2017/12/12 | 投稿者: huamiee

かなりお年を召した一組の老夫婦がご来店されました。
「お揃いの指輪がほしいのだけれど、本物は買えない。お値段の安いものはありますか?」

と。
そもそもうちは貴金属店ではないので、ジュエリーの類は扱っていません。
いわゆるファッションリングは一応置いていますが、ペアリングとなると皆無…。

「ペアリングではないですけど、サイズ違いで同じものというのはどうですか?」
と提案しました。
しかし、ご主人の指がかなり太くがっしりしたサイズで、元々女性用しか置いていない当店のリングは
どれも合うものありませんでした。

「残念ながらうちではご用意できませんが、商店街の時計屋さんは良心的なので、比較的お安めのものを提案してもらえるかもしれません。」
といって、道順をご案内してお見送りしました。


で、レジ内に戻り、さっきのやりとりを思い返してみました。

もっと他にうちの店が相談に乗れることはなかったのか
 ↓
 ↓
「ペアの指輪がほしい」「ない」でおわったが、ご夫婦の要望をもっと深くまで聞き取りできていたら、
もしかしたら指輪にこだわっていたわけじゃなかったかもしれない。
なにかお揃いの身に着けるものを、直感で「指輪」と発想されただけなのかもしれない。
 ↓
 ↓
うちにはペアのものはないけれど、例えば天然石のブレスレットならつくることができるし、
しかもおふたりだけのオリジナルデザインという希少価値もつけることができる。
 ↓
 ↓
今のこの時代はペアリングより天然ブレスのほうがはるかに需要がある。
 ↓
 ↓
あぁ、どうしてそこまで頭が回らなかったのか。
おそらく時計屋さんでも3千円くらいではペアリングは見つからないだろうに。

寒い中を老夫婦がお揃いを求めてさまよってられるのか…と思うと、居てもたってもいられなくなって、
店をとびだして商店街まで見に行ったのだが、どこにも姿はなかったのでした。

私が店主として至らぬが故に、会話を「提案」まで掘り下げられなかった。
問われたらその答えを返すということは誰にもできる。
話を聞いて、お客様の選択肢を増やして視野を広げてもらうということがプロだと思う。
たとえその提案が却下されても、意に沿った提案なら、なにかしら心に留めてもらうことができただろう。


接客はむずかしい。日々勉強・・・そんな2017年冬です。
0

2017/10/19 | 投稿者: huamiee

一人暮らししてる高齢の伯母が期日前投票にいってきたと。

私 「え、ひとりでいってきたん?」
伯母「近所の人に、連れてってあげるから一緒に行こうと言われて、いってきてん。」
私 「へえ…。おばちゃん、応援してる人とか政党とかあるん?」
伯母「そんなんおらん。行こう言われて、ほないこか?って行ってん。」
私 「・・・その近所の人、仲いい人?」
伯母「別に仲いいわけじゃない。顔知ってるけど、あんまり知らん。」
私 (このパターンはアレか…)
伯母「小さい紙にな、名前は●●、政党は●●って書いたんくれて、この通りに書くねんでって言われてん。」
私 (うっわー!そこまでするんや…)
  「え、ほんで、その通りにしたん?」
伯母「うん、別にこれって(人)ないし。書いてって渡された通りに書いてあげた。」
私 (ありえん、ありえんわー!!)
伯母「だから私はもう投票おわりましたー!」←有権者としての達成感満載。


以前、姑も近所の人に誘われて、似たような手段で投票している。
書いたのは本人の意志だし、最終的に選んだのも本人だから、なんも言えんけど。


うちの店にも選挙シーズンになると必ず客のテイで運動員がやってくる。
何も知らずに一通り接客したあと、
「あなたどこに住んでるの?」から始まる。
「吹田です。」
「あー、7区かー!残念ー。じゃ、比例は●●で。有権者のご家族さんにも言っておいて。」

腹が立つのは、一言たりとも政策の話も説明もなく、ただやみくもに「票をくれ、入れてくれ」とアプローチしてくることだ。

「あなた政治わらかんし興味ないでしょ?その票、有意義に使ってあげるから」
と、見下されてる感だけの「●●に入れて」は、ほんと気が悪い。

相手にとって、自分は判断力・意思力0のアホな人間に映ってるんだろう。

実際、今回伯母がまさにこの手段で、まんまと一票入れてしまってるところが、さらにケッタクソ悪いし、なんだか虚しいのです。
10

2017/10/3 | 投稿者: huamiee

当店の看板商品【エクスティアラ ロングタイプ】に新しいシリーズが登場します。
ただいま商品生産中です。販売開始は12月初旬、予約受付は10月中にスタートします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2種類同時発売です。よろしくお願いいたします。

0

2017/9/9 | 投稿者: huamiee

先日の定休日に京都の御髪神社にお参りしてきました。
日本で唯一、美髪を願う人と髪に携わる商いの神社です。
以前からずっと行きたかったのですが、今回やっと念願かなって、嵐山までプチ一人旅してきました。

クリックすると元のサイズで表示します
お願いも託してきました。(字が汚ぃ…

クリックすると元のサイズで表示します
トロッコ嵐山駅前の池のほとりにある、小さな祠のイメージの神社です。
絶えず老若男女さまざまな人たちがお参りに来てました。

この日は一日中、ひとりで京都をドライブしました。
小さな古道具屋さんやハイカラなアンティークショップをはしごしたり、
前から気になっていた個人経営のかつらやさん偵察にいったり(姑息…)
帰りは学校帰りの息子をピックアップして、北白川でラーメン食べて帰りました。

すごく気分転換になったいい休日でした。
御髪神社ではお札をいただき、店にお祀りしています。

3

2017/8/22 | 投稿者: huamiee

クリックすると元のサイズで表示します
シンガポールといえば、タイガービール。
本日、シンガポール最終日。といっても離陸は深夜。
さて今日も観光な一日。

クリックすると元のサイズで表示します
平日なので、娘はあのビル群のどこかのオフィスでお仕事してます。
お昼休みにいっしょにご飯食べるって約束したので、周辺をお散歩。
いろんな国の人々がシンガポールに集まってアジア動かしてるんだなー。と実感。

クリックすると元のサイズで表示します
シンガポール川沿いのボートキー。
たくさんのレストランが軒を連ねています。

クリックすると元のサイズで表示します
各国の料理が揃ってます。
もちろん日本料理も居酒屋から焼肉までたくさん。

クリックすると元のサイズで表示します
橋を渡って、反対側を歩きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
たまにはチャイナ圏から出るものいいなぁ。
ビール高いけど。
ゆーて、アジアだけど。
英語かチャイ語が話せたらなんとかなる国、シンガポール。
お金があったらすばらしく楽しい国、シンガポール。

クリックすると元のサイズで表示します
プルメリア咲いてました。結婚式したハワイの思い出の花、プルメリア。
20数年経って出会ったシンガポールのプルメリアは「しっかり今ここに咲いてる」って感じで輪郭が際立ってて、なんだか超現実的でした。
花を見ていろいろ感じる年齢になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら鼻うがいの図。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼タイム。オフィス街のホーカー、タロックエアマーケットにいきました。

クリックすると元のサイズで表示します
室内も綺麗です。フードコートのようなイメージ。

クリックすると元のサイズで表示します
手軽に食べれるご飯たち。ラクサも初体験。

クリックすると元のサイズで表示します
「ママが好きそな、おいしいドリンクがあるんだよ。」と。

クリックすると元のサイズで表示します
ローズミルクのドリンク。バラの香りとフレーバー。とってもおいしかったです。

娘とはここでお別れ。
2カ月の滞在で、すでに帰国してますが東京でも頑張ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
タロック・エア・マーケット
http://www.laupasat.biz/

クリックすると元のサイズで表示します
午後からカトンにいってきました。
写真で見て、行きたかった通り。
ゆーて、住宅以外になにもないので、大通りにすぐ向かう。

タイルがめっちゃ素敵。写真撮りまくり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
歩き疲れて喉も乾いて、このあたりの飲食店ぐるぐる徘徊。
「しゃーない、ピザでも食べるか〜」となんでもないピザ屋の普通の席に着いたけど、
ビール小瓶たった1本が1800円とか!!ピザ屋で!!ありえん…!!
落ち着いて飲めんし!!!!と店を変える。
カトンは気の利いた店がない…。←知らんだけ

たどり着いた先がまたホーカー「アリババ」。
大通りの一番大きな交差点のとこにあるバー的な店構え。
小さいけどキッチンに何店舗か入ってて、好きなものを注文。

クリックすると元のサイズで表示します
冷房ないオープンテラスだけど、シンガポールラストの食事もおいしいビールとつまみにありつくことができました。
今回、休日フル同行してくれた娘とまなっちゃんに感謝。
そして74歳の母が元気にどこでもついてきてくれて、この旅を心から楽しんでくれたからこそ、いい旅になりました。
また行きましょうな〜。
1




AutoPage最新お知らせ