お里がえりのお釈迦様

2017/8/19 | 投稿者: クロちゃん

秩父谷に住んでいても、秩父で知らないことはたくさんある。見ていたとしても興味がないと目に入らないのです。
そんなひとつに「お里がえりのお釈迦様」があった。

『この釈迦如来は四萬部寺の経塚の御本尊としてまつられていたが、明治時代に突如行方不明になってしまった。』

仏の神隠しか。(“▽”*)

クリックすると元のサイズで表示します


『江戸中期に奉納された金銅仏はこの釈迦如来様を含め九体が露座されていたが、他の八体は昭和一六年に戦争のため国家に強制供出され経塚の金銅仏は全てなくなってしまった。』

九体となるとお釈迦様の野球チームができそう。o(*^▽^*)o~♪

『行方不明から七十年後、刻まれた銘文により四萬部寺の釈迦如来と判明した仏像が東京銀座の美術店で発見された。』

お釈迦様は銀座で一番になろうとしたのか。
「お勉強させていただきます」黒革の手帳を持っていたのかしら。(*^^*)
今は、秩父で一番だよ。(秩父札所一番)(*^^)v

『十方の施主による浄財の喜捨を戴き買い戻し、この経塚を復元し安置した。不幸な時代の波に翻弄され、激動の七十年の歳月を生き抜き、里帰りをできたのは奇しくも盗難に遭った事が〈塞翁が馬〉であった。

塞翁が馬とは、人生では何が幸せになるか、また何が不幸になるかわからない。幸不幸のたびに喜んだり悲しんだりすることはないということだよ。
禍(わざわい)を転じて福となす。( ̄^ ̄)

『この釈迦如来の偉大さとありがたさに感謝し再びお迎えするにあたり「お里がえりのお釈迦様」と名付け五体投地で礼拝しています。合掌』

四萬部寺の釈迦如来と判明した銘文とは…。

『奉納秩父第一番目四萬部寺経塚釈迦如来、享保一八年癸丑年四月吉祥日、武江神田住御鋳物師河合兵部造之』これが仏像蓮台部に刻まれた名分である。

すべて漢字ということもすごい!

そのお姿は…。

クリックすると元のサイズで表示します


秩父札所一番「四萬部寺」を訪ねたときは礼拝してくださいね。
もしかすると、偉大なパワーを秘めたスポットかもしれない。
このあと、どんよりと曇っていた空が明るくなり青空がのぞいていた。
空に筋斗雲に乗って疾走する不思議な物体を見たような気がする。(あり得ない話である。)

撮影日2017年8月17日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
11



2017/8/23  7:18

投稿者:クロちゃん

近いと知らないことが多いです。
◇笑子さん、おはようございます。♪

私も初めて知りました。
きっと、偉大なパワーがあるでしょう。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/8/23  7:17

投稿者:クロちゃん

戻ってきてよかったです。
◇恵那爺さん、おはようございます♪

これもまた文化財のひとつでしょう。
もうどこにも行かないように祈ります。(^^)/



http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/8/19  13:31

投稿者:笑子

「お里がえりのお釈迦様」・・・知りませんでした〜!!
パワー戴けそうですね
お近くに行った際は寄らせていただきます(^^)v

http://syouko.3rin.net/

2017/8/19  10:39

投稿者:恵那爺

供出させられた仏像が誰かに売り払われちゃったんですね。
潰されずに済んだ仏様くらい元の場所に返せばいいのに。
罰当たりなことだ。
でも、戻ってきてよかったですね。

http://ameblo.jp/enaji/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ