フライト  新作レビュー

★★★

名優デンゼル・ワシントン主演。

彼を最初に観たのは南北戦争を舞台にした「グローリー」だっただろうか。精悍で演技派、という印象だったが、「ジョンQ」「戦火の勇気」などの作品で重みを次第に発揮して、ハリウッドを代表する俳優さんになった。

常連だったトニー・スコット監督のアクション・サスペンス物などは、設定の荒さやストーリー展開の荒唐無稽さを、デンゼル・ワシントンの説得力ある演技で切り抜けていた、という印象さえある。でも、これは作り手も恐らく承知のうえで、だからこそ、デンゼル・ワシントンを起用したんだろうなあ、と思う。

やっぱり、キャスティングって大事だ。セリフが少なくても、余計な説明が無くても、たとえ出演シーンは少なくても、その背景さえも感じさせる俳優さんは確かに存在する。

さてさて、この映画だが、サスペンスかと思いきや、依存症をテーマにした映画だった。最近、依存症を描いた映画が多い。これも、現代を語るうえで重要なテーマだからだろう。映画と社会性の関連は重要だと思う。その時代その時代の社会性や課題を、庶民の娯楽である「映画」が切り取り、描いていくことは、大衆文化を熟成させていくうえで必要だと思う。ただし、それが、国家権力が思想を扇動するようなことには絶対になってはいけないけれど。

ロバート・ゼメキス監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ロジャー・ラビット」「フォレスト・ガンプ」「コンタクト」と代表作はどれも僕の好きな作品ばかりだが、強引とも思えるテーマやアイデアを、確かなストーリーテリング力でぐいぐい見せる力技は本当にすごい。

この映画も、飛行機事故という最大の見せ場が最初に来る。ここがまた見事なサスペンスフルで、ハラハラドキドキするのだが、この映画の物型展開は実はここから。物凄い危機を乗り切った主人公が実は…というのがドラマのキーとなる。

人は、誰でも病気や障がいであったり、経済の問題であったり、家族の問題であったり、それぞれ、自分の“ウイークポイント”というか、ともすれば生きていくうえでの「弱さ」と成り得る部分を抱えているものである。でもそんな「弱さ」も、実は向き合い、共存することで克服できなくても「強さ」と成り得ることがある、と思うのだが、この映画の主人公はなかなか自分に向き合えない。

そこがもどかしく、僕は少しイライラしたのだが、物語は後半、実に巧みな展開を迎え、主人公は自身と向き合い、ある決断をする。そこは、是非未見の方は映画を観て頂きたいと思う。

前半の飛行機事故の描写がすごいからこそ、の後半の人間ドラマなのだが、こういうエフェクトシーンとドラマを融合させる名手はハリウッドでもそういないと思う。ロバート・ゼメキス監督の手腕は健在だ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ