2016/3/22

水の戯れ  自然

先週、佐川美術館に行った時に、周りの池の水が光によって描く模様を写真に撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します
コンクリートの底の池に映る波紋です。

クリックすると元のサイズで表示します
佐藤忠良さんの彫刻が、水に映って揺らめいているところです。

クリックすると元のサイズで表示します
建物の天井に、波紋が鎖状の模様を描いています。

多くの画家たちが、水の動きを描いていますが、実際はどうであろうかと思うと、連続的に動く中で静止の絵を表現することは難しいと思います。鎖状に見えたり、断裂した線が遊んでいるように見えたりと、その時その時で見え方は様々です。それだけ水はいろんな姿を見せてくれます。魅力的な存在です。
3



2016/4/20  18:21

投稿者:silkcotton

Iiwapy様
水の様相を見ていると、常に動いていて、同じかたちではないのが面白いと思います。自己主張することなく変幻自在な水に教えられることがあります。

2016/4/20  11:21

投稿者:iwapy

お久しぶりです・・・
面白い写真が撮れましたね。水の動きを表現するアングル。
雨降りは、つい下を見て歩いていますが、よく見るとこんな
魅力的な芸術ありましたね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ