伝説の赤雪山を歩く

2018/5/25 | 投稿者: クロちゃん

赤雪山には、その名前に秘められた悲恋伝説があります。そんな伝説の山を秩父の伝説(になっていない)当山の会で歩きました。
赤雪山の登山口である松田川ダムの近くにある市営駐車場に車を止めてスタートです。

クリックすると元のサイズで表示します


ここは隠れ家的な存在に感じる駐車場です。トイレはありません。
では、出発進行〜。
車道を下って右折してダム沿いの道をちょっと進むと登山口となります。
最初からなまった体に鞭打つような急坂が続きます。
「クロちゃん、どこまで坂が続くの?」早くも疲労が疲れた言葉が飛び出した。
「あと少しですよー。」(*^^)v
(⌒∇⌒)⌒∇⌒)⌒∇⌒)/ワーイ
期待させて、続く言葉は…。
「この山はね。最初が登り、途中が登り、最後も登りです。」(^ε^)
(*´Д`)=зえーっ

いえ、間違いではありませんが、途中に平坦な道があって安堵の心になれます。
この日はヤマツツジの花が多かった。

クリックすると元のサイズで表示します


一端登りきったピークでコーヒータイムとしました。
山で飲むコーヒーは格別の味です。
煎れるお湯は我家の美味しい秩父の水だ。
私はこれを「小鹿野源流水」と呼んでいる。(もうすぐこの水は消えてしまう運命なのか。)

クリックすると元のサイズで表示します


この後ダラダラ登りで山頂です。
赤雪山は前置きなしで登りが終わるとそこが山頂です。
はい、証跡、証拠写真を笑顔でパチリ♪

クリックすると元のサイズで表示します


東屋でまったりのんびりと過ごす時間も気持ち良いです。
眺望は木々が伸びて少しだけでした。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、仙人ケ岳を目指して下って登っての繰り返しの道を辿りました。
途中にこの時期にはまだ早いシロヤシオが満開です。
「ゴヨウ、ゴヨウ」これも赤雪山の伝説でしょうか。シロヤシオのことをゴヨウツツジと呼びます。

クリックすると元のサイズで表示します


アップダウンの道は結構な試練な道でした。
途中でまたコーヒータイムです。

クリックすると元のサイズで表示します


結局、仙人ケ岳まで行かなかったですが、当会にとっては十分な歩きを楽しみました。
帰りの車道歩きが長く感じました。
そうそう、赤雪山の伝説ですが…。
『赤雪山の名の由来は、妻と密通した足利又太郎忠綱が足利義兼の怒りを買って逃亡中にこの山に入っていたが、雪の為足跡が残っており追手に見つかってしまった。
従者をはじめ忠綱らは多数の矢傷を負い、白雪を血で染めた。
この事から当時名のなかったこの山を赤雪山としたという。』

この時代は不倫のことを密通という。(*^^)v


山歩日2018年4月22日
杣みちの会9名




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
21



2018/6/10  16:21

投稿者:クロちゃん

いつも日曜日に歩いています。
◇あっつぁんさん、こんにちは♪

山の会は、年間計画を立てて、そのほとんどが日曜日に行動です。
みんなでワイワイの時間も楽しいです。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2018/6/10  16:19

投稿者:クロちゃん

今年は花の開花が早すぎです。
◇ちごゆり嘉子つさん、こんにちは♪

色んな花が例年に比べて早咲きしていますね。
この日はアカヤシオを目的に行きましたが、シロヤシオになっていました。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2018/6/10  16:16

投稿者:クロちゃん

周回コースができます。
◇恵那爺さん、こんにちは♪

登山口から赤雪山より、赤雪から仙人ヶ岳のほうが距離が長いです。
はい、みんな笑顔で山歩きを楽しみました。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2018/6/4  21:35

投稿者:あっつぁん

クロちゃんさん、、こんばんは〜
山登りメンバー沢山いるんですね
楽しいでしょうねー
わたしはどうしても単独になっちゃいます
仲間はみんな仕事だったりして都合が合いません
(;^ω^)


http://blog.goo.ne.jp/roro569/

2018/5/28  4:23

投稿者:ちごゆり嘉子

クロちゃんさんおはようございます。
こちらでも シロヤシオが1週間前には…満開でした。
友人が昨日行ってみたら もう咲き終わっていたと残念…がっていましたよ。
そちらはいい時でしたね。
凸凸しました。

http://blog.goo.ne.jp/tomo2013tomo2013

2018/5/25  5:52

投稿者:恵那爺

仙人ヶ岳には何度も行ったことがありますが、赤雪山に入ったことがないです。
グループで逝くならどんなところでも楽しいかもね。

http://ameblo.jp/enaji/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ