2008/8/26

ニューヨーク近代美術館 フリーナイト♪  美術館・博物館

MoMAの愛称で知られるニューヨーク近代美術館。毎週金曜日は夜8時までオープンしていて、しかも4〜8時は入場無料となっています。ちょうど今「ダリ展」をやっているというので、見に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
(街角に大きなビルボードが…。)

この入場無料の時間帯には、たくさんのお客様が訪れ、美術館のあるブロックを取り囲むように長い列ができています。でも順調に列は進み、ほどなくして中に入ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
(建物の入り口で、フリーチケットを手渡されます。)

このフリーナイト、全米展開しているディスカウントストアのTargetがスポンサーとなっています。誰もがふらりと立ち寄ってアートに触れる機会を与えてくれるなんて、心憎いすてきな企画だなあと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはまっすぐ6階の特別展示のフロアへ。(特別展示内は、写真撮影禁止です。)
「Dali: Painting and Film」と題されるこの特別展では、ダリの代表的な作品とともに、ダリが好きだったという映画との関わりに注目しています。

ぐにゃりと曲がった時計、群がるあり、長くのびる影…といったモチーフは、見る人の心をざわつかせ、一度見たら忘れられない強烈な個性があります。20世紀を代表する天才画家を、映画の巨匠たちが放っておくはずはなく、ヒッチコックやディズニーの映画作りにも関わったのだとか…。

そういえば先日見たある映画にも、群がるありが登場しましたが、これもダリの影響かしら…?なんてふと思ってしまいました。

ダリ展を見た後、いつもと趣向を変えて3階の工業デザインのコーナーを見に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

時代を超えてなお新鮮で美しいインテリアや工業製品の数々がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

以前ルプレさんに教えていただいた、イッタラ社のアールトベースもありました。
この他、オリベッティのタイプライターやブラウンのトースターなど、今見てもすてきだなあと思います。最近のものでは、日本の工業デザイナーによる製品もいくつかありました。

たくさんの人で混んでいましたが、楽しいひとときをすごしました。
0



2008/8/29  8:11

投稿者:セレンディピティ

☆ ルプレさま ☆
こんにちは♪ お元気でいらっしゃいましたか?
毎週決まった時間で…となると、旅行する方はそれにあわせて
予定を組むことができますし、お仕事帰りの方も時間があれば
ふらり…と立ち寄れますね。なんともうれしい企画だと思います。
美しいデザインのものは、美術品や絵と同じくらい
人の心をなごませるものなんだな〜と思いました。
身近にお気に入りのデザインのものがれば、日々気持ちよくすごせそうですね。

2008/8/29  7:39

投稿者:セレンディピティ

☆ よっこさま ☆
NY、美術館はほんとうに多いです。
MoMAは近代美術が中心ですが、大きなものからテーマをしぼった
個性的な美術館まで、いろいろあるんですよ。
夏にはセントラルパークで、無料でオペラやコンサートが楽しめる
催しが開かれていますし、年齢・性別・人種を超えて
みんなが気軽に楽しめるというのは、すばらしいと思います。
私も、また機会があったら、美術館に足を運んでみたいと思います☆

2008/8/28  20:44

投稿者:ルプレ

ごぶさたしていてすみません!
しばらくPCに向かう時間がちょっと減っていました。
‘入場無料’は魅力的ですね!!!
しかも毎週決まった時間で、となれば、いつでも気軽に楽しめますね♪
セレンディピティさんのおっしゃるとおり、
美しい、優れたデザインのものって、時代は関係ないんですよね。
何年たってもやっぱり美しい!
日本の機能重視の製品もいいけれど、
シンプルでほんとうに美しいデザインのものが、もっと増えるとうれしいんですけどね♪


http://diary.jp.aol.com/42uxwxv8tfb

2008/8/28  2:43

投稿者:よっこ

さすがはNY、美術館が沢山あって良いですね。
皆さんも書かれていらっしゃるように、こうやってアートが身近に観賞出来る環境というのが素晴らしいと思いました。
今の世の中で、本物のアートやオペラやオーケストラなどを身近に感じる機会がたくさんあったら、荒んだ人のこころも穏やかになって犯罪も少なくなるかもしれませんよね。
現代はあまりに酷い写真や音楽が氾濫しすぎているように思います。
なんだか久々に私も美術館を訪れたくなりました。

http://myowntime.exblog.jp/

2008/8/27  23:43

投稿者:セレンディピティ

☆ ふゆさくらさま ☆
ターゲット、ヒューストンでも音楽やアート、いろいろな形で
市民に貢献しているのですね!
社長さんは、フランスの方でしたか。
ターゲットの商品は、お値段が手頃でいいものが多いので、
よくお世話になっていましたが、ますますファンになってしまいそうです。

ダリ展は9月15日までですが、MoMAの常設展はマチスやピカソなど
魅力的な作品がたくさんあるので、よかったら是非足を運んでみてください…。

↓ 洋梨の食べ比べ、楽しかったです♪
これも、種類が多くて、それぞれ1個ずつで買えるからこそ
気軽に楽しめるのかもしれないですね。

2008/8/27  23:28

投稿者:セレンディピティ

☆ reikoさま ☆
ターゲット、なかなかやりますよね。(笑)
宣伝効果もあるのかもしれませんが、すてきな計らいだなあと思います。
reikoさんのイッタラのベース、覚えていますよ!
確か去年の夏頃、シラントロとディルの花を飾っていらっしゃいましたね。
とてもすてきだなあと思っていました。思い出のお品だったのですね。
↓ 私も7、8年ほど前、アメリカのベーグルが食べたくてあちこち探していました。
ベーグル&ベーグルというお店が気に入って、近くまで出かけたときに
よく買っていましたが、今回帰国したら、かなり店舗数が増えていて
うれしくなりました。
ニューヨークのは見た目が無骨ですが、そこが懐かしいのかもしれません。

2008/8/27  23:12

投稿者:セレンディピティ

☆ oliveさま ☆
ヨーロッパも美術や音楽は身近な存在なので、きっといろいろ工夫があるのでしょうね。
ずいぶん前ですが、ヨーロッパで画家の卵たちが美術館で一日中作品を
模写しているところを見て、美術館が人々の生活の一部になっているんだなあと
感動したことがあります。
今回は息子と二人で行ったのですが、彼も美術館はどちらかというと苦手。
でも行けば、結構熱心に見ているので、
チャンスがあればいろいろ見せてあげたいなと思いました。

↓ ベーグル、もちもちしておいしかったです。
実は今回、ベーグルを買って持ち帰ってきました。
冷凍庫に入れて、毎日少しずつ楽しんでいます。

2008/8/27  22:54

投稿者:セレンディピティ

☆ イザワさま ☆
ダリ展、日本でも最近開かれたのですね。
日本のこうした展覧会、お値段が高いのと、
見るのに1時間以上も待たなくてはならないのとで
行くのをちょっとためらってしまいますね。

アメリカの美術館、特別展示以外はだいたい写真OKのところが多いようです。
パンフレットを買わなくても、後で撮った写真を見返すことができますし
時には解説もとりあえず写真に収めたりして…と便利に使っています。
気軽にアートを楽しめる環境が整っているのかもしれませんね。

2008/8/27  14:27

投稿者:ふゆさくら

ヒューストンでも第一日曜日はターゲットのおかげで、子どもは無料になり、ワークショップも開催してくれると聞いています。ハーマンパークでの屋外オーケストラのコンサートも毎年何回か無料で催されるのですが、そちらもターゲット主催です。
う〜むむむ、ターゲットやるなーって思います。笑
確か社長さんか創始者の方はフランスの方でしたっけ。。。
利益を市民に還元する方法がしゃれていてとても素敵だと思います。

NYはたくさんの魅力的な美術館があって、本当にいいところですね。私もダリ展、観に行きたいな〜〜〜。

↓うふふ・・・セレンさんも食べ比べされたんですね♪あれから私もせっせといろいろ試していますよー。こういうことができるのってすごく贅沢ですよね。普段あまり意識しない味覚だけに集中できるので新鮮な楽しさを感じます。^^

http://diary.jp.aol.com/gpaamff/

2008/8/27  12:27

投稿者:reiko

こんにちは。
ターゲット、ちょっとカッコイイことをやってくれますね。
地元のミネソタでもこういうことやって欲しいです〜(笑)。
イッタラ社のこのベース、私もひとつ持ってます。
フィンランド出身の友人が私の卒業祝いにとプレゼントしてくれたもの。
それまでその存在すら知らなかったのですが、あの独特の形がユニークで今ではお気に入りです。
↓ベーグル、私も初めてのアメリカ滞在後日本に帰国して探し回ったことを思い出しました。
かなり以前のことでしかも地方、あの頃はなかなかベーグルを売っている店を探すのは難しかったのを覚えてます。
最近は日本でも人気みたいですが、やっぱりNY地元のベーグルとは味、食感が異なるんですね〜。

http://blog.weitgenant.com

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ