お知らせ  

このブログの他にこんなところ↓に出没しています。
よかったらぜひ遊びに来て下さい。

<かもめの主な生息域>
・Twitter
・本が好き!
・読書メーター
・旅日記

クリックすると元のサイズで表示します

2018/4/2

花便り  父の作品



父から届いた花便り。

クリックすると元のサイズで表示します





2018/4/1

2018年3月の読書  

3月の読書メーター
読んだ本の数:18
読んだページ数:3441
ナイス数:410

おじいちゃんの目、ぼくの目 (文研の創作えどうわ)おじいちゃんの目、ぼくの目 (文研の創作えどうわ)
読了日:03月01日 著者:パトリシア マクラクラン


チェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らすチェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らす感想
プラハを拠点に絵本や児童書のさし絵などを手がける出久根育さんのエッセイ集。書籍化にあたって描きおろされたというイラストがふんだんに盛り込まれていて美しく贅沢な1冊。
読了日:03月02日 著者:出久根 育


バンパイア・ガールズ〈no.1〉あの子は吸血鬼?バンパイア・ガールズ〈no.1〉あの子は吸血鬼?感想
GWに予定しているやまねこ翻訳クラブの皆さんとの合同読書会オフに向けて、あれこれとやまねこ本を読み進めているのですが、いやーこれは昔乙女の血が騒ぐ!ハマりました!試しに1作目だけ…と思っていたのですが、おそらくシリーズを追いかけてしまうと思いますww
読了日:03月04日 著者:シーナ マーサー


木の中の魚 (文学の扉)木の中の魚 (文学の扉)感想
また一週間学校かと思うと日曜日の夜はすごく気が重い。世の中にはそう考える子どもも少なくはないだろうが、とりわけアリーには深刻な理由があった。理解ある先生と巡り会ったことで次第に変わっていく難読症の少女を主人公にした物語。先行レビューに結構手厳しいものがおおくてびっくり。私はかなり気に入ったのだけれどなあ。
読了日:03月05日 著者:リンダ.マラリー・ハント


アルカーディのゴールアルカーディのゴール感想
『スターリンの鼻が落っこちた』と同じ作者&訳者ということで手に取ってみた本。確かに読み応えのある話ではあるのだけれど、“人民の敵”とレッテルを貼られた人たちがどんな運命をたどったのか“知っている”だけに、作者の意図はさておき、私自身はラストに希望が持てなかった。
読了日:03月06日 著者:ユージン・イェルチン


ファミリー・ライフ (新潮クレスト・ブックス)ファミリー・ライフ (新潮クレスト・ブックス)感想
次回の日本翻訳大賞推薦候補作品として心にメモしておこう。移民の家族を描いた作品も、介護問題を正面からとらえた作品も、今ではもう決して珍しくはないかもしれないが、それでもこの一見静かで地味にも思える物語には驚きがつまっていた。家族や介護の問題だけでなく「文学」についても考えさせられた。
読了日:03月07日 著者:アキール シャルマ


いちたすいちはいちたすいちは感想
電子書籍短篇集。恋愛あり、友情あり、人生設計あり、ファンタジーありと、8つの短篇はジャンルも設定も登場人物の造形も異なっているのだが、すべての作品に共通しているのは、なめらかな言葉の感触と、ひとつふたつと就寝前に読み進めれば、良い夢をみることができそうなぐらい温かく穏やかな読後感。とりわけお気に入りは、宇宙好きの母親が周囲の反対を押し切ってソ連の宇宙犬にあやかってつけたという「ストレルカ」という名前をもつ女の子が、長じて選択した自らの“宇宙”を語る「ストレルカの宇宙」。
読了日:03月09日 著者:甲野直次


バンパイア・ガールズ〈no.2〉テレビに吸血鬼?バンパイア・ガールズ〈no.2〉テレビに吸血鬼?感想
完全にはまってしまったww
読了日:03月11日 著者:シーナ マーサー


ぼくとベルさん 友だちは発明王 (わたしたちの本棚)ぼくとベルさん 友だちは発明王 (わたしたちの本棚)感想
主人公は読み書きに苦労する難読症の少年エディ。先生にすら難しい応用数学の本から図解を読み解き、滑車の原理を理解することだってできるのに、読み書きができないことがネックとなって、周囲からはその能力を全く認めらず、“出来ない子”として特別扱いされていた彼が、高名な発明家ベルさんと出会うことで、自分のもつ様々な可能性を自覚し、周囲の認識をあらためさせる大きな活躍をする。電話の発明をしたグラハム・ベルをはじめ、実在した人物を巧みに配し、1990年代のカナダを舞台にしたフィクション。元気の出る児童文学だ。
読了日:03月14日 著者:フィリップ・ロイ


ギリシャ語の時間 (韓国文学のオクリモノ)ギリシャ語の時間 (韓国文学のオクリモノ)感想
折々に哲学的なテーゼを織り交ぜながら、けれども決して小難しくはなく、むしろ詩的で、街の喧騒も教室のざわめきも
どこか遠くにあるかのようにおもえるほどの静けさの中で、それぞれの内へ内へと向かっていく筆は、明るい要素は全くないにもかかわらず、うっとりするほど美しい。作者の妙、訳者の妙、堪能しました。
読了日:03月16日 著者:ハン ガン


モルモット・オルガの物語 (みちくさパレット)モルモット・オルガの物語 (みちくさパレット)感想
オルガは物語をつくるのが大好きなモルモット。彼女にかかれば自身の冒険もモルモットの歴史も壮大な物語に早変わり?!夢見がちな女の子にとって物語と現実がごちゃごちゃになるのはしかたがないこと?!ゆかいで楽しい物語なのだが、実をいうとちょっぴり耳が痛かった。実は私も子どもの頃、作り話が大好きで、語っているうちになにがホントでなにがホラかわからなくなってしまうような子だったのよね……。(汗)
読了日:03月20日 著者:マイケル・ボンド


日本の鶯 堀口大學聞書き (講談社文庫)日本の鶯 堀口大學聞書き (講談社文庫)感想
大親友だった佐藤春夫、師であると同時にあこがれの女性であった与謝野晶子、萩原朔太郎や永井荷風、長谷川潔、ジャン・コクトーやギヨーム・アポリネール、マリー・ローランサン等々、忘れえぬ人々との出会いと別れ。幼い頃に母を亡くし、外交官だった父親に深く愛されるとともに大いに期待されて育った大學が、自らの生い立ちやその多彩な交友関係などを聞き手と絶妙なやりとりをしながらあれこれと語っていくのだが、回を追う毎に聞き手が大學により強く惹かれていく様が読んでとれるのもまた面白い。

読了日:03月22日 著者:関容子


アンナ・ハイビスカスのお話  アンナのうちはいつもにぎやかアンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか感想
「アンナ・ハイビスカスはアフリカの女の子です」という言葉で語り始められる4つの物語には、一つ屋根の下、大勢の家族とともに暮らす少女の暮らしぶりがいきいきと描かれています。優しく温かい語り口で、比較的裕福な家庭でのびのびと育ったアンナの日常を切り取ったような物語の中にも、貧しい暮らしの人々がどのように生活しているのかもさりげなく盛り込まれていて、アフリカの人々の暮らしぶりを垣間見ることができる児童文学なのですが、私のようにアンナのお母さんの嫁としての気苦労ぶりに共感を覚える大人も多いかもしれません。
読了日:03月25日 著者:アティニューケ


折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)感想
SFに苦手意識のある私だが、ケン・リュウの名前に惹かれてミーハーな気分で読み始めた本だったが、序文や解説を含め隅々までいろんな風味が味わえて、これはなかなか面白かった。お気に入りは表題作「折りたたみ北京/郝景芳」と『一九八四年』のオマージュのような「沈黙都市/馬伯庸」。ロウジンスキーにはたまらない「童童の夏/夏笳」もよかった。
読了日:03月26日 著者:郝 景芳


レイミー・ナイチンゲールレイミー・ナイチンゲール感想
バトントワリング教室で知り合った性格も家庭の状況もばらばらな3人の少女は、少しずつ距離を縮め友情をはぐくむことになる…とまあ、こう紹介すればありがちな展開だと思われるかもしれないが、この物語、ちょっと変わっている。教室でで出逢った話なのにまともなレッスンは受けたためしがなく、3人とも美少女コンテストをめざしているのだがコンテストの話でもない。きわめつけは重要な役割を果たすことになる『明るく輝かしい道のり−フローレンス・ナイチンゲールの一生』というタイトルの本を最初から最後まで結局誰も読まない!(笑)

読了日:03月28日 著者:ケイト・ディカミロ


ものがたり 白鳥の湖ものがたり 白鳥の湖感想
まさに大人のための大判絵本という感じ!画集といってもいいぐらい、びっくりするほど美しい!読み終えた後はなぜだか無性にバレエの舞台が見たくなります!

読了日:03月30日 著者:ものがたり白鳥の湖編集室,吉本 真悟


ペットのきんぎょが おならをしたら……? (児童書)ペットのきんぎょが おならをしたら……? (児童書)感想
ぷぷぷっ。読みながら思わず笑っちゃった。
読了日:03月31日 著者:マイケル ローゼン


ジュディ・モードはごきげんななめ (ジュディ・モードとなかまたち)ジュディ・モードはごきげんななめ (ジュディ・モードとなかまたち)感想
なにこの子?!と思わずちょっと引いてしまう出だしから一転、ぐいぐいぴっぱり巻き返す吸引力!ジュディ・モード、あなたってば、結構良い奴なんじゃない?!それにしても、こんな姉弟を相手に何があっても動じないお父さん、お母さんはさすがだわww
読了日:03月31日 著者:メーガン マクドナルド

読書メーター



2018/3/21

今日の  斜里岳

クリックすると元のサイズで表示します




2018/3/1

2018年2月の読書  

2月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:3336
ナイス数:450

ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)感想
年若い女スパイが主役のコージー・ミステリであるはずなのに特筆すべきは老人力?!もうおばあちゃんたち最高!!(ロマンス度★★グルメ度★★★アクション度★★ミステリ度★★★ジェンダー度★★★★お楽しみ度★★★★老人力★★★★★)
読了日:02月01日 著者:ジャナ・デリオン


地下鉄道地下鉄道感想
原題はUnderground Railroad でピュリッツァー賞受賞作
とくればこれはもう史実を基にしたフィクションで、舞台は19世紀のアメリカ、虐げられた黒人奴隷が自由を求めて南部から、北部をめざして逃亡していく話、あるいは命をかけてそれを手助けする人々の話に違いないと思ってそれなりの覚悟と期待をもって読み始めたのだが、アーサー・C・クラーク賞を受賞した理由については考えても見なかった!(驚)
読了日:02月05日 著者:コルソン ホワイトヘッド,Colson Whitehead


とびっきりの おむかえとびっきりの おむかえ感想
「おむかえ、まだかなあ?」その日、おむかえにくるはずのおじいちゃんがなかなかあらわれず、ジョバンニはさいごひとりになってしまいました。そんなとき、いっぴきのしましまのねこが!よくみるとそのねこ、おじいちゃんにそっくりのめをしていたのです!原題は「Questa s? che ? una sorpresa!」いたばし国際絵本翻訳大賞イタリア語部門で最優秀賞を受賞された山根和子さんの翻訳です。想像していたよりも小ぶりの絵本でしたが、想像していたとおりの鮮やかながら優しい色使いが美しい絵本でした。
読了日:02月07日 著者:ニコラ・チンクエッティ


大いなる夢よ、光よ (津島佑子コレクション)大いなる夢よ、光よ (津島佑子コレクション)感想
短篇「光輝く一点を」と、長篇「大いなる夢よ、光よ」を収録。息子を突然亡くした母親が主人公で、彼女は幼い頃に父親が自殺し、中学生の時にダウン症だった兄を亡くしているという著者を思わせる設定は、既刊コレクション収録作品と同じだがその感触はそれぞれ全く異なっている。「三部作」とされるこの作品群は、元々それぞれが独立したものであるから、どれから読んでも、どれか一つ読んでもそれぞれに読み応えのある作品なのだが、こうしてコレクションとして続けて読んでいくことによって、新たに見えてくるものがあるようにも思われた。
読了日:02月09日 著者:津島 佑子


いつもそばにいるからいつもそばにいるから感想
ジェイクにとっておじいちゃんは父親代わりというだけでなく自慢の種だった。そんなおじいちゃんがアルツハイマーになり、次第に目を離すことができなくなってしまう。10代前半の多感な少年には目をそらしたくなるような現実だった。とてもいい話なのだ。介護の問題は時代も地域性もその国や自治体の施策にも左右されることもあるとも思う。でもやっぱり、自分に引き寄せて考えるとき、ジェイクと家族の選択は、本当にそれでよかったのかと考え込まずにはいられなかった。
読了日:02月12日 著者:バーバラ パーク


収容所のプルースト (境界の文学)収容所のプルースト (境界の文学)感想
ソ連のラーゲリ(強制収容所)で、零下40度の極寒と厳しい監視のもと、チャプスキは同房の面々を前に、プルーストの『失われた時を求めて』を題材に連続講義をおこなった。手元には一冊の本もなく、ただ自らの記憶だけを頼りに。実を言うと私はまだ“失われた時を求めて”物語という広大な世界に一歩足を踏み出したばかりではあるのだけれど、この“講義”を受けて改めて、必ずやこの旅路を歩き通そうと決意を新たにした。
読了日:02月14日 著者:ジョゼフ チャプスキ


バッキンガム宮殿のVIP (創元推理文庫)バッキンガム宮殿のVIP (創元推理文庫)感想
アメリカ育ちの英国人女性マーガレット・ホープ(=マギー)が、チャーチル英首相の元でスパイとして活躍するシリーズの第6弾。ところどころに史実を混ぜ込んだフィクションなのだが、皮肉なことに戦争が女性の社会進出を後押ししたという事実を鮮やかに描き出したところが興味深い。
読了日:02月17日 著者:スーザン・イーリア・マクニール


十二の月たち (世界のお話傑作選)十二の月たち (世界のお話傑作選)感想
チェコの国民的作家ニェムツォヴァー・ボジェナによるスラヴ民話の再話を元にした絵本。吹雪の夜に久々に手にしてみた。出久根育さんの描く吹雪の素晴らしさを北国に暮らすようになって改めて実感する。マルシャークの戯曲「森は生きている」と違ってわがままな女王も、親切な老兵士も出てこないけれど、そのシンプルさが民話の良さでもある気がする。
読了日:02月17日 著者:ボジェナ ニェムツォヴァー,出久根 育


森は生きている (岩波少年文庫)森は生きている (岩波少年文庫)感想
「燃えろ〜燃えろ〜あざやかに〜♪夏はカッカと照るだろう…」子どもの頃この物語の人形劇が大好きで、今でもいくつか歌が歌えるのだけれど、改めて読んでみるとその歌詞もこの湯浅訳にかなり忠実だったのだことに気づいて驚く。ロシアの詩人マルシャークがスラヴ民話を基にした戯曲は、ソビエトを代表する児童文学の1つに数えられる素晴らしい作品ではあるが、今の時代に改めて読み直してみるとそこここに「ソビエトらしさ」を感じさせる作品でもあるなあとも。
読了日:02月17日 著者:サムイル マルシャーク


オンボロ屋敷へようこそ (ゆうれい作家はおおいそがし)オンボロ屋敷へようこそ (ゆうれい作家はおおいそがし)感想
イグナチウス・B・ムッツリー氏は、ミステリ&パニック&ホラー小説作家。彼の代表作でもある「ゆうれい使い」シリーズは、子どもたちに大人気で既に12巻まで刊行されている。その夏、彼はシリーズの続編に取りかかるために、静かな環境で執筆に専念できる家を探していた。とにもかくにも少しばかり気分を変える必要があったのだ。なにしろ彼ときたらかれこれ20年もの間スランプにおちいっていたのだから!やまねこ翻訳クラブの宮坂宏美さんの訳。全編が手紙やメモやイラストやローカル新聞記事などで構成されているユニークな物語だった。
読了日:02月19日 著者:ケイト・クライス


魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集)魔法にかかった男 (ブッツァーティ短篇集)感想
初期から中期にかけて書かれた20作品を収録。しかも1篇をのぞく19篇が初訳というのだからなんとも贅沢な1冊。短いものは10ページにも満たないが、 いずれもかなりの粒ぞろい。寓話的な物語あり幻想的な物語あり、登場人物も物語の舞台も様々なのだが、いずれも読んでいて“ぞわぞわ”する読み心地。ホラーのように怖いわけではないし、ユーモラスな部分もあるのだが、総てが語り尽くされないがために
なんだか妙に不安をかき立てられた。

読了日:02月21日 著者:ディーノ ブッツァーティ


貧乏お嬢さま、ハリウッドへ (コージーブックス)貧乏お嬢さま、ハリウッドへ (コージーブックス)感想
母のお供でアメリカに渡った公爵令嬢ジョージーが、例によって例のごとく死体に遭遇するのはお約束。このシリーズの読みどころは、実在したあの人この人が登場して主人公や事件と絡むこところにもあるのだが、今回の出演者はなんと、チャーリー・チャップリンその人!しかもそんな役でいいのか〜!チャップリン!という役どころだったり。相変わらずのはちゃめちゃぶりはまずまず楽しかったが、やっぱりこのシリーズは、英国王室がらみの方が断然面白い。次回は再びイギリスへ。そろそろ大団円に向かってあれこれと進展があっても良い頃だよねえ。
読了日:02月24日 著者:リース ボウエン


ピクニックにいこう!ピクニックにいこう!感想
【食いしん坊のあなたにお薦めのやまねこ本】と聞き、読んでみた。まさかのオチに思わず笑ってしまったw
読了日:02月25日 著者:パット ハッチンス


シロクマが家にやってきた!シロクマが家にやってきた!感想
玄関を開けたらトランクを抱えたシロクマが立っていた?!なんて滑り出しで始まる話は、ナンセンスながらアットホームなコメディだろうと思わない?!ところがこの本ときたら、めちゃくちゃシリアス。障がいをもつ弟のせいでいつもがまんを強いられる…と不満に思っている少年の前にある日突然シロクマが現れて……。いい意味で期待を裏切るユニークで温かな物語だった。 
読了日:02月28日 著者:マリア・ファラー

読書メーター





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ