2018/6/3

2m 10mWでのQSO  

今日は午前中はHFのコンデションがそこそこ良かったのですが、午後はさっぱりで、しょうがないので久しぶりに2mを聞くことに。
岐阜県揖斐郡揖斐川町移動の局が59++で非常に強力に入感していたので、久しぶりにQRPP 10mWで呼ぶことにしました。
自作のTRXはQRHが激しいので、電源をいれて待つこと約30分、QRHが落ち着いてきたのでコールしました。
1回でコールバックがあり、59−59でQSOできました。
Hamlogの距離表示で57Kmです。

交信局は以下の3局です。
JJ2ONH
JR2NMA
JQ2EIZ
各局、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
自作144MHz 10mW DSBトランシーバー

2018/6/3

IC-775DX/200の修理  

ローカル局から1週間前に、IC-775DX/200の電源が入らないので見てほしいと、無線機を持ち込んできました。
聞くと、アイコムへ修理に出したが、古いので修理対象外と返却されたとのこと。
直せる自身はまったくなかったので、一応その旨伝えたうえで無線機をあずかりました。

調べてみると、内臓のスイッチング電源がこわれているようです。
アイコムに電源の在庫がないか確かめるも、無いとの返事。
スイッチング電源の修理はできないので、外部電源を使用して動作させることにしました。

ところが、厄介なことに、IC-775は28Vと13.8Vが必要で、13.8Vは問題ないのですが、28Vの電源がありません。
仕方ないので、オークションで電源を探し、27Vで30A以上の電源が見つかったので手に入れました。
AC電源のコンセントの変わりに28Vと13.8Vのコネクタを出して、電源供給できるようにしました。

電源を接続し、IC-775DXの電源スイッチをON、電源が入りました。
アンテナを接続し、7MHzを聞くと受信はOKのようです。
アンテナをダミーに切り替え送信すると、送信もOKです。パワーも200W以上出ていることを確認。電源電圧が定格より1V低いので、パワーが200W出るか心配しましたが、まったく問題ないようです。別の無線機でモニターすると、音質なども問題ないようです。
これでIC-775は使えるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
右側が27V電源

クリックすると元のサイズで表示します

2018/5/18

18MHzで1Day AJD  

今日もハイバンドのコンデションが大変FBだったので、夕方18時30頃から
18MHzSSBでQSOを楽しみました。
約1時間ほどの運用で1Day AJDが達成できました。

Call
JJ4XNA
JF3MAU
JA4RNA
JN7TIT/7
7K2ABV
JN1IYQ/3
JJ1NNG
JR2RWK
JA9GEW
JH1TZV
JE3MTQ
JJ3TTH
JA5FTL
7M3DSJ
JA6PAV
JA0LIV
JR7WKJ
JG1FUV
JR3UEG
JH1KNA
JI6MUV
JF8PYB
JH1PQN
JA6HXW
JA2IJI
JA6ITH/6
JA7DOV
JR4GCM
JH1OCC
JA8WGX
JA6XDZ

2018/5/12

ハイバンドがFBです  

今日は朝からハイバンドがオープンしていて、非常にFBです。
08:15J頃から28MHzでCQを出し始め、最初はまったく呼ばれなかったのですが、08:20J頃か呼ばれ始め、1時間ほどで26局と交信できました。
まだまだ呼ばれそうでしたが、次の用があったので一旦QRTしました。

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/21

3B7A  

3B7A Agalega & St. Brandon Is.の運用が終了しました。
運用開始当初はまったくピックアップされませんでしたが、後半になってなんとか交信することができました。
新しいエンティティががひとつ増えました。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ