偽善者の戯言(たわごと)

誰にも負けない偽善者になるのが、昔からの夢でした。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:うきゃい
久しぶりにコメントがあったので覗いてみました。
この記事を書いた当時の自分は、知識が不足していました。
平和ボケしていると、近隣諸国から領土を奪われても対処できませんね。
投稿者: 
非国民め。
だったらチベットへいって中国軍が何をしているか体感して来い。
平和ボケの間抜け。
投稿者:うきゃい
私の友人には、陸上自衛隊の隊員も、自衛隊に納めるヘリの整備をやってる人もいます。
自衛隊がなくなったら、現在の自衛隊員の生活もそうですが、取引先の軍需産業も打撃を受けるのは間違いない。

自衛隊の存続には、そこら辺の生活がかかっている人たちの力が働いているような気がしてならないんですよ。

ブッシュ政権(2001年発足)の閣僚と財界のつながり というページがありました。
http://www.yc.musashi-tech.ac.jp/~aoyama/indipendent-research/war-and-env/no-justice-us/bush-admini-staff.htm
銃もたばこも規制がイマイチ進まないのは、こういう現状があるからなのかな。

日本にも同様に「政界と財界の繋がり」があるんでしょうか?

私も「沈黙の艦隊」読みましたよ。
作者がいろいろ考えているので、読者も考えさせられる作品ですよね。
投稿者:[K]
友人の父が自衛隊なので,はっきりいらないとはいえないのですが(すでにこの言い様では言っている様なものだ)つまりその人たちをどこかで雇えばいいわけですしなくても問題ないと思います.

現在は昔と違って国際という大きな目があります.簡単に戦争なんて仕掛けられないし,まして武器を持たない国を攻めたとなったら国際的制裁はさぞかし大きいでしょう.今更国の地図が変化すると思えませんしいっそのこと武器を捨てるのはありだと思います.

かわぐちかいじさんの「沈黙の艦隊」読みました.中々考えさせられる話でした.

自己紹介

名前:うきゃい
年齢:28歳
性別:男
職業:会社員
住所:愛知県
趣味:ジョギング、ブックオフ巡り。
音楽:KOKIA、小谷美紗子など

マイナー女性ボーカルの部屋
↑私のお勧めの歌い手さんを紹介するページです。 サボテンの写真をクリックすると変なページを見ることができます。

MyblogList

カレンダー

2017年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

他のひとのブログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ