秩父の花便り・両神花しょうぶ園

2017/6/28 | 投稿者: クロちゃん

今年もちょこっと訪ねてみた。淡白な性格の私は特に拘りを持たず、適当パチリでさっと引き上げることが多い。

この日は、そろそろ終盤かなと思う日でした。
6月、梅雨の季節、両神花しょうぶ園に花が咲きそろいます。

クリックすると元のサイズで表示します


見ごろのピークは過ぎているようですが、まだまだ元気に咲きそろっていた。

ところで、PCであやめを変換すると「菖蒲」になり、しょうぶを変換すると「菖蒲」となる。はなしょうぶを変換すると「花菖蒲」となります。
あやめとしょうぶの違いって…。
漢字は同じ感じです。

というか、漢字で書くと同じじゃないかー。\(`o’”)


では、「アヤメ」と「ショウブ」と「ハナショウブ」の違いはなんでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します


歴史を紐解いてみよう。φ(..)メモメモ

「何れ菖蒲」意味:どれも同じくらい優れていて、選び出すのに困ることのたとえ。
昔、源頼政(みなもとのよりまさ)が、伝説の怪獣・鵺(ぬえ)を退治した褒美として菖蒲前(あやめのまえ)という美女を賜ることになり、十二人の美女の中から見つけ出すように言われた。
そのときに頼政が選びかねて詠んだ「五月雨(さみだれ)に沢べのまこも水たえていづれあやめと引きぞわづらふ」という太平記にある歌からいう。菖蒲と杜若(かきつばた)がよく似ていることから、「菖蒲と杜若」「何(いず)れ菖蒲か杜若」ともいう。

クリックすると元のサイズで表示します


「おやおや、実に興味深いですねえ」( ̄^ ̄)

この話のどこが、歴史なのだー。「アヤメ」と「ショウブ」と「ハナショウブ」の違いはなんだー。\(`o’”)コラーッ


ん!天の声かな。(“▽”*)

そういうことで、疑問の解決に至らないまま駐車場に戻ります。
広い駐車場は空いていた土曜日の朝でした。

クリックすると元のサイズで表示します


撮影日2017年6月24日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
8



2017/6/28  19:14

投稿者:クロちゃん

花菖蒲も菖蒲ですね。
◇笑子さん、こんばんは♪

ひらがなで書くとどちらかと考えてしまいますが、漢字で書くと判明しないところがまた良いです。
あちこちで、たくさんの花が微笑む季節です。
花を求めてしょうぶ、しょうぶです。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/6/28  19:11

投稿者:クロちゃん

混乱してしまいます。(^^ ; ^^)
◇恵那爺さん、こんばんは♪

なるほど。同じ漢字を当ててしまったのが今日まで来ているんですね。
これも、ひとつの発見で勉強になりました。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/6/28  9:59

投稿者:笑子

菖蒲もあやめも季語なのですが
その違いが全然わかりません〜〜〜
・・・なので〜だいたい菖蒲の方を使います(^_^;)

綺麗に咲いていましたね〜〜♪

私は今年
久喜市の菖蒲あやめ園に行きましたよ
無難に名前ついてますよね(^^)v☆

http://syouko.3rin.net/

2017/6/28  6:40

投稿者:恵那爺

あやめに菖蒲の字を当てていたんだけど、菖蒲湯のしょうぶにも菖蒲の字を当てちゃったから混乱が起きたとどっかで聞きました。
その上「はなしょうぶ」なんて名前が付いたあやめ科の花があるから尚混乱していますね。
はあ、話の種になるからこれでも良いのかも。

http://ameblo.jp/enaji/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ