Cage)
    ふるえる月(木下牧子) TEN・IDATEN(池辺晋一郎)
    ラプソディ・イン・ブルー(曲/G.ガーシュイン 編/菅原 淳)

※東京音楽大学打楽器専攻生の皆さんによる演奏。一度大学に練習立ち会いに伺いましたが、和気あいあいとした雰囲気で、音楽性の高い4人の打楽器専攻生が私の曲を熱をこめて演奏してくれました。どうもありがとう!「ふるえる月」は三台のヴィブラフォンとマリンバのための作品(その他タムタム、クロマティック・ゴングなど)。初演時にヴィブラフォン三台はなかなか揃わないから再演は無理だろうと言われたものですが、最近は音大の打楽器アンサンブルで時々取り上げていただけて嬉しい。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ