2009/6/9

ヘルペスの治療  単純ヘルペス

ヘルペスと言えば、口唇ヘルペスもしくは性器ヘルペスのことが考えられます。


口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルス1型の感染が原因で、性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス2型の感染が原因になります。


しかし、現在はオーラルセックスなど性の自由化の影響で、どちらの型が影響でヘルペスを発症しているのか判断が難しくなってきているのも事実です。


一度感染すると一生付き合っていくことになるがヘルペスです。その単純ヘルペスウイルスを退治することはできませんが、再発を防止する方法などはあります。


処方される抗ウイルス薬や市販薬がそれにあたります。市販薬は口唇ヘルペス専用のものしか販売されていません。よって性器ヘルペスの場合は病院で診察してもらうことになります。


口唇ヘルペス専用の市販薬もチェックシートの提出などが必要となり、場合によっては購入できないことが考えられます。


ウイルス研究のの最先端を行くアメリカの口唇ヘルペス専用塗り薬なども見つける事ができますので、情報収集してみると宜しいかと思います。



口唇ヘルペスの痛みから解放・塗り薬のアブレバ

0

2009/6/9

単純ヘルペスウイルスが起こす症状  単純ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染が原因でいろいろな症状が出る事が分かってます。その中の一部を紹介してます。

1)咽頭炎・顔面炎

単純ヘルペスウイルスの初感染の症状としてもっとも多いのが咽頭炎、歯肉口内炎の症状です。ウイルスの潜伏期間は4日〜10日間とされており、発症後ひどい場合は、38度以上の高熱がみられます。

症状は2週間位で回復に向かいます。回復期間に結膜炎や消化器症状を伴う場合があります。


2)眼球感染症(ヘルペス角膜炎)

単純ヘルペスウイルスが目に感染することで発症します。ヘルペス角膜炎の初期症状は、単眼又は両眼の結膜炎です。

ヘルペス角膜炎の特徴は、樹枝状の潰瘍ができることで、回復まで3週間ほどかかります。この潰瘍が大きければ回復までの時間は長くなります。

角膜上皮再感染と慢性角膜炎が繰り返し発症すると、眼球への炎症がおこって板状角膜炎をおこし、最終的には失明に至ることがあるそうです。


3)ヘルペス脳炎

ウイルス感染によって起こる脳炎の中で、単純ヘルペスウイルスによるものが60%を占めているとされています。ヘルペス脳炎の発症は突然あるいは気付かずおこります。

ヘルペス脳炎が発症して、5〜7日後には脳波に以上が現れ低密度障害がみられるます。重度炎症になると、壊死性変化からなる急性炎症像などを引き起こすとされています。


4)新生児ヘルペス

新生児ヘルペスの感染ルートは、胎内感染又は新生児感染の2つに別けられます。胎内感染で感染した場合は先天性ヘルペスと言われてます。しかし、この先天性ヘルペスにかかることは滅多にないと言われています。



1

2009/6/9

ヘルペスウイルス1型・2型  単純ヘルペス

単純ヘルペスウイルス1型に感染すると、三叉神経節に忍び込み、その支配域となる上半身をメインに再発を繰り返します。また、単純ヘルペスウイルス2型は、腰の部分の仙骨神経節に感染し、性器ヘルペスなどの下半身で再発を繰り返すとされています。


単純ヘルペスウイルス1型と2型の違いは、単純ヘルペスウイルス1型は、再発する頻度は少ないけれど再発時の痛みなどが激しく、2型は軽度は低いけれど頻繁に発症する回数が高くなります。


単純ヘルペスウイルス1型に感染している方は、その後2型にも感染しますが、1型は感染してなくて、2型が先に感染してしまった場合は、その後1型には感染しません。


また、単純ヘルペスウイルス2型については、主に性交渉で感染することが多く、最近の性の自由化やコンドームの無使用、オーラルセックスなどの要因と重なり、感染する人が増加している。


ヘルペスの原因はヘルペスウイルス


0

2009/6/8

リンク集  単純ヘルペス

1. 口唇ヘルペス

2. ヘルペスの原因

3. 口唇ヘルペスの症状

4. ヘルペスの治療

5. ヘルペス

6. 口唇ヘルペス塗り薬アブレバ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ