武甲山の持山寺伝説

2017/11/20 | 投稿者: クロちゃん

武甲山の表参道を歩いて行くと、新しい発見があった。
おおっ、誰が造ったのか、思わずカメラを向けてしまう作品です。
d(-。∂)good!!

クリックすると元のサイズで表示します


時は流れ、武甲山の山頂からシラジクボを経由して持山寺跡のあるコースを下山です。
こちらは過去何度か訪れていますが、時間もあるのでまた寄り道しました。
それなりに雰囲気のあるところです。

クリックすると元のサイズで表示します


持山寺跡の案内板を読んでみました。

『持山寺跡は 「阿弥陀山念仏寺」の廃寺と伝えられ、武甲山から続く小持山の山腹、標高約900mのところにあります。
周辺には竹林、滝、池跡、入定場、宝篋印塔(供養塔)などが現存しています。
この持山寺には長七郎伝説が残されています。松平長七郎は、駿河大納言 徳川忠長(徳川三代将軍 家光の弟)の子で、忠長は寛永10年(1633)に切腹させられています。この時、家臣に長七郎長頼の行末をたのんで死んだということです。
秩父に伝わる口伝では、秩父を点々と歩き、終の住処としたのがこの持山で、ここで小庵を営み、祖圓和尚を名乗り、最後には大鎌を首にまいて念仏往生をとげたといいます。
下男には「この念仏が聞こえなくなったら、この紐を力一杯引いてくれ」と言い残し、石室に入り念仏を三日三晩唱え続けたといいます。四日目、恐ろしくなった下男は紐を引いてしまいました。念仏がハタとやみ、同時に一羽の白い小鳥が、「カキット、カキット」と鳴きながら飛び出して行ったそうです。』

『カキット』って何?
これは私流の推定の想像ですが、掻っ切る人ではないでしょうか。
掻っ切る人で「掻切人」となり、カキットと読む。(*^^)v

今回の事件では、下男が紐を引いています。紐の先が首にまいた大鎌につながっていて、その紐を引いたことから和尚の首を掻っ切ったのでは…。

奥に行こうとすると立入禁止となっています。
この奥に何があるのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


その昔、私は奥へと足を踏み入れている。その時は「立入禁止」なんてなかった。
確か、数枚の写真も撮った。
しかし、当時の画像をいくら探しても見つからない。
光景も遠い世界に行って記憶から消えている。
うう…。寒くなった。

クリックすると元のサイズで表示します


足早にその場を後にしました。
下山の道で前方に見える明るい光と紅葉も普通の光景だった。

クリックすると元のサイズで表示します



山歩日2017年11月3日



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
10



2017/11/21  6:15

投稿者:クロちゃん

怖いお話ですよね。
◇笑子さん、おはようございます。♪

山に残る伝説って、怖いお話が多そうです。
下男は和尚様の力に怖くなったのかも…。
伝説を訪ねる山旅も面白そうです。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/11/21  6:12

投稿者:クロちゃん

興味が多い山です。
◇恵那爺さん、おはようございます。♪

いろんなものがあって楽しめるって良い山なのでしょう。
こんな山の上になぜお寺があったのかも不思議です。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2017/11/20  13:47

投稿者:笑子

クロちゃん、こんにちは〜
背すじがうっすら寒くなりましたよ〜〜〜

「カキット・カキット」・・・
なんで紐を引いちゃったんだろう!下男!
念仏は聞こえていたんでしょ〜〜〜!我慢せい!
画像の行方不明はきっと
ここは写さないで!ということなんでしょうね(^_^;)なむなむ

http://syouko.3rin.net/

2017/11/20  8:46

投稿者:恵那爺

一枚目の写真ほんとGoodデスネ〜
どなたがやったんだろう。

いろんな伝説が有るお寺なんですね。
不思議な事が有るのかも。

http://ameblo.jp/enaji/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ