尾瀬で消えた想い出の場所

2017/7/13 | 投稿者: クロちゃん

夏が来れば思い出す 遥かな尾瀬 遠い空♪
そんな尾瀬の中にあって、疲れを癒すひとときの休憩場所に素敵な小屋や休憩所がありますが、近年続けて3カ所の山小屋が営業をやめています。
私にとっては想い出の小屋でした。

富士見小屋

クリックすると元のサイズで表示します


富士見下の無料駐車場から長い車道歩きでアヤメ平の玄関口に位置する。
2015年10月21日に82年の歴史に幕を下ろしました。
中に入ると「お茶をどうぞ。」と優しい笑顔で迎えてくれた。
食べたうどんの美味しさとお茶の味を忘れません。


一ノ瀬休憩所

クリックすると元のサイズで表示します


大清水から車道歩きで約1時間、休憩にぴったり賞の休憩場所です。(現在は低公害車片道700円で楽して行けます。)
冷やしトマトやキュウリの美味しさ、帰りに食べた食事で自家製味噌汁の味を忘れません。
小屋の前にあった休憩の椅子もなくなっていた。
復活はあるのでしょうか。


沼尻休憩所

クリックすると元のサイズで表示します


燧ヶ岳から険路のナデッ窪を下山してビールをガブ飲みした休憩所は2015年9月に消失してしまいました。
休憩所の跡地に腰を下ろし休憩する人たちも寂しそうな顔が並びます。

クリックすると元のサイズで表示します


時代の流れとともに尾瀬で想い出の場所が消えて行きます。





今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
13



2017/7/14  6:34

投稿者:クロちゃん

尾瀬の夏は真っ盛りでしょう。
◇よしころんさん、おはようございます。♪

ワタスゲがぽわぽわっと咲いて、そろそろニツコウキスゲが微笑む季節です。
猛暑の避暑地にも快適な空間ですね。
でも、紫外線を避ける休憩場所が欲しい〜。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/7/14  6:31

投稿者:クロちゃん

事情はそれぞれありそうです。
◇笑子さん、おはようございます。♪

過去何度も足を運んでいる私は色んな想い出の場所が残っています。
休憩して、口にする美味しさは格別でした。(^^)/



http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/7/14  6:28

投稿者:クロちゃん

今も賑やかです。(^○^)/
◇恵那爺さん、おはようございます。♪

シャトルバスの登場もあって変化がありますが、尾瀬の木道にはいつもたくさんの人影が見られます。
夏は遠い空を思い浮かべてしまいます。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/7/14  6:26

投稿者:クロちゃん

素敵な休憩場所がなくなりました。
◇mariさん、おはようございます。♪

やはり、同じ場所で寛いでいましたね。(*^^)v
富士見小屋からアヤメ平や尾瀬ヶ原のコースは静かです。
そうそう見晴に降りるコースもお勧めですよー。
休憩所はなくなりましたが、いずれもトイレは健在です。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/7/13  18:42

投稿者:よしころん

時代の流れとはいえ寂しいですねぇ。
尾瀬そういえば今年はまだ訪れていません〜〜^^;

http://yoshikoronron2.blog.so-net.ne.jp/

2017/7/13  15:05

投稿者:笑子

あら〜!コメント送信したはずが
消えちゃいました(^_^;)!!!

いろんな事情があるのでしょうが
残念なことでしたね・・・・☆

http://syouko.3rin.net/

2017/7/13  15:04

投稿者:笑子

尾瀬はいつでも
人が押し寄せているイメージで
それで、混んでいるだろうと
それで1度も行ったことがないのですが・・・・・
店じまいしたのは経営が成り立たないのか
後継者がいなかったのか
どちらにしろ、思い出のお店ですもの
ちょっぴりさびしいですね★

http://syouko.3rin.net/

2017/7/13  8:46

投稿者:恵那爺

尾瀬も行く人が少なくなったんでしょうか。

http://ameblo.jp/enaji/

2017/7/13  5:21

投稿者:mari

くろちゃん おはようございます。
そうなんだ・・・
知らなかった。
そういえば尾瀬はご無沙汰してました。
富士見小屋はいつか行ってみたいコースにあったし、
沼尻はコーヒー飲んだ思い出あるし、
一之瀬ではいつも休憩する場所でした。
残念ですね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ