霧降高原・丸山オオカミ少年の伝説

2018/7/30 | 投稿者: クロちゃん

小丸山で小休憩のあと丸山に向かった。ここまで人工の階段コースが続いていましたが、丸山の道は、ようやく山歩きって感じのコースです。

クリックすると元のサイズで表示します


見上げる先は丸山の山容です。なんかデーンと大きく立派に見える。
「えーっ、あそこまで登るの!」
「はい、登り15分です。」

クリックすると元のサイズで表示します


「出た!クロちゃんのいつもの15分。その根拠のない自信はどこから来るの?」
「じゃ、30分ね。」「1時間ね。」メンバーの反応です。
数々の山で行く先の頂を見上げると、私はいつも「15分」と鼓舞するのであった。
そしてそれは、いつの間にかオオカミ少年の伝説となっていた。

クリックすると元のサイズで表示します


「オオカミおじさんじゃない。」「オオカミお爺だ。」
メンバーからは賞賛の声が飛ぶ。

道は次第に斜度を増し、粘土質で滑りやすい場所もあった。

滑りやすいから足元注意〜。
ミ(ノ;_ _)ノ =3 (((((((((((o_ _)o ドテッ

坂を登りきると平坦となって丸山山頂に続く。
「ほら、ぴったり15分(+2分)です。」(*^^)v
「どこで食事にしましょう。」「あのあたりが良いんじゃない。」「そだね〜。」

誰も聞いていない。(*^^*)

クリックすると元のサイズで表示します


こうして、賑やかな丸山山頂の片隅に快適な場所を見つけてランチタイムとしました。
「ここちょっと座りづらい。」「他に良いとこあったんじゃない。」「石ゴロじゃない。」
(`ε´)ヾ(。`Д´。)(*`⌒´) =3

賢く良い場所を見つけた私にメンバーからは賞賛の声が飛ぶ。

食後に証拠写真〜。

クリックすると元のサイズで表示します


このあと、奇跡か神がかり。今まで隠れていた景色がパァッと開けたのでした。
これも運の強さか。

クリックすると元のサイズで表示します


名残惜しいですが、戻ることにします。
八平ヶ原方面も良いですが、最後にズルズルの滑りやすい道を知っていたので、今回は清く正しく美しく来た道を戻りました。

駐車場が近づくと、景色が現れるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します


「やったね。やっぱり天は我らの味方だ。」(*^^)v
「もうお終いじゃない!」凸(`△´+)

帰路の車の中で、今登っていた山を見上げると再び白い霧が支配していた。
その光景を見て、みんなの顔が嬉しそうなのは何故だ。

己達せんと欲して 人を達せしむ。

ん!違うかー。(^○^)/

山歩日2018年7月8日
杣みちの会7名



今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
6



2018/7/31  6:08

投稿者:クロちゃん

スリム撮りの秘技でしょうか。
◇笑子さん、おはようございます。♪

ずっと霧の中と思っていたところに、少しでも晴れてくれると嬉しいです。
スリム撮影…。
今度、この技を研究します。(^^)/



http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2018/7/30  14:44

投稿者:笑子

言葉の掛け合いが楽しいですね〜(*^。^*)
霧がぱぁ〜〜っと晴れると嬉しいですよね
証拠の記念写真★
クロちゃん隊長がすごくスリムになった感じしますけど!!

http://syouko.3rin.net/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ