2016/12/5 | 投稿者: クロちゃん

秩父の人間でもあまり知られていないらしい横隈山は、当山の会のメンバーも初見参のようだ。
「近くにこんな良い山があったんだー。」が今回参加したメンバーの感想です。
「でも、普通はこの道を歩かないよね。」(ーヘー;)
伐採の枝が散乱し、崩れて消え入りそうな斜面の道と、ちょっと歩きづらかったこのコースを選んだのは、普通を好まない天邪鬼リーダーです。

昭文社5万分の1地図には破線で迷いマークがある。

実は最近、山雑誌の山と溪谷に「季節の山あるき 12月 『景色を楽しむ見晴らしの山』」で紹介されているのは後から知りました。

クリックすると元のサイズで表示します


読んでいないので内容はわかりませんが、たぶん、このルートではないでしょう。

この日、出会った人は山頂近くで3人だけでした。
そのお1人が「ヤマケイに紹介されていた。」と教えてくれました。
ずいぶんマイナーな山を紹介するんですね。

はい、それでは本日の行動開始。
皆野町から本庄市児玉町に入り、杉ノ峠に向かう途中の旧道脇に車を止めました。
このコースの入り口に駐車場はありません。
まずは、本日の注意事項、ミーティングだよ。
「今日のコースは山頂まで1時間30です。普通の人は…。」以上です。
(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/ハーイ
普通でない我々は2時間くらいかな。

しばらく(5分くらい)車道を歩いて、民家のある狭い道をキャンプ場方向に登って行きます。
別荘(?)の建物を過ぎると山道となり、植林の杉林の中に入って行く。
こんな奥に石垣が…。ここに何があったのでしょう。どことなく歴史ロマンを感じる。

クリックすると元のサイズで表示します


このあたり、鉄塔の巡視路と山仕事の道が入り組んでいるので迷いマークなのでしょうか。
野生の勘で山を目指せば大丈夫だぁ。
道はお世辞にも整備されているとは言えず、枝うちした枝や倒木が行く手を阻んでいる。
「障害物競争ですよ。」(*^^)v

クリックすると元のサイズで表示します


それなりの坂を登って行くと、植林の道から明るい雑木林の尾根道になります。
尾根に出て一休みとしました。(*^ー`) フ〜
しばらく平坦な尾根歩きで、普通の人が歩く道と合流します。
合流地点で初めて「横隈山→」の指導標が現れ、ここからはずっと指導標が案内してくれます。
再び登りの道となって、カメさん歩き、牛歩戦術を駆使して登ると、展望が開ける頂点に出ます。
「ね、ねっ、1時間30分よ。1時間30分!」普通の人よー。
o(^^o ) ( o^^)oワーイ、ワーイ。
「はい、ここは山頂ではありません。ここから平坦な道を5分くらいです。」
( ̄^ ̄)普通の人ではなかったね。
はい、これが、その普通の人ではない人たちだよ。

クリックすると元のサイズで表示します


明るい平坦な場所に快適な昼食場所を見つけてしばらくのんびりしたあと、辿り来た道を戻りました。
午後から雨予報の出ていたこの日、帰り道は速かった。

クリックすると元のサイズで表示します


付近にコンビニ、トイレなし。
マイナーな山は静かなる山旅の時間でありました。

山歩日2016年11月27日
杣みちの会7名




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14

2016/12/2 | 投稿者: クロちゃん

秩父夜祭りは12月2日の宵宮からスタートします。
秩父屋台囃子で出陣じゃー。

クリックすると元のサイズで表示します


クライマックスは12月3日の夜です。

クリックすると元のサイズで表示します


今年は土曜日で天気も好天が予報されています。

クリックすると元のサイズで表示します


ユネスコ無形文化遺産登録も決まって、激混みになりそう。

クリックすると元のサイズで表示します


山国秩父が人で溢れそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


撮影日2016年12月2日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
15

2016/11/28 | 投稿者: クロちゃん

山梨県にある甲州高尾山を歩いた記録です。
大滝不動尊の駐車場に車を止めて、グルリ周回作戦でスタートです。
こちら、トイレもある嬉しいスタート地点だ。
まずは、舗装された道を「シャードウジャー」と、宮宕山登り口に向かった。

林道から白い富士山の頭が見えてテンションアップで急坂を登る。
ほい、剣ケ峰(宮宕山)、続いての山頂が甲州高尾山だ。
「えっ、もう山頂なの?」「早すぎ〜。」あまりにあっけなく山頂に着いたメンバーは拍子ぬけの表情でした。

クリックすると元のサイズで表示します


見渡す山々は白いベールがまとわりつくように神々しい光景でした。
もうちょっと時間が早かったら雲海が広がっていたでしょう。これも運かい。

クリックすると元のサイズで表示します


南アルプス方面の眺めも「最高に美味しい」と言わせてあげる。
このコース、富士山を右にずっと見て歩いていますが、逆光仮面で写真が撮りづらい。

クリックすると元のサイズで表示します


甲州高尾山・棚横手山は、過去4度の大規模な山火事がありました。皮肉にも、火事の影響で展望が良い山となっています。
稜線歩きも気持ち良い!d(-。∂)good!!

クリックすると元のサイズで表示します


危険箇所もなくファミリーにも親しまれると感じる、こんな素敵な山なのに出会った人は2グループだけでした。
振り返って、ススキと背景に白くうっすらの景色♪

クリックすると元のサイズで表示します


富士見台でまったりとコーヒータイムして、これから向かう棚横手山方面にしゃがみこんでジッとカメラを構えている姿を発見!
あそこに何かありそうだ。同じ道を辿って、先ほどの姿の場所に着いてキョロキョロすると、可憐なリンドウが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここはカメラのシャッターを押すでしょう。
富士山もだんだんと姿を現して来ました。やっぱり富士山が見えると嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します


逆光の富士山に立ち向かうポーズはこんな姿になります。

クリックすると元のサイズで表示します


小春日和の棚横手山は昼寝したくなるような空間でした。
はい、逆光でシルエットになった証拠写真♪

クリックすると元のサイズで表示します


いったん分岐まで戻って、ずっと一緒だった富士山を見納めして大滝不動尊に下ります。
途中、大滝の全景が眺められる場所がありますが、水量が少なく迫力はありませんでした。
でも、こんな山の上にデッカイ滝があるなんて、自然はなんて素晴らしいのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


この日は、天気に恵まれた小春日和の山歩きでした。

山歩日2016年11月13日
杣みちの会3名
コース
大滝不動尊駐車場9:15…車道テクテク…9:50登り口…10:00剣ケ峰…10:10甲州高尾山…11:00富士見台…11:45棚横手山(昼食)12:30…12:50分岐…13:15展望台…13:40大滝不動尊駐車場




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14




AutoPage最新お知らせ