柴田美穂 室内楽シリーズXII

2017/1/15 | 投稿者: 木下

クリックすると元のサイズで表示します
《柴田美穂 室内楽シリーズXII》

 ■日時:2016年5月19日(木)
 ■場所:東京文化会館小ホール
 ■出演:柴田美穂(Pf)瀬川光子(Vn)大野かおる(Va)
     ドミトリー・フェイギン(Vc)林 裕美子(Sop)
 ■曲目
    メンデルスゾーン:ピアノ四重奏曲第3番
    プーランク:歌曲集「くじびき」 
    木下牧子:「夢みたものは…」他(Sop+Pf4重奏版)委嘱初演
    フォーレ:ピアノ四重奏曲 第1番

※柴田美穂さん企画出演の室内楽コンサートが今年でシリーズ12回を迎えました。企画コンサートは一度開催するのも大変ですが、シリーズとして12回も開催なさるとは脱帽。彼女の室内楽コンサートでは2004年に、トリオ「ねじれていく風景」を委嘱初演頂きました。そのコンサートのアンコール用に、歌曲「うぐいす」を、クラリネット・トリオ(歌なし)にアレンジしたこともありました。
 今回は私の歌曲を、ピアノ4重奏伴奏にアレンジしてほしいとの委嘱を頂きました。原則的にアレンジはやらないのですが、自分の曲だしピアノカルテットという着想も面白そうなのでお引き受けしました。ピアノ伴奏より色彩的、立体的になるのが、アレンジしていてとても興味深かったですね。柴田さんのアイデアのおかげで、自作に新しい光を当てることができました。
 ピアノ・カルテットに向いた歌曲ということで選んだのは、「風をみたひと」「おんがく」「夏」「夢みたものは…」の4曲。ソプラノの林裕美子さんは言葉の扱いがとてもうまく、ピアノカルテットの響きに、美しい日本語でのびやかな歌を聴かせてくれました。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ