気合空回り・腹は満たされず

2017/9/23 | 投稿者: クロちゃん

午後から雨が降り出す天気予報に、ならば早朝なら山は微笑むだろうと楽に登れて展望の良いという山に向かった。
出発は確かに爽やかな青空の下だった。
しかし、これから登る山方面は暗雲が支配しているように見えた。
一抹の不安…。
そして、不安的中。

クリックすると元のサイズで表示します


パンだけ食べて登った朝飯前の山に、腹減ったー。
下山後に向かったのは私の好きな「すき家」であった。
山の中なので街までガマン、ガマン、腹減らしの中、缶コーヒーを片手に車を運転して家混み込みの街の中に入った。
すき家はなかなか見つからず、こうなったらナビの力を借りよう。
ナビは簡単に近くのすき家を探し当てた。
最初からこうすれば良かった。(*^^*)

午前10時35分、店内は空いていた。
カウンター席に着くと、「お決まりですか?」とお冷やが置かれる。
「たまかけさば朝食を〜。」即座に注文した。
「はい、並みでいいですか。」
「大盛りお願いします。」最近は食も細ったのか、いつも並みで済ましているが、この日はガッツリごはんを食べたい心境だった。
気合で大盛りを食べよう。(^○^)/

「かしこまりました。たまかけさば朝食、ごはん大盛りですね。少々お待ちください。」
「それから、あったかいお茶ください。」私は夏でもあったかいお茶をリクエストするのだ。
すき家で(吉野家も最近そうだけど)お冷やを出すのはなぜなのだろう?
最初からあったかいお茶であっても良いと思うのは私だけだろうか。
日本人には、あったかいお茶が嬉しい「おもてなし」と思うのにな。
そんな偏屈な私の前に「お待たせしました。」とお膳が運ばれてきた。

あれ?(大盛りにしては、ごはんが少ないような…。)
普通の人なら、注文したものと違うと思ったら尋ねるだろうが、いつも家で奥さんから出されたものを黙って食べる習性がついている私は黙って食べる。
もしかすると、ここらへんの大盛りの量はこんなもんなのかも…。
食の量も地方によって違う。(かな?)

食べ終わって、少し物足りないような気がしたが落ち着いた。
料金を払おうとレシートを見ると「390円」とあった。
やっぱりね。大盛りは+30円で420円のはずだ。

笑顔で「ごちそうさま〜。」と会計を済ませた。
「ありがとうございました。また、お越しください。」
マニュアル通りのお決まりの言葉をかけられたが、たぶん、もうこの店に来ることはないだろう。

気合空回り・腹は満たされず、時々パラパラと雨降る高速道路を帰路に着いた。
食い物の恨みは恐ろしい、信頼を得るには何十年もかかるが失うのは一瞬だ。
少々大袈裟だが、こういうことって意外と忘れない。

山歩日2017年9月22日
掟破りの平日・金曜日のことでした。



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
8



2017/9/25  6:37

投稿者:クロちゃん

心満たす時間を〜。
◇笑子さん、おはようございます♪

外食は美味しい・満足の時間が大切ですね。
「あれ!」は想い出になります。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/9/23  13:11

投稿者:笑子


きっと新人さんだったのかな〜〜(;''∀'')(;''∀'')(;''∀'')
でも〜〜〜〜
私は、30年くらい前に山〇うどんで
洗剤臭い麺を出されていらい1度も、その店のチェーンに行かなくなりました
やっぱりそういうことって忘れられませんね★

http://syouko.3rin.net/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ